崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

【感じてしまった】プロフェッショナルとは?

2016年3月11日(金)

テーマ:お仕事に対する考え方

行政書士法人 Asumia(読み方:あすみあ)は・・・
起業したい、起業して地道にがんばっているあなたのサポートに特化した事務所です。
広島県を中心に中国地方五県対応。


10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。


▽━━━↓↓ 本文 ↓↓ ━━━━▽

 

※素材集から。

 

プロフェッショナルとは?を感じる出来事があったので、書かせてもらいたいなと思います。

 

事務所で原付を使っています。

この原付の任意保険が更新時期になっていて、問題が発覚しました。

保険が適用されない状態である可能性が高まって、さて、どうしようか、という状況です。

わたしにも責任があることです。

 

保険関係は、ある会社さまにお任せをしています。

もう10年以上になりますでしょうか。

 

今回の件、今後の見通しの設定を含めて、普通だったら数日を要する処理です。

 

そこを半日で何とかしていただいたのです。

無事、任意保険が有効な車両となりました。

 

保険更新の書類に印鑑を押したとき、感じたのです。

 

あ、この人、プロフェッショナルだな」と。

 

~~~

 

プロフェッショナルかどうかの基準では、技術的に優れているかどうかの割合は、そう高くないと思います。(あくまでもサービス業については。)

 

技術は一定期間、従事しておれば自然と上がってゆきます。

逆に言えば、上がらないとその会社、組織で働き続けることはできない。

 

ある一定の分野において技術的に高い位置にいるのは、いわば「標準的なこと」になってきます。

 

また、業界を知っているかどうかも、プロフェッショナルであるかどうかの判断基準の中では高くない。

その業界にいるのだから、知っていることは当然になってきます。

 

じゃあプロフェッショナルとは何か?

 

わたしが感じたのは・・・

姿勢」そして「自負」。

 

つまり

どんなことが起きても、最後までやり遂げるという“姿勢”

最後までやり遂げてきたという“自負”

じゃないか?と。

 

これがないと、今回のように、半日で何とかすることなど、できなかったと思います。

 

たぶん、結果として十分なものが出なくても、この“姿勢”だけで、わたしとしては満足でした。

姿勢といっても、格好をつける、という程度ではないですよ。

 

そもそも、わたしにも責任があることなので、強く言えませんし、普段、強くも言いません。

 

うーん、責任うんぬんではなく・・・

一生懸命やって結果がどうであれ、誉れ、讃えられるような水準かな。

マラソンのランナーに「よくやった」と声をかけるのと似ているでしょうか。

・・・説明が難しいですね。

 

ビジネスシーンでは、この「プロフェッショナルさ」がなければ、乗り切るのが難しいと思います。またその世界で生きてゆくのも難しい。

 

~~~

 

ふと、昔経験したことを思い出しました。

確か15年ほど前。わたしが起業してすぐの頃。

 

建設業の大切な顧客が人を雇うときに、助成金を活用することになりました。

わたしは行政書士であり、法令で範囲外なので、社会保険労務士という職業の人をご紹介しました。

結果、ある助成金制度を使うことが決まったのです。

 

順調に進んでいると思っていた矢先、その建設会社の社長から一本の連絡が。

使えると言っていた制度が使えないのが判明した、というのです。

 

その会社に立ち寄り、事情を聞くと、社会保険労務士の説明不足とミスが原因でした。

 

その社会保険労務士は、会社に来ることはありませんでした。

連絡しても電話に出ない。

 

結果的には、ミスと社長が怖くて「逃げた」

 

社長は怒り、わたしに向かって怒鳴り、椅子を投げました。

建設会社の社長ですよ。

怖かったですね。

 

助成金だったので、最初から無いと思えばいいという話もありますが、社長が怒っていたのはたぶん、そこじゃないんです。

 

社長が怒っていたのは、その社会保険労務士の

プロフェッショナルとしての「姿勢」だったと思います。

 

それがその場にいたわたしに向かったに過ぎない。

そして、そういう人を選んだわたしにも責任があります。

 

ちなみに、この社長さんは、今でも、お仕事を依頼くださいます(^_^;)

当時はほんと“修羅場”でしたが、いい経験をさせてもらいました。

 

蛇足ですが、あの社労士さん、今、何やっているのかな。

先ほど社会保険労務士会の会員検索してみたところヒットしませんでした。

廃業しているのでしょうね。

 

~~~

 

ということで、わたしが感じるのは、

プロフェッショナルとは、

姿勢」そして「自負」なんじゃないか。

 

つまり

どんなことが起きても、最後までやり遂げるという“姿勢”

最後までやり遂げてきたという“自負”

じゃないか?

 

いまわたしは仕事に臨むとき、姿勢はちゃんとしているだろうか?

自負をもって臨んているだろうか?

 

そんなことを考えた、一日でした。

 

今日も、読んでいただいたあなたに感謝します。

 

投稿者 崎田 和伸でした。


△━━━↑↑ 本文 ↑↑ ━━━━△


・プロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html


・取扱いサービス
会社・法人設立代行、建設業界をはじめとする許認可申請代行、経理会計記帳代行、資金調達申請サポート。
一覧はこちら ↓↓
http://e-jimusho.com/gyoumu.html


=============


役職員の平均年令は35歳(だいたい)。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。


◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属

行政書士法人 Asumia(R) ※由来は「明日を見て歩く」の「明日見歩」です。
本店:広島県広島市東区光町2丁目6番41号 セネスビル4階
法人ウェブサイト:http://e-jimusho.com/
グループウェブサイト:http://asumia.jp/


◆Asumiaお客様サポートのご案内


弊社にご依頼中、または過去依頼いただいたことのある依頼人さま限定の無料相談サービスです。担当は、わたしです。
http://e-jimusho.com/support.html


◆士業向けメディア「スケダチ」にて、執筆させてもらいました。
  ↓↓
【全6回】地方都市圏で、士業事務所をゼロから始め、組織として運営する6つの方法
http://suke-dachi.com/suketto/544

トラックバックURL :

 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
吉日(法務局受付日)
最近の吉日
2018年(平成30年)
12月
一粒万倍日:
10日(月), 21日(金)
大 安
3日(月), 7日(金),
13日(木), 25日(火)
先 勝
21日(金)
2019年(平成31年)
1月
一粒万倍日:
15日(火), 18日(金),
30日(水)
大 安
17日(木), 23日(水),
29日(火)
先 勝
7日(月), 25日(金),
31日(木)
2月
一粒万倍日:
14日(木), 21日(木),
26日(火)
大 安
21日(木), 27日(水)
先 勝
5日(火)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
サービス内容
 
会社設立・法人設立代行
許可の取得・変更等
資金調達サポート
経理会計サービス
契約書・規約作成代行
相続手続き、遺言書作成
 
お客様サポート制度
 
 
Asumiaならでは
 
 
会社案内
 
 
よくあるご質問
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ