行政書士法人Asumiaトップページ > ブログトップ > 歴史98点、数学20点の男がお贈りする

崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

【歴史】信長の実像がみえてきた?

2020年11月25日(水)

テーマ:歴史98点、数学20点の男がお贈りする

 

学生時代、歴史98点、数学20点の時がありました。

自他ともに認める歴史好きです(^^)

 

そんな男ですので、よく歴史の動画を観ます。

最近すごいなと思っているのが「太田うしいち・ゆっくり歴史解説」というチャンネルですね。

 

歴史、特に戦国時代や鎌倉時代(後期)というのは激動の時代だけに関心が高く、

また広く政治に利用※された時代もありました。

※例えば、元寇の際の「神風」や、信長の「過去を覆すような斬新な統治方法」などですね。戦争時や変革期によく利用されました。

 

歴史学には、文献や言い伝えをもとに積み上げる方式と、

実際の手紙や式次第、議事録などの「一次資料」と状況証拠により積み上げる方式の2つがあろうかと思います。

本当はそれらすべてを包括して判断されれば良いのですが、時代により流行りがあるようです。

 

話を戻します。

すごいなと思ったチャンネル「太田うしいち・ゆっくり歴史解説」は、

実際の手紙や式次第、議事録などの「一次資料」と状況証拠により積み上げる方式、です。

 

信長は過去を覆すような斬新な思想、効率的、効果的な統治などで有名ですが、

このチャンネルは、

それは、ちゃいますよ。後世の創作、政治利用された結果なんですよ

と言ってくれているチャンネルです。

 

個人的にすごく勉強になりました。なるほど、そのとおりだな、と。

動画をいくつか、貼らせてもらいます。

従来の信長像と実際が違う、ということに興味がある、というあなたにはオススメです。

 

第一話

 

第二話

 

第三話

 

第四話

 

もっとたくさんあります。ぜひ続きもみてみてください。

面白くて勉強になります(^^)

【たまには歴史】あまり知られていない、秀吉さんの業績

2019年12月9日(月)

テーマ:歴史98点、数学20点の男がお贈りする

nigaoe_toyotomi_hideyoshi

※今回の投稿は現代のキリスト教を否定するものではありません。あくまでも歴史的観点からの投稿となります。

b_simple_32_0M

 

たまには歴史について書きたいと思います。本来、歴史オタクですので。

豊臣秀吉はみなさんご存じかと思います。

秀吉は【農民から成り上がり天下統一した】というイメージが一番強いですよね。

 

でも私は別のことでのイメージが一番強いです。

それは【バテレン追放令を出した】こと。

 

バテレン禁止令とは、キリスト教の布教と南蛮貿易での禁止事項を出した通達を指します。

この後、秀吉統治下でもう一回、徳川家康の統治下に入って数回のキリスト教の禁止の定めにつながってゆきます。(禁教令)

 

b_simple_32_0M

 

バテレン追放令や、禁教令は、日本、いや世界の教科書では、あまり触れられることはありません。

カトリック、プロテスタント等のキリスト教徒が多く軋轢も多いゆえでしょう。

まあそれはそれで仕方ないのですけども、歴史好きからすると残念でもあります。

 

戦国時代、安土桃山時代、そして江戸時代。

この時、世界では大変なことが起きていました。

 

スペイン、ポストガル、オランダ等、ヨーロッパ諸国による世界侵略です。

植民地拡大と入植、先住民の虐殺ですね。

これは、カトリックが主ですが、【異教徒は殺しても構いませんよというお墨付き】を与えていたからとも言われています。

植民地にされた国の惨状は筆舌に尽くしがたいものがあります。同じ人間の所業ではないですねあれは。

ほんとは当時の絵画(植民地化がんばってますよ~という絵)をここに載せたいですが、あまりにエグいので、やめておきます。

 

さて、植民地化には【段階】があります。

1.キリスト教を布教する。

2.協力者を作り、異教徒に歯向かわせない、歯向かわせにくい状態を作る。

3.外と中から侵略する。異教徒は殺しても構わない。異教徒の数を減らすことが神への貢献となる。原住民は駆逐する。

4.金銀財宝、生き残った人間を本国に持ち帰る。

5.本国から入植者が入植する。

 

こういった段階を経て、現代の国ができています。

アメリカ、オーストラリアがわかりやすいでしょうか。もう白人の国ですよね。

この白人の国というイメージの裏には、すさまじい数の原住民の血と涙が隠れているわけです。

 

b_simple_32_0M

 

あくまでも当時についてですが、キリスト教は、ヨーロッパ諸国の植民地政策の尖兵としての役割がありました。

これは、ご紹介はしませんが、イエスズ会とヨーロッパとの手紙のやり取りを見ると、すごく分かります。

 

背景はこのくらいにして、当時、日本で起こっていたことを書いてゆきたいと思います。

当時起こっていたこと、それは【日本人の老若男女、特に女性が、海外に奴隷として売り渡されていた】こと。

 

戦の多かった時なので、日本国内でも、奴隷の売買は行われていました。国内の話です。

どの戦国武将もやっていた。かの義の人、上杉謙信もそれはもうたくさん。ドラマでは義に厚い、戦も強いすばらしい武将ですよね。

 

けれど、キリスト教の団体「イエスズ会」を通じて(積極的黙認や事実上の容認を含みます)の奴隷貿易は、一説には数十万人と言われ、規模が違います。資料によっては50万人とか。

安土桃山時代の日本の人口が、1000万人と言われているので、その割合はすごいものがあります。どちらも数字が正しければ、ですが。

 

海外へ売られた人たちの凄惨さたるや、これも筆舌に尽くしがたいものがあったようです。

 

伊達政宗がローマ教皇のもとに少年たちを派遣していますが、その少年たちの手記や報告書には、日本人奴隷(とくに女性)たちの悲惨な状況が記されています。

歴史資料なのでそれが虚構という可能性、記述すべての正確性のなさ、は無視できませんが、

少なくとも、日本人奴隷はキリスト教の団体を通じて海外に売られていた、ということは事実かと思われます。

実際、少年たちの中には、日本に帰ってから海外の日本人奴隷のありさまを見て、キリスト教を捨てた人もいます。

帰ったら禁教令が出ていたという背景もありますけども。

 

b_simple_32_0M

 

このような情勢下、豊臣秀吉とイエスズ会との間にこんな手紙のやり取りがありました。

秀吉)

第1条 宣教師たちはどんな根拠、理由で、 秀吉の臣下をキリスト教徒になるよう強制するのか?

イエスズ会)→強制はしていない。布教しているだけ。

秀吉)

第2条 なぜ宣教師たちは、その弟子や教徒をけしかけて神社仏閣を破壊するのか?

イエスズ会)→宣教師らは、決して暴力を用いたことはない。教徒が自分で判断して神社仏閣を破壊しているだけで、宣教師のせいではない。

ただ、キリシタン大名がこのこと(神社仏閣の破壊)を奨励したことについては、宣教師たちはこれに賛成はした。

秀吉)

第3条 なぜ僧侶を迫害するのか?

イエスズ会)→決して仏僧を迫害したことはない。論戦で仏教の誤りを指摘したことにどどまっている。

秀吉)

第4条 なぜ宣教師とポルトガル人は、牛馬を食用するのか?

イエスズ会)→牛肉は食べるが、馬肉は食ったことがない。牛肉を食べるなというならやめてもいい。

秀吉)

第5条 イエズス会日本支部の総帥であるコエリヨは、ポルトガル人らが、日本人を買って奴隷としてインドに輸出するのを許可するのか?

イエスズ会)→奴隷売買があるのは、日本人が売るからだ。まず売ることを禁止してくれ。

 

b_simple_32_0M

 

この手紙のやり取りのあと、秀吉からイエスズ会に対して

・売っぱらった奴隷は日本に戻せ。

・なんならお金を払ってもいい。

と申し出ています。

 

といったやり取りがなされたのち事態が解決しないため、出されたのが、【バテレン追放令】です。

奴隷貿易があることをお互いが認めたうえで、話し合って、ダメだった、というわけですね。

 

b_simple_32_0M

 

バテレン追放令を端初として、キリスト教の禁教令につながってゆくわけですが、そもそもの追放令を出せた、というのが、歴史的にすごいことだと思います。

当時のキリスト教は、武器の仕入先であり、火薬の仕入先であり、文化的側面から見ても、とてつもなく大切な取引先であったはずです。

かの伊達政宗も、ローマ教皇に手紙で「領地をキリスト教の国にするから、宣教師を派遣してください」とつづっています。秀吉に降伏する前かな。

 

秀吉があの時にバテレン追放令を出さなければ、日本のキリスト教化は進み、他の世界の被植民国と同じ運命を辿っただろう、というのが、歴史家かいわいでの見解です。

日本という国は、オーストラリア大陸と同じようになったのではないでしょうか。

白人が海岸で遊ぶ美しいイメージ?

日本の海岸は、オーストラリアのゴールドコーストと同じようになったかも。

(まあ、日本人含めて人間というのは大なり小なり、侵略の歴史なので、どっちがどうということはないのですけども…)

 

ともかく、今回のタイトルに関係することを書きますと。

間違いなく思うのですが、日本人という人種は、世界に散らばり、安住の地は得られなかったと思います。

これは間違いないだろうなぁ。

 

秀吉は、以上の点から、すごいと思います。

 

農民からの大成功ストーリー?一夜城?中国大返し?小田原征伐?関白就任?

いえ、【日本が植民地にされるのを未然に防いだ】という点がすごいと思いますね。

後世につながる業績、かもしれません。

あくまでも個人的には、です(笑)

 

書ききれないものがたくさんありますし、支離滅裂な部分もあったと思いますが、キリないので、ここらへんでおいとまを…

ご興味あれば、上に出てきたワードでネット検索してみていただければと思います。

 

投稿者:崎田 和伸

samuraisama201703

【歴史】りりしく美しい戦国武将の「裏の顔」

2017年2月4日(土)

テーマ:歴史98点、数学20点の男がお贈りする

photo0000-3398

 

 歴史98点、数学20点の男がお贈りする歴史トリビア

 

わたし、歴史が好きです。
学生時代のある試験では、歴史98点、数学20点でした。そんな男です。

歴史好きがこうじて、色んな文献を読んだり、掘り下げて調べてみたり。

ほぼ趣味ですね。

行政書士なのですが、肩書を「歴史研究家」としましょうかね(^_^;)

 

ということで、時折、歴史のことを書いていますが、今回も書かせてもらいます。

タイトルは、りりしく美しい戦国武将の「裏の顔」

 

今回の記事は、戦国武将に夢を抱いているあなた、戦国時代に行ってみたいと思っているあなたは、読まないでください。

トラウマになります。

また、事実は時に気分が悪くなります。

気持ちよくテレビ、映画をみたい、という方も読まないでください。

 

 戦国時代は阿鼻叫喚の地獄世界。

 

いきなりですけども、これが事実。

戦国時代は阿鼻叫喚の地獄世界でした。

 

「日本は島国だし、大陸と違って、大規模に残酷なことはしていないでしょ?」と思われがちです。

でも、皆さんが思っている以上に地獄だと思います。

 

力のみが支配する、あの「北斗の拳」の時代と瓜二つではないでしょうか。

北斗の拳は近未来の核戦争後の世界でしたが、戦国時代もほぼ同じと考えて良い気がします。

 

 乱妨取り(らんぼうどり)の恐怖

 

乱妨取り(らんぼうどり)とは、

戦国時代から安土桃山時代にかけて、戦いの後で兵士が人や物を掠奪した行為を指します。

略して「乱取り」とも言われます。

 

この乱妨取りについて、Wikipediaに載っていますので、一部を転記してみます。

↓↓

当時の軍隊における兵士は農民が多く、食料の配給や戦地での掠奪目的の自主的参加が見られた。人狩りの戦利品が戦後、市に出され、大名もそれら乱暴狼藉を黙過したり、褒美として付近を自由に乱取りさせた。それら狼藉は悪事ではないとされた
凶作・水害・疫病が起こると、大名は食料獲得のため隣国へ戦争をした。その結果として領土を獲得し、家臣団に与えて下克上の芽を摘み取った。その上で、戦場付近の村を襲い、農作物を根こそぎ奪い、女・子供をさらい売り払うか奴隷にするかした。女性奴隷の一部は、交易を行うポルトガルによって欧州やタイ、カンボジアに性奴隷として売られた。人身売買の相場は、通常2貫文(約30万円)であったが、大量に乱取りが行われる戦の直後は25文(約4千円)に急落した。女性を強姦し、抵抗する者は殺した

↑↑

 

これが普通でした。

まさに、阿鼻叫喚の地獄世界です。

中の文章でお気づきになりましたか?

それらの狼藉は悪事ではないとされた」。

何の罪にも問われません。それが当時の価値観です。

 

特筆すべきことは、戦国大名のほとんどがやっていたということ。

武田信玄、上杉謙信、織田信長、徳川家康、伊達政宗・・・戦国のりりしく美しい大名たちは、みんな、やっていた。

 

今の価値観から言えば、とんでもないことであり、許されざる行為です。

 

 乱妨取り(らんぼうどり)の実例

 

いくつか実例をご紹介します。

 

◆上杉謙信

 

戦国大名として、武田信玄と並んで、最強と言われた武将です。

上杉謙信の所領である越後は二毛作ができず、春~夏にかけて食糧不足が深刻化していました。

そこで、関東や北信濃に定期的に(というか毎年)、出兵していました。

なので、冬になると出兵し、略奪と乱妨取りを繰り返し、正月を越して春に帰国するのが通例でした。

上杉軍が関わることだけでも、越後に連れ去られ奴隷となった人は数万~10万人と言われています。

 

「上杉謙信は義のために戦う」。

よく言われていますよね。すばらしいことです。

 

でも考えてみて下さい。

義のために、兵の主力である農民は戦いますか?

武将たちは戦いますか?

それもあの戦国の世で。

 

こう考えてみると、上杉謙信は権謀術数の戦国時代の中で、偶然、寝返りや鞍替えをしなかっただけで、偶然、一本筋の通った行いだっただけ、ではないでしょうか。

 

◆徳川家康

 

徳川家康は戦国の世を終わらせ、平和の時代を切り開いた名君と言われています。

戦国の世を終わらせたこと、徳川幕府の開祖、という点では確かです。

 

大阪夏の陣、ご存じですよね。

「真田丸」で真田信繁(真田幸村)が最後の活躍を見せ、豊臣は滅亡した、あの戦いです。

 

その時の絵が残っています。「大坂夏の陣図屏風」といいます。

黒田官兵衛の息子である、黒田長政が描かせたと言われています。

ご紹介しますね。

まずは全体像です。おおきな絵です。

 

osakanojin11

 

この絵は、「戦国のゲルニカ」と呼ばれ、勇猛さと悲惨さが併せて記録された貴重な絵です。

大阪「冬」の陣は、ある程度の準備期間がありましたが、「夏」の陣はいきなり戦闘が始まったので、庶民、農民は逃げるタイミングを失いました。

 

乱妨取り(乱取り)は、大名にとっては基本的に恥ずべきことだったので、歴史の資料としては残っているものはすくないです。そんな中で、この「大阪夏の陣図屏風」は第一級史料と言えるかと思います。

 

絵の「右」上が、勇猛な戦いの場面。絵の「左」下に、阿鼻叫喚の地獄世界が描かれています。

左下を拡大した画像がありましたので、転載させていただきます。

 

6098324ba3a48c1f062e17968f6be433

 

0e4e0af259650ad7d67381d5ada77e4b

 

d99fd1c1e02a2f4e7b4fbf140d55d2d4

 

c66db2fac87d0f6357f612a9631cf658

 

転載元:http://blog.goo.ne.jp/hijai/e/17bc740ad78c7a72dbee1c62dff6aaf1

 

家財が略奪される様子や、東軍(徳川家康)に連れ去られようとしている女性たち。

女性が東軍の兵士に襲いかかられているシーン。

東軍の兵士に裸で抱えられている女性。

など、ある程度、柔らかめにかかれていますが、見るに耐えない光景です。

これらのシーンのあとも、容易に想像されます。

 

まさに阿鼻叫喚の世界。

これらの人を助ける、正義の騎士はいません。絶対いない。

 

徳川家康は、これらの行為を積極的にさせた、わけではないのですが、積極的に黙認しています。

乱妨取りを当然のことと認識し、やった人間を罰することもしていません。

 

この絵は、黒田長政が部下に命じて、書かせています。

こういう行為を止めることはできないが、もう無くなってほしいと思ったのでしょう。

罪滅ぼしの気持ちから書かせたのかもしれません。真意は誰にも分かりません。

 

以上、2例でした。

上杉謙信と徳川家康。すごく有名な戦国大名ですね。

人でなしです。

 

戦国大名は、こういう例が数限りなく出てきます。

武田信玄、織田信長、伊達政宗・・・戦国のりりしく美しい大名たちは、みんな、やっていた。

この絵に描かれたことは、日本中どこでも行われていました。

 

だから戦国時代の攻城戦では、領民を城内に入れて一緒に戦うことが多かったようです。

兵糧の問題はありますが、ほんの少しの間は守れます。

実際は領民を守るという目的ではなく、兵農分離されていない時代ですから、兵の家族を城に入れることにより、兵士の士気を上げる目的が主だったかもしれません。

 

乱妨取りは、海外貿易をしていた大名、キリシタン大名は特にひどく、薩摩(現在の鹿児島)の島津氏や、九州の有馬、大友氏などは積極的に行っていたとも言われています。

泣き叫ぶ農民の男女を…これ以上は凄惨すぎて書けませんが、最後は、海外へ奴隷として輸出する。

これが行われていました。

 

これが真実です。

りりしく、たくましく、正義の化身で、美しい戦国武将なんて、いません。

 

いまの法律と価値観からいえば、とんでもないやつらです。

 

 これからの時代劇の見方

 

いかがでしょうか。

戦国を描いた映画、ドラマの見方が変わりませんか?

 

映画やドラマがどんなに綺麗に描かれているか。

わたしは乱妨取りという事実があったことを理解したうえで、綺麗な映画、ドラマを観ています

 

時折みかけませんか?

「狼藉を受ける弱き民を武将、兵士または浪人が助けるシーン」。

 

あれは現代の価値観だと思います。

 

当時、日本の中で少しあったかもしれませんが、ほぼ無かったシーンです。

無理やり、あったと仮定してみるとこんな感じかと思います。

・自他共に認める自国領での戦闘のない時の治安維持の責任者の兵士(農民ではない)。

 

でもその兵士も、戦場ではその多くで乱妨取りをする・・・。

救いようがありません。

 

現代の価値観は、明治以降にできあがった価値観です。

 

では、ひとことでまとめて、今日の投稿を終わりますね。

 

戦国時代は阿鼻叫喚の地獄であり、

戦国武将は、とんでもないやつらである

 

投稿者:崎田 和伸

【ご存じですか?】「根本 博」という人物。

2016年6月6日(月)

テーマ:歴史98点、数学20点の男がお贈りする

76345t3tr

 

わたし歴史が好きなので、映像やら本やら、よく見ます。

※高校時代、ある試験で歴史98点、数学20点でした。それくら好きということですね・・(^_^;)

 

特に、1945年前後のことは日本人として知っておかねばならないことが多いと思っています。

父方母方とも、祖父は出征しており、生前は話も聞いています。(もっと聞けばよかった・・・)

 

いや~、この時代のこと、教科書に載ってないことが多すぎる(-_-;)

知らない人が多すぎます。

 

戦後は載せちゃいけない、話しちゃいけない雰囲気が強かったでしょうから仕方ないことではあります。

今日は「根本 博」という人物について書きたいと思います。

 

歴史上の事実として書きます。(完全な事実というのは歴史では無いので、ある程度、確度の高いものとして・・・。)

右の人も左の人も、よろしければお読み下さい。

※今日の記事は、平和な時代にはちょっとキツイ表現を含みます。戦争表現が苦手でない方だけ、お読み進めください。

 

~~~

 

中国大陸の近く、金門島という島があります。

台湾と中国との国境は、この島のすぐ沖にあります。

地図はこちら ↓

 

76345t3tr

 

台湾というより中国大陸です。

ほぼ中国大陸ですよね。

どうしてでしょうか?

 

台湾と中国の国境が金門島にある理由は、この根本さんが深く関係しています。

この方は、日本人でも知らない人が多いと思います。

 

根本 博さんはこんな人です。 ↓

 

743232

 

この人、実はすごい人で、何をやったかというと、次のとおりです。

 

1.終戦直後、中国大陸で・・・。

2.終戦後数年して、台湾で・・・。

 

まず、台湾のことの「前」に、1の中国大陸で何をやったか、です。

1.現地居留民4万人と、支那方面の35万人の将兵を救った。

 

ポツダム宣言を受けた昭和20年8月15日、内モンゴルあたりに総司令官としていました。ご存じのとおり、ソ連軍の侵攻(8月9日~)の真っ最中です。

8月15日以降、大本営からは当然のごとく、武装解除命令が出ていましたが、ソ連軍の侵攻が止むことはありません。

終戦や停戦は関係ないんですね、彼ら(ソ連)には。何を言っても無駄でした。

そのむごさは、ネットで「満州 侵攻」などで調べてみてください。むごすぎます。

 

そんな中、他の地域と同じように殺害と陵辱の限りを受けるのを避けるため、このような命令を下します。

理由の如何を問わず、陣地に侵入するソ軍は断乎之を撃滅すべし。これに対する責任は一切司令官が負う」。

自分の管轄する日本軍守備隊に対して、こう命令を下したわけです。

軍人としては軍法会議もので、死を覚悟しないと言えません。

 

そして次に、戦時中に戦っていた相手である「蒋介石」と交渉し、日本人と軍人の帰国のための策を講じます。

結果として、現地居留民4万人と、支那方面の35万人の将兵を日本に帰国させ、自身は最後の船で帰国しています。昭和21年6月のことです。

根本さんが上の命令を出さなければ、居留民4万人がどうなっていたか、35万人の将兵はどこへ行くことになったかは、想像にお任せします。

 

そして2の台湾についてです。

2.帰国後、竿一本持って、金門島に行き、共産党による中華人民共和国の侵攻を食い止めた。

 

第二次世界大戦が終わってから、中国では、共産党政府と国民党政府が内戦中でした。

国民党政府は追い詰められ、台湾に逃れる最中。

共産党政府はソ連の強力な援助があり、アメリカは国民党政府を見捨てたので、当然といえば当然です。

 

大陸側の金門島で敗れれば、国民党政府は最後の戦線を台湾にしなければならない状況でした。

根本さんは、約40万人の通過を許してくれた蒋介石に恩義を感じていて、復員後(=帰国後)、蒋介石からの求めで、金門島へ行きます。当時、日本軍属の動きは日本政府(GHQ)の厳しい監視下にありましたので、竿一本持って、ふらっと釣りに行く感じで、日本を出ます。

 

台湾では、一時密航者として投獄されますが、人物がわかると即、釈放。

蒋介石との面会後、国民党政府の軍事顧問、中将として作戦立案・実行に当たりました。

 

その作戦立案と国民党軍の奮戦により、共産党軍は敗退。

その結果、金門島が、今でも中国政府と、台湾政府との国境になっているというわけです。

 

~~~

 

この根本さん。

 

約40万人を救い、金門島を護りましたが、救えなかった命もたくさんあったようで、そのためか、これらの事実は本人から語られることは、ほぼ、ありませんでした。

昭和41年、死去しています。

 

日本政府も、台湾政府も、政治的意図から、日本の旧軍人が台湾で作戦に関与していたことを明かすことができず、ずっと歴史の表に出ることはありませんでした。

 

ただつい最近(平成21年)、金門島の戦いの式典を機に、台湾政府が認めました。

今後もしかすると、台湾の教科書には載るのかもしれませんね。

 

~~~

 

わたし、1945年前後の近代史の映像をよく観るようにしています。

極端に右寄り・左寄りのものが多いので、できるだけ客観的に観ることに努めながら。

 

やっぱり、この時期のこと、日本人は、知らないことが多すぎます。

 

ちなみに上の「1.終戦直後、中国大陸で・・・。」に関連して、書いてみますね。

 

今の日本では、満州全体からの居留民、軍関係者の引き揚げに際して、「関東軍は居留民を見捨てた」という論調が主になっています。

ただ、ちょっと調べると、

・軍は、居留民の引き揚げ計画を建てたこと。

・居留民の団体が、「性急すぎる」と反対したこと。

 ※たぶん、自分が開墾した土地や財産をスパっと捨てることができなかった。その点、軍関係者は身軽だった。

・関東軍は新京駅で居留民が着くのを少しの間でも待っていたこと。

・居留民がほとんど来ないので、次の便で行くはずだった軍関係者、家族を緊急に集め、まず第一陣として、列車を発車したこと。

 

ココらへんの情報を得ることができます。

もちろん諸論あります。事実と違うところがあるかもしれない。

 

ただ、後から乗った居留民、乗らなかった居留民は、ソ連軍、現地住民、共産軍から残虐の限りを尽くされています。

これは事実。

ソ連は、もとはモンゴル帝国ですから、略奪・陵辱はなんとも思わない民族です。今のロシアは違うと思いたいですね・・。

 

モンゴル帝国を作ったチンギス・ハーンの言葉はこちら ↓

人間の最も大きな喜びは、敵を打ち負かし、これを眼前よりはらい、その持てるものを奪い、その身よりの者の顔を涙にぬらし、その馬に乗り、その妻や娘をおのれの腕に抱くことである

これがソ連軍(ソ連軍を構成する民族)の基礎的な価値観になっていたわけです・・・。

 

でも戦後日本は左寄りの論調が強いので、こんな(=完全に見捨てたわけじゃなかった)ことは、言える雰囲気ではなかったのでしょう。

いや結果的には、見捨てたということになりますね。現代の平和な時代の価値観では。

現代の価値観からは、列車が空に近くなっても軍人は残って居留民を待つ、あたりが妥当な線ですが、戦時下それも緊急時は、そんな価値観は意味ないですね。

 

これからを考えるうえでは、そこらへんを勘案して、しっかりと自分の眼で見極めることが必要かもしれませんね。

もちろん、満州の731部隊などの旧日本軍の蛮行も、よくよく観る、知る必要があると思います。あれは蛮行以外の何物でもありません。

その731部隊の医師たちが、戦後の日本医学会の頂点に君臨していた事実も知る必要がありますね。

歴史は倫理、平和時の価値観とかけ離れた、矛盾に満ちたものだと思います。

 

長文になってしまいましたが、歴史に興味のあるアラフォーの

【ご存じですか?】「根本 博」という人物。

でした。

 

読んでくださって、ありがとうございます。

投稿者:崎田 和伸

【歴史】意外と★★だった中世ヨーロッパ。

2016年5月5日(木)

テーマ:歴史98点、数学20点の男がお贈りする

行政書士法人 Asumia(読み方:あすみあ)は・・・
起業したい、起業して地道にがんばっているあなたのサポートに特化した事務所です。
広島県を中心に中国地方五県対応。


10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。


▽━━━↓↓ 本文 ↓↓ ━━━━▽

 

※ウィリアム・ホガース(1697年~1764年)の絵。

 

わたし学生時代、歴史98点・数学20点の時がありました。

根っからの歴史好きです。

今日は、「意外と★★だった中世ヨーロッパ。」と題して、書きたいと思います。

本業とは何ら関係ないですね(^_^;)

 

~~~

 

ローマ時代が終わってから、1800年くらいまででしょうか。

諸説ありますが、それくらい長い期間。

 

ヨーロッパは、かな~り、不潔でした。

★★=「不潔」です。

 

今日の投稿は少し汚い記述が出ます。

我慢できそうにない方は読まないでください(^_^;)

 

~~~

 

中世を含めた昔のヨーロッパの絵画って、綺麗ですよね。

貴婦人が豪華に描かれ、綺麗な町並みも描かれれることが多い。

まず感じるのが「美しい」。

皆さん、同じ印象を持つのではないでしょうか。

 

確かに美しいのかもしれませんが、衛生面では真逆になっていました。

その事例を2つ、ご紹介します。

 

【1】風呂に入らなかった。

 

古代ローマ帝国では、公衆浴場つまり銭湯があるくらい、入浴していたそうです。

西暦600年代くらいまででしょうか。

清潔=良いこと、です。今と同じですね。

 

その後、1800年代までなぜか「水は汚い」となります。

湯なんて、毒に近い感覚だったようです。

 

そして、「垢(あか)」は、あればあるほど良いものであり、体を護ってくれると思われていました。

 

それで発達したのが「香水」ですね。

 

ちなみに一般庶民は、服を着替えることは少なかったようです。

なぜなら、

・入浴はもちろん、沐浴もしない

・脱ぐ必要がない

から。

 

地方によっては、子供に服を着せ、脱ぐ必要がないので、ボタンがなかったとのこと。

 

すべてについて、現代日本人からすると、不思議な時代です。

 

1000年以上続いた「入浴しない習慣」は、ある人の登場をきっかけに変わることになります。

 

マリー・アントワネット。

育ったオーストリアの地方では入浴の習慣があったそうで、ベルサイユ宮殿に入ってから、毎日、お風呂に入ったそうですよ。

そこからヨーロッパ全土にその習慣が広まったとか。

 

~~~

 

【2】排泄物の扱いがすごい。

 

中世ヨーロッパにおいて、排泄物(以下「トイレ」といいますね(^_^;))は無駄なものでした。ヨーロッパは原則、狩猟民族であり、農耕民族の日本とは全く別の価値観ですね。

日本では肥料として長い間、使われていました。

 

中世ヨーロッパは、もちろん下水道など無いですから、川に捨てます。

川が遠い家では、溝に捨てます。

溝に捨てるのが面倒なときは、窓から捨てます。

 

こんな感じ(実際の場面を書いた絵画です)

窓から捨ててますね。

 

 

下にいる人にかかってます(-_-;)

 

記録として残っている「ヴェルサイユ宮殿」でも、不衛生さが伺えます。(諸説あります)

ヴェルサイユ宮殿では、当初トイレとして独立した部屋がありませんでした。

移動式の仮設トイレのようなものだったそうです。

 

決まった場所にないので、トイレを庭ですることも多かったようで。

 

豪華絢爛なイメージがあるヴェルサイユ宮殿。

悪臭だだよう場所だったようです。

 

同じ時代、日本ではどうだったでしょうか。

 

上で「日本は農耕民族」と書きましたね。全く違う価値観と状況でした。

 

基本、トイレは溜めておきます。肥料のためです。

流通業者が汲みとってくれ、しかも、お金をくれたそうです。

高値で取引される時代も長く続きました。

 

ヨーロッパでは、人間のトイレで作物を育てるなどとんでもないこと。

(今でもこの感覚は強いそうです)

 

でも日本は全く逆の思考でした。

トイレが財物として流通するので、基本、川へ流すこともありませんでした。

時代劇で見る、清らかな川は、本当に清らかでした。

 

ヨーロッパとは全く違いますね。

 

~~~

 

以上、【歴史】意外と★★だった中世ヨーロッパ。でした。

 

中世ヨーロッパの

・綺麗な絵画

・豪華絢爛な宮殿。

 

イメージが変わりませんか?

わたしは受けるイメージ、かなり変わってます・・・。

 

今日も、読んでいただいたあなたに感謝します。

 

投稿者 崎田 和伸でした。


△━━━↑↑ 本文 ↑↑ ━━━━△


・プロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html


・取扱いサービス
会社・法人設立代行、建設業界をはじめとする許認可申請代行、経理会計記帳代行、資金調達申請サポート。
一覧はこちら ↓↓
http://e-jimusho.com/gyoumu.html


=============


役職員の平均年令は35歳(だいたい)。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。


◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属

行政書士法人 Asumia(R) ※由来は「明日を見て歩く」の「明日見歩」です。
本店:広島県広島市東区光町2丁目6番41号 セネスビル4階
法人ウェブサイト:http://e-jimusho.com/
グループウェブサイト:http://asumia.jp/


◆Asumiaお客様サポートのご案内


弊社にご依頼中、または過去依頼いただいたことのある依頼人さま限定の無料相談サービスです。担当は、わたしです。
http://e-jimusho.com/support.html


◆士業向けメディア「スケダチ」にて、執筆させてもらいました。
  ↓↓
【全6回】地方都市圏で、士業事務所をゼロから始め、組織として運営する6つの方法
http://suke-dachi.com/suketto/544

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
サービス内容
 
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
会社案内
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ