所長 崎田 和伸のコラム
所長 崎田 和伸のコラム

このコラムは、ブログ記事データベースの中から抜粋して、お届けしています。

何とも偉そうなことを申しておりますが、何とぞご容赦下さい。

わたくしは、行政書士業というマイナーな事業を経営しています。
マイナーだけに、良い点あり悪い点あり。
また、山あり、谷あり。

何よりも、失敗、挫折ばかり。大きな失敗をする勇気もないので、小さい失敗ばかり積み重ねています。
これはこれで、
キツイのですが・・・((+_+))

思ったこと、経験したことなど、少しでも、みなさまの経営の参考になれば幸甚です。

以下、コラム本文です。

「貧すれば鈍する」

一人の経営者として、経営について、思うことを書いてゆきたいと思います。

初回の今日は・・・「貧すれば鈍する」です。

この言葉、お聞きになったことのある方がいらっしゃるかもしれません。

意味は、「貧しいと、何事も鈍ってくる」ということができます。

これを経営に当てはめてみると、とても説得力を持つ言葉となります。

 



わたしは、経営者のみなさんに、「精神的な余裕のために、融資を受けたらどうですか?」と申し上げることがあります。

無借金経営・・・・美しい言葉ですね。

「借金=悪」と思ってませんか?

これ、個人と事業者では、全く、とらえ方が違ってきます。

※個人とは、純粋な個人。事業者とは、個人事業、法人問わず、事業を行う場合を指します。

 

個人の場合、借金は、全部とはいいませんがその多くは、「足りない金額を補てんするため」ですね。
生活費、遊興費、その他、いろいろ挙げられようかと思います。

事業者の場合は、どうでしょうか。

その目的は、「次のビジネスのための投資」「運転資金のため」です。
もうひとつ、大事な目的があります。
それは「安定、安心のため」です。

個人の目的と、全く違います。


個人の場合は、「借金」、事業の場合は「融資」と区別されていることも、両者が、その趣きが違うことを指しています。

つまり、事業者の場合の借金(融資)は、すべてが「悪」ではないのです。

もちろん、事業者が融資を受けることが、「悪」になることは、あります。

無謀な投資、乱脈経営で資金繰りが悪化した場合、など挙げられますね。

 



事業資金に余裕がないとき、どうなるのでしょう?

具体的に、例示します。

事業者の口座の残高が100万円だったとします。

毎月の支払いが、100万円、毎月の売上が100万円である場合、売上入金時期によっては、口座の残が0を割り込むことが考えられます。

不安ではありませんか??

この『不安』が、やっかいです。

わたしは、次のフローが成り立つと考えています。

 口座の残金が少ない

 夜な夜な不安になる


受注面

 取るべきではないお仕事を、パクっと取ってしまう。

 受注したいベクトルが働くので、受注価格が低くなる。

 良いクライアントではないので、業務効率が極めて悪くなる。

 長い付き合いができないクライアントばかりになる。



外注面

 適正な価格なのに、値切りたくなる。

 外注先に、異常に厳しくなる。

 外注先と付き合えない。

 良くない外注先とばかり、付き合い、品質が低下する。

 結局、発注するべき仕事を自分でやってしまう。

 

そして…

↓↓↓↓↓↓

 経営が悪化する。

 人格も悪化する。

 事業継続が困難になる。

 廃業へ。家族を路頭に迷わせる。プライドがズタズタになる。

 



以上が、わたしの考える「資金不足による悪い循環」です。

このような事業者の方は、ぜひ、融資を受けて下さい。

この例では、200万円くらいが相当かと思います。

日本政策金融公庫でも、地元の金融機関でも構いません。

最初は、日本政策金融公庫が良いと思います。金利が2%~3%で、信用保証協会の保証料も不要です。

日本政策金融公庫から200万円、融資を受けて、5年返済で利息が2.5%だったとしましょう。

5年間で支払う金利は、20万円位ではないかと思います。

5年間で20万円。

高いと思いますか?安いと思いますか?

たしは、この20万円を「安心代」「良いお仕事をするためのスパイス」と考えます。

決して高いとは思いません。

 

 

200万円があることで、次の良い循環が始まります。

 融資を受けたお金であっても、口座の残金に余裕がある

 不安な夜が減る



受注面

 取るべきではないお仕事を、パクっと取ることがなくなる。

 資金的余裕があるので、受注したいベクトルが少し和らぐ。

  良いクライアントと付き合うことができるので、業務効率がよくなる。

 長い付き合いのクライアントばかりになる。

 

外注面

 適正な価格であれば、値切ることなく、発注する。

 外注先に、通常どおりの付き合いができる。

 良い外注先と付き合い、品質が向上する。

  任せるべきところは任せる、という健全な経営ができる。


そして…

↓↓↓↓↓↓

 経営が安定する。

 人格も安定する。

 長期に事業継続が可能となる。

 家族に笑顔があふれ、プライドも保つことができる。

 



========
「貧すれば鈍する」
========

ご理解いただけますでしょうか?

貧しければ、判断力だけでない、経営力も鈍るということです。

融資を受ける=100%善 とは言いません。

しかし、事業をされている方の中で「融資=悪。無借金経営=善」と思い込んでいる方がいらっしゃれば、ぜひ、一度、考えてみてください。

以上、わたし(崎田)が、経営者として、本心から、また経験から思うことを書かせてもらいました。

長文、お読みいただいて、ありがとうございます。


スタッフ一覧
お問い合わせ、無料相談予約

 
お問い合わせ、無料相談、ご依頼は
 
 

ご依頼はじっくりと話を聞いてからでも、今すぐ依頼して準備に入ること可能です!



 まず問い合わせをしてみたいあなたはこちら ↓

初回相談無料。お問い合わせ、相談予約
営業時間はこちらをご覧ください

 フォームからのお問い合わせはこちら

 話を聞いてから依頼を検討したい、依頼前の打ち合わせをしたいあなたはこちら ↓

初回無料相談



 いますぐ依頼して、準備に入りたいあなたはこちら ↓

↓↓ すべてのサービスではありませんが、ネットからのご依頼フォーム、ご用意しています ↓↓

会社設立、法人設立、創業融資など


会社、法人設立依頼フォーム

建設業許可申請(ちまたでは建築業免許とか建設業認可とか、金看板ともいいますね)

建築業免許いますぐ依頼できます

依頼フォームの無いサービスについては、お手数ですが、ご連絡ください。

 
圧倒的な数の「声」「事例」をいただいています!
 
依頼人さまの声(お言葉編)全体はこちら
依頼人さまの声アンケート
実際に取得された方のご感想
 
実際にご依頼いただいて許可となった事例
 
 

実際のサポート事例をご紹介します。お任せ頂いて、誠にありがとうございます。

サポートさせていただいた建設業許可の許可証一覧(一部)

 

守秘義務の関係から、特定されるすべての情報は、伏せてあります。ご了承ください。

サポートさせていただいた産廃収集運搬の許可証一覧(一部)

産廃収集運搬業の許可一覧はこちら

守秘義務の関係から、特定されるすべての情報は、伏せてあります。ご了承ください。

 
動画でのご案内
 
アクセス動画( BGMがあります)
相談、打ち合わせスペースのご案内( BGMがあります)
ビル入口から事務所まで( BGMがあります)
あすみあグループ CM

 ワンポイント

広島市内や安芸郡府中町、海田町、廿日市市などの近郊はもちろん、多数のサポートを日々、させていただいています。

広島県呉市、東広島市、三原市、大竹市、福山市、竹原市、安芸高田市、庄原市、三次市、府中市、福山市といった、少し距離のある皆さまからも、ご依頼いただいています。

距離があっても、インターネットや郵送などを活用して、ご満足いただける建設業サポートに努めております。

 
 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
吉日(法務局受付日)
最近の吉日
2018年(平成30年)
8月
一粒万倍日:
6日(月), 7日(火),
24日(金), 31日(金)
大 安
15日(水), 27日(月)
先 勝
1日(水), 7日(火),
17日(金), 23日(木)
9月
一粒万倍日:
5日(水), 13日(木),
20日(木), 25日(火)
天赦日
13日(木)
大 安
13日(木), 25日(火)
先 勝
4日(火), 21日(金)
10月
一粒万倍日:
2日(火), 29日(月)
大 安
1日(月), 11日(木),
23日(火), 29日(月)
先 勝
3日(水), 19日(金),
31日(水)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
サービス内容
 
会社設立・法人設立代行
許可の取得・変更等
資金調達サポート
経理会計サービス
契約書・規約作成代行
相続手続き、遺言書作成
 
お客様サポート制度
 
 
Asumiaならでは
 
 
会社案内
 
 
よくあるご質問
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ