崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

【1ヶ月が経ち】父の死から想う。

2016年2月24日(水)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事

行政書士法人 Asumia(読み方:あすみあ)は・・・
起業したい、起業して地道にがんばっているあなたのサポートに特化した事務所です。
広島県を中心に中国地方五県対応。


10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。


▽━━━↓↓ 本文 ↓↓ ━━━━▽

 

 

時は早いもので、父が亡くなって1ヶ月が経ちました。

正確には40日くらいです。

 

家族が逝ってしまうということ、多くの方が経験されてきたことだと思います。

皆さん、すごいですね。

喪失感を乗り越えて、一生懸命生きておられる。

改めて、畏敬の念を禁じえません。

 

~~~

 

父親の存在は、反発した時期があってもなくても、ものすごく大きいのですね。

喪失感たるや、半端じゃない。

これはわたしだけじゃなく、家族全員がそうです。

 

父の死で、心の中にふわっと浮かんでくるものがあります。

 

それは、「重り(おもり)の意味」。

 

晩年の父は、一言でいえば、「一族の重り」だったんじゃないか?

 

そして

家族も会社も何もかも、誰かが「重り」の役割を担っていて、その存在があって初めて成り立つんじゃないか?

とか、つらつらと想うのです。

 

当然といえば当然で、だからどうした?というお話なのですけども、考えてしまう。

 

重りは、大切ですよ。

 

父を「重り」という役割だけに限定して言っているわけではないのです。

いろんな存在意義の中の一つが、「一族の重り」だったということです。

 

生きているうちは、思いもよらないことです。

 

父の死で、ほんの少し、人生観が変わった気がします。

 

生きているうちに、その人の存在する意味を考えてみること

その人がいるから、何かが成り立っているということ

 

自分自身も、誰かの、どこかの存在意義になっている

その役割をどう考え、どう行動してゆけばいいのか

 

そんなことを考えています。

 

~~~

 

蛇足ですが、次のようにも思いました。

 

人の死を前に、だいたいのことは大したことじゃない(^_^;)

 

生きていると、目の前に起きたことで七転八倒してしまいます。

 

でも、右往左往せず、きちんと軸を持って生き、そして立ち向かってゆく勇気を、父はくれた気がします。

 

これからどう生きてゆくのか?

 

これを考え続ける機会も、父はくれました。

 

今日も忙しい一日が始まります。

 

あ~忙しかった~、で終わらず、噛み締めながら、生きないといけませんね。

 

今日は、つらつらとした投稿でしたね。

 

読んでいただいたあなたに感謝します。

 

投稿者 崎田 和伸でした。


△━━━↑↑ 本文 ↑↑ ━━━━△


・プロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html


・取扱いサービス
会社・法人設立代行、建設業界をはじめとする許認可申請代行、経理会計記帳代行、資金調達申請サポート。
一覧はこちら ↓↓
http://e-jimusho.com/gyoumu.html


=============


役職員の平均年令は35歳(だいたい)。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。


◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属

行政書士法人 Asumia(R) ※由来は「明日を見て歩く」の「明日見歩」です。
本店:広島県広島市東区光町2丁目6番41号 セネスビル4階
法人ウェブサイト:http://e-jimusho.com/
グループウェブサイト:http://asumia.jp/


◆Asumiaお客様サポートのご案内


弊社にご依頼中、または過去依頼いただいたことのある依頼人さま限定の無料相談サービスです。担当は、わたしです。
http://e-jimusho.com/support.html


◆士業向けメディア「スケダチ」にて、執筆させてもらいました。
  ↓↓
【全6回】地方都市圏で、士業事務所をゼロから始め、組織として運営する6つの方法
http://suke-dachi.com/suketto/544

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
サービス内容
 
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
会社案内
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ