崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

テレビ・新聞と距離を置いて気づいたこと

2021年3月10日(水)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事

我が家では昨年、テレビをなくし、新聞の購読もやめました。(NHKも解約しました)

この状態でしばらく暮らしてみて、あることに気づきました。(最近、特に感じるんですよね)

それは・・・

テレビCMを流す企業の商品を買わなくなった

 

店頭で、ネットで、上場企業の商品を見ても魅力的に思わなくなりました。

テレビ、新聞のうち、テレビが深く関係しています。

 

理由をを考えてみると、当然ですが、これです ↓ ↓

テレビCMを見ないから。

 

15分おきに、俳優やタレントが笑顔で薦めるシーンに

接する機会がありません

なので、特定の商品や製品を見ても、CMから「かっこいい、綺麗、ほしい」など思う動機もありません。

 

また、感動的なドラマや番組、面白い番組の、最初や最後で

★★の提供でお送りします(しました)も見ません。

 

テレビを見る交換条件は、CMであり、スポンサーです。

スポンサーがあって番組が成り立っています。

それはそれ。素晴らしい仕組みではありますが、いざ接しなくなると、感じることがあります。

 

いままで、イメージで買っていたんだなぁ・・・と。

購入を決めるときに、イメージが大きく影響していました。

ものによっては、イメージだけで決めていたとも言って良いかもしれません。

時間がないときとか特に(^.^;

 

いまは、食品は、メーカーは関係がありますけども、裏面の成分表示を見て買いますね。

シャンプーとかで多いのですが、テレビCMをバンバン流すメーカーの成分表示、すごいですよ。

少し調べてみると、気づきます。

・本当は他に良い成分があるのに、コストダウンのために品質を落として使用している成分

・テレビCMの俳優やタレントが商品にあったりPOPにあったり。でも成分ぐちゃぐちゃのもの

 

あまり細かく見ると、一つも買えなくなるので、ほどほどが良いとは思いますが、ひどいな~という商品が存在するのは確かです。

 

テレビCMはたぶん、5年後、いや3年後には、古き良き時代・・・になっているかもしれませんね。

ぼちぼちと、テレビCMから撤退する会社が出てきてもいい頃合いではあります。

(実はネット含めて、ニュースもあまり見ないので、あるかどうかは知らない…)

 

2019年に、ネット広告費がテレビ広告費を抜きましたよね。

https://www.nippon.com/ja/japan-topics/g00937/ より引用

 

だからといって、インターネット広告が最善、とも思えません。

まあ、グラフからみると時流はインターネット、といって良いでしょうね。

余談ですが、新聞の下落幅、半端ないですね…。

 

今後はなんだか、新しい分野が勃興してきそうな気がします。

・消費者が疑似体験できるような広告?

・個人の行動、購入情報をあえて利用しない広告?

少しワクワクします。

従来の「電通」「博報堂」「アサツーディ・ケイ」といった広告代理店が儲ける仕組みではなくて、

中小零細企業が儲かる仕組みであってほしいなと思います。

 

最後に、テレビ、新聞と距離を置いている私の場合、

買いたいと思うのは、どんな商品かな?を考えてみると・・・

あらゆる面で誠実な商品・製品

ですね。

テレビCMを流す企業さん!豪華なCMでだまくらかして、イメージで、コストダウンしまくりの商品を売りつけちゃいかんですよ。

 

投稿者:崎田 和伸

トラックバックURL :
 

ページトップへ