崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

【動画】事務所、ご相談スペースのご案内

2020年2月21日(金)

テーマ:お知らせ, 日常の雑感、発見、出来事

35498494

 

弊社の事務所、相談スペースについて、動画をひとつ、作成いたしました。

 

動画制作を始めて半年くらいですが、楽しいですね。

よろしければ、ご覧ください。

音楽が奇抜かもしれませんがご理解ください。

 

事務所、ご相談スペースのご案内

(新しいタブで、Youtubeが開きます)

 

投稿者:崎田 和伸

 

samuraisama201703

 

【出席】グループの全体会議へ(広島開催)

2020年2月1日(土)

テーマ:あすみあグループ, 日常の雑感、発見、出来事

今回の記事のリンクはすべて、新しいタブが開きます。

IMG_6470

 

年1回開催の一般社団法人あすみあグループ 全体会議がありました。

弊社はこのグループに所属しています。

今まで、岡山、京都、山口での開催でしたが、今回初めて広島にて開催。

グランドプリンスホテル広島です。

22階のオーシャンビューの会議室。

 

会議室の中からの撮影はこんな感じ ↓ ↓

IMG_6457

 

窓からの眺めは最高です ↓

IMG_6454

 

今回の会議では、グループの方向性、目的、存在意義について、話し合いました。

 

ちなみに、あすみあグループとは・・・
法律、会計、経営、不動産に関わる専門職、そして密接に隣接する事業体が、
共通の理念、共通した顧客に対する基礎的な考え方のもとサービス提供を行うグループです。

同じグループですから、相互の専門家の間で、有益な企画・サービスの開発、顧客満足度向上のための研修などを行うことになります。
メリットはたくさんありますが、分かりやすくいえば、
あなたが安心して相談、お任せになることができること
これを目指したものです。

 

グループ内には、いろんな専門家、会社があります。

税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士、不動産会社、会計代行会社。

地域は、現時点、京都、岡山、広島、山口です。(所属事業体一覧へ)

16事業体が所属しています。

本部は広島にあります。(広島市東区光町2丁目6番41号 セネスビル4階

 

ただ、いろんな専門家、会社が所属していても、依頼人さまからのすべてのニーズにお応えはできません。

また遠方なのにグループだからということでご不便をおかけするわけにもいきません。

人と人のことなので、合う、合わないもありますよね。

ですので、弊社、そしてグループ所属会社それぞれは、グループではない、グループ外の連携も盛んに行っています。

弊社(行政書士法人 Asumia)の場合は、グループ外の連携がグループ内と同じくらいかな、と思います。

 

あすみあグループは、2013年に立ち上がって、もう7年。

創立して数年は私が代表を務めていましたが、2017年の社団法人化に伴い、代表を降り、現在に至ります。

いまは理事でもない、無役(運営会議の構成メンバー)(^_^;)

 

夜の景色 ↓

IMG_6467

 

夜は参加できる人で、会食。

夜の景色も綺麗でしたよ。

せっかくのプリンスホテルなので、泊まることができる人は宿泊。

私は家族で宿泊しました。

朝起きての風景も絶景でしたよ。

 

今回の参加では、普段、会えない人との打合せも行いました。

打合せの結果に基づいて、また実行に移したいと思います。

 

さて、週明けたら、また走り出しますかね。

 

投稿者:崎田 和伸

samuraisama201703

 

福岡で勉強してきました(士業事務所経営)

2020年1月24日(金)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事, 経営について

IMG_6339

※写真は博多駅です。

 

先日、福岡で経営の勉強をしてきました。勉強といっても、経営面での情報交換です。

長江氏、渡邊氏、私の三名。

博多のもつ鍋屋さんで会合。

 

line_400

 

長江氏は

行政書士を含めた士業のウェブマーケティングの黎明期に、士業のウェブってこうやってやるんだね~という【イケてるカタチ】を創り、ご自身も突っ走った方。
 
65164984
https://00m.in/VhgH1(amazon著者ページ)
 
http://www.gyosei-shosi.com/ (行政書士法人)
↑ (余談)ドメインの選び方からして違いますね。
 
line_400
 
渡邊氏は、
記憶が間違っていなければ、イケてるウェブマーケティングの姿が見えると同時に、行政書士等の士業ウェブマーケティングにおいて、おそらく【頂点】に立った方。
 
werwerwerwe
https://www.withness.or.jp/ (行政書士事務所)
 
もちろん、今でも突っ走っておられます。
    
・・・と、ここまで紹介しておきながら違和感があります。
 
マーケティングよりも
 
お二人とも行政書士事務所の経営者としての実績のほうがすごいかもしれない。
 
私個人の印象では行政書士の業界で実績を出した方、ですね。そのほうがしっくりくる。
    
渡邊氏は講演等されない、ほとんど表に出てこない方です。
話したいと常々思っていましたが、お誘いしたところ快諾いただいたので、今回の会合が実現しました。
 
昔からの共通の知己でもある長江氏もお誘いしての【三者面談】。
 
line_400
 
 いや~勉強になりました。
 
 マーケティングの話も少ししたのですが、実は三人とも共通点がありまして・・・
士業としての事業を部分移譲または分割して、事務所運営を再構築した経験
があります。
 
行政書士業界では珍しい存在かもしれません。
 
部分移譲又は分割は、高齢で引退時ではない、現役の話なので、
「行政書士業界の事例の半分がここに集まってるんじゃない?」という言葉が途中で出ましたが、ほんとかな…もしかすると、ほんとにそうかも。
 
そんな三人が集まって、なんだかんだ、話し合いました。
 
へ~~
ほ~~
そうなんだ~~
なるほどね
そうだよね~
 
そんな言葉が行き交う場になりましたね。
 
そして、行政書士事務所の伸ばし方についても深く談義しました。
単純に伸ばし方、ではなくて、合理的な伸ばし方、と言っていいかもしれません。
 
なるほどね
そうなるよね
へ~
そうなんだ
たしかに~
の連続でした。
経営・運営の姿って、もちろん三者三様なのですが、ステージ、やり方、進め方には、共通した部分があるんだなと感じました。
 
また、事務所を伸ばすことの意味についても語り合いました。
 
この日は、ほんとに勉強になりました。 
また開きたい。
 
line_400
 
shop_img01-1
 
最後になりましたが、もつ鍋屋さんは、一藤。博多駅前です。
 
100年の歴史があるだけあって、もつ鍋は最高にうまかった。
伝統の味ですね。
話を聞くのに夢中ながらも「お~!うめぇ~!」と感じながら、いただいておりました。
 
福岡に行かれるのであれば、おすすめします。
 
投稿者:崎田 和伸
 
samuraisama201703
 
 

【たまには歴史】あまり知られていない、秀吉さんの業績

2019年12月9日(月)

テーマ:歴史98点、数学20点の男がお贈りする

nigaoe_toyotomi_hideyoshi

※今回の投稿は現代のキリスト教を否定するものではありません。あくまでも歴史的観点からの投稿となります。

b_simple_32_0M

 

たまには歴史について書きたいと思います。本来、歴史オタクですので。

豊臣秀吉はみなさんご存じかと思います。

秀吉は【農民から成り上がり天下統一した】というイメージが一番強いですよね。

 

でも私は別のことでのイメージが一番強いです。

それは【バテレン追放令を出した】こと。

 

バテレン禁止令とは、キリスト教の布教と南蛮貿易での禁止事項を出した通達を指します。

この後、秀吉統治下でもう一回、徳川家康の統治下に入って数回のキリスト教の禁止の定めにつながってゆきます。(禁教令)

 

b_simple_32_0M

 

バテレン追放令や、禁教令は、日本、いや世界の教科書では、あまり触れられることはありません。

カトリック、プロテスタント等のキリスト教徒が多く軋轢も多いゆえでしょう。

まあそれはそれで仕方ないのですけども、歴史好きからすると残念でもあります。

 

戦国時代、安土桃山時代、そして江戸時代。

この時、世界では大変なことが起きていました。

 

スペイン、ポストガル、オランダ等、ヨーロッパ諸国による世界侵略です。

植民地拡大と入植、先住民の虐殺ですね。

これは、カトリックが主ですが、【異教徒は殺しても構いませんよというお墨付き】を与えていたからとも言われています。

植民地にされた国の惨状は筆舌に尽くしがたいものがあります。同じ人間の所業ではないですねあれは。

ほんとは当時の絵画(植民地化がんばってますよ~という絵)をここに載せたいですが、あまりにエグいので、やめておきます。

 

さて、植民地化には【段階】があります。

1.キリスト教を布教する。

2.協力者を作り、異教徒に歯向かわせない、歯向かわせにくい状態を作る。

3.外と中から侵略する。異教徒は殺しても構わない。異教徒の数を減らすことが神への貢献となる。原住民は駆逐する。

4.金銀財宝、生き残った人間を本国に持ち帰る。

5.本国から入植者が入植する。

 

こういった段階を経て、現代の国ができています。

アメリカ、オーストラリアがわかりやすいでしょうか。もう白人の国ですよね。

この白人の国というイメージの裏には、すさまじい数の原住民の血と涙が隠れているわけです。

 

b_simple_32_0M

 

あくまでも当時についてですが、キリスト教は、ヨーロッパ諸国の植民地政策の尖兵としての役割がありました。

これは、ご紹介はしませんが、イエスズ会とヨーロッパとの手紙のやり取りを見ると、すごく分かります。

 

背景はこのくらいにして、当時、日本で起こっていたことを書いてゆきたいと思います。

当時起こっていたこと、それは【日本人の老若男女、特に女性が、海外に奴隷として売り渡されていた】こと。

 

戦の多かった時なので、日本国内でも、奴隷の売買は行われていました。国内の話です。

どの戦国武将もやっていた。かの義の人、上杉謙信もそれはもうたくさん。ドラマでは義に厚い、戦も強いすばらしい武将ですよね。

 

けれど、キリスト教の団体「イエスズ会」を通じて(積極的黙認や事実上の容認を含みます)の奴隷貿易は、一説には数十万人と言われ、規模が違います。資料によっては50万人とか。

安土桃山時代の日本の人口が、1000万人と言われているので、その割合はすごいものがあります。どちらも数字が正しければ、ですが。

 

海外へ売られた人たちの凄惨さたるや、これも筆舌に尽くしがたいものがあったようです。

 

伊達政宗がローマ教皇のもとに少年たちを派遣していますが、その少年たちの手記や報告書には、日本人奴隷(とくに女性)たちの悲惨な状況が記されています。

歴史資料なのでそれが虚構という可能性、記述すべての正確性のなさ、は無視できませんが、

少なくとも、日本人奴隷はキリスト教の団体を通じて海外に売られていた、ということは事実かと思われます。

実際、少年たちの中には、日本に帰ってから海外の日本人奴隷のありさまを見て、キリスト教を捨てた人もいます。

帰ったら禁教令が出ていたという背景もありますけども。

 

b_simple_32_0M

 

このような情勢下、豊臣秀吉とイエスズ会との間にこんな手紙のやり取りがありました。

秀吉)

第1条 宣教師たちはどんな根拠、理由で、 秀吉の臣下をキリスト教徒になるよう強制するのか?

イエスズ会)→強制はしていない。布教しているだけ。

秀吉)

第2条 なぜ宣教師たちは、その弟子や教徒をけしかけて神社仏閣を破壊するのか?

イエスズ会)→宣教師らは、決して暴力を用いたことはない。教徒が自分で判断して神社仏閣を破壊しているだけで、宣教師のせいではない。

ただ、キリシタン大名がこのこと(神社仏閣の破壊)を奨励したことについては、宣教師たちはこれに賛成はした。

秀吉)

第3条 なぜ僧侶を迫害するのか?

イエスズ会)→決して仏僧を迫害したことはない。論戦で仏教の誤りを指摘したことにどどまっている。

秀吉)

第4条 なぜ宣教師とポルトガル人は、牛馬を食用するのか?

イエスズ会)→牛肉は食べるが、馬肉は食ったことがない。牛肉を食べるなというならやめてもいい。

秀吉)

第5条 イエズス会日本支部の総帥であるコエリヨは、ポルトガル人らが、日本人を買って奴隷としてインドに輸出するのを許可するのか?

イエスズ会)→奴隷売買があるのは、日本人が売るからだ。まず売ることを禁止してくれ。

 

b_simple_32_0M

 

この手紙のやり取りのあと、秀吉からイエスズ会に対して

・売っぱらった奴隷は日本に戻せ。

・なんならお金を払ってもいい。

と申し出ています。

 

といったやり取りがなされたのち事態が解決しないため、出されたのが、【バテレン追放令】です。

奴隷貿易があることをお互いが認めたうえで、話し合って、ダメだった、というわけですね。

 

b_simple_32_0M

 

バテレン追放令を端初として、キリスト教の禁教令につながってゆくわけですが、そもそもの追放令を出せた、というのが、歴史的にすごいことだと思います。

当時のキリスト教は、武器の仕入先であり、火薬の仕入先であり、文化的側面から見ても、とてつもなく大切な取引先であったはずです。

かの伊達政宗も、ローマ教皇に手紙で「領地をキリスト教の国にするから、宣教師を派遣してください」とつづっています。秀吉に降伏する前かな。

 

秀吉があの時にバテレン追放令を出さなければ、日本のキリスト教化は進み、他の世界の被植民国と同じ運命を辿っただろう、というのが、歴史家かいわいでの見解です。

日本という国は、オーストラリア大陸と同じようになったのではないでしょうか。

白人が海岸で遊ぶ美しいイメージ?

日本の海岸は、オーストラリアのゴールドコーストと同じようになったかも。

(まあ、日本人含めて人間というのは大なり小なり、侵略の歴史なので、どっちがどうということはないのですけども…)

 

ともかく、今回のタイトルに関係することを書きますと。

間違いなく思うのですが、日本人という人種は、世界に散らばり、安住の地は得られなかったと思います。

これは間違いないだろうなぁ。

 

秀吉は、以上の点から、すごいと思います。

 

農民からの大成功ストーリー?一夜城?中国大返し?小田原征伐?関白就任?

いえ、【日本が植民地にされるのを未然に防いだ】という点がすごいと思いますね。

後世につながる業績、かもしれません。

あくまでも個人的には、です(笑)

 

書ききれないものがたくさんありますし、支離滅裂な部分もあったと思いますが、キリないので、ここらへんでおいとまを…

ご興味あれば、上に出てきたワードでネット検索してみていただければと思います。

 

投稿者:崎田 和伸

samuraisama201703

年末年始休業とお問合せについて

2019年12月5日(木)

テーマ:お知らせ

672992

b_simple_32_0M

 

◆年末年始休業についてお知らせ

 

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社では、誠に勝手ながら下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。

年内最終営業日
 2019年12月27日(金)18時まで
 
休業期間
 2019年12月28日(土)より 2020年1月5日(日)まで

 ※1月6日(月)より通常営業いたします。
 
休業中にいただいたお問合せ、ご連絡、ご依頼については、1/6(月)より順次対応させていただきます。
ご不便をおかけすることと存じますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

b_simple_32_0M

 

◆12月のお問合せについて

 

年末年始について、お問合せが重なることがあります。

ご依頼をご検討の方は、お早めにご連絡ください。

官公庁含めて混み合う季節でもありますので、余裕をもったスケジュールとなさいますことをおすすめします。

 

電話でのお問合せ、ご相談予約、ご依頼:082-569-5320

フォームからのお問合せ、ご相談予約、ご依頼:こちらからご入力ください。お手数をおかけします。(新しいタブが開きます)

 

12月は車の行き来も多いですよね。安全運転、安全歩行なさってください。

投稿者:崎田 和伸

samuraisama201703

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
 
サービス内容
 
会社設立・法人設立代行
許可の取得・変更等
資金調達サポート
経理会計サービス
契約書・規約作成代行
相続手続き、遺言書作成
 
お客様サポート制度
 
 
Asumiaならでは
 
 
会社案内
 
 
よくあるご質問
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ