酒類販売免許申請代行

酒類販売免許申請代行

酒類販売免許申請代行。数多くのサポート実績がございます。
安心してお問い合わせください。

酒類販売免許申請

酒類販売免許申請代行について

酒類販売免許申請代行をお引き受けしています。
サービス内容は次のとおりです。

サービス内容

誠実に、スムーズに、対応させていただきます。ご安心ください。

酒類販売免許とは?

酒類販売免許とは?

酒類の販売業免許を受けようとする場合の申請手続です。
酒類の販売業を行う前に免許を取得しなければなりません。
提出先は、販売場の所在地を所轄する税務署です。
審査期間は原則として2ヶ月となります。

酒類販売業免許を取得するためには、
・人的要件
場所的要件
経営基礎要件
需給調整要件
を全て満たしていることが必要となります。

提出書類は
・販売設備状況書
・事業もくろみ書
・所要資金ならびに所有資金の明細書およびその調達方法についての書類
・貸借対照 表及び損益計算書(最近3年度分)
・登記簿謄本及び定款(法人の場合)
・戸籍謄本又は抄本(個人の場合)
・役員全員の履歴書
・誓約書
・販売場の土地、建物の登記簿謄本(賃貸借契約書の写し)
・建物等の配置図
・申請販売場の周辺の見取図
・写真 
です。
ここでは、概要のみご説明しています。詳しくはお問い合わせください。

こういった方々から依頼いただいています

こういった方々から依頼いただいています

 許可が取得できるか分からない・・・。
 許可が取得できないと知り合いに言われた。
 許可が必要だと取引先に言われている。
 インターネットでの酒類販売を始めたい。
 店舗での酒類販売を始めたい。


という企業、事業主の皆さま、お気軽にご相談ください。
お問い合わせいただいても、依頼しなければならない、ということは決してありません。
ご安心ください。

インターネットを利用した酒類の通信販売を考えておられる場合

インターネットを利用した酒類の通信販売を考えておられる場合

インターネットショッピングサイトを開設して、酒類を販売するためには、酒類販売免許が必要となります。
インターネットオークションサイトで、酒類を販売するビジネスモデルである場合は、「継続して出品する」場合、酒類販売免許が必要となるケースがあります。最終的には所轄の税務署による判断となりますが、無許可営業となっていてリスクが高い方もおられます。ご注意ください。

料金表(目安)

料金表(目安)

サービス名 料金(消費税別) 印紙、登録免許税
◆酒類販売免許を取りたい、変更したい【酒類免許申請代行】

・「一般」酒類販売免許 新規

(「通信」酒類の場合は+20,000円です)

料金(税別) 119,800円(税別)
※平均値です。正式にはお話を伺ってから見積もり提示いたします。
※「一般」と「通信」を同時申請する場合は、料金(弊社手数料)より割引させて頂きます。詳しくは見積りにてご案内致します。

法定費用(印紙等)
↓ ↓
申請時の法令に基づいて印紙等の法定費用が発生します。

お得、格安、安い、割引 酒類販売免許と会社設立を一緒に頼みたい方はお知らせください。
2つの料金(法定費用除く)から5%の割引とさせていただきます。
・一般酒類「卸売」免許申請
料金(税別) 159,800円(税別)
※平均値です。正式にはお話を伺ってから見積もり提示いたします。
法定費用(印紙等)
↓ ↓
申請時の法令に基づいて印紙等の法定費用が発生します。
・現地調査立ち会い 10,000円~(税別)
+ 公共交通機関料金や高速道路を使用した場合の高速料金
※税務署による現地調査が発生した場合で依頼人さま又は税務署より弊社の立ち会いを希望された場合に発生します。
-
・各種変更届 20,000円(税別) 法定費用(印紙等)
↓ ↓
申請時の法令に基づいて印紙等の法定費用が発生します。
・蔵置所設置 30,000円(税別) 法定費用(印紙等)
↓ ↓
申請時の法令に基づいて印紙等の法定費用が発生します。
・廃業届 20,000円(税別) 法定費用(印紙等)
↓ ↓
申請時の法令に基づいて印紙等の法定費用が発生します。


・割引制度のページもぜひご確認ください。詳しくはこちら

掲載しているのはあくまでも目安です。
お話を伺ってから、費用、期間その他について詳しく書いた見積り資料を提示しますので、ご安心ください。

ページトップへ