収集運搬業の許可が必要なケース

収集運搬業の許可が必要なケース

収集運搬業の許可が必要なケースについて解説させていただきます。
※法令は少なくない頻度で改正が発生します。ご依頼の折には最新の法令に基づいて申請を行いますが、ご自身で申請する、判断する場合は最新の申請情報をご確認ください。

収集運搬業の許可が必要なケース

収集運搬業の許可が必要なケース

許可が必要なケースは、「第三者」の「産業廃棄物」を収集し「中間処理施設など」に運ぶ場合です。
図にすると次のとおりです。


どの県の許可が必要?

どの県の許可が必要?

収集場所(積み込む場所)、持っていく場所(中間処理施設など)によって、許可が必要な都道府県が違ってきます。
例示します。

【 例1 】呉市(広島県)で収集して、安芸太田市(広島県)で、降ろす。→→→ 広島県知事の許可を取得します。

【 例2 】呉市(広島県)で収集して、岩国市(山口県)で、降ろす。→→→ 広島県知事と山口県知事の許可を取得します。

【 例3 】岡山市(岡山県)で収集して、府中市(広島県)で、降ろす。→→→ 岡山県知事と広島県知事の許可を取得します。

【 例4 】松江市(島根県)で収集して、安芸高田市(広島県)で、降ろす。→→→ 島根県知事と広島県知事の許可を取得します。

※この4つは、すべて、積み替えや保管をしないことが前提です。

建設会社(建設業の個人事業主を含む)では?

建設会社(建設業の個人事業主を含む)では?

時折、質問をいただきます。
産業廃棄物を日々扱う、建設会社ではどういう扱いとなるのでしょうか?(建設業の個人事業主を含みます)
建設会社のうち、産業廃棄物 収集運搬業 許可が必要なケースとは次のとおりです。

つまり、第三者が元請けの工事のガラについては、許可が必要です。
完全に自社(自分)が元請けの工事のガラについては、許可は不要ということになります。

お手伝いして許可が下りた事例【産廃収集運搬業、建設業】

【産廃収集運搬業許可】お手伝いして許可が下りた事例(許可証・一部)

産業廃棄物収集運搬業許可に関して、当社でお任せいただいた中から、抜粋して、掲載させていただいています。
※守秘義務の関係から、特定されるすべての情報は伏せてあります。ご了承ください。

【建設業許可】お手伝いして許可が下りた事例(許可証・一部)

建設業許可に関して、当社でお任せいただいた中から、抜粋して、掲載させていただいています。
※守秘義務の関係から、特定されるすべての情報は伏せてあります。ご了承ください。

許可となった許可証

許可制度をズバリ解説!【産廃収集運搬業、建設業】

産廃収集運搬 許可制度

建設業 許可制度

ページトップへ