行政書士法人Asumiaトップページ > ブログトップ > お仕事に対する考え方

崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

【厳しい?】人材育成に臨んで思っていること

2018年2月13日(火)

テーマ:お仕事に対する考え方, 経営について

JQ177_350A

 

私、昔から人材育成に関しては思っていることがありまして、今回ちょっと書いてみたいと思います。

徒然な記事になるかもしれません。乱文もご容赦ください。

 

b_simple_105_2M

 

b_simple_32_0M

魚にたとえて考えてみる

b_simple_32_0M

 

人材育成を考えるうえで、採り得る選択肢は、3つあると思います。

 

ここで突拍子ないかもしれませんが、魚にたとえて考えてみます。

一番説明しやすい例かと思ったので。

 

line_400

 

bg_nangoku

 

ある海辺。あなたは漁師です。

目の前には、お腹がすいて困っている人がいます。(でも、死ぬまでではない)

あなたは、なんとかしてあげたい。

 

そんな時の選択肢は、次の3つではないでしょうか。

 

b_simple_32_0M

(1)魚をあげる。

b_simple_32_0M

 

釣った魚をあげます。一番手っ取り早くお腹を満たせます。

 

b_simple_32_0M

(2)魚の釣り方を教える。

b_simple_32_0M

 

てっとり早く飢えを満たすのは魚を穫ることだと教え、一番近道である魚の穫り方を教える。

細かく指導する。

 

b_simple_32_0M

(3)魚の釣り方に気づくための方法を教える。

b_simple_32_0M

 

魚の釣り方に「気づくための方法」を教える。

この方法がいいよ~とか、こうやったら釣れるよ~を教えるのではなく、

「釣るということに気づくためのきっかけ」を提供する。

 

b_simple_105_2M

 

b_simple_32_0M

それぞれの利点、弱点

b_simple_32_0M

 

それぞれ、利点と弱点があると思います。

そこを書いてみますね。

 

(1)魚をあげる。

   ↑ ↑

メリット:飢えをすぐに癒せます。

 

デメリット:でも釣り方を知らないので、えさを待つ鯉と一緒。

いつまでも魚を与え続けなければなりません

(魚でとりあえず飢えをしのいだ上で釣り方を教えるのもありますけど、今回は除外。)

魚を与え続けるので、自分の扶養義務者が増えるのと同様で、全体の生き延びる率が低くなります。

 

line_400

 

(2)魚の釣り方を教える。

   ↑ ↑

魚を穫ることが一番の近道であることを教え、そのうえで釣り方の種類、釣り方を教えます

メリット:手っ取り早く、最短で、釣り方を会得することができる。

デメリット:なぜその方法になるのか、自分の頭で考え導いたものではないので、方法論としてだけ認識されやすい。

 

line_400

 

(3)魚の釣り方に気づくための方法を教える。

   ↑ ↑

まずは穀物を育てるのではなく、魚を獲って食べることが、空腹を満たす一番の策であると気づいてもらう必要があります。

魚を穫るには「釣る」「網で漁をする」「潜ってモリで突く」「育てる」といった選択肢があり、その中で「釣る」ということが一番手軽でそこそこの収穫が見込めることに気づいてもらう。

 

そして魚の釣り方を知るきっかけを提供し、釣るための道具の作り方、釣り方を学んでもらう。

 

メリット:状況を見て最適を決める能力、選択肢を導き出す能力が備わる。自分で会得した感覚になる

デメリット:その人は、気づくかもしれないし、すぐに気づかないかもしれない。

もしかすると、一生気づかないで終わるかもしれない

 

b_simple_105_2M

 

b_simple_32_0M

どれを選ぶのか?

b_simple_32_0M

 

どれを選ぶかは各人各様かと思います。

このブログ記事では「わたしは」という話なので、書きたいと思います。

 

わたしは、

b_simple_32_0M

(3)魚の釣り方に気づくための方法を教える。

b_simple_32_0M

を選びたいと思ってます。そして、今までやってきたつもりです。

もちろん、基礎的なことはオフィスのメンバー等から教えてもらいながら。

 

人材育成の方法としては一番時間がかかるものかもしれません。

我慢も忍耐も必要です。

 

それに人材育成の方針としては厳しいと思います。

手とり足とり教えませんので。

 

line_400

 

それと、ふと思い出しました。

補足で書きます。

 

実は1つ、悔しいことがあります。

 

これ我慢も忍耐もそれは良いのですが、この方法、具体的に出てくる現象としては「気づくための方法をそれとなく、感づくように用意しておく」というものです。

打ち合わせ等では、ずばりの回答を出すのは、出すこともありますが、頻度としては少ないです。

相談を受けた時もそう。

本で気づいてもらいたくて、図書カードを渡すこともあります。先人たちの智慧は利用しない手はありませんから。

 

上で出てきました「自分で会得した感覚になる」。

最適解を導き出すのは、あくまでも自分です。

 

なので、最初から最後まで自分自身でやった気持ちになる

それが、他人から言われてやったことではなく、「自分ごと」になり、実になってゆく

 

悔しいのは、自分ごとになった結果どうなるのかというと、「放っておかれた」になる。

絵に描いたように、そうなる。

 

それはそれで良いです。

最終的に、優秀な人材に育っていただければ。

 

現実に、当社の職員は、自分で解を導き出す判断する能力が高いと思います。

「どうすればいいんですか?」という質問が少ない

 

ただね、仕方ないんでしょうね。

「放置」の件。代表者として背負ってゆく重しみたいなものかもしれません。

「(3)魚の釣り方に気づくための方法を教える。」を選んだ時点での帰結点なんでしょうね、という、それだけ。

 

そんなこんなで、書きなぐってみました。

なんだかこの記事書いていて、「(2)魚の釣り方を教える。」がいいように思えてきました。

そうしようかなぁ。

あと一年くらいかけて、考えてゆきたいと思います。

 

投稿者:崎田 和伸

 

97894654

【更新】依頼人さまの声2通、建設業許可取得のご感想1通など

2017年9月1日(金)

テーマ:お仕事に対する考え方, アンケートシート

koetopsakida

 

・アンケートシート2通ご返送

・建設業許可取得のご感想シート

・新しいスタッフ加入

 

この3点について、ホームページの更新をいたしました。

 

 

 アンケートシートご返送 【2通】

 

 

こちらの画像は、依頼人さまの声(アンケートシート)のページに掲載しているものです。

 

koetopsakida

アンケートを始めて、はや8年になります。

ご依頼が終了、または節目の依頼人さまにお送りしています。

 

返送自由、匿名OK

100%公表

この原則は、始めてこのかた、変えていません。

厳しいご評価、ご意見も頂戴できるからです。

 

今回、2通ほど返送いただきました。ありがとうございます。

ご紹介します。

 

goirai2017-4080

goirai2017-8080

 

この2つとも、最上位のご評価ではありませんでした。

説明のわかりやすさ

ご依頼の満足度

ともに、常に考えて続けてまいりたいと思います。

 

これらを含めて今までのものをご覧いただけます。こちら ↓↓

http://e-jimusho.com/koe.html

 

 

 建設業許可 取得のご感想

 

 

建設業許可申請をお任せいただいた依頼人さまから、ご感想をいただきました。

kyoka-question9

お任せいただき、また「いろいろと良くして頂きました」とのお言葉も頂戴しました。

ありがとうございます。

 

他のご感想の一覧はこちらです ↓ (PCの方は新しいタブ)

http://e-jimusho.com/kansou.html

 

お任せいただいて許可となった事例(許可証)はこちらです ↓(PCの方は新しいタブ)

http://e-jimusho.com/license-k.html

 

 

 まだ返送いただいていますが

 

 

このブログ投稿時点で、新たに数件、アンケートなどのご返送をいただいています。

ここでご紹介できませんが、心から御礼を申し上げます。

後日、掲載させていただきます。

 

man2015

 

 

 新しいスタッフ加入

 

 

このたび、新しいスタッフが一名、加入しました。

寺島ともうします。

スタッフ一覧ページはこちら ↓(PCの方は新しいタブが開きます)

http://e-jimusho.com/staff.html#terashima

 

写真は、後日、撮影予定です。

いい方が入ってくださいました。

 

ちなみに、求人は継続しています。ぜひご覧ください。

http://e-jimusho.com/hojosha.html

 

役職員一同、これからも、誠実に、真摯(しんし)に対応してまいりたいと思います。

 

投稿者:崎田 和伸

【お礼申します】お問い合わせ、誠意対応させてもらっています。

2017年7月5日(水)

テーマ:お仕事に対する考え方, 実務録

IMG_4519

※弊社 第一相談室です。

 

7月ですね。これから暑くなってゆきます。

夏風邪ひかないようにご自愛くださいね。

 

 

 【御礼】お問い合わせ 統計

 

 

早速ですが、集計の投稿、しばらくぶりになりました。

弊社に対するお問い合わせ件数について、6月度をカウントしてみました。

 

2017年6月1日~6月30日

73件

という結果になりました。

 

営業日が22日ですので、

一日あたり3,3件

のお問い合わせを頂戴したことになります。

 

ありがとうございます。

 

※弊社にご依頼になったことがない新規の方、ご依頼になったことのあるお得意様からの新規お問い合わせの合計。

※お一人で複数の手続き等をご希望の場合、1つの種類を1でカウントしています。

 

 

 

 どんなお問い合わせが多い?

 

 

どんなお問い合わせ内容が多いのか、お伝えできればと思います。

 

内容について、重複はあるものの年間500件以上になりますので、すべては書ききれません。

数として多い、主要なものになりますが、ご了承ください。

 

リンクは基本、新しいタブが開きます。(パソコンの方)

 

建設業許可を取りたい

株式会社、合同会社、一般社団法人を設立したい

シングルマザーだけど、起業したい

創業融資を受けたい

会計を任せる先を探している(会計代行)

酒類の免許を取りたい

古物営業許可を取りたい

宅建免許を取りたい

建設業の決算変更届を頼みたい

建設業で、入札に入りたい(経営事項審査など)

事業協同組合を設立したい

産廃収集運搬許可を取りたい

契約書を作ってほしい

許認可の変更手続をしてほしい

道路使用許可を取ってほしい

line_200

◆補助金申請をしてほしい

◆人を雇う、教育するための助成金を申請してほしい

◆帰化申請をしてほしい

◆外国人の在留資格の変更をしてほしい

◆相続手続きを依頼したい

◆遺言書を作りたい

◆内容証明書を作って欲しい

◆法律相談をしたい

◆税金上の相談をしたい(税務相談)

◆不動産の名義変更をしてほしい

◆不動産問題を相談したい

などなど。

 

赤い◆は、弊社が取り扱っているサービスです。※サービス一覧へリンク。

青い◆は、弊社はサービス範囲外のものです。

 

これらすべてについてご依頼になるわけではありません。

弊社のサービス範囲「外」のものもあります。

 

弊社サービス範囲「内」のものは、誠意、お話を伺い、可能なアドバイスをさせていただいた上で見積書を提示

サービス範囲「外」のものは、弊社と同じ行政書士や、他の士業のうち、誠実に対応くださる先にご紹介の手配

をいたしました。

 

弊社では、サービス範囲「外」でも、「やってませんので。」と

門前払いはしない方針です。

 

せっかく勇気を出して問い合わせをしてくださったので、ご希望のことを達成するのに最も近い専門家とおつなぎをしています。

そのために、予め、弁護士・司法書士・行政書士・社会保険労務士・税理士などのいわゆる「士業」とパートナー事務所の契約していますし、あすみあグループという法律・会計・不動産専門家ネットワークにも参画しています。

 

弊社のサービス範囲「内」のことは、誠意、お話をお聴きして費用提示等を行い、

それ以外の方は、その方にとって、最善、最適な方法、相談先へおつなぎしています。

 

最近は、最初から、「いい★★士を紹介してもらえませんか」というお問い合わせも発生してきています。

 

 

 どんな流れになる?

 

 

お問い合わせの後の流れについて、ご説明します。

 

初回無料相談をご案内したり、すぐに見積り提示可能なものについては提示したり。

前述のとおり、サービス範囲外については専門家とおつなぎしたり。

さまざまです。

 

初回無料相談は、面談または電話で応対させていただいています。

 

ご相談を経て、弊社でお手伝い可能なものは、明確な見積り資料を作成し、提示しております。

 

弊社にご依頼いただいたことのあるお得意さまについて、経営上のご相談であれば、

Asumiaお客様サポートという制度で対応させていただいています。

 

お話を伺った後、経営コンサルタントをご紹介するケースもあります。

 

ということで。

これからも、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

電話:082-569-5320(受付:月~金 8:00~18:00)

 

投稿者:崎田 和伸

sakida_prof_tokyo201703

初心忘れるべからず -経営理念を再考するとき-

2017年4月21日(金)

テーマ:お仕事に対する考え方, 経営について

3r3wqw

 

 経営理念を再考する

 

 

いま、経営理念を再考しています。

開業17年の中で、今回が3回目になります。

役員と二人、時間の取れる合間、合間となってしまっていますが、話し合っています。

 

 

経営理念って、大切なんですよね。

あなたの事業がお一人でも、たくさんの人を雇用していても。

根っこ。

日々の行動、判断に、関係してくると、わたしは思っています。

 

 

現時点の弊社の経営理念はこちらです ↓

 

rinen201401-28-2

説明ページはこちら(PCの方は新しいタブがひらきます)

 

 

約3年前。じっくりと話し合って決めたものです。

これはこれで良いのです。

 

 

でも、「ほんのすこし違ってきた」と、ここ半年くらい思っていました。

ということで、いま、理念の再考に着手しています。

 

 

 初心を忘れるべからず

 

 

経営理念は、企業活動の根っこであり、集大成です。

理念から行動が決まります。

というか、理念が行動につながるようにするのが経営者の役割なんじゃないか?と、偉そうに、最近よく思うんです。

この本を読んだ、というのも影響していると思います。(新しいタブがひらきます。アマゾンへリンク)

いい本ですよ~。

6549794615

 

 

自分でも不思議な感覚です。

昔はもっと大雑把だったのに。

んまあ、大雑把だったから、乱高下、七転八倒の経営だったのですけどね…。

 

 

話を戻して、経営理念を再考するときになって、また、つくづく思うことがあります。

それは

初心忘れるべからず」。

 

 

これほんと、大事なんですよね。

初心を忘れ、落ちていった経営者さんを何人も見てきました。※

※高い確率で。駆け出しだったらやっていたことを怠った。

 

 

それを目の当たりにできる立ち位置にいるから、余計に思うのかもしれません。

初心忘れるべからず」。

 

 

経営理念を考えるときに色濃く影響してきます。

根底に置いていないと、道を間違えてしまう。

ほんとに怖いなぁと思います。

 

 

ただ、駆け出しの頃と今とでは、ステージが違います。

イケイケドンドン型の経営理念だと、早晩行き詰まってしまう。

難しいところです。

 

 

遠くない時期に、新しい経営理念について、ご説明したいと思います。

役員とわたしとで仮に決め、職員の考えも十分に聴いて、反映させたうえで決定したいと思っています。

 

 

いつになっても、日々、勉強ですね。

 

投稿者:代表社員 行政書士 崎田 和伸

顧客のミカタであること。【お仕事に対する考え方】

2017年2月25日(土)

テーマ:お仕事に対する考え方

af9920045221

 

よく、建設業許可、古物営業許可、酒類販売免許などの、いわゆる「許認可申請」のご依頼をいただきます。

この許認可という分野の特徴は何より、「法令で定められたこと以外のグレーな部分が多い」というのが挙げられます。

許認可を下ろすかどうかの肝の基準は法令で決まっていますが、「審査上の事務的な部分、あるいは審査上の要請」といった部分では、他の法的手続に比べ、裁量権があります。

=他の手続に比べ、官公庁側からの要求、要請が来やすい。法令で必須とされる資料を揃えた場合でも。

 

わたし、こんな許認可分野について、昔から思っていることがあります。

 

それは、顧客のミカタとなること

 

許認可分野において、行政書士は3種類に分かれると思います。

 

1.官公庁とガチンコで闘う行政書士。

いつも臨戦態勢。顧客のためならどんな闘いも厭(いと)いません。官公庁との軋轢(あつれき)どんと来い!系です。

 

2.官公庁の言い分をそのまま顧客に伝える、役所のスピーカーのような行政書士。

役所から言われたことが理不尽でも、法律に抵触していそうでも、顧客にそのまま伝え、顧客を説得しようとします

 

3.官公庁と関係を築きつつ、実は闘っている行政書士。

官公庁と良い関係を築きながら、グレー部分について、法や前例に基づいて主張してゆくタイプ。

 

あなたが依頼するなら、この3人の行政書士のどれにしますか?

 

~~~

 

行政書士の使命は・・・

国民と行政との絆として、国民の生活向上と社会の繁栄進歩に貢献すること

です。

出典:日本行政書士会連合会:https://www.gyosei.or.jp/information/introduction/mission.html

 

この「国民と行政の絆」がポイントですね。

絆、と書いていますが、わたしは「国民と行政との間をつなぎ、国民に説明し、行政を牽制する」という風に理解しています。

 

中国を見てもらえると理解いただきやすいと思いますが、行政は情実化しやすいです。

情実化とはつまり、口利き、賄賂(わいろ)が横行しやすいということ。

 

日本に住んでいると、まさかと思うかもしれませんね。

わたしも中国には住んだことはありませんが、漏れ来るニュースを見るかぎり、その傾向は顕著と断言しても良いと思います。

 

天津大爆発を憶えておられますか?

あれは色んな原因の説が出ていますが、わたしはこう思っています。

危険物質を一定量以上集積してはならない場所に、経済発展と情実のために許可を出し続け、野ざらしになっても指導すらすることがない状態だった」から。

 

また、天津大爆発以外で聞くのは、「許認可権限を持つ共産党上層部は、権限と比例して財産が増えてゆく」ということ。

 

日本では考えられませんね。現時点では。

 

長くなるので強引にまとめます(^_^;)

行政書士は、行政を牽制する役目を負っていると、わたしは思っています。

 

~~~

 

話を戻します。

 

あなたが依頼するなら、この3人の行政書士のどれにしますか?

 

1,官公庁とガチンコで闘う行政書士。
2.官公庁の言い分をそのまま顧客に伝える、役所のスピーカーのような行政書士。
3.官公庁と関係を築きつつ、実は闘っている行政書士。

 

2は顧客から信頼を失う行政書士です。行政書士の使命からして、危険な存在ともいえます。

官公庁の言い分ばかりが通り、牽制の役目を果たしません。極端にいえば、官公庁窓口担当者の人格やその日の気分で許可不許可が決まってしまう。(実際には、許可申請を受理してもらうか受理されないか、です)

危険ともいえようかと思います。

 

 

では残りの1と3、どちらの行政書士に依頼しますか?

 

わたしは開業して5年くらいまで、1の「官公庁とガチンコで闘う行政書士」がいいと思っていましたし、実際、やっていました。ガチンコ勝負の姿勢の官公庁窓口担当者(いわゆる名物担当)がいる平気でいる時代でしたし。

 

でもやっていくうちに思ったんです。

ガチンコは最終的によくない、と。

最終的に顧客のためにならない、と。

その依頼については良いかもしれませんが、次のその方の依頼には支障が出ます。

 

行政書士(わたし)も、窓口担当者も、最初から勝負腰。

自然と細かい、細かい点の突き合いになり、うまくいくものもうまくいきません。

終始、重箱の隅のつつきあい(-_-;)

理論武装しているように見えて、その実は甘々(あまあま)。

子供のケンカです。

 

いろいろするうちに、開業後6年くらいから

「3.官公庁と関係を築きつつ、実は闘っている行政書士。」となりました

 

ケンカ腰ではない。でも出る時は出る。引く時は引く。

 

出る時(=主張する時)は、理論武装をし、きちんと法律の解釈をしたうえで、撃って出る。

でも相手方(官公庁側)の要請が、法律の趣旨に基づく正当なものと思われれば、引く。

 

こういったやりとりをするようになりました。

 

真っ赤な炎ではなくて、青白い炎

こういったらイメージいただきやすいでしょうか。

あ、ガスコンロの炎ですね!

 

あれから(=~開業5年くらい)12年くらい経ちました。

いま、わたし自身は実務担当ではありませんが、弊社の根底には、「3.官公庁と関係を築きつつ、実は闘っている行政書士。」が根付いていると思っています。

 

日々、関係と信頼を築きながら、それでも闘っていますよ。

 

ということで、また長くなりそうなので、強引にまとめます(^_^;)

 

顧客のミカタとなること

これを行政書士法人代表者として、胸に刻んでおります。

 

投稿者:崎田 和伸

 

sakida_prof_tokyo201703

 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
吉日(法務局受付日)
最近の吉日
2018年(平成30年)
4月
一粒万倍日:
4日(水), 5日(木),
17日(火), 26日(木)
大 安
13日(金), 18日(水)
先 勝
9日(月), 20日(金),
26日(木)
5月
一粒万倍日
11日(金),23日(水),
24日(木)
大 安
16日(水), 22日(火),
28日(月)
先 勝
8日(火), 14日(月),
24日(木), 30日(水)
6月
一粒万倍日:
4日(月), 5日(火),
6日(水), 7日(木),
19日(火)
大 安
14日(木), 20日(水)
先 勝
5日(火), 22日(金),
28日(木)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
サービス内容
 
会社設立・法人設立代行
許可の取得・変更等
資金調達サポート
経理会計サービス
契約書・規約作成代行
相続手続き、遺言書作成
 
お客様サポート制度
 
 
Asumiaならでは
 
 
会社案内
 
 
よくあるご質問
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ