崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

【喪主を務めるかもしれない人のための】やってよかった、失敗したこと、改善点。

2016年1月20日(水)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事



人間、40代、50代になると、喪主になる可能性が出てきます。
早い人は30代のうちにその状況になります。

昨日の投稿で予告しましたとおり、今回、喪主を務めた経験を振り返り、共有したいと思います。※わたし自身、忘れてしまわないうちに。

わたしは仏教(曹洞宗)なので、仏教ベースで書きます。
一般葬です。(家族葬や密葬、直葬ではありません。)

まずは、一言お礼です。
通夜、葬儀では、たくさんの方のご協力を得て、無事、執り行うことができました。
通夜、葬儀そのものについて、大混乱までは発生しませんでした。
深く、深く、感謝申し上げます。

~~~

◆やってよかったこと

・兄妹で、LINEグループを作って情報共有したこと。

葬儀の情報を、喪主一人で握ることは絶対ダメです。
協力してくれる人がいるかもしれないのに、その門戸を閉ざしてしまいます。

今回、兄妹でLINEグループを作って、何でもかんでも、情報共有しました。
※ウチは兄であるわたし、妹は二人、計3人。

書類を受け取ったら写真撮影しアップロード。

メモを取るのも、紙に書いたうえではなく、LINEに直接書き込み、送信。

葬儀社の人との打ち合わせでも、事前に担当者さんに了解を得たうえで、どんどん書き込んでゆきました。(普通は失礼にあたることですからね、了承を得てからです。)

至らぬ点は多かったですが、大混乱を生まなかった要因は、この情報共有だったと思います。

ただ改善点もありますので、それは後述します。

・事前に、祖父の葬儀の資料を見ておいたこと。

父の父、つまり、祖父ですね。
父が喪主を務めたものです。

その資料が残っていて、葬儀社の見積りに始まり、参列者名簿など、資料がありました。

父に何かあるかも?と思ったとき、見ておきました。

これで、ある程度のイメージがついた状態で、臨終に臨むことができました。

葬儀社の請求書の項目を見ることだけでも、全体像がつかめて、有益です。

・葬儀社のHPを見たこと。


葬儀社のHPを、結構、見ました。

葬儀の種類、内容、価格など、ある程度の知識を得た状態で、葬儀を執り行うことができました。

・喪主挨拶、遺族代表挨拶を、ひな形にしなかったこと。

喪主になると、全員の前で挨拶することが、何度かあります。

葬儀社の方からは「ひな形でも良いですよ」と言われたのですが、結局、ひな形ではない、オリジナルとしました

挨拶は、結構、大切です。
これ一つで、その葬儀がどうだったか、決まる気がします。

場が締まるというか、故人の記憶が皆さんに残る、というか。

通夜、本葬ともに、同じ内容にする人がいますが、これも違う内容が良いと思います

ちなみに、挨拶はいくら長くてもいいと思います。

故人の一生分を話すわけですから、1分やそこいらで終わるわけもありません。

喪主挨拶は、いわば、故人の一生が凝縮された数分であり、葬儀の後、頑張って生きてゆく、遺された人たちのための数分だと、わたしは感じました。

どこかのCMでありましたよね、「生きるお葬式」。

逝去した人を悼むと共に、逝去した人が辿った人生が、残される人たちの指標になるようなセレモニー、それが、喪主挨拶ではないか、と思います。

・家族で、方針を決めたこと。

臨終から、葬儀社を決めるまでの間、色んな話を家族でします。

その中で、方針を決めました。

それは「無理せずやろう」です。
実際は「ぼちぼちやろう」という表現でした。

完璧な葬儀は、たぶんできない。

それを前提に動くこと。

「失礼があってはいけない、完璧じゃないといけない」。

これはこれで正しいことなのですが、必ず、失敗します。たぶん、100%。

抜けが出ます。失礼も出ます。

そのとき、完璧を目指していたら、精神的な負担は限りなく高くなると思います。
「完璧は無理!」
最初から、それを考えたうえで臨んだほうがいいと思います。

抜けが出た、失礼なことが起きてしまったときには、誠意をもって真摯に謝罪する必要があります。これは大前提でのお話です。

完璧を目指して失敗するのと、ある程度、ハンドルのあそび的な余裕をもたせた状態で失敗するのとでは、結構、違ってくると思います。

完璧を目指して失敗したら、その後の差配がぐちゃぐちゃになりそうな気がします。

途中まで完璧なプレーだったスポーツ選手が、失敗を機にプレーが崩壊してゆく、あれです。

下記の「失敗したこと」に出てきますが、失敗してます(-_-;)

・親族の食事の数などは、母に任せたこと。

わたし、親族全体のことは分かりません。
誇れることじゃないです。
知っておくべきことです。

でも、今まで父や母が全部やってくれていたため、知る機会が少なかった。知ろうとする努力に欠けていた。

母は、父の配偶者なので、死去に伴う心労は計り知れないものがありました。

でもあえて、「知っている人」である母に、用意しなければならない弁当の数など、任せました。

もしわたしがやっていたら、100%、間違っていたと思います。

それで「失礼があった・・・」と、あとで母がつらい想いをするよりも、ましだったと思います

一例ではありますが、弁当の数を間違えたら、その人が弁当なし、になりますよね。

すぐに手配できるものではないし、コンビニで買ってくるなんて、失礼の極みです。

今回は、任された人はつらいかもしれないが「得意な人に任せる」が、結果的に、弁当の数の間違い等を生みませんでした。

父の交友関係も母に任せました。

~~~

◆失敗したこと

下で出てくる「改善点」と重複する部分があるかもしれませんが、ご了承ください。

・供花、供物に漏れがあったこと。

葬式といったら、供花、供物がありますよね。

こんなものです ↓



これ、葬儀場に直接、注文して下さるケースもありますが、故人の家族に注文が入るケースが多いです。

わたしは親戚のお一人について、注文し忘れるタブーをおかしてしまいました。

通夜には間に合わず、葬儀で間に合うことになりました。

重々お詫びをしたのち、ありがたくも、許してくださいました。

・自分の子供を見る余裕がない。

葬儀後の食事の席で、自分の子供を横に置く余裕がありません

喪主の配偶者も忙しいです。四六時中、子供を横に置いておくことはできません。

そんな中で、わたしの横で子供がご飯を食べているとき、わたしが場を離れ、気になっている人と話しをする時間が発生しました。
その間、残った息子が何だかんだと人に話しかけ、親族の人に迷惑をかけてしまいました。

1歳~3歳であれば間違いなく親がつきます。
でも「周りに迷惑をかけずご飯を食べてくれるだろう」と思ってしまいがちな、5歳~7歳の子供は要注意だと思います。

ずっとわたしがおれば良かったわけですが、精神的な余白が少ない状態の時だったので、判断力も欠けていましたね。

・火葬前後で、腹が減って仕方なかったこと。

火葬場へ行く場合、のことです。

火葬場と、その周辺の時間、腹が減ってしかったなかったことです。
たぶん、行って下さったみなさん、そうだったと思います。

本葬が終わり、霊柩車で火葬場へ行きますよね。

あれ、時間がかかります。

移動含めると3時間。

葬儀場に、骨になって帰ってきて、だいたい、初七日をやってしまうので、それを含めると、3時間半~4時間半。

本葬の開始が12時くらいが一般的かと思いますので、3時半~4時半まで、ご飯を食べることができません。

「立ち飯」といって、火葬場に行って下さる方向けに、午前10時ごろ、弁当をお出しするのですが、それを食べても、腹が減ります。

火葬場で、弁当を用意して、そこで食べてしまうほうがいいと思いました

・出棺は寒い。

出棺は、意外と時間がかかります。

葬儀に参列くださった方々全員が見守って下さるのですが、冬は寒い。
夏は暑いですよね。

この時間が長かったです。

皆さん、疲れているのに、待たせてしまいました。

~~~

◆改善点

・協力してくれそうな人とLINEグループを作る。

上の「良かったこと」で、「兄妹でLINEグループを作ったこと」と書きました。

家族ではないが、協力してくれそうな人たち、という、本当に有り難い存在、ありますよね。

わたしの場合、妹たちの配偶者です。

「途中から」となってしまいましたが、兄妹と、その配偶者を含めて、別のグループを作りました。
これは、良かったです。

「これからの流れ」とか「タスク系」を共有できたのですが、これ、最初からやっておけば良かったです。

兄妹までの連絡必要事項は無いが、でも知らせておくと良いものは、絶対あります。

少なくとも、次のステップが分かっておれば、葬儀、火葬場に出席する皆さんを先導してくれます。

これで、わたしは大変助けてもらいました。

精神的にも支えられます。

・葬儀場の担当の方をフル活用すること。

葬儀では、分からないことがたくさん出てきます。

わたしの場合、仏事にはほとんど知識が無い状態で臨んだので、「何も知らない」が正しい表現のような状態でした。

葬儀を頼むと、担当者が高い確率で付くと思うので、フル活用するべきです。

正直、分からないところが分からない、という状態ですが、その「分からないこととして多い点を打ち合わせ時に聞いておく」というのも有効だと思います。

質問が多いのはどんなことですか?」という質問から入っても良いと思います。

「皆さんが困るポイントはどこですか?」あたりの質問でも効果的です。

・一般葬にするのか、家族葬にするのか、事前に考えて、話し合っておいたほうが良い。

臨終から葬儀へは怒涛です。

考える暇も、話し合う暇もありません。

わたしの場合、事前に話せるところは話しておいたつもりではありましたが、そんな甘いもんじゃありませんでした。

葬儀を一般葬にするのか、家族葬にするのか、それから、話しておいたほうがいいと思います。

実は、臨終が近くなると、話せる環境では無くなります。

生きて欲しい、とみんなが願うので、葬儀の話は、どんどんタブーになってゆきます

できるだけ元気なうちに「万が一の場合は・・・」という言い方でもいいので、話し合っておくべきだと思います。

一般葬がどんな状況なのか、家族葬がどんなものなのか、元気なうちに葬儀社へ行って、話を聞いて、情報を得たうえで、選ぶと良いと思います。

わたしの場合は、余裕が無かったのもありますが、情報を得る間なく、否応なく、一般葬、でした。

~~~

以上、長文になってしまいましたが、
【喪主を務めるかもしれない人のための】やってよかった、失敗したこと、改善点。
でした。

人はいつか旅立ちます。100%の割合で。

そして、この投稿をご覧のあなたも、いつか、誰かの旅立ちにあわせて、喪主を務める可能性があると思います。一般葬、家族葬どちらであっても。

そんなとき、思い出していただけると嬉しいです。

不吉な投稿と思われたかもしれませんが、ご容赦ください。
※葬儀系の投稿は、たぶん、今日でおしまいにしますね。

投稿者 崎田 和伸でした。

トラックバックURL :

 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
吉日(法務局受付日)
最近の吉日
2018年(平成30年)
10月
一粒万倍日:
2日(火), 29日(月)
大 安
1日(月), 11日(木),
23日(火), 29日(月)
先 勝
3日(水), 19日(金),
31日(水)
11月
一粒万倍日:
1日(木), 13日(火),
14日(水), 26日(月)
天赦日
28日(水)
大 安
9日(金), 15日(木),
21日(水)
先 勝
6日(火), 29日(木)
12月
一粒万倍日:
10日(月), 21日(金)
大 安
3日(月), 7日(金),
13日(木), 25日(火)
先 勝
21日(金)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
サービス内容
 
会社設立・法人設立代行
許可の取得・変更等
資金調達サポート
経理会計サービス
契約書・規約作成代行
相続手続き、遺言書作成
 
お客様サポート制度
 
 
Asumiaならでは
 
 
会社案内
 
 
よくあるご質問
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ