崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

【サービス開始】道路使用許可申請書作成クラウドサービス

2016年3月4日(金)

テーマ:許認可TIPS

行政書士法人 Asumia(読み方:あすみあ)は・・・
起業したい、起業して地道にがんばっているあなたのサポートに特化した事務所です。
広島県を中心に中国地方五県対応。


10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。


▽━━━↓↓ 本文 ↓↓ ━━━━▽

 

 

株式会社エネルギア・コミュニケーションズという会社があります。

(以下「エネコムさん」と略させてもらいます)

 

中国電力のグループ会社で、中国地方で情報通信事業を行う会社さんです。

中国地方にお住まいでしたら「メガエッグ」と聞いたら分かりますね。

従業員数900名の会社です。

 

昨年になりますが、エネコムさんから打診をいただきまして、

道路使用許可申請書作成クラウドサービスの企画に協力させてもらいました

 

これは

インターネット上で、道路使用許可申請書を作成することができる、というウェブサービスになります。

 

弊社は、「起業したい、起業して地道にがんばっている方」のサポートに特化していますので、このような中堅・大手企業さんからの「ご依頼」は、基本、お受けしません。

今回、ご依頼ではなく、企画協力、という形でしたので、積極的に関与をさせてもらいました。エネコムさんとは、これからも連携して参ります。

 

今まで、足掛け一年以上、計10回~20回の企画会議を行ってきました。

 

このサービスがこのたび、開始となりました。

 

この申請書作成サービスの提供は、エネコムさんです。

 

ウェブサイトはこちら ↓↓(PCの方は新しいタブ)

https://gis.enecom.jp/DSSS/

 

ログインできないとなんのこっちゃ分からないと思いますので、キャプチャ画像を少し、ご紹介できればと思います。

 

まず、トップページ ↓

 

 

画面はたくさんありますが、申請書作成途中の「地図データと連動させた画面」 です。

国土地理院の地図が自動的に、申請書に挿入されます。 ↓

 

 

道路工事するときに、周辺住民の方に周知する文書を作る画面 ↓↓

 

 

他にも、

・過去の申請事例を検索する

・社内の決裁依頼

などなど、行うことができます。

 

~~~

 

ご案内チラシもできあがっています。

 

表面 ↓

 

 

裏面 ↓

 

 

このサービスでは、インターネット上で申請書ができあがるものです。

申請まで行えるものではありません。現在、政府側が電子申請に対応していません。

 

申請書ができあがって、実際には、警察署などと折衝して申請することになります。

その折衝、申請は、行政書士が担うことができます

 

~~~

 

道路使用許可の年間申請数は、なんと300万件を超えています。

 

ちなみに、株式会社設立の年間申請数は、80万件~90万件です。

道路使用許可は、その3倍以上の申請数があるということになります。

 

その多くの割合は、建設会社さんからの

工事のための道路使用許可が占めています。

 

その申請作業は、建設会社の事務の方が、ワード等で一から作成して、警察署へ行って、嫌味を聞きながら申請している、というのが現状です。

 

このサービスを利用すれば

建設会社の事務所にいながら、過去の事例をひっぱりながら、地図も自動挿入の形で、申請書作成が可能となります。

 

申請書ができあがったら、所定の行政書士事務所に依頼して、折衝と申請を頼むことができます

 

つまり、

会社の事務所にいながら、すべて解決する枠組みです。

 

もちろん、自社で折衝や申請までのすべてをなさっても構いません。

 

行政書士事務所がこの申請書作成サービスを利用しても構いません。

 

~~~

 

このサービスは、全国展開になります。

 

すでに、全国の行政書士法人のうち、何社かをエネコムさんにおつなぎして、連携の話を始めていただいています。

 

弊社は、中国地方を担当することになりそうです。

パートナー行政書士事務所とも連携しながらです。

 

建設会社の方が、面倒な事務を効率化する一助になればいいなぁと思っております。


全国で年間300万件以上ですよ。工事する会社さんにとっては、日常茶飯事。

そりゃ面倒です。

 

~~~

 

お気づきの方がいらっしゃるかもしれません。

(特に行政書士の方はお感じになるかもしれませんね)

 

このサービスは、ビジネスとしては、まだまだ途上です。

決まっていないことも、たくさんあります。

 

この申請書作成サービスの提供は、エネコムさんですが、行政書士事務所にOEM提供されたうえで、行政書士事務所名義で提供される可能性もあります。

 

それに、これが一番途上といえるかもしれませんが、行政書士としては、いつか終わりが来るかもしれないビジネスです。

可能性の問題ですが、全国的に電子申請になってしまえば、道路使用許可での行政書士の役割が終わる可能性がある。(実際の他の事例を見ると、終わることはないですが)

 

いわゆる「隙間(すきま)ビジネス」なのかもしれない。

 

それはそれで時代の趨勢。

おおいに結構だと思います。

 

ただ…こういう枠組みに行政書士が関与した“歴史と実績”は残ります

わたしは、必ず次につながる一歩だと考えています。

 

わたし自身、今回の企画開発に参画させてもらって、学んだ点は数えきれません。

 

行政書士も、時代に応じて変化することを求められています。

 

わたし自身も、弊社としても、未来のため、変わってゆきたいと思います。

 

世の変化に適応する“しなやかな事務所”になってゆきたいと思います

 

このサービスについて、また随時、お知らせしたいなと思います。

これから、どんどん良くなってゆきますよ~。


今日も、読んでいただいたあなたに感謝します。

 

投稿者 崎田 和伸でした。


△━━━↑↑ 本文 ↑↑ ━━━━△


・プロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html


・取扱いサービス
会社・法人設立代行、建設業界をはじめとする許認可申請代行、経理会計記帳代行、資金調達申請サポート。
一覧はこちら ↓↓
http://e-jimusho.com/gyoumu.html


=============


役職員の平均年令は35歳(だいたい)。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。


◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属

行政書士法人 Asumia(R) ※由来は「明日を見て歩く」の「明日見歩」です。
本店:広島県広島市東区光町2丁目6番41号 セネスビル4階
法人ウェブサイト:http://e-jimusho.com/

参考)あすみあグループウェブサイト:http://asumia.jp/


◆Asumiaお客様サポートのご案内


弊社にご依頼中、または過去依頼いただいたことのある依頼人さま限定の無料相談サービスです。担当は、わたしです。
http://e-jimusho.com/support.html


◆士業向けメディア「スケダチ」にて、執筆させてもらいました。
  ↓↓
【全6回】地方都市圏で、士業事務所をゼロから始め、組織として運営する6つの方法
http://suke-dachi.com/suketto/544

【御礼&お祝い】建設業許可の許可取得事例のご紹介です

2016年2月28日(日)

テーマ:許認可TIPS

行政書士法人 Asumiaは、起業したい、起業して地道に頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。

広島県を中心に中国地方5県対応。(サービスによって異なります)

 

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。


●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

 



今回は、「建設業許可」について、依頼をいただいて許可取得となった「建設業許可通知書」をご紹介させてください。

 

通知書、ですので、これが出たら、みなさん、看板を製作されます。

いわゆる「金看板ですね。

※最近は、シルバーが人気です(^_^;)

 

今回、5社さまの通知書をご紹介いたします。

 

守秘義務がありますので、加工して白抜きにしています。

イラスト等も入れています。ご了承ください。


~~~

◆1つ目

 

種類:広島県知事、一般建設業許可。

業種:建築工事、管工事、防水工事、熱絶縁工事、とび・土工工事、塗装工事、内装仕上工事

です。


◆2つ目

 

種類:広島県知事、一般建設業許可。

業種:電気工事業

です。

 

 

◆3つ目

 

種類:広島県知事、一般建設業許可。

業種:塗装工事業

です。

 

 

◆4つ目

 

種類:広島県知事、一般建設業許可。

業種:建築工事、屋根工事、塗装工事、大工工事、タイル・レンガ・ブロック工事

です。

 

 

◆5つ目

 

種類:広島県知事、一般建設業許可。

業種:電気工事業

です。

 

まだあると思いますが、特定情報を抜く作業が終わったところまで、掲載させてもらいました。

 

~~~

 

建設業許可があると、何かが変わってきます。

 

施主、元請さんの安心感も違ってきますね。

 

実際に取得なさってのご感想もいただいています。よろしければどうぞ。

http://e-jimusho.com/kansou.html

 

実際に工事受注するあなたは、数ヶ月するとそれが普通の生活になってしまうので、分からなくなるかもしれません。

でも、許可なしの時と比べると、いろいろ変わっているところが出ているはずです。

業績の数字には、高い確率で出てきますね。

 

許可のない状態での営業活動ではないので、工事の安定受注になりやすいです。

 

これからも、行政書士法人として、許可取得のお手伝い、させてもらいたいと思います。


~~~

建設業許可申請代理、チカラを入れていきます。

ぜひ、ご相談くださいね。

初回無料相談です。
許可取得の可能性について、無料診断もさせてもらいます。

電話:082-569-5320(9時30分~18時)
ネットから:https://goo.gl/A4KXzY

今日も読んでいただいたあなたに感謝します。


投稿者 崎田 和伸でした。



・わたしのプロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html

・弊社取扱いサービス一覧はこちら ↓↓
http://e-jimusho.com/gyoumu.html

=============

役職員の平均年令は35歳(だいたい)。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。

◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属
行政書士法人 Asumia(R) ※由来:明日見歩

総合窓口ウェブサイト:http://e-jimusho.com/

◆Asumiaお客様サポートのご案内

弊社にご依頼中、または過去依頼いただいたことのある依頼人さま限定の無料相談サービスです。担当は、わたしです。
http://e-jimusho.com/support.html

◆Facebookページ

・当法人Facebookページhttps://www.facebook.com/gyouseishosi

※「いいね」下さるとむちゃくちゃ励みになります。


◆営業エリア

広島県を中心として中国五県です。サービスによって異なります。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

 

地域、ご希望のサービスによっては、あすみあグループ所属の事務所、またはグループ外の連携、提携事務所が対応させていただきます。
あすみあグループについて:http://asumia.jp/
パートナー専門家について:http://e-jimusho.com/partner.html

【ちょっと解説】建設業許可のご依頼が増えています&入札のための手続きについて。

2016年2月25日(木)

テーマ:許認可TIPS

行政書士法人 Asumia(読み方:あすみあ)は・・・
起業したい、起業して地道にがんばっているあなたのサポートに特化した事務所です。
広島県を中心に中国地方五県対応。


10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。


▽━━━↓↓ 本文 ↓↓ ━━━━▽

 

 

最近、建設業許可申請のご依頼が増えています。

嬉しいです。

 

中には、5年以上前にご依頼いただいて、必要書類が集まらず、申請を断念された依頼人さまから連絡を頂戴し、手続きが再開したものもあります。

 

申し訳なくて、足が遠のいてしまったけど、

勇気を出して来ました」。

 

そう言ってお越しくださる。

 

こういう依頼人さまをお手伝いするのが、一番嬉しいことではないか?

そう感じました。

 

他にも、いろんな業種(とび土工工事業や管工事業)の会社さまから、ご依頼いただいて、手続きが進行しています。

 

業種を追加する会社さまも多いですね。

 

建設業許可申請を含んだ、許可のページはこちら ↓

http://kyoka.biz/ (弊社運営サイト)

 

~~~

 

建設業「関連」の手続きのお問い合わせも増えています。

最近多いのが、経営事項審査です。

これは、入札に入りたい建設会社さまからのお問い合わせですね。

立て続けに見積書を作成させてもらいました。

 

経営事項審査とは?について、国交省サイトから抜粋してみますね。

 

↓↓ 抜粋 ↓↓

 

「経営事項審査」とは、公共性のある施設又は工作物に関する建設工事(以下「公共工事」という。)を発注者から直接請け負おうとする建設業者(建設業法第3条第1項の許可を受けた者をいう。)が必ず受けなければならない審査です。
 公共工事の各発注機関は、競争入札に参加しようとする建設業者についての資格審査を行うこととされており、当該発注機関は欠格要件に該当しないかどうかを審査したうえで、客観的事項と主観的事項の審査結果を点数化し、順位付け、格付けをしています
 このうち客観的事項の審査が経営事項審査といわれる審査制度であり、この審査は「経営状況」と「経営規模、技術的能力その他の客観的事項(以下「経営規模等評価」という。)」について数値により評価するものです。
 なお、「経営状況の分析」については、国土交通大臣が登録した経営状況分析機関が行っています。

 

↑↑

 

この経営事項審査の後、入札参加資格を得るための申請を行うことになります。

 

これを図にするとこんな感じです。

 

 

経営事項審査は、基本的に毎年、手続きを行います。

 

早く入札に入れて、受注が増えればいいですね。

 

入札は下積み時代を経験する場合が多く、安定受注まで長い道のりですが、中期的な取り組みとして始める会社さまが増えているように思えます。

 

経営事項審査や入札について、弊社ページもご用意しています。

よろしければどうぞ。

http://e-jimusho.com/nyusatu.html

 

~~~

 

建設業の皆さまへのサポートは、行政書士の王道を言われる分野です。

弊社でも、積極的にお手伝いしている分野となります。

 

ご依頼いただいた方の業種としても、建設業が一番多いのではないでしょうか。

 

これからも、力を入れてゆきたいと考えております。

 

・建設業許可を新規に取りたい

・業種を増やしたい

・入札に入る体制造りを始めたい

 

という方はぜひ、ご連絡ください。

 

無料相談制度をご用意しています

弊社は官公庁ではありませんので、お気軽に聴いていただければと思います。

話して頂く内容について、許可に影響する、支障のあることはありません。支障が出てきそうでしたら、その壁を取り払うための対策を、一緒に話し合いましょう。

 

無料相談制度はこちら ↓

http://kyoka.biz/muryo.html


今日も、読んでいただいたあなたに感謝します。

 

投稿者 崎田 和伸でした。


△━━━↑↑ 本文 ↑↑ ━━━━△


・プロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html


・取扱いサービス
会社・法人設立代行、建設業界をはじめとする許認可申請代行、経理会計記帳代行、資金調達申請サポート。
一覧はこちら ↓↓
http://e-jimusho.com/gyoumu.html


=============


役職員の平均年令は35歳(だいたい)。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。


◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属

行政書士法人 Asumia(R) ※由来は「明日を見て歩く」の「明日見歩」です。
本店:広島県広島市東区光町2丁目6番41号 セネスビル4階
法人ウェブサイト:http://e-jimusho.com/
グループウェブサイト:http://asumia.jp/


◆Asumiaお客様サポートのご案内


弊社にご依頼中、または過去依頼いただいたことのある依頼人さま限定の無料相談サービスです。担当は、わたしです。
http://e-jimusho.com/support.html


◆士業向けメディア「スケダチ」にて、執筆させてもらいました。
  ↓↓
【全6回】地方都市圏で、士業事務所をゼロから始め、組織として運営する6つの方法
http://suke-dachi.com/suketto/544

【増えてます】酒類販売免許取得のお手伝い。

2016年2月17日(水)

テーマ:許認可TIPS

行政書士法人 Asumia(読み方:あすみあ)は・・・
起業したい、起業して地道にがんばっているあなたのサポートに特化した事務所です。
広島県を中心に中国地方五県対応。


10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。


▽━━━↓↓ 本文 ↓↓ ━━━━▽

 

 

ここ数年、酒類販売免許のお問い合わせが増えています。

ちょっと社内の記録を見てみると、直近3年間で、30件です。

その前の3年間は10件に満たなかったのに、年々、増えています。

 

お酒の取り扱いは、酒税法という法律で決められています。

お酒は昔から、国の政策に深く関係してきています。

許認可の中でもかなり強めの規制が残っている、ということがいえます。

 

酒類販売免許は、条件が厳しいことでも有名です。

条件の1つに財務内容がどうか?というのがありますけども、最近の財務内容が悪くて諦める会社・事業主もおられます。

 

~~~

 

酒類販売免許のご依頼で多い種類ベスト2としては、次のとおりです。

 

第1位.通信酒類販売免許

 

正式名称を「通信販売酒類小売業免許」といいます。

 

この免許の定義について、国税庁の資料から抜粋してみますと…

↓↓

通信販売(2都道府県以上の広範な地域の消費者等を対象として、商品の内容、販売価格その他の条件をインターネット、カタログの送付等により提示し、郵便、電話その他の通信手段により売買契約の申込みを受けて当該提示した条件に従って行う販売をいいます。)によって酒類を小売することができる販売業免許。

↑↑

 

こういうものになります。

大部分はネット通販になりますね。

 

ちなみにこの免許で、大手酒造メーカーのお酒は販売できません。

現実的には、輸入酒や、小規模な酒蔵のお酒(地酒)を取り扱うことになります。

 

第2位.一般酒類小売業免許

 

この免許の定義は次のとおりです。

 

↓↓

消費者、料飲店営業者又は菓子等製造業者に対して酒類を継続的に販売(小売)することが認められる酒類販売業免許。

↑↑

 

お店を構えて、お酒を販売する免許です。

 

お店の条件、財務状態の条件など、厳しいものがあります。

 

ちょっと定義の中、見てみてください。

「料飲店」「菓子等製造業者」という言葉が出てきますね。

 

感覚的には「小売じゃなくて、卸販売じゃない?」と思ってしまいますが、これも、小売販売の免許で可能となります。

実際には、卸している、ということになりますね。

 

酒類の免許には、他に、「卸売業免許」や「媒介業免許」など、たくさんの種類があるのですが、実際に多い種類の卸売は、この小売免許で対応可能なケースがあるということになりますね。

 

~~~

 

他にも、酒類関係には、免許がたくさんあります。

 

「製造免許」もありますし、上で出てきました「卸売業免許」や「媒介業免許」などもあります。

それぞれの免許が細分化もされますし・・・複雑怪奇、このうえない免許ですね(-_-)

 

ただ一般的に出ている免許のほとんどは、

 

・通信販売酒類小売業免許

・一般酒類小売業免許

のどちらか

 

または、

・通信販売酒類小売業免許

・一般酒類小売業免許

の両方

 

かと思います。

 

ご依頼をご検討の方は、まずは、お話を聴かせてください。

要件が厳しい免許ですので、まずは取得可能な状況かどうか、を診断しなければなりません。

無料相談・許可要件無料診断

http://kyoka.biz/muryo.html

 

よろしければ、酒類免許に関する弊社のサービスのページも併せてご覧ください。

http://kyoka.biz/sakerui.html

 

今日も、読んでいただいたあなたに感謝します。

 

投稿者 崎田 和伸でした。


△━━━↑↑ 本文 ↑↑ ━━━━△


・プロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html


・取扱いサービス
会社・法人設立代行、建設業界をはじめとする許認可申請代行、経理会計記帳代行、資金調達申請サポート。
一覧はこちら ↓↓
http://e-jimusho.com/gyoumu.html


=============


役職員の平均年令は35歳(だいたい)。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。


◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属

行政書士法人 Asumia(R) ※由来は「明日を見て歩く」の「明日見歩」です。
本店:広島県広島市東区光町2丁目6番41号 セネスビル4階
法人ウェブサイト:http://e-jimusho.com/
グループウェブサイト:http://asumia.jp/


◆Asumiaお客様サポートのご案内


弊社にご依頼中、または過去依頼いただいたことのある依頼人さま限定の無料相談サービスです。担当は、わたしです。
http://e-jimusho.com/support.html


◆士業向けメディア「スケダチ」にて、執筆させてもらいました。
  ↓↓
【全6回】地方都市圏で、士業事務所をゼロから始め、組織として運営する6つの方法
http://suke-dachi.com/suketto/544

【建設業許可】ご依頼の多いコース・サービスのご紹介

2016年2月15日(月)

テーマ:許認可TIPS

行政書士法人 Asumia(読み方:あすみあ)は・・・
起業したい、起業して地道にがんばっているあなたのサポートに特化した事務所です。
広島県を中心に中国地方五県対応。


10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。


▽━━━↓↓ 本文 ↓↓ ━━━━▽

 

 

ひとり親方から10人未満の建設会社さまの、建設業許可、法人成りなどのお手伝いをしています。

いろいろとコースをご用意していますが、今日はそのご紹介です。

 

~~~

 

(1)建設業の「新規」許可申請代行サービス

 

文字通り、「新規」に建設業許可を取得したい方向けのサービスです。

ご依頼件数としても最も多いタイプになります。

 

要件を満たせるかどうか精査し、

可能性を診断し、

許可取得のためのアドバイスを行い、

書類を作成し、

官公庁と折衝し、

申請代理を行います。

また、行政指導、要請に対して、依頼人さまの見方として対応しています。

 

弊社手数料は、一般建設業・県知事の場合、129,800円(消費税別)~です。

 

(2)会社設立代行+建設業許可申請コース

 

こちらもご依頼の多いコースです。

個人事業主さまからの依頼が大部分を占めます。

 

個人事業主さまは、個人事業で建設業許可を取得しても、法人成りすると取り直し、というケースが多いです。

 

許可取得のタイミングで法人成りする方が多いことから、このコースのご依頼が多くなっています。

 

会社設立料金、建設業許可料金(ともに実費を除く)から、5%割引になります

 

(3)建設許可+決算変更届パック

 

建設業許可を取得した後、年に1回、県に届け出る必要があります。

前年度の決算内容や工事経歴などです。

 

新規に許可取得なさるときにあわせて、その後の届出を「予め」ご依頼いただくことで、10,000円の割引をさせていただいています。新規の許可料金からです。

 

(4)建設業業種追加申請コース

 

すでに許可をお持ちの会社、事業主さまから、ご依頼いただいています。

今まで持っている業種に、新たな業種を追加する手続を代理しています。

 

弊社手数料は、79,800円~99,800円(消費税別)です。

 

~~~

 

このほかにも、

更新手続代行コース

経審、入札参加資格申請代行

などご用意しています。

 

最近、建設業の方のお手伝いが増えています。

これからも社内体制を増強して、きめ細かいニーズに対応してゆければと思っております。

 

参考まで、今までお手伝いし、取得させていただいた許可の一覧、ございます。(すべての事案ではありません)

http://ken-hiroshima.com/license-k.html

 

実際に取得された、社長さまから、感想もいただいています。

http://ken-hiroshima.com/kansou.html

 

~~~

 

建設業許可は、一度ご相談いただいてからのご依頼が多いです。

 

お気軽にお問い合わせくださいね。(ご相談無料です)

http://ken-hiroshima.com/muryo.html

 

すでに弊社ページをご覧になって、「いますぐ依頼したい」という方には、ご依頼フォームもご用意しています。

https://ken-hiroshima-com.ssl-xserver.jp/toiawase/

 

今日も、読んでいただいたあなたに感謝します。

 

投稿者 崎田 和伸でした。


△━━━↑↑ 本文 ↑↑ ━━━━△


・プロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html


・取扱いサービス
会社・法人設立代行、建設業界をはじめとする許認可申請代行、経理会計記帳代行、資金調達申請サポート。
一覧はこちら ↓↓
http://e-jimusho.com/gyoumu.html


=============


役職員の平均年令は35歳(だいたい)。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。


◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属

行政書士法人 Asumia(R) ※由来は「明日を見て歩く」の「明日見歩」です。
本店:広島県広島市東区光町2丁目6番41号 セネスビル4階
法人ウェブサイト:http://e-jimusho.com/
グループウェブサイト:http://asumia.jp/


◆Asumiaお客様サポートのご案内


弊社にご依頼中、または過去依頼いただいたことのある依頼人さま限定の無料相談サービスです。担当は、わたしです。
http://e-jimusho.com/support.html


◆士業向けメディア「スケダチ」にて、執筆させてもらいました。
  ↓↓
【全6回】地方都市圏で、士業事務所をゼロから始め、組織として運営する6つの方法
http://suke-dachi.com/suketto/544

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
サービス内容
 
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
会社案内
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ