会社設立代行 【標準】コース(株式会社、合同会社)

  • ホーム
  • 会社設立代行 標準コース(株式会社、合同会社)

代行手数料 実質 9,800円〜

会社設立を任せたい!というあなたのための代行サービスです。お一人お一人、精一杯のお手伝いをしています。サポート数、周辺対応力ともに県内トップクラスです。設立代行の依頼に顧問契約は必要ありません。
設立手数料 実質9,800円~(株式会社は実質19,800円~)の設立代行。
会社設立だけのご依頼はもちろん喜んでお手伝いしますし、ご希望に応じて創業融資会計代行経営相談まで幅広く対応いたします。建設業の方は建設業許可申請も得意としております。
末永くご相談、依頼のできる専門家とのお付き合いの第一歩としても、今回のご依頼をご検討ください。あなたとのご縁、楽しみにしています。

 

会社設立代行【標準】コース サービス内容

サービス内容は次の通りです。

基本サービス

  • いつ何をすればいいかすぐ分かる!!設立スケジュール提案
  • 将来を見据えた会社設立定款、書類作成
  • 印紙40,000円得をする!!(株式・合同会社)電子定款
  • 電子登記申請(あすみあ総合司法書士法人担当。登記申請書作成含む。)

ご希望に応じて手配いたします

【動画】会社・法人設立サービスについて

会社・法人設立代行サービスについて、動画を作成いたしました。よろしければご覧ください。2019/10 New
ページの関係上、横長になっています。見にくい方は、再生画面右下に【YouTube】という表示がありますので、YouTube本体でご覧ください。

 

設立までの日数

設立申請までの日数は以下の通りです。

株式会社

標準コース

8営業日~(ご依頼日の翌日から計算となります)

8営業日以降でしたら設立申請日はいつでも大丈夫です。(法務局が開庁している平日)

合同会社

標準コース

5営業日~(ご依頼日の翌日から計算となります)

5営業日以降でしたら設立申請日はいつでも大丈夫です。(法務局が開庁している平日)

手続に入ると意識が大きく変わる方は多いです。準備のスタートが早ければ早いほど、事業展開、営業戦術、資金調達(創業融資)、助成金など準備のスピードと精度が上がります。会社、法人設立が数ヶ月、半年、一年後であっても、お早めのご依頼をお勧めします。全体の流れがスムーズ、スマートになりますよ。(弊社の営業トークではありません(^^))

代行費用

株式会社

法定費用(印紙等)

紙定款 約240,000円のところ → 電子定款により約 200,000円
※公証人役場の謄本代や設立後の登記簿謄本の取得印紙などで+数千円が必要です(取得枚数によります)

弊社手数料 59,800円(消費税別)
総合計 299,800円 → 259,800円(消費税10%込:265,780円)

合同会社

法定費用(印紙等) 紙定款 約100,000円のところ → 電子定款により60,000円
※設立後の登記簿謄本の取得印紙などで+数千円が必要です(取得枚数によります)
弊社手数料 49,800円(消費税別)
総合計 149,800円 → 109,800円(消費税10%込:114,780円)

上記の費用は一般的に最も多い組織形態の場合です。ほとんどの方は上記に掲示の手数料、実費と変わりはありません
次に当てはまる場合には、追加の手数料が発生します。別途、法定費用(印紙等)が発生する場合は別途、お知らせします。
【株式会社】
・ご来社ではなく郵送でのやり取りで設立手続きを行う場合…2,550円
・出資を車やパソコン等の現物で行う場合…15,000円
・出資者に会社、法人が入る場合、1社につき…5,000円
・取締役会を置く場合…5,000円
・監査役を置く場合…3,000円
・監査役会を置く場合…15,000円
・取締役の人数が4名以上の場合、1名につき…5,000円
・出資者の人数が4名以上の場合、1名につき…5,000円
・出資者又は役員就任者が外国籍で、日本国内の印鑑証明書を用意できない場合、1名につき …15,000円
・支店を設置する場合…15,000円
【合同会社】
・ご来社ではなく郵送でのやり取りで設立手続きを行う場合…2,550円
・出資を車やパソコン等の現物で行う場合…15,000円
・出資者に会社、法人が入る場合、1社につき…5,000円
・出資分と配当の割合を変える場合…15,000円
・業務執行社員または社員(会社法上)が4名以上の場合、1名につき…5,000円
・業務執行社員または社員(会社法上)が外国籍で、日本国内の印鑑証明書を用意できない場合、 1名につき…15,000円
・支店を設置する場合…15,000円

比較自分で会社設立手続きする場合との比較

株式会社(費用比較)

種類 自分で設立 弊社にご依頼の場合
定款に貼る印紙代 [自分で設立]40,000円 [弊社にご依頼の場合]0円 電子定款で4万円節約!
公証人で必要な実費 [自分で設立]50,000円 [弊社にご依頼の場合]50,000円
登録免許税 [自分で設立]150,000円 [弊社にご依頼の場合]150,000円
登記簿謄本、印鑑証明書 [自分で設立]必要な枚数分の印紙代 [弊社にご依頼の場合]必要な枚数分の印紙代
設立料金(=弊社手数料) [自分で設立] [弊社にご依頼の場合]59,800円(平均値。消費税別)
合計 [自分で設立] 240,000円 [弊社にご依頼の場合] 259,800円
(最も多い形の平均値)
(弊社手数料に対する消費税別)
差額   19,800

なんと実質19,800円で、プロに任せながら、スムーズで確かな設立が可能になります!
※弊社手数料について、消費税別となります。
※約9割の方の平均値です。標準的な定款内容を前提とした料金です。

株式会社(労力比較)

やるべきこと 自分で設立 弊社にご依頼の場合
会社の中身
(定款などの内容)
[自分で設立] 本を読み、ネットで調べて、決定。
書類に反映させ、印刷する。
[弊社にご依頼の場合] 不要
電子定款 [自分で設立] システムを導入し、電子証明書を取得し、定款を電子化する。(想定される日数:3日) [弊社にご依頼の場合]不要
公証人役場 [自分で設立] 公証人とやり取りしながら 作成。最後に認証へ行く。
(想定される訪問回数:2回)
[弊社にご依頼の場合]不要
登記申請 [自分で設立] 本を読み、法務局で相談しながら、最後に申請へ行く。
(想定される訪問回数:2回)
[弊社にご依頼の場合]不要
(電子登記申請。あすみあ総合司法書士法人担当。料金は含まれています。)
税務署・県税・市税への設立届出 [自分で設立] 本を読み、税務署、県税事務所、市税事務所に届出する。
(想定される訪問回数:3箇所それぞれ1回)
[弊社にご依頼の場合] 不要
(パートナー税理士が設立届出の一切を代行いたします。=会計安心コースの場合)

合同会社(費用比較)

種類 自分で設立 弊社にご依頼の場合
定款に貼る印紙代 [自分で設立]40,000円 [弊社にご依頼の場合]0円 電子定款で4万円節約!
公証人で必要な実費 [自分で設立]不要 [弊社にご依頼の場合]不要
登録免許税 [自分で設立]60,000円 [弊社にご依頼の場合]60,000円
登記簿謄本、印鑑証明書 [自分で設立]必要な枚数分の印紙代 [弊社にご依頼の場合]必要な枚数分の印紙代
設立料金(=弊社手数料) [自分で設立] [弊社にご依頼の場合]49,800円(平均値。消費税別)
合計 [自分で設立] 100,000円 [弊社にご依頼の場合] 109,800円
(最も多い形の平均値)
(弊社手数料に対する消費税別)
差額   9,800

なんと実質9,800円で、プロに任せながら、スムーズで確かな設立が可能になります!
※弊社手数料について、消費税別となります。
※約9割の方の平均値です。標準的な定款内容を前提とした料金です。

合同会社(労力比較)

やるべきこと 自分で設立 弊社にご依頼の場合
会社の中身
(定款などの内容)
[自分で設立] 本を読み、ネットで調べて、決定。
書類に反映させ、印刷する。
[弊社にご依頼の場合] 不要
電子定款 [自分で設立] システムを導入し、電子証明書を取得し、定款を電子化する。(想定される日数:3日) [弊社にご依頼の場合]不要
登記申請 [自分で設立] 本を読み、法務局で相談しながら、最後に申請へ行く。
(想定される訪問回数:2回)
[弊社にご依頼の場合]不要
(電子登記申請。あすみあ総合司法書士法人担当。料金は含まれています。)
税務署・県税・市税への設立届出 [自分で設立] 本を読み、税務署、県税事務所、市税事務所に届出する。
(想定される訪問回数:3箇所それぞれ1回)
[弊社にご依頼の場合] 不要
(パートナー税理士が設立届出の一切を代行いたします。=会計安心コースの場合)

コース変更可能!

よく分からん…という時は、まずはこちらのページの標準コースにて、ご依頼ください。
ご依頼から一定期間内であれば、他のコースへの切り替え、他のコースからの切り替えが可能です!
最初から「このコースにする!」と決めておかなくても大丈夫です。
コース比較表もご用意していますので、ぜひご活用ください。
手続の途中、丁寧に説明させていただきます。それから最終的に、コースを決定いただいて結構です(^^)

当センター(行政書士法人 Asumia)ならではの特長

当センター「ならでは」の特長について、ご説明させてください。

①顧問契約は不要です 会社・法人設立代行サービスの中は、顧問契約が前提になっているものがあります。当センターは設立代行だけでも、喜んで承ります。
②電子定款認証に対応しています!
(定款印紙40,000円節約)
定款を電子化するシステムを完備しています。弊社にご依頼になることで、定款に貼り付ける印紙40,000円→0円とすることができます。
③ オリジナルなサポート制度をご用意しています!
(ご希望の方)
会社設立、法人設立をご依頼の皆さまに完全オリジナルな制度をご用意しています。
税金無料相談(パートナー税理士)、雇用にまつわる助成金・社会保険のための無料相談(社会保険労務士)などなど。
ちなみに、創業融資をご希望の場合は、弊社がご相談を承ります!
詳しくは、オリジナル制度一覧をご覧ください
④お得な会社印鑑セットも依頼いただけます!
(ご希望の方)

自社で実際に使って、実際に視察して、厳選!!10社近い印鑑会社の製品を使ってみて、選びました。
完全国内生産。高品質&低価格。実店鋪相場の50%~30%ほど格安です。(弊社調べ)
実際に製作工場を視察し、印鑑製作への想いなどを聴いたうえで提供しております。ご安心ください!
詳しくは、会社印鑑セットのご案内をご覧ください。
⑤創業融資サポートが可能です!
創業融資申請サポートをご希望の方)
起業家向け金融機関である日本政策金融公庫と連携しています。融資申請サポートをご依頼の折、融資面接は弊社の会議室となります
詳しくは、こちらをご覧ください

⑥国の認定する経営革新等支援機関です!
創業融資申請サポートをご希望の方)

創業融資をご希望の場合、関係して参ります。主に資金調達の面でメリットがあります。
弊社がサポートすることで、金利や条件面で有利な融資制度を活用できます。
詳しくはこちらをご覧ください
⑦会社、法人設立後も安心。
ご希望の方には経営相談サービスをご用意!
起業・創業後の事業運営、法人成り後の経営について、ご相談いただけます。
詳しくはこちらをご覧ください
経営者のための保健室

⑧抜群の周辺力、ワンストップ力!!

手続や会計、資金調達は、起業に必要なことの一部分に過ぎません。
起業や起業してからの経営には、これら以外にも、実にさまざまな分野が必要になります。
でも初めて探すような先を、ネットで探すのは大変ですよね。きちんととした会社かどうかも分かりません。
だからこそ、弊社では、起業・経営に関わる「手続や会計、資金調達以外」でも信頼できる、
人と人とでつながった周辺の事業者との連携・提携を行っていま
す。詳しくは、こちらをご覧ください
ちなみに専門家集団「あすみあグループ」にも所属しているのでいろいろな法律、会計のご依頼にも対応できます。

郵送での会社設立代行も対応可能

  • 郵送であること以外は、通常のサービス(面談形式)と変わりありません。
  • 面談形式と違うところは…
    ・郵送の日数のため、設立申請までの期間が約1週間プラスとなります。
    ・郵送費(2,550円)にて承っております。
    会社・法人印鑑セットを弊社にて購入いただく必要があります。(郵送の場合。手続の進行上、弊社に登記印鑑がなくてはなりません)

手続きの流れ

無料相談、無料見積もりしたいあなたは

1無料相談、無料見積もり

無料相談、無料見積もりの詳細はこちら

一旦、受付担当にてお受けし、日程調整等させていただきます。お問い合わせ当日に可能な場合もあります。詳しくはお問い合わせ時にお話いたします。

いますぐ依頼して進めたいあなたは

1ネットで依頼しすぐに進める

ネットからのお申込み(ご依頼)
はこちら

誠実にご依頼を担当させていただきます。

ご依頼後

2 設立情報のご提出(相談しながらでOKです) 依頼人さま
3 書類作成 弊社
4 押印 弊社 依頼人さま
5 定款作成&公証人認証 弊社
6 資本金の振込(わかり易く説明いたします) 依頼人さま
7 通帳 のFAXまたはメール 依頼人さま
8 電子登記申請(登記申請書作成) あすみあ総合司法書士法人
9 会社設立完了
10 税金関係、社保関係の届出 依頼人さま。依頼可能です。
+ ご希望の方は経営相談ができます
経営相談サービス「社長のための保健室」へ
弊社 依頼人さま

会社設立後について

会社設立後、いくつか届出が必要です。社会保険関係、税金関係が主になります。恐れいりますが、設立代行サービスについて、法務局での会社設立完了までがサービス範囲となっております。
・税務署、県税、市税への届け出は、会計安心コースをご選択の場合、パートナー税理士にて、完全無料(=第一期の確定申告料金に含む形)で提出代行いたします。もちろん、税金がお得になる「青色申告承認申請」も同時に行います。
・社会保険関係の届出は、ご希望に応じ、別途料金(14,800円(税別)~)にてパートナー社会保険労務士への依頼が可能です。

ページトップへ