崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

存在する意義 

2016年7月15日(金)

テーマ:お仕事に対する考え方

HJ170_L

 

先日、ある相談者さまがお越しになりました。

その時に思ったこと、書き留めておきたいと思います。

 

その方は、建設業の一人親方。

下請構造の真ん中に位置する個人事業主です。

 

構造の一つ上の会社に騙され、売掛金の回収ができない。

ある日、その会社は無くなった。

でも下請けや仲間の分は絶対に払ってやりたい。

がんばって、がんばって、現場をこなし、汗を流し、お金を作って、全部支払った。

 

確定申告するのに、毎月、税理士に帳簿を持って行った。

毎月2万円以上支払った。決算の時期には10万以上支払った。

でもある日、税理士からの連絡が途絶えた。

事務所へ行ったら、事務所が無くなっていた。

預けていた伝票も無くなっていた。

 

それでも頑張った。

そして彼は言います。

「少し落ち着いたので、今度は大きな仕事をするために、会社にしたい」。

「社長になって、皆が幸せになる会社にしたい」。

 

わたしは彼に言いました。

「もう大丈夫。一緒に歩いてゆきましょう。」

わたしはちょっと涙ぐんでいました。不思議です。

 

 

あのね。その時、思ったんです。

ウチの法人は、この人をお手伝いするために存在しているんじゃないか、と。

 

「もう、大丈夫。」

この言葉を彼に言うために、ウチは存在しているんじゃないか?

この言葉を恒久的に実現するために、ウチは存在しているんじゃないか?

ずっとずっとそう在り続けるために歩き続けるだけ。

 

雨の日も、風の日も、嵐の日も、変わらず、がんばってゆこうかな。

この仕事をやってて良かった。

 

投稿者:崎田 和伸

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
サービス内容
 
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
会社案内
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ