崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。

2015年3月11日(水)

テーマ:経営について

━━ ↓ ご依頼の多いサービス ベスト3 ↓ ━━

・会社、法人設立
広島県全体の実質7.9パーセントにあたる設立をお任せいただいています!(※1)
・建設業許可
広島県全体の実質7.2パーセントにあたる建設業許可取得をお任せいただいています!(※2)
広島建設業許可・登録代行センター

・経理会計記帳代行
ご依頼の伸び率218パーセント!(※3)
広島経理・会計代行センター

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●



愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

わたしが働く中で、根っこに近いところにある言葉です。

言ったのは、ビスマルクさん。昔のドイツの宰相です。
ウィキペディアの情報がこちら↓↓
http://goo.gl/JdHNq1

~~~

2000年に行政書士として起業してから、生き方、ビジネス界での身のこなし方、事業展開もろもろ…
その多くで愚者」でした。

全部、自分の頭の中の広さだけで判断し、動いてきた。

そんな自分が、起業して15年経ったいま、思うんです。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶだな~、と。

自分の知識や経験だけを拠り所(よりどころ)に判断することって、いや~危険だな~と。

普段、肝に銘じているところです。

~~~

最近、新しくわたしの部下になった女性がいます。

その部下に、今日、質問してみたんです。

わたし:「突拍子のない質問だけど、なんで、ヨーロッパは、植民地を増やせたと思う?」

答えはこうでした。

部下の答え:
「軍事力ですか?、西欧の国同士、競ったからですか?」

教科書的には、正解かもしれませんね。
正解かどうかは知りません(^_^;)

何はともあれ、わたしは、違うと思うんです。

~~~

ヨーロッパは、歴史を何層も、何層も、地層のように積み重ねてきました。

その多くを記録し、書籍化し、人ひとりの人生で消えてしまうようなこと(=経験)を体系化していた。

ローマの哲学者の考え方も、法律も。
失敗事例も、成功事例も。

膨大な知識と経験を、積み重ねていた

その「結果」が、先進文明であり、軍事力に過ぎません。

~~~

他方、植民地とされた国々の多くは、自分ひとりの狭い知識や考え方で、戦った。
ないしは、積み重ねられたものが、攻めて来た側と比べると、圧倒的に薄かった。

積み重なる知恵を、紙に例えると・・・

ヨーロッパは、紙の束で、戦った
バシンバシン!とね。

「昔、たしか、★伯爵は、◆の方法で失敗していたな~」
「統治するんなら、こういう方法がいいね~」
「戦い方は、こうしないとね」
という感じです。

植民地とされた国は、紙1枚で戦った。ないしは、紙 数枚で戦った。
ペラペラです。
積み重ねが少ない状態で、対応していた。

結果、負けた

ヨーロッパ諸国が勝った後は、先人の知恵に基づいた統治機構ができあがり、長く、植民地として、ヨーロッパ諸国に都合が良い形で「繁栄」した。

~~~

上の質問と答えについて。

わたし:
「なんで、ヨーロッパは、植民地を増やせたと思う?」

部下の答え:
「軍事力ですか?、西欧の国同士、競ったからですか?」

わたしの答えは、

「軍事力でもない」
「競ったからでもない」。

ヨーロッパが植民地を増やせた理由、それは、

自分の経験のみに頼ることなく、先人の歴史に学んだから

歴史を積み重ねることを重要な要素として考えていたから


軍事力は、その結果にすぎない。

競ったのは、状況、環境にすぎない。

というふうに、偉そうだとお思いかもしれませんが、思うんです。

~~~

今、わたしはどうか?

・自分自身で考えます。

・自分の経験から、成功するかどうかを考えます。

そのうえで

・成功事例や失敗事例が無いか、
貪欲に、探します。(本、ネット、人に会う)

集めた事例の中から、事業の方向性等を考えます

・先人の知恵を得るための機会があれば、参加します。


一例として・・・

今月、東京へ行きます。成功事例を、血眼になって、探してきます。

TERACOYA forサムライ
http://teracoya-samurai.com/

なぜか、ブースで講演しないといけないようになっているんですが、基本的には、「成功事例を、血眼になって、探してきます」。(^_^;)

※講演、きっちりとさせてもらいます!


~~~

でも、一生懸命、探しても、偉そうに書いても、失敗します。

(1)
ただいま、求人活動まっさかりで、今日も面接でしたが、前回の求人※では、人が来ず、失敗しました。
※マーケティングに関する業務内容で人を募集した。今は、実務の補助者募集です。

現時点の求人情報はこちら ↓
http://e-jimusho.com/hojosha.html

(2)
先日、本当に有り難い提携話をいただきました。
誠実にお話をしていただいて、じっくり考えました・・・。
結果的に、お断りしてしまいました
これで良かったのかな、失敗なのかな。
ほんま、ええのかな~。

~~~

そんなこんなで、一日、一日、少しずつ、進んでいます。

新しく部下になった職員と同じです。

いつもうまくいかない。

でも、少しずつ。

以上、愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ


投稿者 崎田 和伸でした。


プロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html


※1 平成25年10月~平成26年9月。広島県内の「株式会社」「合同会社」「一般社団法人」の総設立数に対し、広島県内の専門家への依頼は全体の2分の1を想定した数値です。法務省の商業登記統計を元に計算しています。
※2 平成25年10月~平成26年9月。広島県内の行政書士への依頼体の3分の2を想定。
※3 平成25年2月と平成26年9月の当社受任数の比較です。


=============

役職員の平均年令は30代前半。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。

◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属
行政書士法人 Asumia(R)
※読み方:あすみあ
※漢字では:明日見歩

総合窓口ウェブサイト:http://e-jimusho.com/

◆無料ニュースレターのご案内

無料ニュースレター(電子メール版)
、ぜひご購読ください。

バックナンバー、説明はこちら ↓
http://e-jimusho.com/newsle.html

【完全無料】 登録画面はこちら ↓↓


◆Facebookほか

・Facebook(崎田 和伸)
https://www.facebook.com/kazunobu.sakida
※お気軽に友達申請ください。わたしと知己でない場合、できましたら自己紹介のメッセージをつけてくださいね。

・当法人Facebookページ
https://www.facebook.com/gyouseishosi
※ぜひ「いいね」ください(^^)

トラックバックURL :

 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
吉日(法務局受付日)
最近の吉日
2018年(平成30年)
2月
一粒万倍日
1日(木), 14日(水),
19日(月)
天赦日
1日(木)
大 安
9日(金), 20日(火)
先 勝
5日(月), 16日(金),
22日(木), 28日(水)
3月
一粒万倍日:
23日(金), 30日(金)
大 安
16日(金), 20日(火)
先 勝
12日(月), 22日(木),
28日(水)
4月
一粒万倍日:
4日(水), 5日(木),
17日(火), 26日(木)
大 安
13日(金), 18日(水)
先 勝
9日(月), 20日(金),
26日(木)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
サービス内容
 
会社設立・法人設立代行
許可の取得・変更等
資金調達サポート
経理会計サービス
契約書・規約作成代行
相続手続き、遺言書作成
 
お客様サポート制度
 
 
Asumiaならでは
 
 
会社案内
 
 
よくあるご質問
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ