崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

祖母の葬儀を終えて

2019年5月15日(水)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事

IMG_5007

 

5月初旬に祖母が他界しまして、喪主をしておりました。

祖父母のうち最後の祖母です。

享年102歳。

生まれた1916年は第一次世界大戦の真っ最中。渋沢栄一や高橋是清が活躍していた時代。

もう昔すぎて、想像できませんね。

祖母は、結果的に、大正・昭和・平成・令和(令和はぎりぎり)の4つ世を生きた女性となりました。

第一次世界大戦と第二次世界大戦の終戦を経験しているって、すごいことですね。

 

死去時、通夜、葬儀を通して、私がなぜかキツめの風邪を引いてしまい、終始、発熱の中での動きとなりました。

家族葬だったのですが、近しい親族のみんなには、迷惑をかけてしまいました。

最後の葬儀では、寝床から起きることができず、開始の30分前に会場に着くという体たらく…。

何とかかんとか、周りのみんなの協力を得ながら終わった、という感じです。

 

祖母は本当に優しい女性でした。そして小柄な。

怒っている場面は、数度しか見たことがありません。

夫が先立ち、息子(私の父)が先立つという、悲しい想いもした女性。

認知症になることなく102歳の天寿を全うしました。

 

ずっと三原の実家で私の母と一緒に暮らしていたのですが、時折、私が帰省すると、どうやら父(祖母の息子)がいるような気がして、安心していたようです。

似てきたのかもしれませんね(笑)

耳が遠かったので、帰省したらイヤホンつけてあげて、百人一首を聞かせてあげると、すごく喜んでいました。短歌や俳句も好きでしたね。

 

今ごろか、(我が家は曹洞宗なので)四十九日後かわかりませんが、夫、息子、兄弟姉妹と逢えて、楽しい暮らしが始まるのかもしれません。

まあ後から来る人を待ちながら、のんびりとやってゆくでしょう。

 

ふと思い出しましたが、祖母は昔、日掛け金融の集金の仕事をしていたそうで。

あの穏やかさで、日掛け金融の集金がつとまるのかどうか疑問ですが、結構長い間、やっていたようで。

こりゃ「小さな巨人」ですかね。

 

さて、焼き場の写真です。

IMG_5007

 

骨になった祖母のそばには、チタンかステンレスかわかりませんが焼けて出てきた大きな器具がありました。

あんなの入れて暮らしてたんだな…。見えない苦労は多かったようです。全く知りませんでした。

 

骨を見ながら、

「この人がいなければ、父も、自分も、そして自分の子供も生まれなかったんだよな」

ということを考えていました。

 

いまは、普段の生活に戻らせてもらっています。

 

最後に。

今回、祖母の意向や家族葬ということもあり、小さく執り行わさせていただきました。

故人は100年以上、十分世話になったと思いますし、葬儀ではご香典もお受けしない形といたしました。

後からご報告になってしまいましたが、ご理解、お赦しのほど、お願い申し上げます。

 

さて、残った者は、精一杯生きてゆきますか。

 

投稿者:崎田 和伸

昔、昔、あるところに

2019年4月8日(月)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事

samuraisama201703

 

とある行政書士の昔話。

 

~~~

 

昔、昔、あるところに、開業間際で食えない行政書士がおりました。

 

ある日、貿易会社社長と称する人から問い合わせが入り、行政書士は、その事務所に訪問しました。

 

少し話したあと、その社長はおもむろに100万円の束を出して2つに割って50万円にし、「外国人の在留許可をお願いしたい。今日50万円払う。来月からは毎月50万円払う。ウチからの依頼はどんな案件でもすべて受けてほしい。」と言いました。

 

その行政書士は、喉から手が出るほどその50万円が必要だったし、毎月の50万円の定期収入も背中を突き抜けるくらい欲しかったそうです。

 

でもその行政書士は、断りました。

 

その行政書士は懲役刑を食らうことなく、海に浮かぶこともなく、今もその職業を続けているとさ。

めでたし、めでたし。

 

~~~

 

これは、18年前の出来事です。

受け取らないで良かった。(あんたかい!)

 

崎田 和伸

【名称変更】「建設業決算変更届あんしんパック」へ

2019年3月13日(水)

テーマ:お知らせ, 許認可TIPS

JZ073_72A

 

建設業許可もってる人、会社さんは毎年1回、届けをする必要があります。
業績や、実際にどんな現場を施工したのか、などなど。
 
その届け出内容の大部分が公開されます。
それが建設業許可制度の信頼性を担保してることになります。
公開=信用。
不動産や会社の登記と似た理屈ですね。
 
建設業許可もってる人、会社さんが行うこの届出を「決算変更届」といいます。
 
自分(施主)が工事を頼む会社は信頼できるのか?という面での証拠資料にになります。
都道府県の庁や出先機関で閲覧ができます。
 
~~~
 
弊社でこの決算変更届の手続を代理、代行しているのですが、いままでその名称は、「建設業決算変更届らくらくパック」でした。
 
行政書士に頼むので自分で全部やるより「らく」なことは間違いないのですが、届け出の時期にいろいろ弊社へ提出いただく資料もあって、依頼人さまに手間をおかけすることも確か。
工事一覧や概要など、法令上、どうしてもお願いしなければならないです。
弊社で偽造するわけにはいかないですから。
 
ん~~これ、ほんとに「らくらく」か?
ずっと考えていましたが、このたび、名称を変えました。
 
建設業決算変更届あんしんパック
 
らくらく、から、あんしんに変わりました…(^^)
 
だからどうした?だと思いますが、名実伴った、という感じでしょうか。
安心を提供できますように、弊社としても体制を整えてゆきたいと思います。
 
ウェブページがこちらです ↓↓
(新しいタブがひらきます)
 
サービス内容や料金とか詳しく説明しています。よければご覧ください(^^)
 
ということで、引き続き、よろしくお願い申し上げます。
 
投稿者:代表社員 崎田 和伸
 
samuraisama201703
 

【好評】創業融資申請サポート

2019年2月21日(木)

テーマ:お仕事に対する考え方, 起業、会社設立TIPS

o0612052113417967219

4年~5年前からとなりますが、

日本政策金融公庫(以下「公庫」)との連携を続けています

 

連携に基づく創業融資サポートサービスについて、いままで多くの創業、起業する方からご依頼いただいてきました。

 

公庫とは、政府系の金融機関ですね。
創業、起業する人向けの融資機関です。

公庫ホームページはこちら ↓
https://www.jfc.go.jp/

融資申し込みをしたい方で、そのサポートを弊社に依頼になった方については、

公庫審査官が弊社会議室に来てくれています



そして、

弊社会議室にて依頼人さま(=融資申し込みする方)、公庫審査官との間で面接を行っていただいています

もちろん、弊社職員も同席いたします

イラストでは、こんな感じになりますかね。

o0800067013417968856

~~~


弊社の創業融資のサポートの内容は次のとおりです。

 

◆事業計画書の作成

◆収支計画書の作成

◆融資面接手配

◆融資面接アドバイス(必要に応じて)

◆融資面接への同席(弊社会議室での面接)


専門サイトがあります。ぜひこちらもご覧ください。
→ 広島創業融資サポートセンター (新しいタブ)


~~~

 

一般的に、公庫に融資を申し込むときの順番はこんな感じかと思います ↓

1.公庫の融資窓口に相談に行く
2.事業計画、収支計画などを作る
3.必要書類を揃える
4.公庫へ面接に行く
5.融資の採否が出る

ホームページを見て、初めて連絡して、ご本人一人で申し込む場合、ですね。

1~5までの特徴としてはこんなものがあります。

公庫にとって、あなたは一見(いちげん)さん」。

初めて会う相手に、多額の融資をするんです。

ふつう、警戒しますよね。

つまり、融資を検討する対象であると同時に、
あなたは「ほとんど情報のない、警戒する対象」でもあるのです。
※あくまでも面接審査官の印象という話ですよ。

~~~

弊社に依頼をいただいた場合はこんな感じになります。

1.弊社経由で、公庫の営業統括部署又は公庫担当者に連絡

2.統括部署から公庫融資担当に引き継がれる
3.事業計画、収支計画などを作る(弊社)
3.必要書類の収集(見積書など)
4.弊社会議室で、面接(弊社が同席します)
5.融資の採否が出る


弊社経由では、形式上、申し込み先が違いますので・・・
公庫にとって、あなたは一見さんではない」。

この印象に近いものになると思います。

あなたは一見さんではなく、
公庫はあなたに対する警戒レベルが下がる」。

そして
公庫にとって、あなたはどうしたら融資できるか検討するべき対象になりやすい」。

 

あくまでも、担当者個人、審査経路の心情としては、ですよ。

公庫本体は、飛び込みの融資申込みを受付けていますし、審査もしています。

 

~~~


創業、起業する人に、必要な資金をお届けしたい

弊社は強く願っています。

資金があるだけで、事業活動の円滑さは、天と地の差が出ます。収支が安定するまでの期間も短くなります。


ごちゃごちゃ説明しましたが、弊社に依頼いただくことは、一言でいえば、
あなたが公庫から見て、「一見さんではなくなる」

この一点だけでも、関与させてもらう価値があるのではないか、と思っています。

 

なんか営業チックになってしまいますが、もちろんそれもありますが、そうではないんです。

ん~、報酬はいただくのでサービスの1つではあるのですが、どうもね、納得いかんのです。

飛び込み(一見さん)で公庫に申し込んで融資が成立しないケースをなくしたい。

ほんと、創業時の資金は大切なんです。

 

自分自身、約20年、経営していますが、骨身にしみて感じます。

この創業融資サポートサービスは、

なんとかならんかいな

と思って始めた経緯があります。

いまでも、なんとかしたいという想いは変わらない。



融資の確率が上がるかどうかは、職業倫理上、申し上げることはできません。
変わらないかもしれない。多少、確率があがるかもしれない。
それはやってみなきゃ分かりません。

ただ、依頼人さまからよく言われるのが「安心感」
自分に置き換えて考えてみても、見知った場所で、見知った人が同席してくれるって、安心できるかな、って。

~~~

ご依頼いただくのは、
「建設業」「介護事業」の方が多いです。

社会問題解決型起業(=ソーシャルビジネス)の方も増えています。もちろん、他の業種の方もおられます。

会社設立、法人設立代行と一緒にご依頼いただくことが多いですね。

というか、ここまで書いて心苦しいのですが、

創業融資サポートが依頼できるのは、会社設立、法人設立代行を依頼いただいた方だけとしています。



これからも、
10年後もその先も、生き残り、安定・事業継続いただくためのお手伝い
、続けてゆきたいと思います。


投稿者 代表社員 崎田 和伸でした。
 
 

社長、創業・起業される方の最も大きな共通点

2019年2月14日(木)

テーマ:お仕事に対する考え方

キャプチャ

 

しばらくぶりのブログ更新となりました。

 

ここ最近、あることが心に浮かんできます。

それは、社長、創業・起業される方の最も大きな共通点でもあります。

 

すなわち

社長、創業・起業される方は

金銭的・法的責任を負ってるんだよなぁ

ということ。

 

ごく当たり前のことですよね。

そう、当たり前。

 

でもね、最近、思うんです。

お話している時とか、ふわっ!と頭に浮かんでくる。

目の前にいる方は、自分と同じく、金銭的・法的責任を負ってるんだよな~」と。

※これから創業・起業する人は、これから負うということになりますね。

 

line_400

 

これね。考えてみるとすごいことだと思うんですよ。

事業で何かあったら、そのほとんどで自分に責任が発生する

金銭的、法的責任ですね。

 

自社内の誰かがやった故意または過失であっても、自らの事業で他の人に損害、被害を発生させてしまったら、責任が発生する。

他の人に損害、被害が発生しなくても、法律違反による責任や、道義的責任が生じます。

 

自分に責任が生じて、事業として再起不能であれば廃業するしかない。

廃業して新たな人生を歩む出せれば良いのですが、少なくない割合で、人生そのものを挫折してしまう。

 

いや~~~すごいな

自分も経営者ですけど自分のこと言ってるわけではなくて。

 

そして思うんです。

事業で何かあったらそのほとんどで自分に責任が発生するような、リスクを負った人たちをお手伝いできれば、と。

 

それが自分自身の人生の中で、一定の価値があることなんだろうな、と思ったりするのです。

 

line_400

 

普段、創業・起業したい、地道に頑張っている経営者のお手伝いをしています。

内容としてはこのようなものです。(具体的なサービス内容のページが開きます)

 

一応、モットーとして

10年後もその先も、生き残り、安定・事業継続いただくためのお手伝い

をかかげています。

 

創業・起業したい、起業して地道に頑張っている人が必要とすることをできうる限り揃えたいという想いもあるので、いろんな事業者さんと連携、提携しています。すぐにご案内ができるように。

 

そんな行動は、自分の中では、

起業したい人・起業して頑張っている中小零細企業にとっての最善な入り口となる

と定義しています。

 

これからは、もっと別なことも提供してゆきたいなと思っています。

また改めてリリースしますが、ご期待ください。

 

ということで「社長、創業・起業される方の最も大きな共通点」でした。

共通点は「事業で何かあったら、そのほとんどで自分に責任が発生する」ですね。

いや~~~考えてみるとすごいな。

 

投稿者:崎田 和伸

 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
吉日(法務局受付日)
最近の吉日
2019年(平成31年)
3月
一粒万倍日:
5日(火), 6日(水),
13日(水), 18日(月),
25日(月)
大 安
5日(火), 22日(金),
28日(木)
先 勝
1日(金), 12日(火),
18日(月)
4月
一粒万倍日:
9日(火), 12日(金),
24日(水)
天赦日
11日(木)
大 安
3日(水), 19日(金),
25日(木)
先 勝
9日(火), 15日(月)
5月
一粒万倍日:
7日(火), 30日(木),
31日(金)
大 安
30日(木)
先 勝
14日(火), 20日(月)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
サービス内容
 
会社設立・法人設立代行
許可の取得・変更等
資金調達サポート
経理会計サービス
契約書・規約作成代行
相続手続き、遺言書作成
 
お客様サポート制度
 
 
Asumiaならでは
 
 
会社案内
 
 
よくあるご質問
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ