崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

【経営徒然】0から1を創る、1から2を創る人間が力を合わせ、両輪で走る。

2015年12月30日(水)

テーマ:経営について

行政書士法人 Asumia(読み方:あすみあ)は・・・
起業したい、起業して地道にがんばっているあなたのサポートに特化した事務所です。
広島県を中心に中国地方五県対応。


10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。


▽━━━↓↓ 本文 ↓↓ ━━━━▽



昨日は、今年最後の営業日でした。
お休みの依頼人さまが多いからか、電話も少なかったです。

今日から1月3日(日)まで、休業をいただきます。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほど、お願い申し上げます。

昨日のご相談対応は午後に1件。

建設業許可維持のため、経営管理責任者(経管)と専任技術者(専技)の構成をどうしたらいいのか?というご相談でした。

誠意、ご相談対応しながら、経管、専技の望ましい構成を経験と実績をもとに提案し、その体制とするために弊社がお手伝いできること、そして、サポートの費用などを、文字ではっきりとお伝えしました。

その場で見積書、提案書を作り、ご提示申し上げました。

とても紳士で、誠実な方でした。
ぜひお手伝いできればと願っております。

ご相談対応以外は、溜まっていた資料や提携契約書の作成や、年末のご挨拶の対応など。

~~~

そして、本題、今日のタイトルである、社内会議2件

社内会議では、普段の日ではなかなか話し合えないことを、ガッツリ、協議。

2件のうち1件は、
わたし発案の施策でしたが、皆で話した結果、中断となりました

弊社は典型的な中小零細企業なので、代表者の発案が中断するなんて、あまり聞かないかもしれませんが、弊社は時折、あります(-_-)

「これはいい!」と「代表者が」思うものを圧倒的な権限で推し進めてゆくスタイルもありますが、わたしはこれは、事業体の進む先についてであれば良いと思いますが、個々の施策については、引くところは引く、というスタイルです。

いつも見極めが難しいのですが、我を通すことと、リーダーシップとは違うような気がしてなりません。

2件目は、弊社のあるサービスの在り方についての話し合い。

こちらもガッツリ、話しました。

~~~

2件とも、ほんと真剣

社員はみな、よく考えてくれています。
月を経るごとに頼もしくなります。

たぶん、広島で、弊社ほど、適正な利益について、考える行政書士事務所は無いと思います。

サービスを提供して、適正な利益を出してゆく。
事業の基本だと思いますが、士業は、これがなかなかできません。
かくいうわたしも、5年前までは、目の前のことを追いかけるだけで目一杯でした。

適正な利益も上げない行政書士事務所が、顧客の生き残りについて考えることはできない」。

わたしが独り、思っていることです。
そういえば、社内のみなにも、言っていないです。

自らが利益構造について、考えて、実践して、検証しなければ、顧客の利益構造なんて見えないだろうし、考えることすらできないだろうと思います。

弊社は現在、代行業を突っ走っています。

数年前、中堅、大手企業市場からの撤退をしましたが、その時に、コンサルティング色の強い業務※からも撤退しています。
※純粋なコンサルティング業務、経済産業省や総務省系の補助金申請業務などです。

現在、コンサルティング色の強い業務は、その業務に強い専門家をご紹介しています。
弊社自身ではなく、社外のネットワークにより、ニーズにお応えするスタイルですね。
そのための人材発掘と連携協議は、ほぼ毎月、行っているつもりです。

弊社は現在、徹底的に「代行業に徹する」スタイルの行政書士事務所です。
これでもか!というくらいに徹して初めて、見えてくるものがあると思っています。

時代はコンサルテーションを望んでいます。
弊社のスタイルは時代に逆行しているかもしれません。
でも、「裏の裏は表」と思って、突っ走っているんです(^_^;)

まだまだ、弊社は、途上

成熟する前の段階。

でも、日に日に、熟していっていると感じます。

代行業を脱してコンサルティング色を強めるのか?

このまま代行業を徹底的に突き進んでゆくのか?

おそらく来年、決心の年になると思います。

ここ数年は、この準備期間といって良いです。

あるいは、「決めない」というのも、一つの経営の選択肢ですね。

一つの事業体を継続させてゆくっていうのは、なんて深いんだろう?と感じることがあります。

テストのようにその場で○×は、分からない。

1年~数年経って、初めて正解かどうかが分かる。

プラスマイナスゼロ、というのはあまり無く、
利益か、損失か、どちらかを出しながら

事業は非情だなと思います。

弊社の経営理念は、「嬉しいを紡ぐ(つむぐ)」です。
↓ ↓ ↓
http://e-jimusho.com/rinen.html(PCの方は、新しいタブ)

すべては、この理念が実現できるかどうか

平成28年はおそらく、実現するために何を選べば良いのか、考え、決める年になります。
あるいは、考えたうえで「決めない」年になります


~~~

何にしても、社員の頼もしさも、日に日に、増していっています。

よく考えてくれている。

嬉しいですね。

わたしは自他ともに認める、「立ち上げ屋」

0から1を創るのは、自分で言うのは変ですけども、得意です。

でも、1から2、2から3にする力は、わたしには乏しいです。

これを補ってくれるのが、社内のみんな、です。

わたしだけじゃ、絶対、歩いてゆけない。

不思議な縁というか、不思議な積み木(?)ですね。

平成28年も、0から1を創る人間、1から2を創る人間がちからを合わせ、両輪で、走ってゆきたいと思います。

今日も、読んでいただいたあなたに感謝します。

投稿者 崎田 和伸でした。


△━━━↑↑ 本文 ↑↑ ━━━━△


・プロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html


・取扱いサービス
会社・法人設立代行、建設業界をはじめとする許認可申請代行、経理会計記帳代行、資金調達申請サポート。
一覧はこちら ↓↓
http://e-jimusho.com/gyoumu.html


=============


役職員の平均年令は35歳(だいたい)。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。


◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属

行政書士法人 Asumia(R) ※由来は「明日を見て歩く」の「明日見歩」です。
本店:広島県広島市東区光町2丁目6番41号 セネスビル4階
法人ウェブサイト:http://e-jimusho.com/
グループウェブサイト:http://asumia.jp/


◆Asumiaお客様サポートのご案内


弊社にご依頼中、または過去依頼いただいたことのある依頼人さま限定の無料相談サービスです。担当は、わたしです。
http://e-jimusho.com/support.html


◆士業向けメディア「スケダチ」にて、執筆させてもらいました。
  ↓↓
【全6回】地方都市圏で、士業事務所をゼロから始め、組織として運営する6つの方法
http://suke-dachi.com/suketto/544

トラックバックURL :

 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
吉日(法務局受付日)
最近の吉日
2018年(平成30年)
2月
一粒万倍日
1日(木), 14日(水),
19日(月)
天赦日
1日(木)
大 安
9日(金), 20日(火)
先 勝
5日(月), 16日(金),
22日(木), 28日(水)
3月
一粒万倍日:
23日(金), 30日(金)
大 安
16日(金), 20日(火)
先 勝
12日(月), 22日(木),
28日(水)
4月
一粒万倍日:
4日(水), 5日(木),
17日(火), 26日(木)
大 安
13日(金), 18日(水)
先 勝
9日(月), 20日(金),
26日(木)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
サービス内容
 
会社設立・法人設立代行
許可の取得・変更等
資金調達サポート
経理会計サービス
契約書・規約作成代行
相続手続き、遺言書作成
 
お客様サポート制度
 
 
Asumiaならでは
 
 
会社案内
 
 
よくあるご質問
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ