崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

父の死に際して、想うこと。

2016年1月19日(火)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事


1月15日(金)、父 正則が他界しました。

通夜、葬儀が終わり、菩提寺の住職との今後の打ち合わせも終わらせて、昨夕、帰ってきました。

15日(金)他界
16日(土)通夜
17日(日)葬儀
18日(月)菩提寺で打ち合わせ

こういうスケジュールでした。

家族葬ではなく、一般葬です。
通夜、葬儀あわせて、おそらく200人以上の方が参列くださったと思います。
この場を借りて、お礼を申し上げます。

わたしの仕事関係の皆さまへ、父の他界をお知らせをしなかった無礼をお赦しください。ご心配、ご迷惑をおかけしないため、今回、社内通知のみとさせていただきました。

上の写真は、霊柩車の助手席から撮影したものです。
実家である三原市の葬儀場から出棺するとき。
わたしが喪主です。
怒涛の4日間でしたので、撮影はこれくらいしかできませんでした・・・。

妹たち、母も大変でした。
喪主だけでは絶対乗りきれませんでした。
この場を借りて、深くお礼を言いたいと思います。
ありがとう。

昨年4月に、365日、毎日ブログを書くことを決意しましたが、昨日までの4日間ほど苦しい投稿は、今まで経験したことはありませんでした。
まあ、それはそれとして・・・。

~~~

父は入院25日目で、他界しました。

わたしは長男です。妹が二人います。
母(=父にとっての配偶者)も祖母(父にとっての母)も健在なのですが、わたしが喪主を務めました。

臨終を医師から通告されるその時から、悲しみはほとんどありませんでした。
ドラマで観るような「★時★分、残念ながら、ご臨終です」という、あれです。

その言葉が医師から出た瞬間、
思考回路の中に、「悲しむという余白」がない状態となりました。
一種の戦闘状態ですね。

・どこの葬儀場を選ぶか?
・遺体を自宅に運んで安置するのか、葬儀場に安置するのか?
・葬儀の費用をどれくらいで済ませるのか?

などなど、葬儀の初動について、ワシがやらずに誰がやるんだ!という感じです。
喪主を務めたことのある方は、実感としてお持ちかと思います。

~~~

死去当日、そして翌日の通夜、そのまた翌日の本葬、菩提寺での打ち合わせ。
怒涛の4日間でした。

気持ち、時間的な忙しさもあり、涙というものが流れるのは、あまり無かったです。

喪主、いや、妹たち含めて、家族は、こんな感じなのでしょうね。
葬儀に出席した近い親族も大変だったと思います。

ただ、昨日の晩、6歳息子と風呂に入っているとき、息子が涙ぐんで、言うんです。

じいじ(わたしの父)が死ぬということは、ボクにとってはお父さんが死ぬということなんだよね。絶対嫌だ。

いや~ツボでした。
すっぽりハマりました。

やっと、思い切って、涙が出せましたね・・・(^_^;)

その時、思い出したシーンがあります。

生前、わたしが実家に帰ったとき、父は決まって「おう」といい、わたしも「おう」と言っておりました。

この「おう」という言葉はたった二文字ですが、たくさんの意味が込められていた気がします。

少なくともわたしと父の間では、暖かく、頼りがいがあり、何でも包み込んでしまう言葉でしたね。

この「おう」という、たった二文字に、何度救われたか分かりません。
今でも、「おう」と声が聞こえてきそうです。

この「おう」というシーンが浮かんできましたね・・・。

男と男、ならではかもしれません。

~~~

今この瞬間も、普段も、平素どおりです。
悲しんでちゃ、おまんま食えません。
父も望んでないと思いますし。

ということで、今日から、通常業務に戻らせてもらっています。
社内には、苦労をかけましたし。

提携の話し合いあり、業務の打ち合わせあり。

濃い時間を過ごさせてもらっています。

~~~

そういえば、父の看病中、意識が戻った父から、妹が言われたそうです。

いい葬式にしてくれて、ありがとうな」。

意識を失っているとき、未来に行って、自分の葬式を見てありがとうって言ってくれているものと思いたいです。

せっかくの経験をさせてもらったので、近々、このブログでは、
喪主を務める人のための「やって良かったこと」「失敗したこと」「改善すべき点」
を書いてみたいと思います。

「んまあ、お前の好きにせいや(=しろや)」

そんな言葉が口癖の父でしたし、後に続く「喪主」の人たちの役に立つのは、喜ぶと思います。

~~~

重複しますが、最後に一言添えさせて下さい。

今回わたしの仕事関係の皆さまへ、父の他界をお知らせをしなかった無礼をお赦しください。ご心配、ご迷惑をおかけしないため、今回、社内通知のみとさせていただきました。
もし差支えなければ、今後、お気遣いなきよう、お願いいたします。

ということで、長々と書いてしまいました。

悲しみ系のブログ記事は、今日限りです。

明日からも、365日、ブログ更新してゆきますね。

今日は、読んで下さって、心から、御礼申し上げます。

崎田 和伸


トラックバックURL :

 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
吉日(法務局受付日)
最近の吉日
2018年(平成30年)
10月
一粒万倍日:
2日(火), 29日(月)
大 安
1日(月), 11日(木),
23日(火), 29日(月)
先 勝
3日(水), 19日(金),
31日(水)
11月
一粒万倍日:
1日(木), 13日(火),
14日(水), 26日(月)
天赦日
28日(水)
大 安
9日(金), 15日(木),
21日(水)
先 勝
6日(火), 29日(木)
12月
一粒万倍日:
10日(月), 21日(金)
大 安
3日(月), 7日(金),
13日(木), 25日(火)
先 勝
21日(金)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
サービス内容
 
会社設立・法人設立代行
許可の取得・変更等
資金調達サポート
経理会計サービス
契約書・規約作成代行
相続手続き、遺言書作成
 
お客様サポート制度
 
 
Asumiaならでは
 
 
会社案内
 
 
よくあるご質問
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ