電気工事業・新規登録申請代行

  • ホーム
  • 電気工事業・新規登録申請代行

電気工事業・新規登録申請代行

電気工事業・新規登録申請代行。数多くのサポート実績がございます。
安心してお問い合わせください。

電気工事業・新規登録申請代行

電気工事業・新規登録申請代行について

電気工事業の新規登録のお手伝いをしています。サービス内容は次のとおりです。

サービス内容

誠実に、スムーズに、対応させていただきます。ご安心ください。

登録がいるのかいらないのか?

登録がいるのかいらないのか?

一般用電気工作物

一般用電気工作物及び自家用電気工作物

に関する電気工事業を営もうとする方は、都道府県知事の登録を受けなければなりません。

◆◆ 解説 ◆◆

◇電気工作物とは?

→工場、ビル、住宅等の受電設備が主になりますね。屋内配線、電気使用設備などの総称ですが、発電所、変電所、送配電線路も入ります。

◇一般用電気工作物とは?

→一般住宅や小規模な店舗、事業所において、低圧(600ボルト以下)の電圧で受電する場合の電気工作物です。

◇自家用電気工作物とは?

→工場やビルなどで高圧以上の電圧で受電している事業場の電気工作物を指します。

登録に必要な書類

登録に必要な書類

登録に必要な書類は次のとおりです。 状況によっては不要となる書類、必要となる書類があります。

◆◆ 必要書類一覧 ◆◆

登録電気工事業者登録申請書
誓約書(申請者)
誓約書(主任電気工事士)
雇用・在職証明書(主任電気工事士)
電気工事士免状の写し(主任電気工事士)
主任電気工事士実務経験証明書
その他、添付書類
法人登記簿謄本(申請者が法人の場合)

備付器具明細書
営業所位置図
申請手数料(=官公庁側手数料)

以上の他、登録にあたって、官公庁から要請のある書類。

次のような方にお任せいただいています

次のような方にお任せいただいています

役員お一人の会社、個人事業主から、地場大手の会社様まで
広島県内(広島市、東広島市、呉市、福山市などの県内全域)の会社様、個人事業主の方
元請け会社から、電気工事業登録を行うよう、言われた方
そろそろ電気工事登録を行いたいとお考えの電気設備工事会社様
独立して電気工事を始める方

料金、法定費用について

料金、法定費用について

サービス名 料金(税別)  法定費用(印紙等)

・電気工事業 新規登録申請代行(広島県)
※「みなし」ではなく新規に登録する場合

料金(税別) 49,000円(税別)

※料金はごの手続ご依頼で最も多い、平均的難易度での価格(報酬額)とお考え下さい。
※第一種電気工事士の場合です。お持ちの資格が第二種電気工事士の場合は+15,000円とお考えください。

法定費用(印紙等)
↓ ↓
約22,000円

・電気工事業 新規登録申請代行(広島県)
+株式会社設立代行
※「みなし」ではなく新規に登録する場合
料金(税別) 108,800円(税別)
103,360円(税別)お得、格安、安い、割引 ▼5,440円

※料金はごの手続ご依頼で最も多い、平均的難易度での価格(報酬額)とお考え下さい。
※第一種電気工事士の場合です。お持ちの資格が第二種電気工事士の場合は+15,000円とお考えください。
法定費用(印紙等)
↓ ↓
・電気工事業登録
約22,000円
・株式会社設立
約240,000円
約200,000円
電子定款なので▼40,000円

・電気工事業 新規登録申請代行(広島県)
+合同会社設立代行
※「みなし」ではなく新規に登録する場合
料金(税別) 98,800円(税別)
93,860円(税別)お得、格安、安い、割引 ▼4,940円

※料金はごの手続ご依頼で最も多い、平均的難易度での価格(報酬額)とお考え下さい。
※第一種電気工事士の場合です。お持ちの資格が第二種電気工事士の場合は+15,000円とお考えください。
法定費用(印紙等)
↓ ↓
・電気工事業登録
約22,000円
・合同会社設立
約100,000円
約60,000円
電子定款なので▼40,000円

・みなし電気工事業 新規登録 料金(税別) 29,000円(税別)

※料金はごの手続ご依頼で最も多い、平均的難易度での価格(報酬額)とお考え下さい。
※第一種電気工事士の場合です。お持ちの資格が第二種電気工事士の場合は+15,000円とお考えください。
法定費用(印紙等)
↓ ↓
申請時の法令に基づいて印紙等の法定費用が発生します。

・建設業許可申請代行
+みなし電気工事登録
(広島県知事・一般建設業許可)

料金(消費税別178,000円(税別)
169,100円(税別)お得、格安、安い、割引 ▼8,900円

※料金はごの手続ご依頼で最も多い、平均的難易度での価格(報酬額)とお考え下さい。
※第一種電気工事士の場合です。お持ちの資格が第二種電気工事士の場合は+15,000円とお考えください。
※建設業許可申請について、実務経験による証明や発注証明書による証明が必要な場合、料金が異なってまいります。

法定費用(印紙等)
↓ ↓
建設業許可
約90,000円

お得、格安、安い、割引 建設業許可、みなし電気工事業登録と、会社設立を一緒に頼みたい方はお知らせください。
3つの料金(法定費用除く)から5%の割引とさせていただきます。
・電気工事業 更新(広島県) 料金(税別) 40,000円(税別)

※料金はごの手続ご依頼で最も多い、平均的難易度での価格(報酬額)とお考え下さい。
法定費用(印紙等)
↓ ↓
申請時の法令に基づいて印紙等の法定費用が発生します。

・割引制度のページもぜひご確認ください。詳しくはこちら  

 

ご希望の方には、低価格・高品質な法定看板を販売しています

ご希望の方には、法定登録票を販売しています

依頼人さまのうち、ご希望の方には有償となりますが、低価格・高品質な法定看板(電気工事登録票)をご用意しています。

依頼人さまだけにご提供しているものであり、一般販売していません。

寸法や価格は、めでたく許可を取得、登録なさった折にご案内しております。

許可票の掲示義務についてはこちらをご覧ください

電気工事業登録票の法定記載「内容」はこのようになります。実際の感じは上の動画の看板となります。↓


ページトップへ