崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

失敗ばかりの人生を振り返って

2020年8月5日(水)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事, 経営について

時折、私は自分のことをこう自己紹介することがあります。

広島の行政書士業界で

失敗と克服の回数が一番多い、崎田です。

 

失敗とは、実務ではなく、経営・事務所運営面ですよ。

 

 

常々思っていることがあるんですよね。

 

やらないで後悔するより

やって後悔したほうがいい。

 

これ、哲学っぽく聞こえますが、実はそうでもないのです。

 

アメリカの大学での実験では、やった結果の後悔よりも、やらなかった結果の後悔のほうが、1.5倍、強いことがわかっています。(ボストン大学)

また他の大学の実験では、後悔の種類をいくつかに分けたところ、

「理想への後悔」が一番強く後悔してしまうことが結果として出ています。(コーネル大学)

 

少し関連して、今度は哲学っぽくなりますが、「死ぬ時に後悔すること」について調べてみました。

 

いくつかの本の後悔トップ5には、「やらなかったことへの後悔」が、必ずといっていいほど出てきています。

※ここではご紹介しませんが、ご興味あれば、【死ぬ時に後悔すること】で検索されてみてください。いいブログ記事、たくさんあります。

 

楽天の三木谷氏はこう言っています。

人生における最大のリスクは、後悔すること。

 

そのとおりだなぁと思います。後悔はリスクだと思います。

 

 

広島の行政書士業界で

失敗と克服の回数が一番多い、崎田です。

 

時折使う、自己紹介ですね。

もしかすると日本全体で見ても、失敗の数、多いんじゃないかな?と思ったり、します。

 

やってみて、失敗して、やってみて・・・

最近思うのですけども、失敗した時の「傷」が小さくなってきているんです。

まああれだけやれば、いやでも学んでくるか。

 

数え切れない中からピックアップしてみると・・・

・大きい会社の顧問になりたくて、いいクルマ買って、支払えずに売る。

 だって、顧客の駐車場にいい車で乗り付けたかったんだもん。(←アホですな)

・何はともあれ、拡大したくて、採用しては退職に。

 新卒採用の子が退職する時はこたえましたね。年末の営業終了日、後ろからその子が走ってきて、「今年もありがとうございました!」と言われるのかと思ったら、辞表を手渡されました。あの子、元気かな。

・組織拡大だけしか頭になくて、支払う給料のために働きづめる。

・職員の慰労会を開いたら、逆に大量退職のきっかけに。

・公庫に融資申し込んだら、見事、断られる。7~8年前かな。

 私のプロフィールページ(新タブ)に貼ってありますが、再掲しますね、公庫からの断り文書です。

 

ここに書いたものは、大きめのものです。小さいものは省いています。キリがない。

 

ちなみに、いまは、拡大路線をやめました。

私の力量では、関わるみんなが苦労するし、幸せにもなれないと判断。

一番には、私自身、組織拡大への執着が完全に消えた、というのもありますけども。

 

私が果たすことができる役割は、組織拡大することでもマネジメントでもありません。

ここに気づいたのもありますね。

 

 

ひとつ、はっきりわかるのは、

周りの人に助けてもらっているから、今がある

ということですね。

私の人生に、良かった点があるとすれば、助けてくれる人に巡り会えたところ、かなと思います。

感謝しかない。

 

この場を借りてお礼申します。

本当にありがとうございます。

 

それで、助けていただいた状態で書くのはどうかと思うのですが、

やったことに後悔はないんですよね。ここ不思議。

やらなかったら、たぶん、後悔していました。

 

全部が全部、やったわけではなくて、やらなかったことも、当然あります。

ただ、経営的な判断をしてやらなかったわけで、ここらへんは、年を経るごとに、精度が上がってゆきますね。

 

 

私が見ていてすごいなと思うのが、

最短距離で目標まで走る人

 

到底、かないません。

私みたいな、アホな失敗をしないよう、きちんと勉強されている結果だと思います。

そうとしか思えない。

 

私の場合、基礎なしに実践から入ってしまう性格なので、見習いたい。

 

「順調すぎると、失敗した時にやばいよ」とか、言うつもりは全くありません。

失敗はしないほうがいいよ絶対。

どうせ失敗は大なり小なり経験するんだから、最短距離で、失敗の数は少なめに進むほうがいい。

 

「若い時の苦労は買ってでもしろ」ということわざがありますが、あれ、嘘だと思ってます。

どうせ苦労するんだから、買わなくてもいいと思います(笑)

 

経営者になって20年。

私はここからは、最短距離で行きたいです。今さら遅いと言われそう。

 

あれ?文脈が外れてきたような…。

終わります。

 

広島の行政書士業界で

失敗と克服の回数が一番多い、崎田

でした。

 

ちなみに、このブログの名称は「七転び、八起き」です。

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
サービス内容
 
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
会社案内
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ