収集運搬業許可の種類

収集運搬業許可の種類

産業廃棄物収集運搬業許可の種類について解説させていただきます。
※法令は少なくない頻度で改正が発生します。ご依頼の折には最新の法令に基づいて申請を行いますが、ご自身で申請する、判断する場合は最新の申請情報をご確認ください。

収集運搬業許可の種類

収集運搬業許可の種類

このページでは、収集運搬業 許可の種類について、説明いたします。
収集運搬業 許可はその内容によって、4つに分かれます。

(1)産業廃棄物収集運搬業(積替保管を含まない)

(2)産業廃棄物収集運搬業(積替保管を含む)

(3)特別管理産業廃棄物収集運搬業(積替保管を含まない)

(4)特別管理産業廃棄物収集運搬業(積替保管を含む)

(1)の「産業廃棄物収集運搬業(積替保管を含まない)」とは、最も一般的な収集運搬業の許可の形態です。積み替え保管を含まないので、積み込んで処理施設へ運搬する間に、おろすことのない形、となります。
多くの事業者さまはこの(1)の許可申請になると思います。

(2)の「産業廃棄物収集運搬業(積替保管を含む)」とは、積み替え保管を含む形です。廃棄物を、一旦、おろし、保管することになりますので、保管場所、周辺住民への影響など、検討しなければなりません。申請の難易度は高いものとなります。

(3)(4)は、「特別管理」を必要とする産業廃棄物の収集運搬の許可です。積み替え保管あり、なしがあります。病院からの廃棄物、PCBなどの化学物質などが、特別管理廃棄物となります。このほか、本当にたくさんの種類が指定されています。

積み替え、保管とは?

積み替え、保管とは?

積み替え、保管とは何でしょうか?
許認可上では、積み替えと保管は、一緒に考えるケースがほとんどですので、ここからは、「積み替え保管」と呼ばせていただきます。
さて、法律では、次のとおり、定義されています。(少し柔らかめに変えています)

積み替え保管とは
排出する事業者から中間処理業者又は最終処分業者へ収集運搬する途中で、一旦、集積や一定の量を貯めておいて、貯まったら運搬すること

を指します。

積み替え保管のメリットは、ズバリ、運送コストです。中間処理業者又は最終処分業者へ、都度、行かなくてもよくなりますから、コストは大きく変わってくることになります。

ただ、積み替え保管つきの許可を取得するためには、大変、高いハードルが待っています。詳細は簡易に説明ができませんし、土地、廃棄物の種類、量など、たくさんのことが関わってきます。

建設会社(建設業の個人事業主を含む)では?

建設会社(建設業の個人事業主を含む)では?

時折、質問をいただきます。
産業廃棄物を日々扱う、建設会社ではどういう扱いとなるのでしょうか?(建設業の個人事業主を含みます)
建設会社のうち、産業廃棄物 収集運搬業 許可が必要なケースとは次のとおりです。

つまり、第三者が元請けの工事のガラについては、許可が必要です。
完全に自社(自分)が元請けの工事のガラについては、許可は不要ということになります。

お手伝いして許可が下りた事例【産廃収集運搬業、建設業】

【産廃収集運搬業許可】お手伝いして許可が下りた事例(許可証・一部)

産業廃棄物収集運搬業許可に関して、当社でお任せいただいた中から、抜粋して、掲載させていただいています。
※守秘義務の関係から、特定されるすべての情報は伏せてあります。ご了承ください。

【建設業許可】お手伝いして許可が下りた事例(許可証・一部)

建設業許可に関して、当社でお任せいただいた中から、抜粋して、掲載させていただいています。
※守秘義務の関係から、特定されるすべての情報は伏せてあります。ご了承ください。

許可となった許可証

許可制度をズバリ解説!【産廃収集運搬業、建設業】

産廃収集運搬 許可制度

建設業 許可制度

ページトップへ