許可を取った後の義務

許可を取った後の義務

許可を取った後の義務について解説させていただきます。
※法令は少なくない頻度で改正が発生します。ご依頼の折には最新の法令に基づいて申請を行いますが、ご自身で申請する、判断する場合は最新の申請情報をご確認ください。

許可を取った後の義務

許可を取った後の義務

ここでは、収集運搬業の許可を取得した、または取得している場合の「義務」について、説明させていただきます。これらの義務に違反すると、業務改善命令や営業停止等の罰則が定められています。罰則には、罰金刑や、中には懲役もあります。
行政処分を受けると、処分が公表されるケースがあります。処分は事件として新聞に載るケースもあり、取引先との関係において、重大なダメージとなります。十分な注意が必要です。


【1】許可の更新(=更新許可申請)

許可を取ったあとの義務、1つ目は、更新です。
収集運搬業の許可の有効期限は、許可のあった日から5年目の許可日の前日までです。
続いて許可を保有するためには、更新手続きを行わなければなりません。
更新手続きについて、許可更新サービスのご案内というページをご用意しています。ぜひご参照ください。


【2】変更許可申請(=事業範囲変更許可申請)

許可申請時の事業の範囲を変更する場合、変更許可申請を行う必要があります。
例えば・・・
・廃棄物の種類を増やすとき。
・積み替え保管を新たに行うとき。
です。(ほかにもあります)
事業の範囲を変更せず、収集運搬を行った場合、無許可営業となる可能性が高いです。
許可証があるからといって、何でも運んでしまうと罰則を受けることがあります。十分にご注意ください。


【3】各種の変更届け

許可申請書の内容に変更が発生した場合、法律で決まった期間までに、変更届けが必要です。
変更となったら届出が必要な事柄と、届出しなければならない期間について、次のとおりです。
・住所、氏名又は名称の変更
・次の事項の変更
(1) 法人の役員
(2) 発行済株式総数の 100 分の5以上の株式を有する株主又は出資額の 100 分の5以上の額に相当する出資者
(3) 政令で定める使用人
(4) 法定代理人
・事務所及び事業場(駐車場)の 所在地(収集運搬業において、駐車施設を含まない事務所のみを変 更する場合を除く。)
・事業の用に供する施 設並びにその設置場所 及び構造又は規模
 運搬車の増廃車、運搬船の増廃船
 積替え・保管施設、中間処理施設、最終処分場、海洋投入施設等の変更
・特別管理産業廃棄物の性状分析者の変更
・広島県内の各政令市(広島市、呉市、福山市)における積替え許可の有無(収集運搬業)
・ (特別管理)産業廃棄物処理業の廃止


【4】車両への表示義務

いわゆる、運搬車両へのステッカーです。法律に則った形で、ステッカーを作成して貼り付けを行う必要があります。

主に表示しなければならないのは
・ 産業廃棄物の収集又は運搬の用に供する運搬車である旨
・ 許可業者の氏名又は名称
・ 許可番号
です。他にも細かい規定がありますので、ご注意ください。


【5】帳簿の備付け及び保存、営業に関する書面の保存

法律で定められた帳簿を備え付け、保存することが義務となっています。保存期間は5年間となっています。


【6】その他

ここでは大きめの義務の説明でしたが、1~5以外でも法律により定められたものがあります。
委託契約やマニフェスト等に関するものがあります。

お手伝いして許可が下りた事例【産廃収集運搬業、建設業】

【産廃収集運搬業許可】お手伝いして許可が下りた事例(許可証・一部)

産業廃棄物収集運搬業許可に関して、当社でお任せいただいた中から、抜粋して、掲載させていただいています。
※守秘義務の関係から、特定されるすべての情報は伏せてあります。ご了承ください。

【建設業許可】お手伝いして許可が下りた事例(許可証・一部)

建設業許可に関して、当社でお任せいただいた中から、抜粋して、掲載させていただいています。
※守秘義務の関係から、特定されるすべての情報は伏せてあります。ご了承ください。

許可となった許可証

許可制度をズバリ解説!【産廃収集運搬業、建設業】

産廃収集運搬 許可制度

建設業 許可制度

ページトップへ