収集運搬業の許可条件とは?

許可の要件(条件)とは?

産業廃棄物収集運搬業許可の要件(条件)について解説させていただきます。
※法令は少なくない頻度で改正が発生します。ご依頼の折には最新の法令に基づいて申請を行いますが、ご自身で申請する、判断する場合は最新の申請情報をご確認ください。

収集運搬 許可の要件(条件)とは?

許可の要件(条件)とは?

ここでは、産廃収集許可を取るために一体何をクリアすればいいのか?説明申し上げたいと思います。
許可の要件(すなわち、条件)は、大きく分けて5つあります。

【1】指定された講習会を受講済み(合格済み)であること

許可の申請、更新の申請には

「産業廃棄物処理業講習会(収集運搬課程)」

を受講して頂く必要があります。これは、許可、更新の申請前に、済ませておかなければなりません。

個人で申請をする場合には申請者本人、法人の場合には代表者、役員の方が受講している必要があります。許可申請前の必須事項となります。

講習会にて実施される試験に合格しなければなりません。頑張って下さい!

 講習会の開催場所、日程、費用については、財団法人日本産業廃棄物処理振興センターという機関のホームページにて、ご確認ください

【2】適正な事業計画、経理的基礎があるか?

許可申請のためには、
・適正な事業計画なのか?
・経理的基礎はあるのか?

も、要件(条件・基準)の一つとなっています。

事業計画とは、運搬する廃棄物の種類、運搬先の処理施設など、こと細かに、記入する必要があります。
経理的基礎とは、分かりやすく言えば「会社・事業主(つまり申請者)の財務状態は大丈夫か?」ということです。
利益が計上されているか、債務超過でないか?といった基準に基づいて、判断されます。
もし債務超過である場合、許可となるべく、検討、書類作成、資料作成を行うことになります。
中小企業診断士という専門家に計画書策定を別途依頼していただくこともあります。

【3】欠格要件に該当しないか?

こういう人は(会社は)、申請しても許可しませんよ、という欠格要件というものが存在します。
申請時、欠格要件に該当しないことが必要です。法人の場合は、役員はもちろんのこと、株主も、該当しないことが必須となります。
欠格要件はこちら↓↓

(1)成年被後見人、被保佐人、破産者で復権を得ないもの
(2)禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者
(3)暴力団員又は暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者

などなど、たくさんの要件があります。

【4】施設はきちんとあるか?=車や容器は大丈夫か?

要件の4つ目は、施設はきちんとあるか?です。
これは、実際には、「車」や「容器」は大丈夫か?ということです。
廃棄物が飛び散ったり、流れ出したり、悪臭を放ったり。こんな状態では、許可を取ることはできません。
積み替え保管つきの許可をお取りになりたい場合は、積み替えするために保管する場所も、飛散、漏れ、悪臭等が無いことが要件です。積み替え保管つき許可の場合、「地下に浸透しないこと」等も、要件として加わります。

【5】その他

以上の他、許可を申請するためには、定款に所定の事業目的は入っているか?といった要件もあります。
(=法律では書かれていないが、事実上の要件であり、基準となっている)

これらを証明して申請するためには?

証明して申請するためには?

これら5つの要件について、原則、「誰がみても分かる証拠」を要求されます。要件をクリアしていますよ!という証明書類ですね。
それは、誓約書であったり、契約書、説明書であるケースもあります。
個々のご依頼人さまごとに違います。
なお、提出すれば、それが、公には、証拠になります。
提出時には、許可を取ることだけに目が行ってしまわないよう、十分な注意が必要です。万が一、偽造した書類を提出してしまった場合、厳しい罰則が待っています。

お手伝いして許可が下りた事例【産廃収集運搬業、建設業】

【産廃収集運搬業許可】お手伝いして許可が下りた事例(許可証・一部)

産業廃棄物収集運搬業許可に関して、当社でお任せいただいた中から、抜粋して、掲載させていただいています。
※守秘義務の関係から、特定されるすべての情報は伏せてあります。ご了承ください。

【建設業許可】お手伝いして許可が下りた事例(許可証・一部)

建設業許可に関して、当社でお任せいただいた中から、抜粋して、掲載させていただいています。
※守秘義務の関係から、特定されるすべての情報は伏せてあります。ご了承ください。

許可となった許可証

許可制度をズバリ解説!【産廃収集運搬業、建設業】

産廃収集運搬 許可制度

建設業 許可制度

ページトップへ