崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

【厳しい?】崎田の人材育成(直属編)

2015年10月14日(水)

テーマ:経営について

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。
広島県を中心に中国五県対応です。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●



経営者の仲間と、時折、話をする中でのことです。

弊社はむちゃくちゃ、中小零細企業です。
基本、人材に投資する資金は豊富ではありません。
キャッシュポイントは近めに設定せざるを得ない。

零細企業を卒業した企業の社長さんは、「甘々だね~」と感じるかもしれません。
「人材育成って、そんなもんじゃないよ」と言う方もおられるかもしれません。

ただひとつ・・・この投稿は、「むちゃくちゃ中小零細企業だぞ」というものになると思います。
ご了承のうえ、読み進めください。(読んで下さるのであれば)

~~~

人材育成では、「崎田は優しい」と言われます。
同時に「崎田は厳しい」とも言われます。

なぜ「優しい」「厳しい」のどちらも言われるのか、ちょっと考えてみました。
それを書きたいなと思います。
自分の頭の中を整理するためにも。

ちなみに、時間給の方を頭に描いて、書いています。
月給の方は、段階は同じですが、もうちょっと、スパンが短くなると思います。
中小零細企業ですから(^_^;)

では参ります。

~~~

わたしが直属の部下を育成するときのステップは、大きく4つです。

1.基礎固めの段階
2.応用段階

3.任せる段階(権限を持つ段階)
4.さらなる成長へ


それで、全部通じて共通しているのが、「基本、中小零細企業なので、スパンが短い」ではないかと思います。

わたしの根底にあるものを少し書きますね。

人は「任せてなんぼ」だと思っています。

わたし、任せられた仕事が人を育てる
立ち位置や臨む姿勢も、人を育てる

と信じています。

それぞれの期間で、伝えたレベルに達しておれば、すごく優しい上司です。

ある程度の権限を与えられ、自分がやりたいように、自由に仕事ができます

でも、達していなければ、厳しい上司だと思います。

怒る、叱るは、基本的にありません。
「さとす」ことはあります。

基本、自主自立の考えに基づいています。

以下、「普通じゃん」と思うかもしれませんが、予め、ご了承くださいね。
自分の頭の中を整理する、って目的もありますので(^_^;)

~~~


◆ 1.基礎固めの段階

まず、「
1.基礎固めの段階」のお話から。


わたし、緩いんです
ただし、最初の一定期間。(基礎固めの段階)

最初の一定期間は、
・担うべき役割
・やるべきこと
・会得しなければならない基礎知識
・そして方向性
について、伝えます。

その後、二ヶ月~三ヶ月くらい、見守ります。

やっていることの方向性は合っているか確認しつつ、見守る

日々の仕事について、その多くを、難易度に応じてですが、わたしがチェックします。

これが、わたしの思う基礎期です。

方向性を伝え、チェックする。
臨んで欲しい姿勢も伝える。

ここでわたしは「優しい」と言われます。

ただこの時点で、この人材への金銭的投資は大きいものになっています。
生産性の面では完全に赤字。
この赤字を長期に継続できないのが、中小零細企業の弱みかもしれませんね。

~~~


◆ 2.応用段階

次が「2.応用段階」。
基礎を卒業した段階です。
この期間は、半年~1年です。
上司であるわたし、部下ともに厳しい期間だと思います。

「任せる」ということが本格的に始まり、わたしは、約半分程度、チェックをします。

わたしたぶん、ここから、外から見て
「優しい」と「厳しい」に見解が分かれる
と思います。

根っこはむちゃくちゃ、厳しいと思います。
だって、経営者だし、結果がすべての世界で生きていますので。
何だかんだ言っても、どんな風に魅せても、結果がすべて。

営業利益、経常利益、所帯の安定性がわたしの通信簿、という世界です。

この応用段階では、レベルに達していることを前提に仕事を頼みます

ここが厳しいかもしれません。

そして
ここが、わたしの欠点です。
分かっては、いるんです。

わたしには、調整幅が少ない
言い訳をすると、お任せすることを前提に自分の仕事も組んでしまっているので、調整できる幅が少ないのです。

応用段階の仕事ができなかったからといって、基礎段階に戻ることが難しい。
ここには、現実問題としてある「人材に投資できる資金が少ない」も、強く影響します。

この応用段階で、その人のこの仕事への向き、不向きが判明することが多いと思います。
この段階をクリアできれば、あとは時の流れに沿っていきやすい。

ほんと、上司、部下ともに厳しい段階だと感じます。

~~~


◆ 3.任せる段階(権限を持つ段階)

応用段階(応用段階が始まって半年から一年)を経て、「3.任せる段階(権限を持つ段階)」に移ります。

ここまでくると、あとは、チェック度合いを減らし、権限を与えてゆく段階になります。

権限を与えながら、見守る段階です。

チェック度合いが減りますから、反比例して「失敗することによる上司が責任を取る」度合いが強まってゆきます。
わたしにとっては、ハラハラドキドキの時期です(^_^;)

わたしは積極的に権限を与える方針です。
権限を与えるってことは、決定権を与えるということ

この時に起こるのが、「そりゃ違うよ」という現象です。

上司であるわたしの考えることと、部下が行うことが相反することがあります。

それは、わたしは、ひとまず、認めるようにしています。
だって、人それぞれ、仕事のやり方、したいことが違うのですから。

でも、最終着地の場所が違うと感じるときには、軌道修正します。

権限を与え、見守りながら、時が過ぎてゆきます。

~~~


4.さらなる成長ステージ

権限を持ってしばらく活動してもらったあとは、ずっと続く、成長ステージです。

この段階になったら、普段感じる「アイデアの種」を実にしてもらう作業も、担ってもらいます。

「こういうサービスがあったらいいのに」。

「あ~、こうしたらいいのに」。

普段、歩いていて感じる、こんなことをどんどん提案してもらう段階です。

1~3段階では、既にあるものに対する行動ですが、ここでは、それに加えて、「今、無いもの」に対する行動、です。

1~3段階よりもっと、仕事が面白くなるかもしれません。
少なくとも、わたしはそうです。

正直、アイデアは、出てきます。
語弊がありますが、「士業」ですから。

一般的な企業でやっていることを、士業は、やっていないことが多い。
個々のサービス、商品レベルでは、未開拓の分野がたくさん眠っている業界だと感じます。

一般的な企業で、創意工夫をもってやっていることをロールモデル(見本)にして、応用すれば、より良いサービス、商品の開発につながることが多いと思います。

士業で難しいのが、アイデアを出すことじゃなくて、具現化すること

具体的に実現するのが、極めて難しい

基本、保守的な業界です。

他の人がやっていないことをするのって、案外と風当たりも強いものです。

また、士業はそれぞれ、法律に基づいて営業しています。

わたしの場合は、行政書士法、そして施行規則、所属している行政書士会の会則など。

完全な自由行動ではなく、ある程度の縛りがある状態での行動になります。

例えば、携帯業界で普通にやっている「★★円キャッシュバック」といった施策も、士業界では難しいと言わざるを得ません。

「こういうサービス、商品があったらいいのに」。
を具現化しにくいのが、士業界の特徴ではないでしょうか。


そんな中で、「普段感じる“アイデアの種”を実にしてもらう作業」をしてもらうことになります。

ぶち当たる壁の多さは、他の業界には類が無いと思います。
いわゆる「規制」が多い。

でも、それを乗り越えることを考えるのも、面白いかもしれませんね。

※あ、保険業界と似ているかもしれません。

具現化するのが難しいと思う理由は、上記は、他責の要因でしたが、この業界に長くいればいるほど備わってくる「自分自身の保守性」は、自責の要因としてあると思います。

どうしても、飛び越えられなくなるんですよね。
わたし自身、いつも、気をつけている点です。

~~~

ちょっと話がそれたかもしれませんが、「厳しい?人材育成(直属編)」でした。

振り返ってみると、4つの段階のうち、一番厳しいのは、2の応用段階ですね。

===参考(4つの段階)


1.基礎固めの段階


2.応用段階


3.任せる段階(権限を持つ段階)


4.さらなる成長へ

===

それぞれの段階で、実力を蓄えながらいかねばならないのですが、上司のチェックが少なくなる段階でもあり、それまでの行動が試される時期です。

また1~4全般についても、4であれば1~3で出てくるタスクを行いながら、3であれば1~2で出てくるタスクをこなしながら、となりますので、それも厳しい点かもしれません。

~~~

そんなこんなで、人材育成のお話でした。

ここで書かせてもらったのは、あくまでも「直属の部下を持つとき」について、です。
間接的な場合は、直属の上司の力量を高める作業に全力を注ぎます。
たぶん、直属と間接は大きく違うと思います。数少ないわたしの経験上では。

直属の場合は、わたしはたぶん、厳しいと思います。

むちゃくちゃ中小零細企業である点も、深く影響していると思います。

でも基本は優しいのですよ(^_^;)


今日は、長文になりましたが、読んでくださったあなたには、心から感謝いたします。

「そりゃ違うよ」というわたしの悪い点を取り除いて、良いと思った点だけを採用してくださいね(^_^;)


投稿者 崎田 和伸でした。


・プロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html

・取扱いサービス
会社設立代行、法人設立代行、建設業許可申請代行、産廃許可、古物許可、酒類販売免許、宅建免許などの許認可申請代行、経理会計記帳代行など。

一覧はこちら ↓↓
http://e-jimusho.com/gyoumu.html

=============

役職員の平均年令は35歳(だいたい)。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。

◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属
行政書士法人 Asumia(R) ※由来:明日見歩

総合窓口ウェブサイト:http://e-jimusho.com/

◆Asumiaお客様サポートのご案内

弊社にご依頼中、または過去依頼いただいたことのある依頼人さま限定の無料相談サービスです。担当は、わたしです。

◆Facebookページ

・当法人Facebookページ
https://www.facebook.com/gyouseishosi
※むちゃくちゃ励みになります。ぜひ「いいね」ください(^^)

トラックバックURL :

 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
吉日(法務局受付日)
最近の吉日
2018年(平成30年)
10月
一粒万倍日:
2日(火), 29日(月)
大 安
1日(月), 11日(木),
23日(火), 29日(月)
先 勝
3日(水), 19日(金),
31日(水)
11月
一粒万倍日:
1日(木), 13日(火),
14日(水), 26日(月)
天赦日
28日(水)
大 安
9日(金), 15日(木),
21日(水)
先 勝
6日(火), 29日(木)
12月
一粒万倍日:
10日(月), 21日(金)
大 安
3日(月), 7日(金),
13日(木), 25日(火)
先 勝
21日(金)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
サービス内容
 
会社設立・法人設立代行
許可の取得・変更等
資金調達サポート
経理会計サービス
契約書・規約作成代行
相続手続き、遺言書作成
 
お客様サポート制度
 
 
Asumiaならでは
 
 
会社案内
 
 
よくあるご質問
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ