崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

中小零細企業が信頼性をプラスオンするために必要な1つの要素

2015年10月28日(水)

テーマ:起業、会社設立TIPS

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。広島県を中心に中国地方五県対応。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

中小零細企業が信頼性をプラスオンするために必要な1つの要素」というタイトルで、今日は書いてみます。

わたし、コンサルタント志向ではないので、今日の記事は、「中小零細企業の手続や会計のサポートをする中で、また弊社自身が経営する中で感じたこと」だとご認識くださいね。

早速、1つ、賞状みたいなものをご覧下さい ↓



↑↑ 

これは、弊社の商号を商標登録した際の登録証です。
行政書士法人 Asumiaの「Asumia」ですね。

あ、専門の人が見たら、もっといいカタチで登録したら?なのですが、そこはご容赦ください(^_^;)

今日のお話は、「中小零細サービス業」や「中小零細の会社全体」もそうですが、
商標登録、お勧めします!です。

商標登録は、弊社は、サービスとして行っていません。
「弁理士」という士業のお仕事になります。
だから、営業ではありませんし、好き放題、言えます(^_^;)
実際、過去にも言ってきました。

~~~

個人事業を含めた中小零細企業は、一般的に、信頼性が薄い

これは、弊社含めてです。

見る人によって違いますが、
基本、どこの馬の骨とも分からない状態(-_-;)

購入するかどうか、頼むかどうかは、この
信用できるか?にかかっている
と言っても過言ありません。

もちろん、営業力とか、人柄とか色んな要素が組み合わさってのことですが、
パッと見、信用性があるか
は重要な要素だと思います。

これは
ブランドをいかに作ってゆくか
にもつながることだと思います。

個人事業の場合は、「じゃあ法人成りしたら?」という話になるのですが、そうもいかないケースもあると思います。

法人化している方も、法人成りからしばらく経って、いまいちパンチが弱いと感じている人がおられるのではないでしょうか。

~~~

わたし、そこでお勧めするのが、商標登録

言葉よりも、ちょっと見ていただいたほうが良いでしょうね。

こちらをご覧ください。

例として、弊社の名称です。

自社の社名で説明するのはどうかと思うんですが、ご容赦ください。
話題が商標登録の話なので、第三者の商標を出すわけにもいかず・・・(-_-;)

3つで比較します。

(1) ただ社名を書いただけのもの ↓↓



(2)登録商標の証である「マルアール」をつけたもの ↓↓



(3)商標登録しているのをあえて書いたもの ↓↓




※厳密には、もう少し違う風に配置する必要があると思いますが、わかりやすさを第一にしたので、ご理解下さい。(弁理士のみなさまへ)

~~~


どうでしょうか。

(1)よりも(2)、(2)よりも(3)のほうが、
なんか、信頼できる感じ…
という風に見えませんか?微妙ですか・・?

ともかく、このパッと見が大事(^_^;)

ブランドは、一瞬で見たときの感覚、感想が極めて重要です。
第一印象が、その後の関係の8割を占める、とか言いますね。

大企業では、このブランドイメージのために、数千億円もの投資をしています。
CMとか、顕著ですよね。

補足ですが、
サイト上では、登録証もリンクを貼る

リンクをクリックすると、これが開く。 ↓↓



いや~なんだか、
どこかに認められたように見える・・・。

不思議だ。

~~~

商標登録は、本来、「独占使用権」です。
その名称を、一定の分野において、独占的に使うことができる権利。

わたしはこの権利は、中小零細企業においては、「おまけ」程度にしか考えていません。

弊社含めて、中小零細企業は、争う資金も余裕もないですから、肩肘はっても、しかたない。

確かに防御にはなります。ですけど、防御のための登録は、費用対効果が合わないケースが多いと思います。これは、おまけ程度に考えるべきでしょう。

とにもかくにも、わたし、商標登録は、
中小零細企業にとっての信頼性向上に使えるんじゃないか?
と思っているわけです。

~~~

ちなみに、弊社が所属しています、あすみあグループの名称も登録しています ↓



~~~


商標登録するには、ある程度の費用がかかります。
たぶん、地方の弁理士さんで、登録完了までに、たぶん、20万円くらい。
期間は、半年~1年ってところでしょうか。

この20万円。
高いか安いかは、あなたの判断しだいです。

わたしは高くないと思ってます。
10年ごとに、更新料がかかりますが、わたしは、それもペイできると思っています。

参考)商標制度の概要(特許庁)
※パソコンの方は新しいタブが開きます。
https://www.jpo.go.jp/seido/s_shouhyou/chizai08.htm

~~~

弁理士のご紹介を希望の方は、おっしゃってください。
話しやすい、親身になってくれる方を紹介いたします。
見積りをもらってから、手続を頼むかどうか、決めてください。

参考)弊社ウェブサイト「よくあるご質問」から
どの士業に相談すればいいですか?
http://e-jimusho.com/faq.htm#shigyo

以上、
中小零細企業が信頼性をプラスオンするために必要な1つの要素
でした。

要素とは、いわずもがな、「商標登録」ですね。

個人事業の方、中小零細企業の方。
ぜひ一度、検討なさってみてください。

今日も、読んでいただいたあなたに感謝します。


投稿者 崎田 和伸でした。


・プロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html

・取扱いサービス
会社設立代行、法人設立代行、建設業許可申請代行、産廃許可、古物許可、酒類販売免許、宅建免許などの許認可申請代行、
創業融資申請サポート、経理会計記帳代行など。

一覧はこちら ↓↓
http://e-jimusho.com/gyoumu.html

=============

役職員の平均年令は35歳(だいたい)。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。

◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属
行政書士法人 Asumia(R) ※由来:明日見歩
本店:広島県広島市東区光町2丁目6番41号 セネスビル4階
窓口ウェブサイト:http://e-jimusho.com/

◆Asumiaお客様サポートのご案内

弊社にご依頼中、または過去依頼いただいたことのある依頼人さま限定の無料相談サービスです。担当は、わたしです。

◆Facebookページ

・当法人Facebookページ
https://www.facebook.com/gyouseishosi
※むちゃくちゃ励みになります。ぜひ「いいね」ください(^^)

トラックバックURL :

 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
吉日(法務局受付日)
最近の吉日
2018年(平成30年)
7月
一粒万倍日:
13日(金), 25日(水)
大 安
2日(月), 24日(火),
30日(月)
先 勝
10日(火), 20日(金)
8月
一粒万倍日
6日(月),7日(火),
24日(金),31日(金)
大 安
15日(水),27日(月)
先 勝
1日(水),7日(火),
17日(金),23日(木)
9月
一粒万倍日:
5日(水), 13日(木),
20日(木), 25日(火)
天赦日
13日(木)
大 安
13日(木), 25日(火)
先 勝
4日(火), 21日(金)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
サービス内容
 
会社設立・法人設立代行
許可の取得・変更等
資金調達サポート
経理会計サービス
契約書・規約作成代行
相続手続き、遺言書作成
 
お客様サポート制度
 
 
Asumiaならでは
 
 
会社案内
 
 
よくあるご質問
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ