崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

“動いていないと不安で仕方ない貧乏”に気をつける。

2017年7月25日(火)

テーマ:経営について

ILM14_AA02060

 

久しぶりに「経営について」というカテゴリで書きます。

いや~久しぶりです。

いつもながら、好き放題かきます(^_^;)

 

タイトルは

“動いていないと不安で仕方ない貧乏”に気をつける

 

 

 起業家の当たるべき壁?

 

 

起業間際、いや、経営の期間は関係ないですね、

動いていないと不安で仕方なくて、

動けば動くほど、資金が減ってゆく

ということがあります。

 

わたしもこれに悩みましたし、これからもあるかもしれません。

 

口座の残高が減ってゆき、焦りの気持ちは増すばかり。

夜、眠れない日も出てきます。

 

「起業家の当たるべき壁」という方がおられますが、納得できる点があります。

ただ、この壁、当たらなければ当たらないほうが良いです。

 

 

 名言

 

 

貧すれば鈍する」。

どこかで聞いたことありませんか?

 

これ名言ですね。

独立して、自分でやっていく時にピタリと当てはまる言葉だと思います。

 

以前から何度か書いていますが、

経営者の心の残高=通帳の残高

 

通帳の残高が多ければ、うまくいく可能性が高くなります。

少なければ、廃業、転職の可能性が高まります。

 

当たり前?

そう、当たり前です。

 

でも、深~~い、当たり前。

やってる当人は、気づきません。

 

事業は、現金(預金)があるかぎり、倒産しませんよね。

なくなったら、おしまい。

これは簡単な理屈ですね。

 

ここでいう”廃業、転職の可能性”とは、

通帳の残高が少ないときは、受けてはならない仕事を受けてしまい、本来、付き合うべきでない顧客に経営上のリソースを使い消耗してしまい、付き合うべき顧客と付き合わない(付き合えない)という現象が出ること

を指します。

 

世の中には、お付き合いするべき顧客と、そうでない顧客が存在する

わたしは、そう思っています。(語弊あることわかってますよ)。

 

通帳の残高を増やしてくれる(=適正かつ順調な利益を上げることができる)のは、

間違いなく、お付き合いするべき顧客です

 

お付き合いするべき顧客とは、「あなたにとっての」です。

あなたの定義する「顧客になってほしいのはどんな人?」によります。

 

 

 だから、気をつける

 

 

起業間際や、起業後しばらく経っても、

動いていないと不安で仕方なくて、

動けば動くほど、資金が減ってゆく

という現象が出てきます。

 

だって、不安なんですから。

まず動く!

これしか選択肢がないです。

 

でもそこで、ちょっと立ち止まって考えてみて下さい。

・それは本当に動くべきこと?(貴重な時間と労力、経費を使って)

・それは本当に業績に利すること?

・それは実現したい方向にもってゆくために必要なこと?(できるだけ長い目線で)

 

「業績」という単語が出てきましたね。

どんなことでも良いのですが、すべての行動は、

「業績」につながっていなければならない

と思います。

 

どんな美辞麗句を並べても、業績がなければ、ただの絵空事。

どんな崇高な理念があったとしても、業績がなければ、ただの自己満足。

 

厳しいかな、これが独立であり、起業です。

 

独立、起業は、自由。どこまでも自由。

だからこそ、結果が出ないと許されない。

 

 

 対策

 

 

「動いていないと不安で仕方なくて、動けば動くほど、資金が減ってゆく」。

そして

「貧すれば鈍する」

という状態にならないために、いくつか、対策を考えてみます。

 

◆1つ目

「これって本当に必要なこと?」を常に自分に問う。

 

夢中でやっている時でも、考える。必要であればやるし、必要でなければ途中でもやめる。

撤退できる人は、勝ちます。

 

◆2つ目

現金(預金)の残高が減らないよう、気をつける

 

利益が出ないと現金(預金)は増えませんよね。ここで言う「残高」は、融資でも構いません。

というか、融資を受けずに現金(預金)の残高を減らさない高度な技は、起業間際、起業後しばらくは難しいと思います。

経営は、いくら投資していくらリターンを得るか、ですよね。

投資すれば口座残高は減ります。口座残高を減らさずに増やそうとするのは、実はすごく高度な技なんです。

通常、投資なしでリターンを得ようとしても、無理な話です。

 

◆3つ目

勉強する」。

 

マーケティング、会社運営、経営戦略のことを勉強しましょう。

 

遠くへ行って、セミナーを受けまくらなくても良いです。

旅費、宿泊費を出して時間も使って受けるセミナーは、時には良いでしょうが、「動いていないと不安で仕方なくて、動けば動くほど、資金が減ってゆく」につながりやすい行動です。

 

 

近くの本屋さん、amazonで十分。

本を読みましょう。

 

本は、薄い内容から濃い内容まで、多岐に渡ります。

わたしは、できるだけ「原理・原則」を解説しているものをお勧めしています。

 

原理・原則、といっても、経済原論の本ではないですよ。

経営への「考え方」「向き合い方」「方法を決めるための手法」を教えてくれる本。

 

例えば、

経営の神様と呼ばれる先人たちの本ですね。

(松下幸之助さん、稲盛和夫さん、ピーター・F・ドラッカーの本など)

 

それから、「金持ち父さん・貧乏父さん」とか。

これも立派な原理・原則だと思います。

わたしもそうですが、学校でお金の勉強していませんよね。

 

学生時代の”勉強する”は苦痛の代名詞でしたが、経営者になってからの”勉強する”は、全く「臨む姿勢」が違ってきますよね。真剣そのもの、です。わたしは少なくともそうです…(^_^;)

 

 

 業績を考える先にあるのは…

 

 

業績を考える「先」にあるのは、実は「顧客」です。

業績を考えることは、顧客を考えることにつながる。

 

業績を考える「根っこ」かもしれません。

 

偉大な経営者・経営学者の多くが共通して言っています。

 

例えば、ピーター・F・ドラッカーは次のように言っています。

企業の目的は顧客の創造である」と。

 

そして、こんな質問をされています。

あなたの顧客は誰ですか?」と。

 

深いですね、ほんと。

 

 

 最後に

 

 

最後に少し…。

無駄なこともしましょう

 

ここまで書いてきて何だ!?とお思いかもしれませんが、”無駄”も必要だとわたしは思います。

ギチギチ、というか、キッツキツでやってると、心が疲れます。

 

無駄なことも時々する。

これでバランスが取れるんでしょうね。

最近つくづく、思います。

 

以上、好き放題、書いてきました…(^_^;)

 

“動いていないと不安で仕方ない貧乏”に気をつける。

わたしも気をつけます。

 

投稿者:崎田 和伸

【お知らせ】求人情報 更新

2017年7月6日(木)

テーマ:お知らせ

JQ182_350A

 

ハローワークの情報が更新されました。

求人、継続中です。

 

弊社ホームページにて、求人とその関連のこと、書かせていただいています。

ぜひご覧ください。

 

「専門家と呼ばれる業界で一緒に働きませんか?」

求人情報 ↓ ↓ ↓

http://e-jimusho.com/hojosha.html

 

投稿者:崎田 和伸

sakida_prof_tokyo201703

 

【お礼申します】お問い合わせ、誠意対応させてもらっています。

2017年7月5日(水)

テーマ:お仕事に対する考え方, 実務録

IMG_4519

※弊社 第一相談室です。

 

7月ですね。これから暑くなってゆきます。

夏風邪ひかないようにご自愛くださいね。

 

 

 【御礼】お問い合わせ 統計

 

 

早速ですが、集計の投稿、しばらくぶりになりました。

弊社に対するお問い合わせ件数について、6月度をカウントしてみました。

 

2017年6月1日~6月30日

73件

という結果になりました。

 

営業日が22日ですので、

一日あたり3,3件

のお問い合わせを頂戴したことになります。

 

ありがとうございます。

 

※弊社にご依頼になったことがない新規の方、ご依頼になったことのあるお得意様からの新規お問い合わせの合計。

※お一人で複数の手続き等をご希望の場合、1つの種類を1でカウントしています。

 

 

 

 どんなお問い合わせが多い?

 

 

どんなお問い合わせ内容が多いのか、お伝えできればと思います。

 

内容について、重複はあるものの年間500件以上になりますので、すべては書ききれません。

数として多い、主要なものになりますが、ご了承ください。

 

リンクは基本、新しいタブが開きます。(パソコンの方)

 

建設業許可を取りたい

株式会社、合同会社、一般社団法人を設立したい

シングルマザーだけど、起業したい

創業融資を受けたい

会計を任せる先を探している(会計代行)

酒類の免許を取りたい

古物営業許可を取りたい

宅建免許を取りたい

建設業の決算変更届を頼みたい

建設業で、入札に入りたい(経営事項審査など)

事業協同組合を設立したい

産廃収集運搬許可を取りたい

契約書を作ってほしい

許認可の変更手続をしてほしい

道路使用許可を取ってほしい

line_200

◆補助金申請をしてほしい

◆人を雇う、教育するための助成金を申請してほしい

◆帰化申請をしてほしい

◆外国人の在留資格の変更をしてほしい

◆相続手続きを依頼したい

◆遺言書を作りたい

◆内容証明書を作って欲しい

◆法律相談をしたい

◆税金上の相談をしたい(税務相談)

◆不動産の名義変更をしてほしい

◆不動産問題を相談したい

などなど。

 

赤い◆は、弊社が取り扱っているサービスです。※サービス一覧へリンク。

青い◆は、弊社はサービス範囲外のものです。

 

これらすべてについてご依頼になるわけではありません。

弊社のサービス範囲「外」のものもあります。

 

弊社サービス範囲「内」のものは、誠意、お話を伺い、可能なアドバイスをさせていただいた上で見積書を提示

サービス範囲「外」のものは、弊社と同じ行政書士や、他の士業のうち、誠実に対応くださる先にご紹介の手配

をいたしました。

 

弊社では、サービス範囲「外」でも、「やってませんので。」と

門前払いはしない方針です。

 

せっかく勇気を出して問い合わせをしてくださったので、ご希望のことを達成するのに最も近い専門家とおつなぎをしています。

そのために、予め、弁護士・司法書士・行政書士・社会保険労務士・税理士などのいわゆる「士業」とパートナー事務所の契約していますし、あすみあグループという法律・会計・不動産専門家ネットワークにも参画しています。

 

弊社のサービス範囲「内」のことは、誠意、お話をお聴きして費用提示等を行い、

それ以外の方は、その方にとって、最善、最適な方法、相談先へおつなぎしています。

 

最近は、最初から、「いい★★士を紹介してもらえませんか」というお問い合わせも発生してきています。

 

 

 どんな流れになる?

 

 

お問い合わせの後の流れについて、ご説明します。

 

初回無料相談をご案内したり、すぐに見積り提示可能なものについては提示したり。

前述のとおり、サービス範囲外については専門家とおつなぎしたり。

さまざまです。

 

初回無料相談は、面談または電話で応対させていただいています。

 

ご相談を経て、弊社でお手伝い可能なものは、明確な見積り資料を作成し、提示しております。

 

弊社にご依頼いただいたことのあるお得意さまについて、経営上のご相談であれば、

Asumiaお客様サポートという制度で対応させていただいています。

 

お話を伺った後、経営コンサルタントをご紹介するケースもあります。

 

ということで。

これからも、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

電話:082-569-5320(受付:月~金 8:00~18:00)

 

投稿者:崎田 和伸

sakida_prof_tokyo201703

【シンママ起業】講師をさせてもらいました。

2017年7月3日(月)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事, 起業、会社設立TIPS

19510284_1943049682645854_3299554040873231654_n (1)

↑ 起業女子応援ナビさんFacebookページから写真頂戴しました。

 

(一社)中国地域ニュービジネス協議会様からのご依頼を受け、メンター育成講師をさせていただきました。

 

中国地方の起業支援機関が一堂に集まる場。
連携組織名は「起業女子応援ナビ@中国地域ネットワーク」です。

 

ホームページはこちら ↓↓

http://woman.cnbc.or.jp/(パソコンの方は新しいタブが開きます)

 

前半は、連携組織の活動内容などを聴き、後半がメンター育成研修ということで、わたしと、女性起業家の方が講師でした。

私の講義のタイトルは

シングルマザーの起業支援 現状と今後について」。

女性起業家支援の中でもシングルマザーのサポートについて、お話させてもらいました。

 

私のあとに話された女性起業家は、

株式会社petapeta 代表取締役 やまざき さちえさん。

http://ameblo.jp/chocolatemajic/(パソコンの方は新しいタブが開きます)

 

経営の紆余曲折、その時の想いなど聴けて、学びとなりました。

あ~そういう風に考えておられるのか~、やっておられるのか~と。

 

わたしと一緒に行った部下も勉強になったようです。

 

これは、わたしの講師直前の写真。緊張している瞬間です~。 ↓↓

 

19598910_1540821189302805_2480245920859120259_n

 

無事、講師を終えて、会議も終わり、集合写真を撮りました。

こちら ↓ ↓ 

※持ち方が甘く、垂れ幕が曲がってしまいました…┏oペコ

 

19510284_1943049682645854_3299554040873231654_n (1)

 

参加者には、懐かしい人、普段から関係のある人などおられて、すごく嬉しかった。

涙が出そうなくらい、懐かしい方ともお会いできましたよ。

 

それと、女性起業という面でしたが、その動向や専門機関の考え方など知ることができて、収穫は多かったです。

 

今後、弊社としても、女性の起業支援、継続してゆきます。

特に、シングルマザーの起業、応援して参ります。(弊社運営サイトが開きます)

 

投稿者:崎田 和伸

【講師】行政書士の創業融資申請サポート

2017年7月1日(土)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事, 起業、会社設立TIPS

19250553_1805889266095049_4824858241420685893_o

 

 講師させてもらいました

 

 

6月23日(金)。

広島県の若手行政書士の研鑽の場、広島行政書士研鑽会さんから依頼いただき、講師をしてまいりました。

タイトルは「行政書士の創業融資申請サポート」。

主に、日本政策金融公庫との連携に基づく融資申請サポート、についてです。

 

行政書士事務所は、融資申請サポートの面で、立ち遅れている感があります。

いままで行政書士が手を出していなかった分野の1つといえるかと思います。

(扱っている人はいると思いますが、マジなサービスとして本格的に、という方は少ない気がします。)

 

広島行政書士研鑽会ホームページはこちら ↓

https://www.facebook.com/k.kensan/(パソコンの方は新しいタブが開きます)

会員募集中だそうです。ほんと、良い研鑽の場だと思います。

 

 

 融資サポートを始めたきっかけ

 

 

一応、融資申請サポートを始めたきっかけを。

 

約2年前になりますが、それまで融資のサポート案件があれば、他の士業にご紹介をしていました。

ただ「やらない方向で考えている」とのことで、ん~どうしたもんか、新規にご紹介先を探すか、自社でやるかを検討した結果、「よし、自社でやろう」と決めました。

 

やると決めたら本気(マジ)で

 

サービス設計、実務設計してスタート。

これらの設計では、大都市圏の行政書士法人と仕組みを提供しあう形でノウハウ交換し、スタートとなりました。

=先方様からは融資申請サポートのノウハウを、弊社は先方様が希望する分野のノウハウを提供。

 

あれから2年強。

手前味噌ですが、今、西日本地域の行政書士が連携する案件の中では、

融資採択件数、金額が一位になっています。

(日本政策金融公庫 担当者さん情報です。)

※担当社員が着実に誠実にやってくれるというワケで、私の力ではありません…(^_^;)

 

融資が決まって喜んでくださる依頼人さまがいるので、私もすごく嬉しいです。

 

 

 実は、にっくきところと連携してます

 

 

実は、憎きところと連携しています。

日本政策金融公庫さんです。

 

憎きというのは冗談です。感謝しているくらいですよ。

 

というのも5年ほど前、弊社が倒産しかかったことがありまして、その時に融資を断ってくれて、生まれ変わるきっかけをくれた金融機関なのです。

 

その時のお断りの文面がこちら ↓

 

o0800106713354985388

 

断られた時のこと、など、↓↓ で書いてますので、よろしければどうぞ。長いですけど。

http://storys.jp/story/17946(パソコンの方は新しいタブが開きます)

 

ということで、現時点、日本政策金融公庫と主に連携している、ということになります。

 

融資の面接は、弊社であります。

弊社担当者も同席、サポートいたします。

 

kouko03

 

 講師の話に戻します‥

 

 

講師以外の話になってしまいましたので、戻します。

 

19250553_1805889266095049_4824858241420685893_o

 

講義を2部に分け、前半を市場を中心とした解説、後半を質疑応答、という形としました。

質疑応答が全体の半分を占めるのは珍しいかもしれませんね。

 

で、質疑応答では、

出席の皆さんは、その場しのぎではない、

マジな質問をたくさんして下さいました。

 

あ~いうマジ系な質問は、心地いいですね。

未来を感じます。

 

行政書士が始めることで、ライバルが増えるとは思っていません。

切磋琢磨する、情報交換できる先が増えると思ってます。

 

行政書士はたぶん、中小零細企業さんが最も声をかけやすいところに立っています。

実際、いろんなご相談が入ってきます。

サポートできることが増えると、企業さんは助かるし、勤めている従業員さんも幸せになることができます。

もちろん行政書士もお仕事になります。

 

皆さんが、いい方向に進んでゆくことを祈っています。

というか、そんな上から目線じゃなくて、わし、がんばらんといかん。まあボチボチやります。

 

以上、講師させてもらいました、でした。

研鑽会さんですが、また何かわたしで力になれることがあったら、講師、させてもらいます。

 

あ、ついでに…(^_^;)

このブログをご覧になって、「何か崎田に話をさせたい」と思って下さる方がおられましたら、お気軽にお声がけくださいね。

参考)講師、講演、出演関係のページ

http://e-jimusho.com/koushi.html

 

 

投稿者:崎田 和伸

 

 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
吉日(法務局受付日)
最近の吉日
2018年(平成30年)
6月
一粒万倍日:
4日(月), 5日(火),
6日(水), 7日(木),
19日(火)
大 安
14日(木), 20日(水)
先 勝
5日(火), 22日(金),
28日(木)
7月
一粒万倍日:
13日(金), 25日(水)
大 安
2日(月), 24日(火),
30日(月)
先 勝
10日(火), 20日(金)
8月
一粒万倍日
6日(月),7日(火),
24日(金),31日(金)
大 安
15日(水),27日(月)
先 勝
1日(水),7日(火),
17日(金),23日(木)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
サービス内容
 
会社設立・法人設立代行
許可の取得・変更等
資金調達サポート
経理会計サービス
契約書・規約作成代行
相続手続き、遺言書作成
 
お客様サポート制度
 
 
Asumiaならでは
 
 
会社案内
 
 
よくあるご質問
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ