崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

テレビ・新聞なしの男にとっての新型コロナ

2020年11月29日(日)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事

 

唐突ですが…私はテレビを観ません。以前、廃棄し、NHKも解約しました。

新聞も読みません。

ニュースは、大きいものだけネットでチェック。

気になるニュースについてはできるだけ、一次情報(公式発表資料や統計)を見てから判断するようにしています。

 

2020年初頭から流行中の新型コロナウィルス(COVID-19)

テレビ、新聞でどれくらい報道されているのか分かりませんが、時折チェックするネットのニュース欄での出現数から推測すると、そこでも一定程度、報道されているのだと思います。

 

 

まず前提として。

私の場合、小さいながらも事業体の長をやっていますので、気をつけます。

役職員の健康、顧客を含めての健康と感染拡大防止のためです。

 

そんな私ですが、時折、テレビが目に触れる瞬間がありまして、そんな時、すごく違和感があります。

おそらくこれはテレビ、新聞に接していないからこその感覚かな、と思います。

 

違和感とは、真実「のみ」を言っているようには思えない点です。

視聴率、購読率といった数字をとるために新型コロナウィルスをネタにしているように私の眼には映ります。

「わ!あおってる…」と感じます。

普段、触れていないので、その強さ、というか、強烈さに敏感になっているのかもしれません。

いい表現が思い当たらないのですが、しいて言うなら

真実+A+B+C=わけわからない何か

という式が成り立つでしょうか…(^_^;)

 

 

メディアはそのほとんどが営利事業であるため、その目的として「利益を生み出す」ことが必要となります。

真実のうち、一定の範囲を切り取り、誇張し、抑揚をつけて放送するケースが多いですよね。

 

人間の感情のうち、視聴数・購読数が稼げるのは、「恐れ」と「義憤」(社会的正義)だと聞いたことがあります。

新型コロナウィルスに関しては「恐れ」ですね。対策していない人を指しての「義憤」もありますか。

 

またやっかいなのが、

放送局の持つイデオロギーをニュースに加えて、伝える点です。

真実は伝えているのでしょうが、プラスアルファして色んなものがくっついてくる…

 

 

先日、外出先でテレビがついていたので目に飛び込んできたのですが、こんな場面に出くわしました。

アナウンサーが「月曜日としては過去最大の感染者数です!」と言っていました。

 

それを観て、私はとっさに「ん?なんで月曜日に焦点を当てて言わないといけないの?」と感じました。

週の始めだから?

本当のところは、感染者拡大している!だけを言ってはもう刺激がないので、違う側面から言わざるをえないのかな?と感じました。

違う切り口?

 

そこまでして報道しないといけないネタかなぁ……。(あえてネタと書きますが)

私の中では疑問符がつきます。

とりあえずこのネタやっとけば何とかなる、という風潮が、番組を作る現場ではあるのかな。

この例はテレビでしたが、新聞も似ているのかもしれませんね。

※本当にきちんと報道しようとしている人たちがいるのはわかります。ここで言っているのは、メディアの過半数または大多数についてです。

 

 

別に、それをどうしろこうしろ、とは思いません。それこそ「義憤」につながることですし、正直、興味はありません。

ただ、今回、テレビ・新聞に触れない、一人の男として、「わ!あおってる…」と感じる、ということ。

そして、その結果として人生が狂う人たちがいる、ということ。

 

感染者数は一次資料である公式資料や統計資料をみます。時折。

適当な統計がない時は、グラフでわかりやすくなっているサイトとか。

充実しているサイトが結構ありますね。

 

みる中では、

感染者数について「あ、増えてきたな~」と思いますが、同時に「あ、PCR検査の実施数増えてきたな~」ということも思います。

PCR検査を民間検査会社がすごい勢いで始めてて、検査の大部分が民間検査会社によるものであることもわかります。

また60代で死亡した例は少ないな…とか、50代で死亡した人はゼロに近いんじゃないか…とか。

(グラフでは少し存在はするみたいです、いま見たら)

 

10代にいたっては死亡者ゼロです。

20代では累計感染者数 約34,000人で死亡したのは2人。

これらはこの投稿日時点の数字です。

海外との死亡率のすごい乖離についても、自然と目が行きますね。

 

 

感染拡大したら大変なことになるじゃないか!というご意見、よくよくわかります。

当然わたしも感染しないよう気をつけていますし、万が一感染したとしても拡大させないための普段の行動にしているつもりです。

マスク、手洗いはします。大人数が集まる場所に行く時には、感染の可能性をまずは考え、その上で判断します。

 

ただね……

テレビ・新聞さん、あおってない??

報道するなら、時間が許す限り、統計数値のすべてを説明してほしいな。

視聴者が色んな角度から読み取ることができるような作りがいいんじゃないかな。

視聴率や購読率のために一部を切り取るとよくないな。

単に煽るだけになる。

どの時代もそうですが、煽って得しているのは、煽っている側です。

 

どうしてもテレビを観、新聞を読む時は、手元にスマホを置いて、公式や統計情報みながらでもいいんじゃないかな、と感じます。

 

 

まあそれはいいとして、最も書きたかったのが・・・

 

世の中の飲食店、接する系のサービス業(整体等)をやっている社長さん、乗り切りましょうね

2021年の夏頃にくる、新型コロナ融資の返済開始までに、頭に汗かいて、いろんなことを試しましょう。

なんとなく毎日頑張っていたらなんとかなっている、ということはおそらく、可能性低いと思います。

たぶん、頭に汗をかいた人が生き残ります。

ここを乗り切った社長はものすごく強いです。

 

建設業で現場が止まりがちな社長さんも乗り切りましょうね

当社も他人のこと言ってられませんが、ほんと、応援したい。

 

今回のブログは、テレビ・新聞の姿勢を正したい、ということで書いたのではありません。

ただね。

社長たち、私と一緒に生き残りましょう!

・・・ということを書いてみたくて、長文になりましたが、書いてみました。

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
サービス内容
 
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
会社案内
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ