崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

【コラム】景気が不安定な時に捨てたほうがいいもの3つ

2020年4月22日(水)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事

gomibako_empty


景気が不安定な時に捨てたほうがいいもの3つ。

結論から書かせてください。

・捨てたほうがいいもの
 1.見栄
 2.外聞
 3.過去の栄光

この3つです。

当然でしょと思いました?
でもこの3つ、頭ではわかっても行動に移すのは大変なんです。

説明させてもらいますね。


~~~

私は2000年創業なので、第三次平成不況期の開業となります。
また今までの約20年の間にいくつかの経済ショックを経験しました。

その間、顧客の栄枯盛衰を見てきました。

自社の経営の栄枯盛衰も。
自社の設備については、売った捨てたは数えたらキリありません。
例えば、車は2回売ってます(笑)

先輩経営者がたくさんおられる中でまだまだですが、
それでも少し見えてきたものがあるように思います。

それは「景気が不安定な時に捨てたほうがいいもの」。

私が感じるベスト3が上に書かせてもらった
 1.見栄と外聞
 2.過去の栄光
 3.感情の起伏
です。

ここから書く内容は大前提として【生き残ってなんぼ】の思想が
根底にあると思ってください。邪道なこと書くかも…。

また数年前から私、トレーダーもやっています。チャート見ながら取引するやつですね。
そのトレード仲間たちの生き様を見てきたのも影響していると思います。
あの人たちは究極のひとり社長。経営者よりリスクをとってやっているかもしれません。
ほんと厳しい世界です。

話がそれましたが説明に入ります。

~~~

1.見栄と外聞 について

それまで何人雇っていたとか、どれくらい取引先があったとか。
売上も、オフィスも、自動車、設備も。

特に「規模」が社長を狂わせます。

社長の見栄は、多くがこの「規模」というやつが関係しているように思えてなりません。

どうしても「維持」しようとする。減らそうとしない。

なぜか?それは「見栄と外聞」が関係していると思います。

知人からどう見えるか、同業からどう見えるか、取引先からどう見えるか…。
規模を小さくしたら陰でどんなことを言われるか…。

これ、気にしていると生き残れません。

人それぞれ考え方があって価値観があります。
もし世の中に「社長道」があるならば、私の感じるところは邪道、人でなしかもしれません。

でも思うのです。

見栄は捨てましょ。規模も維持しなくていい。
雇用も維持しなくてもいい。
※対策としての雇用調整助成金等を利用した後で。無策での話ではないです。

オフィスも要らないなら捨てましょ。
車も必要ですか?(顧客のもとにガンガン営業いけますか?)
車をなくしたら駐車場も解約できませんか?
設備も売れませんか?

売上は下がるでしょう。
取引先も減るでしょう。
でもそうやって【時勢に応じて変化しながら生き残ってゆく】ほうが大事だと思いませんか。

自分自身でも「規模縮小したくない」という方がおられると思います。よくよく気持ちはわかります。
でも【生き残ってなんぼ】だと思いませんか。

~~~

2.過去の栄光 について

見栄と外聞に似ていますが、正確には違います。
100%の割合で「社長自身の気持ち」が関係してくる部分ですね。

過去の栄光が邪魔をして規模縮小が許せない。

過去どんな成功があった、何人雇ってどれくらいの規模だった。
メディアにとりあげられて、掲載や出演をした。
周りから「あなたすごいね、さすがだね」「★★社長は優秀ですよね~」と言われてきた。
学生時代の友人からは「★★くん(さん)、すごく大きくやっているらしいよ~」と言われている。

だから、規模縮小が許せない。

これも捨てたほうがいいと感じます。

この話は、わかる人はわかる、分からない人には全く分からない感覚かと思います。

自分が人生を歩む理由の大きなウェイトを「仕事」が占めている人は、過去の栄光が邪魔しやすい。
生きる理由とも言えるかもしれません。
仕事が占めるのが悪いとは言いません。そもそも私もそのクチですので(苦)

ということで、過去の栄光なんて、忘れましょ。

事業のカタチがどうであれ、規模がどうであれ【あなたが光る方法は必ずあります】。
それを見つけましょう。

~~~

3.感情の起伏 について

景気が低迷する可能性が高いとき、不透明なとき、銀行口座の残高は普段以上に振れ幅が大きくなります。
入金が減った月は、少なくとも1ヶ月間は減った状態の残高で過ごさなければなりません。(多くの場合は)

こういう状況だと社長の気持ちは不安定になります。ずっと不安な心理状態なので自然とそうなりますよね。

その結果、出てくるのが「感情の起伏」です。感情の起伏がある状態での会社経営、といっても良いです。

不安で不安で仕方ない。
だから何かしなきゃと思って、考えるけども、そうそういい考えが浮かぶわけではない。

不安が大きくなると、自然と感情の振れ幅も大きくなります。

そんな時には冷静さを欠いた判断をしたり、スタッフに対して普段しないであろう態度を示したりします。
スタッフの歩く音がお金の音に聞こえたりします。
さすがにチャリンチャリンとは聞こえませんが、スタッフの一挙手一投足が気になって仕方なくなります。
それまで目につかなかったものに急に気づいて、注意したり、直すよう指示したり。

社長の感情の起伏が大きければ大きいほど、会社の経営の起伏も大きくなります。

銀行口座の残高=社長の感情の起伏=会社経営の起伏
という式が成り立ちます。

良くなればいいのですが、多くはその逆。
悪くなり続け、良いほうに転換できず廃業するケースも。

景気が低迷しても、先行き不透明でも、口座残高が減っても、社長は感情経営をしてはいけません。
淡々と情報を集め、冷静な思考で判断し、行動に移してゆく。

経営は、景気がどうであっても、判断ひとつで失敗する恐れがあります。
ましてや景気低迷期に、冷静さを失った、感情に基づいた経営をやっていたら、どうぞ失敗させてくださいと言っているようなもの。

どんなに不安でも、感情の起伏は捨てるほうが良いと私は思います。

淡々と情報を集め、冷静に判断し、コツコツと対策を積み重ねてゆく。

今のような情勢下だと、特に気をつけたほうが良いと思います。

~~~

以上、景気が不安定な時に捨てたほうがいいもの3つでした。
根底に【生き残ってなんぼ】の思想を置いたうえで書かせていただきました。

新型コロナウィルスの流行によって、経済は一時的か長期か分かりませんが低迷期に入るでしょう。

でも【生き残って】ゆかねばならない。

読んでくださった方の参考になりましたらこの上なく嬉しいです。

 

投稿者:崎田 和伸

 

321687946

【お知らせ】新型コロナウイルス感染症特別貸付申請サポートを開始

2020年4月20日(月)

テーマ:お知らせ

af9920045221

 

お知らせです。

新型コロナウィルスの流行に伴い、企業経営の環境は悪化しています。

新型コロナウィルス対策の融資制度について、弊社に申請代行できないか?と問い合わせをいただくことがありサポートの準備をしておりましたが、整いましたのでサポートを開始いたします。

 

この制度は普段、サポートが多い「創業融資」ではありませんが、いままで日本政策金融公庫への申請経験が多いことから、サポートさせていただくことといたしました。

まずは日本政策金融公庫の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」の申請サポートとなります。

 

・日々不安を感じながらも日数だけが過ぎてしまう。
・申請するのが不安。
・公庫への申請に慣れているところに頼みたい。

こういったお気持ちがおありの社長、事業主の方や、
顧客から相談が来て対応が難しいと思っている士業の方、お問い合わせください。

 

・融資条件に合致しているかどうかの検証
・資料と収集方法をわかりやすくご説明
・必要な資料の作成(必要に応じて)
・融資申請

これらをお任せいただけます。

 

このサービスですが社会的事業の性質がありますが弊社も営利事業体ですのでボランディアでサポートするわけにはいかず…報酬は頂戴することになります。
ただ通常の融資申請サポートに比べ、減額させていただいております。
ぜひご活用ください。

 

詳しくはこちらをご覧ください ↓↓

新型コロナウイルス感染症特別貸付申請サポート
https://e-jimusho.com/shikinchotatsu-corona.html

※新しいタブが開きます。

 

投稿者:崎田 和伸

【4/6時点】新型コロナウィルスに関してのご相談、ご依頼対応について

2020年4月6日(月)

テーマ:お知らせ

JQ183_350A

日本中どこでも言われていることではありますが、新型肺炎、早く終息してほしいものですね。見えない敵ほどやっかいなものはありません。

さて、他でもありませんが、新型肺炎の流行に伴い、依頼人さま、相談者さま、弊社役職員全員の安全のため、弊社では、次のような対応をさせていただいております。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくご理解、ご協力のほど、お願い申し上げます。


・ご依頼後の打ち合わせ等について、原則【電話】にて、執り行わせていただきます。

 

新規のご相談についても【電話】で承っております。少しでも疑問、ご不安がおありの折には応対させていただきますので、遠慮なくどうぞ。相談ご予約は電話(0825695320)でも結構ですし、インターネットでもご予約可能です。


・役職員の勤務形態の一部にテレワークを導入し、また出社時間を混雑時からずらす等の対策を講じております。ご希望の担当者が社に不在の折には当日または翌日に折り返し連絡をさせていただきます。

以上、ご迷惑をおかけしますが、よろしくご理解、ご協力のほど、お願い申し上げます。
代表社員 崎田 和伸

 

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
 
サービス内容
 
会社設立・法人設立代行
許可の取得・変更等
資金調達サポート
経理会計サービス
契約書・規約作成代行
相続手続き、遺言書作成
 
お客様サポート制度
 
 
Asumiaならでは
 
 
会社案内
 
 
よくあるご質問
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ