崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

【これ大事。】 創立記念日(=会社設立日)を決める3つの方法

2016年11月2日(水)

テーマ:起業、会社設立TIPS

jq168_350a

 

創立記念日。あなたはどう決めますか?

今回、創立記念日の決め方について書かせてもらいたいなと思います。

 

◆ 創立記念日とは会社設立申請日

 

◆ 会社設立日として選ばれる3つの形

 

 1.縁起の良い日で決める。

 2.覚えやすい日で決める。

 3.早い日で決める。

 

line_400

 

◆ 創立記念日とは会社設立申請日。

 

一般的に、創立記念日とは、会社、法人を設立申請する日になります。

登記簿謄本に設立日として記載されます。

会社、法人が続く限り、変えることのできない、大切な日ですね。

現時点、残念ながら、土日祝日に申請できません。平日の法務局が開いている時間に申請することになります。

 

line_400

 

◆ 会社設立日として選ばれる3つの形

 

選ばれる3つの形をご紹介します。

 

1.縁起の良い日で決める。

 

縁起の良い日として知られているのはこちらです。

 

大安(たいあん)
 意味:大いに安し=何事も吉。
 解説:建築、結婚式、会社設立など、この日にする人が多いですね。

 

先勝(せんしょう、さきがち)
 意味:先んずれば勝つ。
 解説:午前中は吉、午後2時くらいから凶と言われます。
 会社設立の依頼人さまで、近々に大安がない場合、先勝の午前中とする方の多いです。

 

天赦日(てんしゃび)
 意味:百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日とされる。
 解説:古くからの選日方法の1つ。年に5回~8回しかありません。

 

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

 意味:一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味。
 解説:古くからの選日方法の1つ。創業、開業には良い日。なお借金をしたり人から物を借りたりすることは苦労の種が万倍になるので凶とされる。

 

これらの日について、カレンダーを表示してくれているサイトがありますので、ご紹介します。

開運カレンダー(外部サイト。PCの方は新しいタブが開きます。)

※大切なことなので、複数の同じようなサイトをご覧になって決めてくださいね。

 

line_200

 

2.覚えやすい日で決める。

 

縁起の良い日よりも、覚えやすい日で決める方法もあります。

 

具体的には、

・ゾロ目の日。

 3月3日、7月7日といった具合です。

・誕生日

 ご自身、配偶者、ご家族などの誕生日を創立記念日にする方法ですね。

・結婚記念日

 ご夫婦の結婚記念日を創立記念日にする方法です。

 

line_200

 

3.早い日で決める。

 

設立をお急ぎの方は、できるだけ早い日でお決めになります。

ビジネスには旬があります。

これも立派な選択です。

 

line_400

 

いかがでしたか?

 

ちなみに当社(行政書士法人 Asumia)は、平成24年10月23日が創立記念日です。(個人事業は古いですが、法人の設立日を創立記念日としています。)

この日は、大安でした^_^

 

想いも価値観も人それぞれ。

これだ!と思う日を選びましょう。

 

会社・法人設立代行 専門サイトはこちら(PCの方は新しいタブが開きます)

 

投稿者:代表 崎田 和伸

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
サービス内容
 
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
会社案内
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ