個人情報保護方針について

  • ホーム
  • 個人情報保護方針について

個人情報保護方針について

弊社は、依頼人さまの個人情報を適切に管理する義務を負っております。個人情報保護方針を定め、適正な運用に努めております。 また、セキュリティ体制についても、ぜひあわせてご確認ください。

なお弊社は、あすみあグループ  に所属しております。
ご相談、ご依頼の取り次ぎなどで、個人データの共同利用が発生する場合があります。個人情報の保護に関する法律では、個人データの共同利用について「本人が容易に知り得る状態に置く」ことが求められています。本ページにおいて、掲示させていただきます。

個人情報保護方針について

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

行政書士法人 Asumia (あすみあ)(以下、「弊社」といいます)は、個人情報を保護することが弊社の事業活動の基本であるとともに、弊社の社会的責任、責務であると考えております。



1.個人情報の収集、利用目的について
弊社は、法令の範囲内、方法において、個人情報の収集を行います。
弊社がお預かりする個人情報の利用目的は、次のとおりです。
・お問い合わせ、ご依頼への対応およびアフターフォローをさせていただくため。
・経営のために有益な情報(ニュースレター等)を送付又は送信させていただくため。
・ご相談、ご依頼になりたいことが弊社の専門外である場合、対応が難しい場合に、他の専門家に取り次ぎをさせていただくため。
・上記に附帯関連する目的のため。

2.個人情報の開示
ご本人の同意なく個人情報を第三者に開示、提供いたしません。

3.個人情報の適正管理について
収集した個人情報について、適切な安全対策を実施し、不正アクセス、改ざん、破壊、漏えい、紛失などを防止するために合理的な措置を講じます。

4.法令及びその他の規範の遵守について
個人情報に関して運用される法令及び業界ガイドラインを遵守します。

5.個人情報の継続的改善
個人情報保護管理者を設置し適切な保護・管理を行い、コンプライアンス・プログラムを実施、維持していきます。
また、定期的に監査を実施し見直し、改善に努めます。

6.個人情報に関するお問い合わせ窓口
個人情報保護管理者:行政書士法人 Asumia 行政書士 崎田 和伸
お問い合わせ電話番号 082-569-5320

平成17年3月31日 制定
平成21年6月23日 改訂
平成23年1月17日 改訂
平成25年4月1日 改訂(個人情報利用目的の簡素化等) 
平成26年4月11日 改訂(移転に伴う連絡先変更)

個人データの共同利用について

弊社は、あすみあグループ  に所属しております。

ご相談、ご依頼の取り次ぎなどで、個人データの共同利用が発生する場合があります。個人情報の保護に関する法律では、個人データの共同利用について「本人が容易に知り得る状態に置く」ことが求められています。本ページにおいて、掲示させていただきます

個人情報の保護に関する法律では、個人情報のうち「個人データ」について、第三者提供の例外として、個人データを特定の者との間で共同して利用する場合であって、その旨および一定の事項を本人が容易に知り得る状態に置いているときは、第三者提供にいう「第三者」に該当せず、あらかじめご本人の同意を得ないで、その共同利用者に個人データを提供できることを定めています。

この規定に基づき当グループ各社は、必要に応じ、個人データの共同利用を行う場合があります。

1.共同利用する個人データの項目
・氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、ご相談内容ほか、グループ内の他参画者がサービス提供を行うために必要な情報。

2.共同利用する者の範囲
・あすみあグループ構成事務所。 

 あすみあグループ構成事務所一覧はこちら  
(あすみあグループウェブサイトへ)

 

3.共同利用する者の利用目的
・法律専門職、隣接法律専門職等の専門家による実務・相談・助言等のサービスの提供のため。
・「犯罪による収益の移転防止に関する法律」ほか、法令により必要とされる本人確認、本人記録の作成、維持管理等のため。
・必要に応じ、当グループが実施、提供するセミナー、サービス、商品等に関する各種情報提供(電子メール、郵送物)のため。
・これらに付帯関連する目的のため。

4.個人データの管理について責任を有する者
・あすみあグループ代表 行政書士法人 Asumia 代表社員 崎田 和伸

守秘義務について

行政書士には、法律により守秘義務が課せられています。

◇行政書士法第12条 (秘密を守る義務)
行政書士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱った事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなった後も、また同様とする。 

◇行政書士法第19条の3 (行政書士の使用人等の秘密を守る義務)
行政書士又は行政書士法人の使用人その他の従業者は、正当な理由がなく、その業務上取り扱った事柄について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士又は行政書士法人の使用人その他の従業者でなくなった後も、また同様とする。 

これらの守秘義務を遵守しながら、日々、実務遂行しております。
安心して、ご相談、ご依頼ください。

ページトップへ