崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

なんとなく腑に落ちていること3つ

2017年3月3日(金)

テーマ:経営について

HJ171_L

 

17年間、代表者として経営をしてきました。

起業1年生よりは経験を積んでいますが、多くの偉大な経営者に比べれば、まだまだひよっこです。

個人事業で始め、法人化し、今に至っています。

 

最近、「あ~そうだね~、その通りだね~」と腑に落ちていることがあります。

本からではない、自分自身の経験から学んだことです。

でも後で本を読むと書いてあったりして、悔しい想いをしている今日このごろ(^_^;)

 

3つほど、ご紹介させてください。

他にもありますがとりあえずキリのいい3つということで(^_^;)

 

 融資は利益の前借りである

 

普段、行政書士法人として、いろいろさせてもらっている中で、

日本政策金融公庫に対する融資申請サポートをさせてもらっています。

(パソコンの方は新しいタブが開きます)

 

これは、自身の経験上、そしてその融資申請サポートの中でも想うことです。

 

すなわち・・・

融資を受けるということは、利益を前借りしているということ

 

考えてみれば当たり前のことです。

融資を受けたお金は、利益を出して、そこから返済してゆきます。

 

赤字の会社でも融資を返済することはできます。

黒字でも赤字でも、お金があれば会社の口座から落ちてゆきますので。

 

でも、黒字の会社でない限り(または経営者や他からお金を会社に入れない限り)、お金は減ってゆきます。

黒字を出して、初めて真の返済となる

 

これ実は、経営者本人は、なかなか気付かない。

少なくとも、わたしはそうでした。

いろんな失敗のもとになりました。

 

 会社を大きくする!を目的にしたら、だいたい失敗する

 

これも、まさにわたしが失敗したことですね。

2008年から2013年あたりまで、約5年間、目指し、挫折しました。

 

最後には資金難が続き、倒産を覚悟しました。というか、ほぼ倒産状態でした。

いろんな人のちからで、何とか生き長らえさせてもらいました。

 

目的を「会社を大きくする!」にしたら、失敗する確率はすごく上がる

と思います。だいたい失敗する、としても過言ではありません。

 

経営学の神様と呼ばれるピーター・ドラッカーという人が言っています。

企業の目的は顧客の創造である、と。

 

目指すべきものは、「規模」でも「利益」でもないということですね。

目指すべきものは、「顧客の創造」である。

 

規模や利益は、顧客を創造してゆく中で「結果的に生じてくる現象にすぎない」

 

深いですね~。

 

これを見間違うと、目的を見失います。

事業の目的って大切で、肝の中の肝、という感じです。

 

わたしの場合、見失い、目的が利益ならまだしも、目的が規模になってしまったわけです。

当時のスタッフには、ほんとうに迷惑をかけたと反省しています。

もっともっと、優れた経営者であるべきでした。

 

 経営者は「考えるべきことを考えるべき時期に考えなければならない」

 

経営者は、考えるべきことを、考えるべき時期に、考えなければならない。

 

これ、例えば、ということで、「採用」の面から例示させてもらいます。

 

労働集約型のビジネスを例にします。わたしこれやっているので腑に落ちます(^_^;)

参考:労働集約型産業とは? (パソコンの方は新しいタブが開きます)

 

昨日、ふと思い、Facebookに投稿させてもらったものです。

↓ ↓

 

労働集約型ビジネスで、事業年度の半分を終えたとします。=事業主の場合は6月末。


あと半期(=下半期分)の売上について、300~400万を見込めた時点で、数ヶ月内で雇用(時間給スタッフ)することが前提での求人を始めないと、高い確率で一人ブラック化します。※年間売上600~800万。


そして、雇用の時期を逸してしまうと面接や教育する余裕がない状態なので、短い求人期間と不十分な教育によって、雇用しても離職率が高い状態が続くと思います。

 

つまり、「人はいるのに一人ブラック」な状態が続くことになります。そして抜けられない。
抜けるどころか、スタッフの管理業務も重なって、ドツボにハマってゆきます。

 

代表の担当業務はブラックボックス化し続け、従業員の生産性は下がり続けます。
このドツボから抜け出すために5年はかかります。

 

↑ ↑

 

これは、あることを暗示していると思います。

つまり、「考えるべきことを、考えるべき時期に、考えなければならない」ということ。

 

半期で300万~400万の売上となった時点で、採用活動に動くべき、とわたしは思うのですが、実は、その前にやっておかないといけないのが、「考えること」。

 

何を考えるのかというと、「職人でゆくか、組織でゆくかを決める」というものです。

 

起業する人は、2つの選択肢があると思います。

つまり、「一人でやってゆく」か「スタッフと一緒にやってゆくか」

 

どちらも正しい。客観的には適しているかそうでないかの見解の相違はありますが、基本、正解はありません。

ご自身がどうしたいか?です。

わたしは「スタッフと一緒にやってゆく」を選びましたが、そうでない姿もあったかもしれません。

 

必要なのは、雇用するべきときに雇用する。

でももっと必要なのは、雇用の準備を始める前に、雇用し続けるのか一人で職人としてやってゆくのかを決める必要があるということ。

 

つまり、それを決めるために「考えるべきことを、考えるべき時期に、考えなければならない」というものです。考える時間は、数時間ではないはずです。少なくとも数ヶ月は必要だと思います。

 

経営は、結構、前倒しですね(^_^;)

目の前に起きた現象は、数ヶ月、数年前のこと※に起因しています。

※やったこと、やらなかったこと。

 

雇用するべきときに雇用し、結果的に「なんとなくの流れ」でうまくゆく人がいますが、それは一つの才能だとわたしは思います。流れでゆくと、いつか行き止まりに行き着く、とわたしは思います。

 

最も生き残りやすい人は、

考えるべきことを考えるべき適切な時期に、しっかり考えて、選択した人

だと思います。

 

わたしは、これらのすべてにおいて、できませんでした。

考えるべきことを考えず、適切な時期を逸し、浅い考えの中で、決めるに決められず、やってしまった。

 

考えるべきものを列挙する、時期を察するために、先人たちの智慧の集大成である「本」を読む必要がありましたが、それもやりませんでした。

 

自らの経験と思考のみに頼り、歴史を省みることがなかった。

だから失敗が多かったと思っています。

 

 なんとなく腑に落ちていること3つ

 

なんとなく腑に落ちていること3つ。

いかがでしたか?

 

1.融資は利益の前借りである

2.会社を大きくする!を目的にしたら、だいたい失敗する

3.経営者は「考えるべきことを考えるべき時期に考えなければならない」

 

わたしが事業体を運営する中で、経験し、腑に落ちている3つ、でした。

 

わたしなんぞが言うのは僭越ですが、

あなたには、わたしと同じ轍を踏まないで、回り道しないで、最短距離で「成幸」していただきたいです。

 

功を成す成功ではなくて、幸を成す成幸です(^_^;)

 

最後に)

偉そうなことを書いていますが、わたしが今やっていることが果たして正解かどうかは分かりません。

正解であれば5年後、10年後、生き残っているのでしょう。

起業って、試験と違って、正解がないところを正解にすることなのかもしれません。

 

投稿者:崎田 和伸

わたしが最近、日本人で「この人すごい!」と思っている三人について。

2017年1月24日(火)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事, 経営について

HJ155_L

 

この人すごい!

時折、そんな人に出会います。

出会うと言っても直接ではなくて、わたしの場合、動画を観るという機会であることが多い。

今回、三人中二人は、動画を観てから、です。

 

 

◆一人目

 

小泉進次郎さん。

衆議院議員ですね。

今までニュースや新聞では見させてもらっていました。すごそうな人だなぁとは思っていました。

 

先日、この動画を観ました。

小泉進次郎氏が語る「ビジョンを伝える言葉の力」とは?~TPPの今後の見通しについて(PCの方は新しいタブが開きます)

約30分です。

 

お時間ありましたらぜひ観てみてください。

すごいです。スピーチ完璧。

技術的なことはもちろんですが、それだけじゃない。

 

中で、

自分の話している言葉に、体温と体重を乗せる

という言葉がありました。

 

まさにその通り。話している言葉に体温があり、体重がある

その生き様もすべて乗せたスピーチができる。

 

動画の中で出てきますが、この人が選挙に出たのが2009年。自民→民主(当時)への政権交代の年ですね。

「自民党 嫌い」「世襲議員 大嫌い」の渦の中で初選挙に臨んだ人です。

 

逆境から出発した人は強い!

たぶんこの人、何があってもメゲないです。

 

◆二人目

 

武井壮さん。

タレントさんですね。

この動画を観ました。

 

【武井壮の「大人の育て方」がマジ凄い!】オトナの学校 完全版(PCの方は新しいタブが開きます)

約30分ですが、お時間許す方はぜひ。

 

この人、タレントですが、タレントにとどまる人ではないと思います。

生き様が普通ではありません。

その生き様から導き出される「理論」は、すばらしいものがあります。

 

生活も普通じゃない。

睡眠時間は、一日平均45分。

典型的なショートスリーパーです。

ショートスリーパーとは、短い睡眠時間で健康を保っていられる人間のことであり、短眠者(たんみんしゃ)ともいいます。

 

 

その「才能」を最大限活かしながら、一日に普通の人間の何倍も成長している人です。

 

この人はタレントではないと思います。

講演内容は、「大人の育て方」。

子供にスポーツをさせる大人に向けての強烈なアンチテーゼを提示しています。

 

スポーツだけじゃない、ビジネスにも共通して使える考え方も話しておられ、勉強になります。

 

【武井壮の「大人の育て方」がマジ凄い!】オトナの学校 完全版(PCの方は新しいタブが開きます)

一見の価値ありだと思います。

 

武井さんには、タレント活動ではなくて、

自分の我流の理論を深めて「学問」に昇華させてもらいたいなぁと期待しています。

かなりとんがった学問になるかもしれませんが、それだけにその成果は大きいのではないかと思います。

 

◆三人目

 

手前味噌で、かつ一人ではなくて心苦しいですのですが、弊社の役職員です。

(読み飛ばしてもらって構いません^^;)

 

彼らは何がすごいって、「一生懸命、働く」のです。

与えられ、または自ら導き出した責務に対して、真摯に向き合い、完遂

しています。

 

わたしは思います。

「自分なら、できるだろうか?」と。

結論としては、「できない」と思います。

 

役員の行政書士もすごいんです。

社内の実務全体を取りまとめ、円滑化、効率化するという仕事をしてくれています。

いわゆる「マネジメント」です。

 

これもわたしには、できません。

だから、17年前の開業~5年ほど前まで、苦戦したのだと思っています。

苦戦期12年間(=17年-5年)!

安定期より苦戦期のほうが圧倒的に長い・・・。

 

じゃ、あんたは何ができるの?

 

それは聞かないでください…m(__)m

 

投稿者:崎田 和伸

最近、実績ゼロからあるサービスを始めて、西日本一位になったので書いてみます。

2016年12月24日(土)

テーマ:経営について, 起業、会社設立TIPS

jz027_72a

 

ふと思い立ち、書きます。

最近、実績ゼロから、あるサービスを始めてみて西日本一位になったので書いてみます。

 

自慢ではありません。自慢できるほどの実績は挙げていません。

数値的にはまだまだ。

 

このブログは、起業する人、起業して頑張る人が読んでくださっています。

そんなあなたのヒントになるかも、と思ったので書かせていただきます。

 

~~~

 

2015年2月から、あるサービスを始めました。ゼロからです。

ほんと最近です。

 

始めたサービスは、

創業融資申請サポートサービス」。※専門サイトが開きます。

創業融資の中でも「日本政策金融公庫への融資申請」に特化したサービスです。

 

先日、日本政策金融公庫(以下「公庫」と書きますね)の担当者から言われました。

Asumiaさんは、西日本の行政書士事務所の中で、融資決定件数、金額ともに、一位になってますよ。」と。

融資申請サポートのうち、行政書士事務所が主に関与しているものについてです。

西日本とは、兵庫から西です。

 

嬉しかったですね。とても。

一位になったことは嬉しいですが、それよりも・・・

弊社が関与することで、もしかしたら難しかった方でも、資金をもたらすことができた

ということが嬉しい。

 

ご依頼は、創業期や、創業後10年未満の方がほとんどです。

この頃は、ほんと、ほんと、資金って、必要。重要。

それがテコになることもあるし、命の糧になることもある。

 

~~~

 

今回は、嬉しいのを書きたいわけじゃなくて、

書きたいのは、

創業融資申請サポートは、一位になると思ってやったことではなかった

ということ。

 

つまり、こんなになるとは思っていなかった、ということです。

ある日いわれて、「え?」と驚きました。

 

今回は、完全に水平展開です。

抱き合わせ販売、とも言えるかもしれませんが、わたしの中では完全に、水平展開です。

 

今回、このことについて書きたいのです。

 

~~~

 

弊社では、会社・法人設立代行をよくさせてもらっています。※専門サイトが開きます。

その中で、資金をどう調達するのか、皆さん、悩んでおられました。

起業、創業、開業するにあたって、必要なものは、資金ですよね。

 

ずっと弊社で対応できればと思っていましたが、体制やノウハウの面で、どうしても実現ができませんでした。

でもある時、いろんなきっかけもあって、やろう!と決め、始めました。それが2015年2月でした。

 

水平展開とは、「今持っている知識や技術、ノウハウなどの資産を、今までとは違う場所で活用すること」だそうです。

出典:http://yousuke3.com/959.html

 

弊社では、起業というカテゴリについて、16年か17年、いろんなサポートをしてまいりました。

結果的には、その中で得た知識やノウハウを、創業融資申請サポート、という場所で活用できたのだと思います。

 

正確に言うと、弊社の中の自分たちでは知識やノウハウだと思っていなかったことが、意外にも活用できた、という形です。

普段やっている、許認可、会社設立、会計代行といったサービスの「感覚」が流用できた、と言い換えることもできるかなと思います。

 

自分たちでは知識・ノウハウと思ってもいなかったことが意外にも活用できた。

これ、面白くありませんか?

 

思ってもいないことが活用できる。

あなたには、ありませんか?

 

~~~

 

自分で言うのは変とは分かっているのですが、書きますね。

 

わたしは経営というものに、かなりストイックに向き合っていて、結構、命がけです。

人生そのものと言ってもいいくらい。

寝ても覚めても、大なり小なり、経営のことを考えています。

 

そんなやつでも、気づかなかった

 ↑ ↑ ↑

 ここ大事。

 

一生懸命やっているつもりで、意外と盲点になっているところがある。

これ、小さい所帯ですが、経営者を16年なり17年やって、初めてのことなんです。

 

見つかっても、踏み出すことが可能なことと、しないほうが良いことがあります。

特に雇用しながら事業をしている方は、標準化可能か?が大きなポイントになると思います。

 

もし、「これ・・・いけるかも」と思ったとして、それが実現可能なことであれば、やってみることをお勧めします。

 

知らずしらずのうちに積み重なっている知識やノウハウをもとに水平展開できる分野は無いか?

それは、標準化しながら実現が可能なのか?

 

この思考は、少なくともわたしにとっては、無いものでした。

経営というのは、ほんと奥が深いです。

 

開業セミナー等では、開業前、間際の方はよく、「自分の生き様を棚卸ししなさい、特徴を◯◯個書き出してみなさい」と言われます。

そこから強みが見つかる。

 

開業してしばらく経ってからも、棚卸しして、特徴を書き出してみるのは有効かも?

と感じる今日このごろです。わたしは、やってみようと思います。

 

創業融資申請、これからもどんどんお手伝いしてまいりますよ^_^

 

では長くなりましたが、今回は失礼します。

 

投稿者:崎田 和伸

【講演】『コネなし、金なし、経験なし。フリーター出身行政書士の事務所運営』@大阪梅田

2016年12月5日(月)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事, 経営について

img_1781

 

大阪の梅田にある資格学校 伊藤塾さんから依頼をいただき、講演して参りました。

ホームページはこちら → 真の法律家・行政官を育成する「伊藤塾」(新しいタブ)

 

タイトルは、

コネなし、金なし、経験なし。フリーター出身行政書士の事務所運営』です。

 

会場は超満員。上の写真は、講師に向かって右半分です。

左半分も人がいますので、かなりの人数でした。

 

伊藤塾の方が驚いておられましたので異例の参加者数だったのだと思います。

用意したレジュメが足りず、開始時間がずれ込んだくらいです。

来て下さった方には、心から、お礼申し上げます

 

来場者の割合は、資格を目指している・興味のある人が4分の3、有資格4分の1でした。

 

~~~

 

内容は次のとおりです。

1.行政書士業の客観的な位置

 ・行政書士業界の実態

2.軌跡

 ・プロフィール、沿革
 ・グループ展開について

3.行政書士事務所の四分類と業界の今後

4.とある行政書士が、ある地方で最大規模の事務所を
  運営するようになったワケ

5,質疑応答

 

後日、動画でも配信されるそうです。

http://bb.itojuku.net/iclass/open/202.jsp?p_dclsid=00005632&p_categoryid=00037767

(このブログ投稿時点ではアップされていません)

 

~~~

 

講演のご依頼は、自分自身の棚卸しになって、とても有意義ですね。

資料をまとめているときや、講演中、質疑応答中、通じて、自分自身、そして当社の客観的な位置が見えてくるというか。

これからの歩き方が見えてくる、というか。

今回もそうでした。

 

講演終了後の質疑応答では、ご質問をたくさんたくさんいただいて、すべてのお答えができなかったことが残念です。

 

アンケートを主催者さんから頂戴したのですが、嬉しいメッセージがたくさんあって、モチベーションアップにも繋がりました。

ありがとうございました。

 

~~~

 

大阪には、講演の前日入りし、士業法人さんに情報交換のため、訪問させてもらいました。

出張の折は、できるかぎり、訪問させてもらいたいと思って、飛び込んでおります^_^

※事前にアポイントはいただきますよ^^;

 

今回も、士業法人の代表者の先生といろんな話ができました。

とても勉強になりました。

やはり、ネットと実際会うのとでは全く違いますね。

やはり、すごい。

 

梅田駅前で撮影した風景。梅田はとても都会です。驚きました。人もごった返しています。

 

img_1750

 

ということで、講演などのご報告、でした。

伊藤塾の皆様には、とてもお世話になりました。この場を借りて、御礼申し上げます。

 

投稿者:崎田 和伸

やりたいことをした後に、本当の経営が待っているのではないか?

2016年11月21日(月)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事, 経営について

gf1420418632

 

ここ数年、想うことがあります。

やりたいことをした後に、本当の経営が待っているのではないか?と。

 

日本では、「自営業を営む起業家」の数と「会社役員などに就いている起業家」の数をあわせると、約514万人です。

人口10,000人あたり404人、全人口の4%が広義の起業家ということになります。(出典:創業手帳ウェブページから)

 

わたしのブログは、この「4%」の方、「4%になりたい方」がご覧になることが多いので、これらの方々に向けて、少し書きたいと思います。

20年に満たない経営者人生ではありますが、それでもどなたかの参考になれば嬉しいです。

わたしと同じ「創業起業」、そして、弊社と同じ「中小零細企業」、を対象とした投稿です。

 

~~~

 

雇用されながら、「したいことをする」という恵まれた環境にいる方はおられるでしょうが、多くの方はそうではありません。

したいこと、以前に、生活の糧のため、仕方なく雇用という形をとっている方も多いでしょう。

 

そんな中、独立起業した時、あることが待っています。

それは、「やりたいことを、許される限り、することができる状態」。

したいことばかりやっていては生活が成り立ちません。「許される限り」とはそういう意味です。

当然ではありますが、法律に反することもできませんね。

 

いままで色んな制約があって、したいことができなかった。

でも、独立起業した途端、その制約はなくなります。

 

見渡す限りの原野。

どこを開墾するか?から自分で決める。

許される限り、何でもできる。

その結果はすべて自分に跳ね返ってくるという現実と裏返しで、なんでもできる。

 

今まで、雇用されてきた人生と比べて全く違う、全く新しい景色が目の前に拡がります。

 

~~~

 

そして、数年間、長い人は10年間。

したいことを、許される限り、することになります。

 

それは楽しいものです。

自分がどうするかで、全てが変わる。

そのダイレクト、ダイナミック感は、雇用されて働いていた頃とは全く違います。

一種の麻薬にも似たものであり、ものすごく働きます。

 

よく、経営者一人がものすごく働く状態を「独りブラック」と呼ばれますが、その状態。

一種の「ハイ」な状態です。社員がいてもいなくてもよく働きます。

 

会社や事務所に、意味もなくても、ネットサーフィンだけでも、居たくなる

よく分からないが、楽しくて仕方ない。

そんな状態です。

 

~~~

 

でも、それはいつか終わる

 

現実に押しつぶされるのが多いと思います。ちなみに、わたしはそうでした。

やりたいことを推し進めることの限界値は、必ず存在します

 

独りブラックで何とかなる状態を超えてしまう

何らかの破綻が生じます。

お金、家族、身体、友人・・・破綻の姿は数え切れないでしょう。

 

そして、「ハイ」な状態は終わり、「ノーマル」な状態に移行する。

 

すべての方がそうだとは言いません。

中には、「ハイ」な状態そのものが「ノーマル化」して、現実問題も解決させながら、維持、発展してゆく方もいます。

いわゆる成長し続けるベンチャー企業の経営者がこのタイプなのかもしれません。足踏みすることはあっても、したいことをし続ける人たち。

 

ただこのタイプは稀であると言ってよいと思います。

大部分の方は、限界値で、止まる。

その限界値は人それぞれだと思います。

 

~~~

 

「ハイ」な状態は終わり、「ノーマル」な状態に移行する。

わたしは、経営者としての人生は、そこからが勝負だと思うんです。

 

したいことをして、限界値を知った。

自分の限界値を知った。

限界値を超えたらどうなるか、何となく、分かってきた。

 

さて、これからどうするか?

どこに向かってゆくか?

 

  • その疑問が脳裏にふつふつと湧いてきて、足踏みする。
  • 深く考える。
  • 自分は、会社はどこへ向かうべきなのか?と、思い悩む。

 

実は、わたしも以上で書いた経路を辿っておりまして・・・。

 

  • ハイの状態で破綻・限界値を知る。
  • ノーマルの状態で悩む、決める。
  • という流れを辿ってきています。
  • 悩む時期は、自分自身、かなりの低迷期でした。

 

そしていま。

わたし、たぶん、

「決めた!」といったステージです。

 

~~~

 

でもおかしいのです。

ハイではなくノーマルの状態で、

自分自身が悩んだ時期が、

始まって以来(個人事業から)最高の経常利益

 

自分自身が「悩み、足踏みしている」と思っている時期が、経営的には合格点に達している。

 

もしかして、わしは何もせんほうがええん?(広島弁)

 

ただ動くことは動きました。

冷静に、地味に動きました。

経営上の失敗もありました。一つじゃありません。

 

その結果、過去最高の経常利益

 

しつこいですが、書きます。

もしかして、わしは何もせんほうがええん?(広島弁)

 

~~~

 

経営は奥深い。

本当に奥深い。

だからこそ、面白い。

 

もしかすると、起業・経営って、

やんちゃな時期を終えて、ひと波乱あった後でないと安定へ向かってゆかないのではないか?

そう思ってしまう、今日このごろです。

 

それじゃあ、「やんちゃな時期(=ハイな時期)を少しでも短くすればいいじゃん」

という対策は見えてくるのですが、やんちゃな時期がなければ、安定も来ないと感じます。

これは論理的ではありません。感覚的です。

 

経営的なセンスがある人って、人を掌握する能力がある方が多いのですが、もしかすると、

この「やんちゃな時期を早期に終えることができる人」のことを指すのではないだろうか

 

こう思ったり、します。

 

~~~

 

これからどうしてゆくのか、頭の中でははっきりしています。

そのために動いてゆくのみ。

これからも、冷静に、地味に。

 

これから、成幸するのか、失敗するのかは分かりません。

ただ、これからも経営者として、働いてゆきたいと思います。

 

最後は意思表明に終わってしまう、変な閉じ方ですが、ご容赦ください。

今回は、いつもに増して、つらつらと書いてしまいましたね・・・。

そんな内容ですのに、最後まで読んでくださったあなたに、心からの感謝を捧げます。

 

では、失礼します。

 

投稿者:崎田 和伸

 

img_1508

 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
吉日(法務局受付日)
最近の吉日
2019年(平成31年)
3月
一粒万倍日:
5日(火), 6日(水),
13日(水), 18日(月),
25日(月)
大 安
5日(火), 22日(金),
28日(木)
先 勝
1日(金), 12日(火),
18日(月)
4月
一粒万倍日:
9日(火), 12日(金),
24日(水)
天赦日
11日(木)
大 安
3日(水), 19日(金),
25日(木)
先 勝
9日(火), 15日(月)
5月
一粒万倍日:
7日(火), 30日(木),
31日(金)
大 安
30日(木)
先 勝
14日(火), 20日(月)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
サービス内容
 
会社設立・法人設立代行
許可の取得・変更等
資金調達サポート
経理会計サービス
契約書・規約作成代行
相続手続き、遺言書作成
 
お客様サポート制度
 
 
Asumiaならでは
 
 
会社案内
 
 
よくあるご質問
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ