崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

“動いていないと不安で仕方ない貧乏”に気をつける。

2017年7月25日(火)

テーマ:経営について

ILM14_AA02060

 

久しぶりに「経営について」というカテゴリで書きます。

いや~久しぶりです。

いつもながら、好き放題かきます(^_^;)

 

タイトルは

“動いていないと不安で仕方ない貧乏”に気をつける

 

 

 起業家の当たるべき壁?

 

 

起業間際、いや、経営の期間は関係ないですね、

動いていないと不安で仕方なくて、

動けば動くほど、資金が減ってゆく

ということがあります。

 

わたしもこれに悩みましたし、これからもあるかもしれません。

 

口座の残高が減ってゆき、焦りの気持ちは増すばかり。

夜、眠れない日も出てきます。

 

「起業家の当たるべき壁」という方がおられますが、納得できる点があります。

ただ、この壁、当たらなければ当たらないほうが良いです。

 

 

 名言

 

 

貧すれば鈍する」。

どこかで聞いたことありませんか?

 

これ名言ですね。

独立して、自分でやっていく時にピタリと当てはまる言葉だと思います。

 

以前から何度か書いていますが、

経営者の心の残高=通帳の残高

 

通帳の残高が多ければ、うまくいく可能性が高くなります。

少なければ、廃業、転職の可能性が高まります。

 

当たり前?

そう、当たり前です。

 

でも、深~~い、当たり前。

やってる当人は、気づきません。

 

事業は、現金(預金)があるかぎり、倒産しませんよね。

なくなったら、おしまい。

これは簡単な理屈ですね。

 

ここでいう”廃業、転職の可能性”とは、

通帳の残高が少ないときは、受けてはならない仕事を受けてしまい、本来、付き合うべきでない顧客に経営上のリソースを使い消耗してしまい、付き合うべき顧客と付き合わない(付き合えない)という現象が出ること

を指します。

 

世の中には、お付き合いするべき顧客と、そうでない顧客が存在する

わたしは、そう思っています。(語弊あることわかってますよ)。

 

通帳の残高を増やしてくれる(=適正かつ順調な利益を上げることができる)のは、

間違いなく、お付き合いするべき顧客です

 

お付き合いするべき顧客とは、「あなたにとっての」です。

あなたの定義する「顧客になってほしいのはどんな人?」によります。

 

 

 だから、気をつける

 

 

起業間際や、起業後しばらく経っても、

動いていないと不安で仕方なくて、

動けば動くほど、資金が減ってゆく

という現象が出てきます。

 

だって、不安なんですから。

まず動く!

これしか選択肢がないです。

 

でもそこで、ちょっと立ち止まって考えてみて下さい。

・それは本当に動くべきこと?(貴重な時間と労力、経費を使って)

・それは本当に業績に利すること?

・それは実現したい方向にもってゆくために必要なこと?(できるだけ長い目線で)

 

「業績」という単語が出てきましたね。

どんなことでも良いのですが、すべての行動は、

「業績」につながっていなければならない

と思います。

 

どんな美辞麗句を並べても、業績がなければ、ただの絵空事。

どんな崇高な理念があったとしても、業績がなければ、ただの自己満足。

 

厳しいかな、これが独立であり、起業です。

 

独立、起業は、自由。どこまでも自由。

だからこそ、結果が出ないと許されない。

 

 

 対策

 

 

「動いていないと不安で仕方なくて、動けば動くほど、資金が減ってゆく」。

そして

「貧すれば鈍する」

という状態にならないために、いくつか、対策を考えてみます。

 

◆1つ目

「これって本当に必要なこと?」を常に自分に問う。

 

夢中でやっている時でも、考える。必要であればやるし、必要でなければ途中でもやめる。

撤退できる人は、勝ちます。

 

◆2つ目

現金(預金)の残高が減らないよう、気をつける

 

利益が出ないと現金(預金)は増えませんよね。ここで言う「残高」は、融資でも構いません。

というか、融資を受けずに現金(預金)の残高を減らさない高度な技は、起業間際、起業後しばらくは難しいと思います。

経営は、いくら投資していくらリターンを得るか、ですよね。

投資すれば口座残高は減ります。口座残高を減らさずに増やそうとするのは、実はすごく高度な技なんです。

通常、投資なしでリターンを得ようとしても、無理な話です。

 

◆3つ目

勉強する」。

 

マーケティング、会社運営、経営戦略のことを勉強しましょう。

 

遠くへ行って、セミナーを受けまくらなくても良いです。

旅費、宿泊費を出して時間も使って受けるセミナーは、時には良いでしょうが、「動いていないと不安で仕方なくて、動けば動くほど、資金が減ってゆく」につながりやすい行動です。

 

 

近くの本屋さん、amazonで十分。

本を読みましょう。

 

本は、薄い内容から濃い内容まで、多岐に渡ります。

わたしは、できるだけ「原理・原則」を解説しているものをお勧めしています。

 

原理・原則、といっても、経済原論の本ではないですよ。

経営への「考え方」「向き合い方」「方法を決めるための手法」を教えてくれる本。

 

例えば、

経営の神様と呼ばれる先人たちの本ですね。

(松下幸之助さん、稲盛和夫さん、ピーター・F・ドラッカーの本など)

 

それから、「金持ち父さん・貧乏父さん」とか。

これも立派な原理・原則だと思います。

わたしもそうですが、学校でお金の勉強していませんよね。

 

学生時代の”勉強する”は苦痛の代名詞でしたが、経営者になってからの”勉強する”は、全く「臨む姿勢」が違ってきますよね。真剣そのもの、です。わたしは少なくともそうです…(^_^;)

 

 

 業績を考える先にあるのは…

 

 

業績を考える「先」にあるのは、実は「顧客」です。

業績を考えることは、顧客を考えることにつながる。

 

業績を考える「根っこ」かもしれません。

 

偉大な経営者・経営学者の多くが共通して言っています。

 

例えば、ピーター・F・ドラッカーは次のように言っています。

企業の目的は顧客の創造である」と。

 

そして、こんな質問をされています。

あなたの顧客は誰ですか?」と。

 

深いですね、ほんと。

 

 

 最後に

 

 

最後に少し…。

無駄なこともしましょう

 

ここまで書いてきて何だ!?とお思いかもしれませんが、”無駄”も必要だとわたしは思います。

ギチギチ、というか、キッツキツでやってると、心が疲れます。

 

無駄なことも時々する。

これでバランスが取れるんでしょうね。

最近つくづく、思います。

 

以上、好き放題、書いてきました…(^_^;)

 

“動いていないと不安で仕方ない貧乏”に気をつける。

わたしも気をつけます。

 

投稿者:崎田 和伸

トラックバックURL :

 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
吉日(法務局受付日)
最近の吉日
2018年(平成30年)
9月
一粒万倍日:
5日(水), 13日(木),
20日(木), 25日(火)
天赦日
13日(木)
大 安
13日(木), 25日(火)
先 勝
4日(火), 21日(金)
10月
一粒万倍日:
2日(火), 29日(月)
大 安
1日(月), 11日(木),
23日(火), 29日(月)
先 勝
3日(水), 19日(金),
31日(水)
11月
一粒万倍日:
1日(木), 13日(火),
14日(水), 26日(月)
天赦日
28日(水)
大 安
9日(金), 15日(木),
21日(水)
先 勝
6日(火), 29日(木)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
サービス内容
 
会社設立・法人設立代行
許可の取得・変更等
資金調達サポート
経理会計サービス
契約書・規約作成代行
相続手続き、遺言書作成
 
お客様サポート制度
 
 
Asumiaならでは
 
 
会社案内
 
 
よくあるご質問
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ