崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

【歴史】意外と★★だった中世ヨーロッパ。

2016年5月5日(木)

テーマ:歴史98点、数学20点の男がお贈りする

行政書士法人 Asumia(読み方:あすみあ)は・・・
起業したい、起業して地道にがんばっているあなたのサポートに特化した事務所です。
広島県を中心に中国地方五県対応。


10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。


▽━━━↓↓ 本文 ↓↓ ━━━━▽

 

※ウィリアム・ホガース(1697年~1764年)の絵。

 

わたし学生時代、歴史98点・数学20点の時がありました。

根っからの歴史好きです。

今日は、「意外と★★だった中世ヨーロッパ。」と題して、書きたいと思います。

本業とは何ら関係ないですね(^_^;)

 

~~~

 

ローマ時代が終わってから、1800年くらいまででしょうか。

諸説ありますが、それくらい長い期間。

 

ヨーロッパは、かな~り、不潔でした。

★★=「不潔」です。

 

今日の投稿は少し汚い記述が出ます。

我慢できそうにない方は読まないでください(^_^;)

 

~~~

 

中世を含めた昔のヨーロッパの絵画って、綺麗ですよね。

貴婦人が豪華に描かれ、綺麗な町並みも描かれれることが多い。

まず感じるのが「美しい」。

皆さん、同じ印象を持つのではないでしょうか。

 

確かに美しいのかもしれませんが、衛生面では真逆になっていました。

その事例を2つ、ご紹介します。

 

【1】風呂に入らなかった。

 

古代ローマ帝国では、公衆浴場つまり銭湯があるくらい、入浴していたそうです。

西暦600年代くらいまででしょうか。

清潔=良いこと、です。今と同じですね。

 

その後、1800年代までなぜか「水は汚い」となります。

湯なんて、毒に近い感覚だったようです。

 

そして、「垢(あか)」は、あればあるほど良いものであり、体を護ってくれると思われていました。

 

それで発達したのが「香水」ですね。

 

ちなみに一般庶民は、服を着替えることは少なかったようです。

なぜなら、

・入浴はもちろん、沐浴もしない

・脱ぐ必要がない

から。

 

地方によっては、子供に服を着せ、脱ぐ必要がないので、ボタンがなかったとのこと。

 

すべてについて、現代日本人からすると、不思議な時代です。

 

1000年以上続いた「入浴しない習慣」は、ある人の登場をきっかけに変わることになります。

 

マリー・アントワネット。

育ったオーストリアの地方では入浴の習慣があったそうで、ベルサイユ宮殿に入ってから、毎日、お風呂に入ったそうですよ。

そこからヨーロッパ全土にその習慣が広まったとか。

 

~~~

 

【2】排泄物の扱いがすごい。

 

中世ヨーロッパにおいて、排泄物(以下「トイレ」といいますね(^_^;))は無駄なものでした。ヨーロッパは原則、狩猟民族であり、農耕民族の日本とは全く別の価値観ですね。

日本では肥料として長い間、使われていました。

 

中世ヨーロッパは、もちろん下水道など無いですから、川に捨てます。

川が遠い家では、溝に捨てます。

溝に捨てるのが面倒なときは、窓から捨てます。

 

こんな感じ(実際の場面を書いた絵画です)

窓から捨ててますね。

 

 

下にいる人にかかってます(-_-;)

 

記録として残っている「ヴェルサイユ宮殿」でも、不衛生さが伺えます。(諸説あります)

ヴェルサイユ宮殿では、当初トイレとして独立した部屋がありませんでした。

移動式の仮設トイレのようなものだったそうです。

 

決まった場所にないので、トイレを庭ですることも多かったようで。

 

豪華絢爛なイメージがあるヴェルサイユ宮殿。

悪臭だだよう場所だったようです。

 

同じ時代、日本ではどうだったでしょうか。

 

上で「日本は農耕民族」と書きましたね。全く違う価値観と状況でした。

 

基本、トイレは溜めておきます。肥料のためです。

流通業者が汲みとってくれ、しかも、お金をくれたそうです。

高値で取引される時代も長く続きました。

 

ヨーロッパでは、人間のトイレで作物を育てるなどとんでもないこと。

(今でもこの感覚は強いそうです)

 

でも日本は全く逆の思考でした。

トイレが財物として流通するので、基本、川へ流すこともありませんでした。

時代劇で見る、清らかな川は、本当に清らかでした。

 

ヨーロッパとは全く違いますね。

 

~~~

 

以上、【歴史】意外と★★だった中世ヨーロッパ。でした。

 

中世ヨーロッパの

・綺麗な絵画

・豪華絢爛な宮殿。

 

イメージが変わりませんか?

わたしは受けるイメージ、かなり変わってます・・・。

 

今日も、読んでいただいたあなたに感謝します。

 

投稿者 崎田 和伸でした。


△━━━↑↑ 本文 ↑↑ ━━━━△


・プロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html


・取扱いサービス
会社・法人設立代行、建設業界をはじめとする許認可申請代行、経理会計記帳代行、資金調達申請サポート。
一覧はこちら ↓↓
http://e-jimusho.com/gyoumu.html


=============


役職員の平均年令は35歳(だいたい)。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。


◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属

行政書士法人 Asumia(R) ※由来は「明日を見て歩く」の「明日見歩」です。
本店:広島県広島市東区光町2丁目6番41号 セネスビル4階
法人ウェブサイト:http://e-jimusho.com/
グループウェブサイト:http://asumia.jp/


◆Asumiaお客様サポートのご案内


弊社にご依頼中、または過去依頼いただいたことのある依頼人さま限定の無料相談サービスです。担当は、わたしです。
http://e-jimusho.com/support.html


◆士業向けメディア「スケダチ」にて、執筆させてもらいました。
  ↓↓
【全6回】地方都市圏で、士業事務所をゼロから始め、組織として運営する6つの方法
http://suke-dachi.com/suketto/544

トラックバックURL :

 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
吉日(法務局受付日)
最近の吉日
2018年(平成30年)
7月
一粒万倍日:
13日(金), 25日(水)
大 安
2日(月), 24日(火),
30日(月)
先 勝
10日(火), 20日(金)
8月
一粒万倍日
6日(月),7日(火),
24日(金),31日(金)
大 安
15日(水),27日(月)
先 勝
1日(水),7日(火),
17日(金),23日(木)
9月
一粒万倍日:
5日(水), 13日(木),
20日(木), 25日(火)
天赦日
13日(木)
大 安
13日(木), 25日(火)
先 勝
4日(火), 21日(金)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
サービス内容
 
会社設立・法人設立代行
許可の取得・変更等
資金調達サポート
経理会計サービス
契約書・規約作成代行
相続手続き、遺言書作成
 
お客様サポート制度
 
 
Asumiaならでは
 
 
会社案内
 
 
よくあるご質問
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ