行政書士法人Asumiaブログ

広島県の会社、個人事業主さまを中心に
お手伝いしています。
日々の徒然や法令情報など投稿しております。

解体工事業(みなし)6/30まで延長の予定

2021年3月11日(木)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事, 実務録, 許認可TIPS

 

解体工事業をする方に大事な法改正が発生しそうです。

こちらのパブリックコメントです。

PDF:https://public-comment.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000215653

~~~

3/31までとなっていた解体工事のみなし専技の規定が6/30までに変更されるようです。

3月中に公布・施行予定。他にも数点。

↓ ↓
(3)建設業法施行規則の一部を改正する省令(平成27年国土交通省令第83号)の一部改正
新型コロナウイルス感染症の拡大による講習機会の減少等を受け、以下の措置を講じる。
・とび・土工工事業の技術者資格を有する者を解体工事業の技術者資格を有する者とみなす期間の期限を令和3年3月31日までとしているところ、

当該期限を令和3年6月30日まで延長する

↑ ↑

H28.6にとび・土工工事から解体工事業が分離しました。

ただ、制度の都合で許可業種が変わるということなので、経過措置として「とび・土工工事のための専技資格で解体工事の許可維持もOKだよ」と言っていた期限が今月(3月)末日でした。

言い換えると、とび・土工工事業の専任技術者として認められる資格で解体工事を維持していた会社は、解体工事業の専任技術者資格として「みなし」て、3月末まで、解体工事業許可を維持できますよ、ということですね。

これを過ぎて解体工事を維持できる資格(または経験)を保有していないと「解体工事業の許可は取消」になっていたところ、

コロナ禍だから、期限を令和3年6月30日まで延長するよ、というものです。

~~~

専任技術者として認められる資格についてはこちらをご覧ください。

広島県 建設業許可手引

106~111ページが該当します。

https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/93/kyokatebiki.html

 

投稿者:崎田 和伸

 

ページトップへ