行政書士法人Asumiaトップページ > ブログトップ > お仕事に対する考え方

崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

「5万円と50万円の差」

2020年11月19日(木)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事, お仕事に対する考え方

 

行政書士事務所の経営者として、不思議なことがあります。

いつもながら、ここで書くことは、語弊があるかもしれません。

それは

5万円のご依頼と50万円のご依頼の差は、実は、無い

ということ。

 

私は、ご依頼の金額に対する執念がありません。

経営者としては、欠けた能力かもしれません。
社員を抱える者としては、明らかに失格です。

でも、不思議と、差があるように思えないのです。

 

50万円のご依頼は、5万円のご依頼の10倍にあたります。

経営者としては、ご依頼いただけると、安心しますし、嬉しく思うはずです。

 

でも、ご依頼をお受けして、誠意、執務を行い、成果を出す。
その行動に何ら差はないんです。

 

これを忘れてしまうと、50万円のお仕事を、鬼の形相で獲得しようとし、5万円のお仕事を軽視するようになります。

弊社は、行政書士事務所です。
物の売り買いではない、専門サービス業です。

 

専門サービス業の難しい点は、受注することがスタートであること。

受注後のサービス提供期間が長く、成果は、厳しいものを求められます。
※もちろん、売買でも厳しいものを求められる場合も多いです。悪しからず。

 

さて、10倍の差、どこが、違うんでしょう。

しつこいですが、違いはありません。

5万円のお仕事を、しっかりと、誠意をもって行うことで、継続的なご依頼となり、結果、積み重なることになります。

 

士業は、とかく、低金額の依頼に対して、横柄になりやすいです。
私は、どうしてなのか、不思議でなりません。

価値観が多様化し、一般企業化する士業が伸びる時代です。
これからの士業の業界は、変わっていかないと、時代に取り残される気がしてなりません。

 

今日は、ご依頼金額の差について、考えてみました。

訪問させてもらいました

2019年11月20日(水)

テーマ:実務録, お仕事に対する考え方

IMG_5990

 

こんにちは。崎田です。

行政書士法人で私が担当のサービスになりますが「社長のための保健室」というものがあります。

keieisodan3

先週は、この経営相談サービスを契約済みで、普段サポートさせてもらっている法人さまに、訪問させてもらいました。

(一番うえの写真はお邪魔する途中で撮影。)

 

普段は弊社にご来社いただく形なのですが、一度または大きな節目には、お邪魔して相談対応させてもらっています。

現地でないと分からないこと、感じ取る雰囲気・・・などなど、気づきは多いです。

 

ほんと、安定して事業継続いただきたいなと思います。

真摯にまじめに事業に臨んでおられて、頭が下がります。

 

ただ世の中、厳しいかな。

いくら真摯でも、まじめでも、成果が出ない時は、出ない。

真摯さを根底に置きつつも、【成果が出てなんぼ】の世界。

 

精一杯、サポートしてゆきたいと思います。

 

投稿者:崎田 和伸

32168494

 

 

 

 

【100%公開】ご依頼アンケートシート

2019年9月2日(月)

テーマ:お仕事に対する考え方, アンケートシート

af0100027897

依頼人さまから、アンケートを返送いただきましたので、ご報告いたします。


ご依頼の終了時または節目でお渡ししているシートです。

すべての方が返送くださるわけではないので、ご依頼全体から見ると一部になりますが、ご了承ください。

良いご評価、そうでない評価、すべて公開の方針としております。

真剣勝負です(^_^;)

 

このアンケート、これからも継続してゆきたいと思います。

スキャン後に、コメントを入れさせていただいています。

 

以下、最新の2通です。

goirai2019-9180

goirai2019-5080

 

 

このほかについては、こちらをご覧ください

 

実際のインタビュー形式のもの、ご感想なども、ご用意しています。

こちらもぜひご覧ください

 

 

最後となりましたが、返送いただいた皆様、心から御礼申し上げます。

投稿者:崎田 和伸

お問い合わせ、対応させていただいています

2019年5月17日(金)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事, お仕事に対する考え方

IMG_9603

※弊社 風景です。(職員がいないときに撮影)

 

今回、「お問い合わせ」について書かせていただきたいと思います。

 

 

 どんなお問い合わせが多い?

 

どんなお問い合わせ内容が多いのか、お伝えできればと思います。

内容について、重複はあるものの年間500件以上になりますので、すべては書ききれません。

数として多い、主要なものになりますが、ご了承ください。

リンクは基本、新しいタブが開きます。(パソコンの方)

 

建設業許可を取りたい

株式会社、合同会社、一般社団法人を設立したい

創業融資を受けたい

契約書を作って欲しい、改善してほしい

会計を任せる先を探している(会計代行)

経営相談をしたい

 

建設業の決算変更届を頼みたい

建設業で、入札に入りたい(経営事項審査など)

産廃収集運搬許可を取りたい

許認可の変更手続をしてほしい

line_200

◆補助金申請をしてほしい(パートナー中小企業診断士が担当)

◆人を雇う、教育するための助成金を申請してほしい(パートナー社会保険労務士が担当)

◆帰化申請をしてほしい(パートナー行政書士が担当)

◆外国人の在留資格の変更をしてほしい(パートナー行政書士が担当)

◆相続手続きを依頼したい(パートナー司法書士または行政書士が担当)

◆遺言書を作りたい(パートナー司法書士または行政書士が担当)

◆内容証明書を作って欲しい(パートナー行政書士または弁護士が担当)

◆法律相談をしたい(パートナー弁護士または司法書士が担当)

◆税金上の相談をしたい(パートナー税理士または公認会計士が担当)

◆不動産の名義変更をしてほしい(パートナー司法書士または土地家屋調査士が担当)

◆不動産問題を相談したい(パートナー司法書士または土地家屋調査士が担当)

などなど。

 

赤い◆は、弊社が取り扱っているサービスです。※サービス一覧へリンク。

青い◆は、弊社はサービス範囲外のものです。

 

これらすべてについてご依頼になるわけではありません。

弊社のサービス範囲「外」のものもあります。

弊社サービス範囲「内」のものは、誠意、お話を伺い、可能なアドバイスをさせていただいた上で見積書を提示

サービス範囲「外」のものは、弊社と同じ行政書士や、他の士業のうち、誠実に対応くださる先にご紹介の手配

をいたしました。

 

弊社では、サービス範囲「外」でも、「やってませんので。」と

門前払いはしない方針です。

弊社のようなところに問い合わせするって、勇気いりますよね。

せっかく勇気を出して問い合わせをしてくださったので、ご希望のことを達成するのに最も近い専門家とおつなぎをしています。

 

そのために、予め、弁護士・司法書士・行政書士・社会保険労務士・税理士などのいわゆる「士業」とパートナー事務所の契約していますし、あすみあグループという法律・会計・不動産専門家ネットワークにも参画しています。

 

弊社のサービス範囲「内」のことは、誠意、お話をお聴きして費用提示等を行い、

それ以外の方は、その方にとって、最善、最適な方法、相談先へおつなぎしています。

 

 どんな流れになる?

 

お問い合わせのの流れについて、ご説明します。

 

初回無料相談をご案内したり、すぐに見積り提示可能なものについては提示したり。

前述のとおり、サービス範囲外については専門家とおつなぎしたり。

さまざまです。

 

初回無料相談は、面談または電話で応対させていただいています。

ご相談を経て、弊社でお手伝い可能なものは、明確な見積り資料を作成し、提示しております。

 

 

ということで、これからも、お気軽にお問い合わせくださいね。

電話:082-569-5320(受付:月~金 9:00~12:00,13:00~18:00)

フォームからはこちら

 

お問い合わせなしですぐに依頼もできます。(会社・法人設立など)

すぐに依頼されたい方はこちら

 

【好評】創業融資申請サポート

2019年2月21日(木)

テーマ:お仕事に対する考え方, 起業、会社設立TIPS

o0612052113417967219

4年~5年前からとなりますが、

日本政策金融公庫(以下「公庫」)との連携を続けています

 

連携に基づく創業融資サポートサービスについて、いままで多くの創業、起業する方からご依頼いただいてきました。

 

公庫とは、政府系の金融機関ですね。
創業、起業する人向けの融資機関です。

公庫ホームページはこちら ↓
https://www.jfc.go.jp/

融資申し込みをしたい方で、そのサポートを弊社に依頼になった方については、

公庫審査官が弊社会議室に来てくれています



そして、

弊社会議室にて依頼人さま(=融資申し込みする方)、公庫審査官との間で面接を行っていただいています

もちろん、弊社職員も同席いたします

イラストでは、こんな感じになりますかね。

o0800067013417968856

~~~


弊社の創業融資のサポートの内容は次のとおりです。

 

◆事業計画書の作成

◆収支計画書の作成

◆融資面接手配

◆融資面接アドバイス(必要に応じて)

◆融資面接への同席(弊社会議室での面接)


専門サイトがあります。ぜひこちらもご覧ください。
→ 広島創業融資サポートセンター (新しいタブ)


~~~

 

一般的に、公庫に融資を申し込むときの順番はこんな感じかと思います ↓

1.公庫の融資窓口に相談に行く
2.事業計画、収支計画などを作る
3.必要書類を揃える
4.公庫へ面接に行く
5.融資の採否が出る

ホームページを見て、初めて連絡して、ご本人一人で申し込む場合、ですね。

1~5までの特徴としてはこんなものがあります。

公庫にとって、あなたは一見(いちげん)さん」。

初めて会う相手に、多額の融資をするんです。

ふつう、警戒しますよね。

つまり、融資を検討する対象であると同時に、
あなたは「ほとんど情報のない、警戒する対象」でもあるのです。
※あくまでも面接審査官の印象という話ですよ。

~~~

弊社に依頼をいただいた場合はこんな感じになります。

1.弊社経由で、公庫の営業統括部署又は公庫担当者に連絡

2.統括部署から公庫融資担当に引き継がれる
3.事業計画、収支計画などを作る(弊社)
3.必要書類の収集(見積書など)
4.弊社会議室で、面接(弊社が同席します)
5.融資の採否が出る


弊社経由では、形式上、申し込み先が違いますので・・・
公庫にとって、あなたは一見さんではない」。

この印象に近いものになると思います。

あなたは一見さんではなく、
公庫はあなたに対する警戒レベルが下がる」。

そして
公庫にとって、あなたはどうしたら融資できるか検討するべき対象になりやすい」。

 

あくまでも、担当者個人、審査経路の心情としては、ですよ。

公庫本体は、飛び込みの融資申込みを受付けていますし、審査もしています。

 

~~~


創業、起業する人に、必要な資金をお届けしたい

弊社は強く願っています。

資金があるだけで、事業活動の円滑さは、天と地の差が出ます。収支が安定するまでの期間も短くなります。


ごちゃごちゃ説明しましたが、弊社に依頼いただくことは、一言でいえば、
あなたが公庫から見て、「一見さんではなくなる」

この一点だけでも、関与させてもらう価値があるのではないか、と思っています。

 

なんか営業チックになってしまいますが、もちろんそれもありますが、そうではないんです。

ん~、報酬はいただくのでサービスの1つではあるのですが、どうもね、納得いかんのです。

飛び込み(一見さん)で公庫に申し込んで融資が成立しないケースをなくしたい。

ほんと、創業時の資金は大切なんです。

 

自分自身、約20年、経営していますが、骨身にしみて感じます。

この創業融資サポートサービスは、

なんとかならんかいな

と思って始めた経緯があります。

いまでも、なんとかしたいという想いは変わらない。



融資の確率が上がるかどうかは、職業倫理上、申し上げることはできません。
変わらないかもしれない。多少、確率があがるかもしれない。
それはやってみなきゃ分かりません。

ただ、依頼人さまからよく言われるのが「安心感」
自分に置き換えて考えてみても、見知った場所で、見知った人が同席してくれるって、安心できるかな、って。

~~~

ご依頼いただくのは、
「建設業」「介護事業」の方が多いです。

社会問題解決型起業(=ソーシャルビジネス)の方も増えています。もちろん、他の業種の方もおられます。

会社設立、法人設立代行と一緒にご依頼いただくことが多いですね。

というか、ここまで書いて心苦しいのですが、

創業融資サポートが依頼できるのは、会社設立、法人設立代行を依頼いただいた方だけとしています。



これからも、
10年後もその先も、生き残り、安定・事業継続いただくためのお手伝い
、続けてゆきたいと思います。


投稿者 代表社員 崎田 和伸でした。
 
 
 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
サービス内容
 
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
会社案内
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ