建設業許可とは?

建設業許可とは?

建設業許可とは?について説明させていただきます。

※法令は少なくない頻度で改正が発生します。ご依頼の折には最新の法令に基づく申請手続となりますが、ご自身で申請する、判断する場合は必ず、最新の申請情報をご確認ください。

建設業許可とは?

建設業許可とは?

建設業許可とは・・・
法律がたくさんありますが、その中に、「建設業法」という法律があります。この建設業法に基づいた許可制度です。
建設業を営むすべての人が、建設業許可を取らなければならないというわけではありません。
一定規模以上の工事を請け負う場合に、許可が必要となります。

この許可制度の背景には、「一般消費者の方々の安心のため」という目的があります。言い換えれば、「施主さんの安心のため」ですね。
すなわち・・・
皆さんが、自分の家を建てるとしましょう。依頼は決して小さな金額ではありませんよね?一世一代の大決心なはずです。頼む工事はおそらく、建築一式工事。
許可を取っている建築会社は、年に1回、決算を報告しなければなりません。この決算報告は、官公庁で、誰でも見ることができます。きちんとした経営をしているのか、見ることができる制度ということになりますね。

自分の家の建築を頼む会社が、経営がしっかりしているのか、赤字なのか、累積債務はいくらあるのか?
技術者は誰か?代表者の経歴は?
これらが分かります。自分の家を頼むための、判断材料とすることができるのです。

以上は、あくまでも一例です。
建築一式工事以外でも、官工事、とび・土工工事など、たくさんの種類があるはずです。
建設業許可制度は、一番分かりやすく言えば、「安心して、頼める」を実現するための制度ということになります

建設業許可?建設業【登録】?建築業【免許】?

建設業許可制度は、ちまたでは、様々な呼び方をされます。

 建設業「許可」申請
 建設業「登録」申請
 建築業「免許」申請
 金看板を取る申請 etc・・・

正式な名称は、建設業「許可」申請です。
広島県や、国土交通省に申請を行います

そもそも建設業ってなんでしょう?

そもそも、建設業ってなんでしょう。
法律上、建設業とは・・・
建設業とは、元請、下請その他いかなる名義をもってするかを問わず、建設工事の完成を請け負うことを業として行うこと
を指します。

一定規模の工事以下でも必要なケースとは?

一定規模の工事以下でも、必要とされるケースがあります。これは法律上、必要というケースではありません。

元請けが、許可証をもっている業者に仕事を任せるようになっている。
許可を取るように元請けから言われている。
許可があると、営業でプラスになる。
融資を受けるために許可が必要と言われた。

こういったケースです。

弊社では、様々な理由で、建設業許可を取りたいという皆さまから、依頼いただいています。
そして、取得した折には、喜んでいただいています。

お手伝いして許可が下りた事例【建設業、産廃収集運搬業】

【建設業許可】お手伝いして許可が下りた事例(許可証・一部)

建設業許可に関して、当社でお任せいただいた中から、抜粋して、掲載させていただいています。
※守秘義務の関係から、特定されるすべての情報は伏せてあります。ご了承ください。

許可となった許可証

【産廃収集運搬業許可】お手伝いして許可が下りた事例(許可証・一部)

産業廃棄物収集運搬業許可に関して、当社でお任せいただいた中から、抜粋して、掲載させていただいています。
※守秘義務の関係から、特定されるすべての情報は伏せてあります。ご了承ください。

許可制度をズバリ解説!【建設業、産廃収集運搬業】

建設業 許可制度

産廃収集運搬 許可制度

ページトップへ