崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

【自分の言葉で18個書きます】 あえて税金問題「以外」で法人化、法人なりするメリット。

2016年9月30日(金)

テーマ:起業、会社設立TIPS

jz090_72a

 

以前、まとめたことがあって、どこにも書いたことがなかったので、書きます。

 

「法人化 メリット」「法人成り メリット」とかウェブで探すと、いろんな情報が出てきますよね。

でも、そのほとんどは、「税金で得をするかどうか?」。

※調べたい方は、ネットで、「法人成り シミュレーション」などでご検索ください。

 

わたし自身、4年前に法人成りしています。(行政書士事務所 → 行政書士法人)

法人化、法人成りは、税金問題だけじゃないという場合はあります。

 

だって、

わたし自身、税金だけを基準にして、法人成りを決断していなかったから。(強引か!?)

 

もちろん、税金問題、大切ですよ。わたしも試算しました。

 

でも、それだけじゃないと思うのです。

わたしは、税金以外の面のほうが大きかった

 

実際、弊社でお手伝いする起業家の方は、会社・法人にされる際、税金以外を考慮する方が多いです。

(すべてではありませんし、会社・法人化が絶対に正解、というものでもありませんが、数として。)

 

まあたまには、こういう「あえて税金以外!」の情報を見てみてください(^^)

 

ということで、前置きが長くてもなんなので、本題に参ります。

以前にまとめた内容をもとに、ちょっと書いてみます。

 

名づけて・・・

【自分の言葉で18個書きます】 あえて税金問題「以外」で法人化、法人なりするメリット。

 

外側から見たメリット、内側(自身)から見たメリット、両面からです。

わたしが、起業家のサポートをさせてもらう中で感じること、そして、わたしの頭の中を、バカ正直に書きます(^_^;)

 

~~~

 

外側から見たメリット
 
1.会社・法人の場合は、「ふ~ん、会社か~(なんとなく納得)」となりやすい。
 
 個人事業は「あ~、個人事業ね~」と思われやすいと感じます。表立って言う人はいないと思いますが、心のどこかで「個人事業ね~」と思われる可能性が高いと考えます。
 
2.なぜか周りから「がんばってるね!」と言われる
 
 ただ法人化、法人成りしただけなのに、なぜか周りは、あなたのことを「がんばっている存在」と認識してくれます。
 個人事業はおそらく、八百屋の夫婦、という印象があるのでしょうか。家族の「なりわい」と認識されることが多いように感じます。
 
3.法人・会社の代表者は、「起業家」になる
 
 起業家って、なんですか?
 個人事業の事業主も起業家のはずですよね。
 でも、世間一般では、起業家といえば、少なくとも、法人・会社の代表者のことを指します。
 わたしは自分自身、事業主でしたし、事業主も起業家だと思っていますが、どうやら、そうではないようです。
 
4.大多数である個人事業は、極めて、横並びになりやすい
 
 会社も多いですが、個人事業はそれに増してすごく多い。
 会社、法人は、顧客や連携先候補から見て、パスポート的な役目を果たすことが多いと思います。
 名称だけで、個人事業でないことを指し示せますので。
 
5.提携候補として、優位に立てることが多い。(最初から相手の腰が低い)
 
 例えば、個人事業からの提携話より、法人からの提携話なので、相手にす~~っと入ってゆけることがあります。
 連携話をまな板の上に乗せやすい、と言えます。
 
 法人・会社の場合、法人格が必ず名称の中に入りますので、相手にとって分かりやすいですよね。
 普段の活動の中で自然と効果が出るので、一番、作りやすい、活用しやすい「仕組み」かもしれません。
 
 実績を積み、会社経営に重みがでてくれば、最初から相手の腰が低いケースが増えます。
 
6.販売チャネルとなりうる企業から声をかけられやすくなる。
 
 販売チャネルとは、自社の商品、サービスを代わって販売してくれる先のことです。
 販売代理店というわけじゃなく、連携・提携関係の中で、自然と案件を紹介くださる先さまですね。
 個人事業では声をかけられなかったことでも、会社・法人であれば声をかけられる可能性があります。
 ※個人事業での機会ロスが分かりませんので、あくまでも所感です。
 
~~~
 
内側から見たメリット
 
7.個人事業とは立ち位置、姿勢が違ってくる。
 
 「社長なんだ・・・」が、毎日、少しずつ、積み重なってゆきます。スタンスが事業主とは違ってきます。
 自分は、「事業主ではなく経営者である」という見方になってゆくと思います。
 
8.法人代表となることで、経営者に自負が生まれる。
 
 スタンスの違いは、いつしか自負へと変わります。
 
9.自社の自称が、「弊社」「当社」になる。
 
 個人事業の場合は、どう名乗って良いか分からないときがあります。
 
10.自社ウェブサイトで、自社のことを紹介するページの名称が、「会社案内」になる。
 
 個人事業の場合は、会社案内?事業主案内?と、一瞬迷います。どう書くのが正しいのでしょうね。
 
11.職業欄が「事業主」から「会社役員」になる。
 
 職業欄に「会社役員」と書くことになります。毎度毎度、書くことで、なんとなく自負につながってゆきます。
 
12.個人事業の次のステップアップとしての法人成りは、自分だけでなく他者から見ても、納得しやすい、されやすい
 
 どこかを目指してゆくことは、自分にとって、そして他者にとっても「ステップアップ」と認識されることが多く、どこか納得感があります。不思議ですね。起業独立もそうです。
 そういえば、個人事業を興すことを「起業独立」というケースは会社・法人ほど多くはありませんね。
 
13.姿勢、立場が明らかになるので、自分も社内も、連携先も動きやすい
 
 自負、自覚、姿勢、外から目、すべてが絡んで、不思議なんです、動きやすいんです。
 
14.働く人が、「あなたのため」ではなくなる
 
 個人事業は、どう言いつくろっても、「事業主がやっている、事業主のための事業体」です。
 財産はすべて、事業主に帰属します。
 どう分配するかはありますが、利益もすべて、事業主のもの。
 働く人の意識が、日々の勤務の中で、違ってくると思いませんか?
 
15.自分以外の法人役員は労働法令から外れた存在なので、労働問題について「こうしようと思うがどう思う?」を相談しやすくなる。
 
 取締役などの役員が労働法令、法規から外れた存在、というのが、良いことかそうでないかは分かりません。
 でも一つ言えるのは、社内の労働関係の話について、話をしやすくなります。
 一番話をしにくい事柄について、話せるのはかなりのメリットな気がします。
 
16.法人役員が経験を積めば、法人の将来について自分事として考えてくれる片腕となる。=真の仲間ができる。
 
 わたしは、ですが、個人事業では、将来について一緒に考えてくれる人財を育てる自信はありません。

17.法人になると各自の役割を考えるようになる可能性が高いので、事業が盤石となる時期が早まる
 
 事業を盤石にしようとすると、自然、「権限をどう移譲してゆくか」にたどり着きます。自分だけで回す事業体には、すぐ限界が来るからです。何となく…の権限付与よりも「何をどう動いて良いかはっきりする」ので、社内の各自がアイデアを出してくれやすくなると思います。
 
18.以上が相まった事業活動の結果として、普段の生活の中で良いスパイラルが生まれ、業績が向上してゆく可能性が高い。
 
あと、「求人で有利になる」、とか、「法人・会社向けの保険を活用できる」「事業承継が可能」とかありますが、ここでは省略させていただきます。どこかに書いてあることですので。
 

18個書きましたが、わたしは、経営者自身の「姿勢や自負」ってやつが大きいのではないか?と思います。

「姿勢」が違えば「結果」が違い、小さな結果の積み重ねが「自負」につながってゆく。

経営者の心は、その事業体の根っこにあたる部分です。

影響は少なからず、あると思います。

 

以上、自分の言葉で書いてみました。

 

 

投稿者:代表社員 崎田 和伸 プロフィールはこちら 

 

prof201503-4

 

半歩ずつ前へ。

2016年9月26日(月)

テーマ:経営について

gf2160421696

 

以前、異業種の経営者と情報交換したときのこと。

ある話題になりました。

 

それは・・・

人は、一歩でも踏み出す時は恐ろしく思うものだ。だから、半歩ずつ前へ歩いてゆく」と。

 

わたし、すごく、共感できるんですよね。

まだ小さい所帯ですが、わたしが人材を育成を考えるときに、根底にあります。

 

人は「一歩」を踏み出すことができない動物です。

一歩踏み出そうとして、結果、半歩進むのが人間

なんじゃないかと思うんです。

 

・踏み出すのは恐い。

・いま、うまくいっているんだからいいじゃないか。

・いま、踏み出す時期じゃないのじゃないか?

 

こういう気持ちが先立つ生き物だと思います。

そして、やらない理由を自然と探してしまう。

「だって~だから」、と。

 

ただね、「一歩踏み出せる時期は、自分自身が待ってから来るものではない」気がします。

 

どこの誰かが、ポン!と背中を押してくれて、来るもの

そして一歩踏み出して、失敗を経験しながら、結果、半歩進むことになる

 

こういうものなんじゃないでしょうか。

 

~~~

 

話は関連しますが、社会人として働いてゆくにあたり、「いくつかの道」があると思います。

 

すなわち、

(1)敷かれたレールの上を歩いてゆく。

(2)敷かれたレールに、別のレールを敷いてゆく。

(3)全くの未開の地に、レールを敷いてゆく。

この3つです。

 

最初は(1)、そして(2)へ。最後に(3)へ。

こういう育成をしてゆくのが理想的なのかもしれません。

 

(1)は、例えば、新幹線でたとえると・・・

 東海道新幹線、山陽新幹線など、既存のレール上で、車輌を走らせ、維持管理し、より良くしてゆく仕事

(2)は、例えば、北陸新幹線の終点から、京都に別のレールを敷いてゆく仕事

(3)は、例えば、四国に新幹線のレールを敷いてゆく仕事

 

でしょうか(^_^;)

 

※参考まで、現在の新幹線経路図です。(引用:WikimediaCommons)

shinkansen_map_20110312_ja

 

(1)を終わって(2)、というものではなく、(1)をしながら(2)を始める、という形になりますね。

(3)は、体力要るので、(1)(2)から手を離してから着手、というのが得策でしょうか。

 

中小企業に、即戦力として採用され、年俸&高インセンティブで働く方は、多くの場合、いきなり(3)から入ることになります。非常にきつい仕事ですね。

 

通常の新卒、中途社員として企業に採用されたら、(1)から始めて(2)、そして課長、部長クラスになってから(3)に着手、という感じでしょうか。

 

起業は、有無も言わさず、いきなり(3)です。

助けてくれる人は、どこにもいない。上司はいないし、属する会社もない(自分の看板だけ)。

自分自身が会社であり、最終責任者です。失敗すれば、すべての影響も負債も、自分が負います。(自分の設立した法人が負ってくれるものもあります)

 

成功(成幸)すれば、笑顔で、日々の生活を続けてゆけます。

誰も褒めてくれることのない、しごく当然と思われている世界…。

笑顔で日々の生活を続けてゆく大変さは、世の中には、なかなか理解してもらえませんね(^_^;)

(起業でも、フランチャイズの場合は、レールを敷く仕事の多くを他社がやってくれるので、毛色が違うかもしれません)

 

~~~

 

なんだか話がずれてしまったような・・・戻します。

 

人は、一歩でも踏み出す時は恐ろしく思う。だから、半歩ずつ前へ歩いてゆく」。

そして、

一歩踏み出す時期は、どこの誰かが、ポン!と背中を押してくれて、来るもの

一歩踏み出して、失敗を経験しながら、結果、半歩進むことになる

 

わたしは、自分の部下の背中をポン!と押していきたいです。

わたしは、起業したい人の背中を、ポン!と押していきたいです。(焚き付けることはしません。)

 

結局、自分の話かい!ということになってしまいますが、ご容赦ください。

話の落とし方が分かりません・・・(^_^;)

 

投稿者:代表社員 崎田 和伸

【事前お知らせ】 10月21日(金)の午後、臨時休業をいただきます。

2016年9月23日(金)

テーマ:お知らせ, 経営について

654987946

勝手ながら、再度、お知らせです。

 

10月21日(金)の午後、臨時休業をいただきます。
※午前中は通常通り、営業いたします。

 

10月23日は、弊社の創立記念日です。

23日が日曜日なので・・・今年は、10月21日の午後、皆でこもって、話し合います。


弊社(=行政書士法人 Asumia)の設立日は、平成24年10月23日。
約12年、個人事業として活動したうえでの法人化でした。

 

普段お手伝いしている、いわゆる、法人成りですね。
自分でも経験しているので、よ~~く、気持ち、分かります。

 

平成12年・・・「崎田行政書士事務所」として開業。
平成20年・・・「ひろしま中央行政書士事務所」(R)に名称変更(個人事業)
平成24年・・・「行政書士法人 Asumia」(R)に法人化。(行政書士法人)

 

そんなこんなで、おかげさまで、今に至ります。

個人事業と合わせると、16年になります。

 

個人事業を開いたのが、わたしが27歳のとき。
資格を取ったはよいが、雇用している事務所がなく、仕方なく開業しました。

家族も親族も、資格業はもちろん、自営業すら皆無。
一族の異端児ですね(^_^;)

 

ともあれ、あれから16年。

依頼人さま、役職員、周りの皆さんのおかげで、なんとか在り続けています。

 

~~~

 

この創立記念日の午後は、役員と職員みなで、次のようなことを話し合いたいと思います。

 

・これまでの、そしてこれからの弊社のあり方について検証
・経営理念についての検証
・普段話せないことの話し合い等など

 

臨時休業中のご連絡について、

翌営業日の電話折り返しまたはメール返信とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくご理解のほど、お願い申し上げます。

 

~~~

 

こちらの画像は、数年前、最終的には皆で話し合って決めた経営理念です。

rinen201401-28-2


説明ページはこちら ↓
http://e-jimusho.com/rinen.html

弊社の活動のほとんどは、このためにあります。

 

今までの経営的な失敗を踏まえて、これからは、できるだけ失敗しないように、遠回りしないように、最短距離で、実現したいなぁと思っております。
経営ではいつも失敗してばかりですので(-.-;)

 

創立記念日に、普段できない話まで突っ込んで、一生懸命話し合って、パワーアップしたいと思います。

 

普段の繁忙は、嬉しいことですが、各人から根っこを忘れさせる大きな原因にもなります。
注意して、注意しているところです。

 

ということで、ご迷惑をおかけしますが、よろしくご理解、ご協力のほど、お願い申し上げます。

 

~~~

 

最後に・・・
弊社は、「激動な」事務所です。

 

・何をやっているのかワケ分からなかった時代
・離職率高の時代
・倒産の危機の時代
・事務所の中の役割を明確化して、選択と集中を行った時代
などなど・・・。

いろんな時代、場面を経て、今があります。

 

最近、やっと、落ち着いたような気がします。でも気は抜けません。

 

みんなの、依頼人皆さま、協力いただける方々のおかげです。

 

読んでいただいたあなたに感謝します。

 

投稿者:代表社員 崎田 和伸

【経済誌掲載】 都心のシェア・レンタルオフィスとの提携

2016年9月22日(木)

テーマ:お知らせ, 起業、会社設立TIPS

6954798794564

6498794

 

このたび、東京都千代田区の九段下駅のすぐそばにある、シェアオフィス運営会社さんと提携させていただきました。

ナレッジソサエティHP (PCの方は新しいタブが開きます)

そのことを、広島の経済誌「経済レポート」に掲載いただきました。

 

今回掲載いただいた記事がこちらです ↓

14317600_1243583759026551_6874646547243858315_n

経済誌の表紙はこちら ↓

%e7%b5%8c%e6%b8%88%e3%83%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%8820160920_01

 

社長さんと昔からの知り合いでしたので、いつかはと思っていました。

やっと実現しました(^_^;)

 

今回の提携ですが、主には・・・

中国五県で、地道に頑張っている事業主、中小企業経営者のあなた向けです。

 

・東京の中心部に拠点が欲しい

・〃にサテライトオフィスが欲しい

 

というあなたのための連携になります。

 

ナレッジソサエティを使えば、安価に持てます。

バーチャルオフィスメンバーであれば、月3,500円(税別)~です。

 

東京に拠点があれば、名刺に書けます。

ウェブサイトに書けます。

会社案内に書けます。

業種によりけりですが、書くことで、受注につながる場合があります。

つまり、ブランディングです。

 

あ、東京出張の折には、拠点として、会議室等、いろんなものを使うことができますよ。

使いたいものを、都度、料金を支払って使うことになります。

詳しくは、料金表をご覧ください。(パソコンの方は新しいタブが開きます)

 

なお、弊社を通じての申し込みであれば、入会金が割引になります。

 

バーチャルオフィスメンバー

・・・入会金15,000円→50%OFF

シェアオフィスメンバー

・・・入会金30,000円→50%OFF

 

都心に拠点を持ちたいというときは、おっしゃってくださいね。

電話:082-569-5320(行政書士法人 Asumia)

お問い合わせフォーム

 

投稿者:代表社員 崎田 和伸

 

【経営業務というもの】 決めなきゃいけないこと、多すぎ。

2016年9月15日(木)

テーマ:経営について

08080890

 

弊社は、9月末が決算です。(=毎年10月1日~9月30日)

ただいま9月。

 

9月の特徴として・・・

1.考えなければならないことが増えます。

2.経営面で打ち合わせが増えます

 

つまり、『経営業務』が増えます

 

上の画像は、役員とわたしとの会議で使っている議事録です。

グーグルのスプレッドシートを共有しながら。

あまりにリアルで生々しいので、議題は塗りつぶしております(^_^;)

ほんの一部です。こんな感じのが、画面の下にスクロールすると、ずっと続きます。

 

画像下にタブがあるのをご覧いただけると思いますが、毎月、毎月、です。

特に決算前は、来期からのことも議事に入りますので、増えます。

 

~~~

 

とにかく、決めなきゃならないことが多すぎ(TдT)。

 

たぶん、5人までの運営なら、ここまで決めることは多くないです。

トップダウンでゆくのが馴染みます。わたしもそうでした。

 

10人以上の運営でも、ここまで決めることは多くないです。

権限がはっきりせざるを得ないから。(予想)

 

そして、弊社みたいな、

6人以上、10人未満が最も

「都度、都度、判断しないといけないことが多くなる規模なんじゃないか?」

と思ったり、します。

 

わたしは役員ですが、もう一人の役員と、この時期、よ~く、話し合っています。

 

~~~

 

この「経営業務」って、従業員には分かりにくいものです。

何やっているか、見えません。

特に役員の会議ですね。

 

事務所ではやりません。

というか、できません。

別に秘密裏にやりたいわけではなくて、プラスのことも、マイナスのことも、現在のことも、将来の雲をつかむようなことも話し合うので、こんなの事務所でやったら、大変。

事務所が混乱して仕方ない状態になること、明白。

 

過去にやって大混乱したことがあります。

経営者として、「なんでもオープンにしなきゃ!!」と思うお年ごろがありまして・・・(-_-;)

で、あまりに混乱し、自分自身も「あれ何を決めていたんだっけ?」と分からなくなるくらい、事態収拾作業に追われましたので、

あれからは、「クローズな部分はクローズで、オープンなところはオープンで」という方針でさせてもらっています。

ほんと、わたしは七転び、八起きです。

 

会議では、決めなければならない。

AかBか、選ばなければならない。AもBも、は許されません。

小さいことも、そうでないことも、選択しなければならない

 

この「選択」というものを、会議のたび、やっているわけです。

「AもBも決めない、なんとなくでOKだよね~」でいければ、こんな幸せなことはありません。

でもそういうわけにはゆかない。

 

ただ、元も子もない話かもしれませんが、議題を挙げて、選択してゆくことが正解ではないかもしれないです。

「あれ決めなきゃ、これ決めなきゃ」と話し合うことなしに、何~となく進むことが正解の時もある。

あえて放置のほうがいい結果を生むときがある。

 

議題を挙げて選択するのは、えてして「変化」を生みやすい。

その変化が良いことなのか?

変化するべき時期なのか?

改善なのか、改悪なのか?

これも、とっても大切だと思います。

 

どんなものでも、事業を運営してゆくのって、不思議ですね。

 

~~~

 

ともかく、弊社は、「議題を挙げて話し合い、選択する」という、これまた選択肢を選んでいるわけで・・・これで進みます。

 

来期は、「権限」というものにスポットライトを当ててゆきます。

権限と、それに伴う責任を明確化して、「選択」というものを「事務所の方向性に沿う姿」に落とし込んでゆきたいと思います。

選択が間違うこともあるでしょうが、そんなときは軌道修正するしかないです。

 

一歩一歩、ゆっくり、ゆっくり、歩いてゆくのみ。

転びながら、起きながら。

 

投稿者:崎田 和伸

 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
吉日(法務局受付日)
最近の吉日
2018年(平成30年)
8月
一粒万倍日:
6日(月), 7日(火),
24日(金), 31日(金)
大 安
15日(水),27日(月)
先 勝
1日(水),7日(火),
17日(金),23日(木)
9月
一粒万倍日:
5日(水), 13日(木),
20日(木), 25日(火)
天赦日
13日(木)
大 安
13日(木), 25日(火)
先 勝
4日(火), 21日(金)
10月
一粒万倍日:
2日(火), 29日(月)
大 安
1日(月), 11日(木),
23日(火), 29日(月)
先 勝
3日(水), 19日(金),
31日(水)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
サービス内容
 
会社設立・法人設立代行
許可の取得・変更等
資金調達サポート
経理会計サービス
契約書・規約作成代行
相続手続き、遺言書作成
 
お客様サポート制度
 
 
Asumiaならでは
 
 
会社案内
 
 
よくあるご質問
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ