行政書士法人Asumiaトップページ > ブログトップ > お仕事に対する考え方

崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

顧客のミカタであること。【お仕事に対する考え方】

2017年2月25日(土)

テーマ:お仕事に対する考え方

af9920045221

 

よく、建設業許可、古物営業許可、酒類販売免許などの、いわゆる「許認可申請」のご依頼をいただきます。

この許認可という分野の特徴は何より、「法令で定められたこと以外のグレーな部分が多い」というのが挙げられます。

許認可を下ろすかどうかの肝の基準は法令で決まっていますが、「審査上の事務的な部分、あるいは審査上の要請」といった部分では、他の法的手続に比べ、裁量権があります。

=他の手続に比べ、官公庁側からの要求、要請が来やすい。法令で必須とされる資料を揃えた場合でも。

 

わたし、こんな許認可分野について、昔から思っていることがあります。

 

それは、顧客のミカタとなること

 

許認可分野において、行政書士は3種類に分かれると思います。

 

1.官公庁とガチンコで闘う行政書士。

いつも臨戦態勢。顧客のためならどんな闘いも厭(いと)いません。官公庁との軋轢(あつれき)どんと来い!系です。

 

2.官公庁の言い分をそのまま顧客に伝える、役所のスピーカーのような行政書士。

役所から言われたことが理不尽でも、法律に抵触していそうでも、顧客にそのまま伝え、顧客を説得しようとします

 

3.官公庁と関係を築きつつ、実は闘っている行政書士。

官公庁と良い関係を築きながら、グレー部分について、法や前例に基づいて主張してゆくタイプ。

 

あなたが依頼するなら、この3人の行政書士のどれにしますか?

 

~~~

 

行政書士の使命は・・・

国民と行政との絆として、国民の生活向上と社会の繁栄進歩に貢献すること

です。

出典:日本行政書士会連合会:https://www.gyosei.or.jp/information/introduction/mission.html

 

この「国民と行政の絆」がポイントですね。

絆、と書いていますが、わたしは「国民と行政との間をつなぎ、国民に説明し、行政を牽制する」という風に理解しています。

 

中国を見てもらえると理解いただきやすいと思いますが、行政は情実化しやすいです。

情実化とはつまり、口利き、賄賂(わいろ)が横行しやすいということ。

 

日本に住んでいると、まさかと思うかもしれませんね。

わたしも中国には住んだことはありませんが、漏れ来るニュースを見るかぎり、その傾向は顕著と断言しても良いと思います。

 

天津大爆発を憶えておられますか?

あれは色んな原因の説が出ていますが、わたしはこう思っています。

危険物質を一定量以上集積してはならない場所に、経済発展と情実のために許可を出し続け、野ざらしになっても指導すらすることがない状態だった」から。

 

また、天津大爆発以外で聞くのは、「許認可権限を持つ共産党上層部は、権限と比例して財産が増えてゆく」ということ。

 

日本では考えられませんね。現時点では。

 

長くなるので強引にまとめます(^_^;)

行政書士は、行政を牽制する役目を負っていると、わたしは思っています。

 

~~~

 

話を戻します。

 

あなたが依頼するなら、この3人の行政書士のどれにしますか?

 

1,官公庁とガチンコで闘う行政書士。
2.官公庁の言い分をそのまま顧客に伝える、役所のスピーカーのような行政書士。
3.官公庁と関係を築きつつ、実は闘っている行政書士。

 

2は顧客から信頼を失う行政書士です。行政書士の使命からして、危険な存在ともいえます。

官公庁の言い分ばかりが通り、牽制の役目を果たしません。極端にいえば、官公庁窓口担当者の人格やその日の気分で許可不許可が決まってしまう。(実際には、許可申請を受理してもらうか受理されないか、です)

危険ともいえようかと思います。

 

 

では残りの1と3、どちらの行政書士に依頼しますか?

 

わたしは開業して5年くらいまで、1の「官公庁とガチンコで闘う行政書士」がいいと思っていましたし、実際、やっていました。ガチンコ勝負の姿勢の官公庁窓口担当者(いわゆる名物担当)がいる平気でいる時代でしたし。

 

でもやっていくうちに思ったんです。

ガチンコは最終的によくない、と。

最終的に顧客のためにならない、と。

その依頼については良いかもしれませんが、次のその方の依頼には支障が出ます。

 

行政書士(わたし)も、窓口担当者も、最初から勝負腰。

自然と細かい、細かい点の突き合いになり、うまくいくものもうまくいきません。

終始、重箱の隅のつつきあい(-_-;)

理論武装しているように見えて、その実は甘々(あまあま)。

子供のケンカです。

 

いろいろするうちに、開業後6年くらいから

「3.官公庁と関係を築きつつ、実は闘っている行政書士。」となりました

 

ケンカ腰ではない。でも出る時は出る。引く時は引く。

 

出る時(=主張する時)は、理論武装をし、きちんと法律の解釈をしたうえで、撃って出る。

でも相手方(官公庁側)の要請が、法律の趣旨に基づく正当なものと思われれば、引く。

 

こういったやりとりをするようになりました。

 

真っ赤な炎ではなくて、青白い炎

こういったらイメージいただきやすいでしょうか。

あ、ガスコンロの炎ですね!

 

あれから(=~開業5年くらい)12年くらい経ちました。

いま、わたし自身は実務担当ではありませんが、弊社の根底には、「3.官公庁と関係を築きつつ、実は闘っている行政書士。」が根付いていると思っています。

 

日々、関係と信頼を築きながら、それでも闘っていますよ。

 

ということで、また長くなりそうなので、強引にまとめます(^_^;)

 

顧客のミカタとなること

これを行政書士法人代表者として、胸に刻んでおります。

 

投稿者:崎田 和伸

 

sakida_prof_tokyo201703

あえて空白を創る

2017年2月16日(木)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事, お仕事に対する考え方

IMG_1438 - コピー

※自宅でPC開いている写真です。

 

 あえて空白を創る

 

平日、アポイントが入っていない日を狙って、事務所以外で仕事をすることがあります。

一昨日がそんな日。

午前中はお休みをいただいて、午後は自宅でSKYPE使って会議。

その後、事務所出勤は不効率なので、自宅で資料づくりや考え事をしました。

 

完全な空白ではありませんが、喧噪から離れて仕事をすると、将来のことが見えてきます。

腰を据える、とはこのことかもしれません。

 

経営者やって16年か17年です。

まだひよっこですが、一応この期間やっていますと、

いま、目の前のことに懸命になってはいけない」と思う瞬間があります。

 

それが一昨日でした。

作業系の仕事は一切せず、自社の熟考系の仕事をします。

 

経営者は考えることが仕事だと思います。

 

 3つの時間軸

 

わたしは、仕事には、3つの時間軸があると思っています。

 

すなわちこの3つ。

 

①来月、業績を上げるための仕事

②3年後、業績を上げるための仕事

③10年後、業績を上げるための仕事

 

期間は自由に設定して良いので、とにかく、3つの時間軸で考えるようにしています。

 

昨日やったのは②の「3年後、業績を上げるための仕事」についてです。

3年後、砂漠にならないための仕事。

 

中期、長期的な事業計画を見て、現況、日々起きる現象を考えながら、将来を組み立てます。

 

来月の仕事ばかり追いかけていると、3年後が危うくなります。

3年後、10年後の仕事ばかり追いかけていると、来月が危うくなります。

経営って不思議ですね。

 

なお、この来月、3年後、10年後という数字は、それぞれの立場によって違ってくると思います。

起業間際、数年経った後、安定してきた頃、で、違ってきます。

 

例えば、起業間際に10年後のために時間を使うのは現実的ではないので、

①来月

②1年後

③5年後

といった形になってくるのではないでしょうか。

起業間際は「まず来月の業績を!」という時期でもありますね。

自然と近い時期に照準をあてて対策を立てることになりますね。

 

 お問い合わせ、ご依頼と空白との関係

 

年を空けて、

おかげさまで多くのお問い合わせ、ご依頼をいただいています。

 

お問い合わせは、1月度は約70件※、いただいています。

2月度は今ちょうど半月ですが、約35件です。

例年以上です。

※新しい方、お得意様からの新たなお問い合わせの総件数です。1サービスを1カウント。

 

ご依頼は

建設業許可申請 (PCの方は新しいタブが開きます)

会社・法人設立代行 (〃)

この2つについて、例年以上のご依頼を頂戴しています。

 

ありがとうございます。

 

いまこうやってお問い合わせ、ご依頼をいただいているのは、

1年前に1年後のための仕事をしたから。

3年前に3年後のための仕事をしたから。

そう確信に近い想いがあります。

自慢ではありません。「命がけの自負」です(^_^;)

 

先週やったから今週増える、ということはまずありません。

 ※弊社はあまりやっていませんが、ウェブ広告は除きます。

 

あえて空白を創る」は、とても大切なんじゃないかと思います。

 

rinen201401-28-2

頂戴したお問い合わせやご依頼に対しては、

経営理念である“嬉しいを紡ぐ”に反することの無いよう、誠意、応対してまいりたいと思います。

 

投稿者:崎田 和伸

 

ということで、気軽に声かけてくださいね。

2017年2月9日(木)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事, お仕事に対する考え方

sakida_prof_tokyo201703

 

ちょっと書いておこうかと思いまして、カタカタ書きます^_^

 

 ある社長からの一言・・・

 

先日、ひさしぶりに連絡を下さった社長から言われました。

 

なんかね、崎田さん、遠くにいってしまったようで、声かけづらかったんだよね

 

何をもって遠くなのか分かりませんが、気軽に声をかけてください。

夜早く寝るので呑みには行きませんが、気軽に声をかけてください。

 

何も用事ないけど久しぶりに声を聞こうかと思い、連絡してみた。

それで嬉しいですよ^_^

 

思い出してもらえるのが嬉しい男です。

 

夜呑みにいかない、と宣言していてどうかと思いますが、ぜひ情報交換も、しましょう。

昼飯とか、助かります(^_^;)

ちなみに、呑みにいかないと書きましたが、たまには一次会までであれば大丈夫です。

 

 別のある社長からの一言・・・

 

別の社長から別のことを言われました。

 

Asumiaさん、なんか高そうなイメージあるから、声かけづらかったんだよね

 

職員が常駐する事務所としてやっているので、そう思われたのでしょうね。

弊社の料金は、実は、広島の行政書士の相場よりも低いというものが7割です。(おおむね)

 

価格を決定しているのは、事業として成り立つか?と価値があるか?です。

それを検討して、「結果的」に、相場よりも低いものが7割になっています。

 

あと3割も上記の基準で検討したうえで、「結果的」に相場よりも高いことになっています。

そんな感じです。

 

実際、この社長さんのご希望のサービスについて、費用を提示したら相場より低いらしく、驚かれました。

 

価格帯を決めるのに、マーケティングのセオリーから外れるかもしれませんが、相場は一番最後の問題と考えています。

相場の調査も参考程度でしか行っていません。

 

まず相場を見て…と、価格を出発点で勝負するのはある種の思考停止。

完全に負けです。

というか、勝ち負けというよりは、経営になっていません。

事業の継続性にも欠けます。

 

 ということで、よろしくお願いいたします

 

ということで、よろしくお願いいたします。

お会いするのを楽しみにしていますね^_^

 

投稿者:崎田 和伸

 

【門前払いにしない!】年明けから33件のお問い合わせに対応させていただきました

2017年1月14日(土)

テーマ:実務録, お仕事に対する考え方

IMG_9603

※わたしのデスクから事務所を見た写真です。

 

2017年が明け、5日から営業開始させていただいています。

始まってみると、怒涛のお問い合わせラッシュ。

ありがとうございます。

 

1月5日から昨日まで、営業日数は6日間です。

この間に頂戴したお問い合わせは、なんと33件

新しい相談者様、お得意様を合わせた数字です。

 

以前、統計を取った数値と比較すると、その多さが分かります。

 

 987979

2014年11月~2015年10月の月間平均 お問い合わせ件数は、40.5件ですね。

緑で囲んでいる部分です。

 

2017年1月5日~の6営業日で33件、ということは、

以前の月間平均40.5件の3分の2を、たった6日間で到達している計算になります。

 

弊社にしては、件数が多いこと、ご理解いただけますでしょうか。

すごく多かったです。

そして、ありがたく、ありがたく、思っております。

 

~~~

 

年明けからお問い合わせいただいた内容は、次のようなものです。

 

建設業許可を取りたい

会社、法人を設立したい

創業融資を受けたい

会計を任せる先を探している

酒類の免許を取りたい

古物営業許可を取りたい

宅建免許を取りたい

契約書を作ってほしい

許認可の変更手続をしてほしい

道路使用許可を取ってほしい

◆帰化申請をしてほしい

◆外国人の在留資格の変更をしてほしい

◆内容証明書を作って欲しい

などなど。

 

赤い◆は、弊社が取り扱っているサービスです。※サービス一覧へリンク。

青い◆は、行政書士はやっていることですが、弊社の場合はサービス範囲外のものです。

 

~~~

 

そのすべてについてご依頼になるわけではありません。

弊社のサービス範囲「外」のものもあります。

 

弊社サービス範囲「内」のものは、誠意、お話を伺い、可能なアドバイスをさせていただいた上で見積書を提示

サービス範囲「外」のものは、弊社と同じ行政書士や、他の士業のうち、誠実に対応くださる先にご紹介の手配をいたしました。

 

弊社では、サービス範囲「外」でも、「やってませんので。」と門前払いはしない方針です。

せっかく勇気を出して問い合わせをしてくださったので、ご希望のことを達成するのに最も近い専門家とおつなぎをしています。

 

そのために、予め、弁護士・司法書士・行政書士・社会保険労務士・税理士などのいわゆる「士業」とパートナー事務所の契約していますし、あすみあグループという法律・会計・不動産専門家ネットワークにも参画しています。

 

弊社のサービス範囲「内」のことは、誠意、お話をお聴きして費用提示等を行い、

それ以外の方は、その方にとって、最善、最適な方法、相談先へおつなぎしている、というわけです。

 

~~~

 

お問い合わせ件数の話に戻りますが、

純粋に一営業日あたりで計算すると、一日あたり約5件、になりますね。

 

実際にお会いして、または電話での相談対応も、ほぼ毎日入りました。

詳しくご状況を伺って、その場で、ご依頼の流れ、費用、お支払時期など、説明をさせていただきました。

 

↓ 相談スペースです。

IMG_9593

 

お問い合わせが1日あたり約5件というのは、弊社の規模では多いです。

 

一時、お問い合わせの初動対応だけでも、キャパシティを超えてしまいました。

少しお待たせしてしまったものが1件ありました。大変お待たせしましたm(__)m

 

大都市圏の規模が大きい士業事務所では、一日20件、30件、という形が普通かもしれませんが、

弊社は、1日5件で精一杯。

 

おひとりおひとり、一社一社、金額の大小関係なく、腰を据えて対応する方針

というのも関係しています。

 

・お話をお聴きする

・見積りさせていただく

・範囲外のことについては、誠実に対応してくれる専門家をご紹介する

 

これらで、結構、時間がかかります。

でも手を抜いたり、省略するわけにはいきませんもんね。

 

門前払いにしない

この方針は変えようとは思いません。

 

一般から見て、士業と呼ばれる世界の仕事は見えにくいです。

問い合わせした内容が弊社のサービスではない場合もあります。

 

そんな時には、その方にとって最善、最適な方向をお示しし、その道筋をつけさせていただく

弊社の理念「嬉しいを紡ぐ」にもつながるものですし、ある意味、社会貢献に近いことかもしれません。

 

綺麗事を書くつもりはありません。

世間さまから日頃、恩をいただいています。

それを弊社ができるところで、できる範囲でお返ししてゆく。

これが頭のどこかに、常にあります。

 

~~~

 

2017年。

姿勢を変えることなく、無理せず、ボチボチ、進んでゆきたいと思います。

いろいろ書いてしまいましたが、ご遠慮なく、お問い合わせくださいね。

 

「よく分からん!どうすればいいの?」の段階で結構ですよ。

 

電話:082-569-5320(受付:月~金 8:00~18:00)

 

投稿者:崎田 和伸

 

321687946

建設業は家族に誇れる仕事だと改めて思った映像。

2016年11月18日(金)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事, お仕事に対する考え方

3453r2rewera

 

普段、建設業の方を多く、お手伝いしています。

あくまでも一般的には、ですが、建設業の方々は、現場の過酷さに比べて評価されにくい業種です。

建築現場では騒音クレームが入り、道路工事現場では暴言を吐かれることもあります。

 

弊社は、建設業許可や会社設立、資金調達、そして会計記帳などで、建設業の方々をバックヤードからお手伝いすることが多いです。

 

弊社にお越しになる、ご紹介いただく建設業の方々は、本当に良い人たちです。

誇りを持って仕事をしている人が多い。ほんと、多い。

 

~~~

 

先日、博多で陥没事故がありましたよね。この写真です。

 

3453r2rewera

 

すごいですね。ぽっかり、穴が空いている。

この事故の普及工事を見ながら、やっぱり、すごいなぁと思ったんです。建設業って。

 

~~~

 

1つ、タイムプラス映像があります。よければ見てみてください。

復旧工事を1分強のタイムプラス映像にしたものです。(Youtubeから。)

 

 

すごいと思いませんか?

約1週間で突貫工事をし、復旧してしまう。

 

みんな、道路が寸断されて不便をきたす中です。

普通なら1ヶ月~2ヶ月のところ、1週間。

 

シンプルに、すごいなぁ、と。

家族に誇れる仕事ですね。

 

実は昨日、所用で博多に行きました。

でも、野次馬しませんでした。

たぶん、近くだったと思います。

自分でもよく分かりませんが、何だか悪い気がしたのです。

 

~~~

 

復旧工事の記者会見で、福岡市交通局の人が泣いたそうですね。

「責任はあるが、業者は命を張って作業した」とのこと。

参照:http://www.sankei.com/west/news/161116/wst1611160014-n1.html

 

業者という言葉が少し気に食いませんが、そこは置いておいて・・

この一文が、仕事に臨む、建設業の方の姿勢を表しているように思えました。

家族に誇れる仕事ですね。

 

今回の投稿ですが、顧客で建設業が多いからといって、おべんちゃらで書いているわけではないです。

建設業の人たちは、自分で仕事のことを積極的に話しません。だからか、知らない人が多い。

今回、こんな事故が起こって、「復旧」という一つの仕事を世の中の多くの人が垣間見た。

良い機会だと思いました。

 

国の根幹を担う職業である、建設業。

微力ながら、バックヤードからですが、お手伝いしてゆけたらと思いました。

 

投稿者:崎田 和伸

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
サービス内容
 
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
会社案内
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ