崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

ビジネス書の根底に流れている思想【5つ】

2020年7月18日(土)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事, 経営について

ビジネス書。

多い少ないはあるでしょうが、読んだことはある方がほとんどかと思います。

ビジネス書とはビジネスに関連した本を指します。
経営、マーケティング、経済、自己啓発など、ジャンルは多岐に渡ります。


最近ビジネス書そのものについて考える機会があり、気づくことがありました。
今回はその気付きについて書いてみたいと思います。

題して「ビジネス書の根底に流れている思想【5つ】」。
一応、ビジネス書と25年くらい付き合っている者のいち意見として捉えていただければ嬉しいです。


ビジネス書で言っていること、言い換えると
底辺に流れる思想はこれら【5つ】ではないか?と思うんです。

つまり

1.とにかく、
2.知恵を獲得しろ
3.あれこれ考えるな、習慣にしろ
4.本質を見抜け
5.「いま」にフォーカスしろ

この5つです。

本によって言っていることは様々。
テーマも様々です。

でも伝えたいことは上の5つのいずれかに当てはまるのではないか、と思うのです。
少なくて1つ、多くて5つすべてが当てはまる本もあります。


◆1.とにかく、

あれこれ考えなくていい、とりあえず始めろ、ということですね。
でも…とか、だって…とか、あれをってから…とかじゃない。
まず始めてみなさい、と。

仏教用語に「知覚動考」というものがあります。
「知って、覚えたら、動きながら、考える」という意味合いですね。これにすごく近い思想なのかな?と思います。

考えるなら動きながらでいいよ、と。

ちなみに、心理学でも似た用語があります。
「ベイビーステップ」。

完璧じゃなくてもいいので、まず始めることで結果的に継続しい、という意味合いです。
ろうとする気持ちは、気持ちから始まるのではなく、行動から始まる、という論理ですね。

あれこれ考えなくていい、とりあえず始めろ。
これが根底に流れていると思います。


◆2.知恵を獲得しろ

知識、情報ではなく、知恵を獲得しなさい、と言っているように思います。

知恵とは「物事の道理を判断し処理していく心の働き。物事の筋道を立て、計画し、正しく処理していく能力」です(Goo辞書)。

知識、情報はその多くが手段手法に関してであって、道理物事の筋道を説明するものは少ないです。
「知恵を獲得しなさい」とは、知識、情報にフォーカスし手段法にこだわるのではなく、その根底に流れる道理筋道にフォーカスすると良い、ということになります。

港町で食べ物に困っている人に、魚をあげるのではなく、魚の捕り方を教えなさい、という話があります。
この考えを少し堀り進めると、魚を捕る時に、知恵に近い「姿勢・考え方から学ぶ」ということになりますでしょうか。
どうしてその釣り方になったのか、もっと根底にある命をいただくことへの感謝について、といった内容になるのかな。

これに近いのかもしれませんね。


◆3.あれこれ考えるな、習慣にしろ

とにかくれ、に似ていますが「習慣」に焦点が当たった表現になります。
物事はモチベーションで続けるものではない、という現実が根底にあります。

モチベーション(大枠の意味で「る気」)は、無くなればそれまで。
鉄は熱いうちに打て、ということわざもありますよね。

一方、習慣というのは、そら恐ろしいくらいに強固で、継続性があります。
人生のほとんどは習慣化された行動で構成されている、と言っても過言ではありません。

習慣はモチベーションとは関係ないところで機能し続ける。
習慣はその多くで苦労を感じない。「よっこいしょ!」と、あえて立ち上がることもない。

これを利用しない手はない、というのが、ビジネス書で、暗に明に書かれていることです。

昔から、よく理由は分からないけども繰り返していること、ありますよね?
そして、その習慣の積み重ねがあなたを作り上げていると思います。良いこともそうでないことも。
私にもたくさんあります。

習慣にするための手段方法を考えることは必要かもしれませんが、それ以外のことは
あれこれ考えるのではなく、良いことと思ったものは習慣化してしまおう!ということかな、と。

習慣と似た考え方に「仕組み」があります。
経営に特化したビジネス書では「仕組み化しなさい」という考えが根底にあるものが多いですね。


◆4.本質を見抜け

世の中に流れる情報には、そのほとんどにおいて方向性が決まっています。
ベクトル、またはバイアスとも言いかえることができます。

テレビが顕著かと思います。視聴者が受け取る印象と、行動の結果としての視聴率によって放送される内容は決まってきます。
新聞も似ていますね。テレビの視聴率は、新聞では購読者数、継続率になりますか。

人は「揺さぶられる」感情に弱いと言われます。
恐れ、怒り、そして感動。(驚き、というのもありますが稀だと思います)

基本的には、この3つ(=恐れ、怒り、感動)が使われますね。
あと、人間の三大欲求も視聴購読の拡大に使われます。(睡眠欲求だけは意識を失うことなので利用は少ない)

メディア全体にいろんな目的もあって、それはイデオロギー販売数など多岐に渡ります。
世の情報のほとんどは、一定のバイアスがかかっている、と見て良いです。

個人的に面倒なのはイデオロギーですね。
テレビ局、新聞それぞれに右系、左系の思想があり、1つの媒体を意識せずに長期間接すると、思想が特定の方向に固まってしまいます。

ビジネス書においては「販売数」が最も大きい要素になりますね。
売れるであろう本しか出版されないのが通常です。
(いわずもがな、売れない本ばかり出すと出版社は倒産してしまう

だからこそ、本質は重要。(ビジネス書に限らず全般的に)

・悪い印象を与えたい対象について、良くない表情を紙面画面の表紙にする。

・インタビューのいち部分だけを切り取って報道する。

・スポンサーにとって都合の悪い情報は隠す。

・統計資料の都合のいい部分だけ抜き取って、主張に使う。

・読者が新鮮に思ってくれるだけの手法論旨に都合の良い資料を引用する。

・視聴者、読者に一定のイデオロギーを持ってもらいたいための放送、報道をする。

などなど。本質を見抜くのを妨げる例を挙げればキリがありません


最近ちょうど「あ~これか~」と思った例がありました。

年金積立金を運用するGRIFで、2019年度に最終的に8兆円強の損失を出した、というニュースがありましたよね。
これを聞いた人は、「何ってるんだ!将来どうするんだ!」と思われたのではないでしょうか。

これはまさに上で出てきた「恐れ+怒り」を使った報道になると思いました。

一次情報(ここでは統計情報)を見れば、ここ20年間に積み上がった収益額は57兆円、20年間の平均的な収益率も+3%前後であり、8兆円の損失が出ても、大丈夫、までは言い切りませんが、プラス分がまだまだ残っている状態です。損切りをしにくい公的資金にしては優秀な成績といえます。


そもそもですが、年金は現役世代が納めた分がそのまま受給者にいく形式ですよね。

年金支給に占めるGRIP運用分からの支出は3%~4%程度です
年金支給において、保険料と税金が95%以上を占めています。

あれ?と疑問に思いませんか。
「年金積立金を運用するGRIFで2019年度8兆円強の損失を出した!」と聞くと、年金すべての運用が危ない!という印象を持ってしまう。
怒り、恐れを感じる。

感情が揺さぶられる種類のネタを、効果的に放送、掲載している、という風に、私は感じます。
そのほうが視聴率購読率につながりますし、番組、記事的に「らしく」なる。

これは批判ではなく、むをえずそうなってしまう構造的な問題だと思います。

だからこそ、本質を見抜く必要があり、そのためには、技量、能力(リテラシーとも言われます)が必要となります。

良質に見える情報であっても、バイアスのかかった情報を鵜呑みにしない。
例えば、自分の価値観考え方、選択にとって大事な情報については、統計資料を見て、客観的な数値、目線から判斷する、といったことが必要となります。

ビジネス書ではその多くで「本質を見抜きなさい」という思想が根底にあると思います。

個人的には、商業出版5冊目あたりの著者さんの論旨は心地よいです。
バイアスかけないし、肩に力も入っていない。
読者としては、バイアスを疑わなくてもスムーズに読むことができる、とも言えますね。


◆5.「いま」にフォーカスしろ

ビジネス書の多くで【いまにフォーカスしろ】という趣旨の内容があると思います。

過去でも未来でもない、いまを見なさい、と。
過去は変えることができませんし、未来は未確定なことが多く、不安へと繋がります。

もう少し掘り下げるなら、過去のことを後悔まじりに悩んだり、未来への不安を感じるのではなく、
情報と知恵を獲得した上で【対策しておこう】ということかと思います。

過去の振り返りは、PDCA(計画・実行・評価・改善)の「評価」に必要な範囲で留め、過去への執着後悔はしない。


アドラー心理学で有名な岸見一郎さんは次のことを言っています。
「どうすれば人は幸せになれるか」
→「今ここを生きることである」

過去未来を手放し、今日という日を精いっぱい生きましょう、と言っています。

なるほど。そうだよなぁと思います。


以上、つらつらと書いてしまいました。
ビジネス書の根底に流れている思想【5つ】でした。

私よりもたくさん読んでいる人はいらっしゃることをわかった上で、生意気に所感を書いてみました。

 

投稿者:崎田 和伸

 

トラックバックURL :
 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
サービス内容
 
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
会社案内
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ