崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

【中国】存在するものが、ずっと在り続けるとは限らない。

2015年10月18日(日)

テーマ:歴史98点、数学20点の男がお贈りする

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。広島県を中心に中国地方五県対応。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●



高校時代、歴史98点、数学20点でした。
そんな男がお贈りするお話です。

今回は、中国大陸について。

春秋、戦国、三国、五胡十六国、南北朝、五代十国

これ、なんだと思いますか?
試験勉強で記憶に残っている方がいるかもしれませんね。

これは国が分裂していたときの時代の名称です。

分裂って言い方は変かもしれません。

いわゆる中国大陸に統一国家が無かった時代ですね。

厳密に言うと近代の北宋と南宋の時代、そして、金と清で分裂していた時代もあります。

長い歴史の中、中国大陸に統一国家があったのは、

秦、漢、後漢、晋、隋、唐、元、明、清の時代です。
※記憶で書いていますので漏れや前後の誤植があるかもしれません。

~~~

ともあれ、中国大陸が分裂していた時代と、統一国家があった時代。

その年数を比べてみると、実は圧倒的に、分裂していたほうが長い

中国四千年と言われるの歴史の中で、統一国家があったのは、千年間~千三百年間です。

だからか、中国のことをニュースや新聞で見聞きする中で思うのは、
あんな広い地域を統一統治するのはすごいことだなぁ」ということなんです。

そして同時に思うんです。
分裂しても、何ら不思議ではない」と。
わたしは、ですが、統一統治されている今のほうが、ほんの少し違和感を感じるくらいです。

人間は、100年も同じ状態が続くと、それが永遠なんだと勘違いしてしまう。

~~~

では、もし、分裂するのなら?を考えてみたいと思います。

分裂は、南北または、3国~4国だと思います。

原因は、経済政策の失敗。(バブルの本格的な崩壊)
直接の原因は、反乱。南から。

推移は、反乱に軍部の一部が賛同して、一時内戦。
長江を境にして休戦(または膠着)という流れかもしれません。

南北の二国になるのなら、北は共産国家、南は民主国家ではないでしょうか。
北の首都は北京。南の首都は、南京または上海です。

~~~

たぶん、これによって、日本の動き方、周辺の地域の在り方が、ガラッと変わります。

尖閣、南沙、チベット・・・紛争が生じている周辺地域のほとんどは、紛争どころの騒ぎではなくなります。落ち着くか、激化してどんでん返しがあるか。

他の民主国家の基地が、南部の国家内に、いくつもできるでしょう。

そして、周辺地域にとどまらず、世界のパワーバランスが崩れるといっていいくらいのインパクトだと思います。

~~~

最後に、日本にどう影響するか?を考えてみたいと思います。

まず、出てくるのが、難民問題です。

ちょうどいま、ヨーロッパで起きている問題ですよね。
ヨーロッパ諸国は喫緊の課題ですが、日本は、関係薄いぞって態度です。

これが180度、立場が変わって、日本が直面することになります。
入国管理の法律もガラッと変わるでしょう。

難民の数は、ハンパないですね。
1000万人とかのレベルじゃないでしょう。
どうするのでしょうかね。

ちなみに、その時に日本が外国人参政権を認めていたら・・・日本もひっくり返ります。

次に、核の問題です。

中国内戦で、核が使われない保障はどこにもありません。

使う可能性があるとすれば、おそらく北の共産国家ですね。
理由は、システム的な使用権限を持っているだろうし、何より、独自に判断することになるから。ロシアは、歯止めにならないかもしれない。

民主国家からの使用は、まず無いと思います。関係国が絶対に許さない。

ただ、これ(使用)は絶対にあってはならないことだと思います。
被爆国 日本としても、絶対に許しちゃいけない。
そもそも、被害は計り知れません。

~~~

歴史という点から見ると、ほんと、いろいろ、感じるところが出てきますね。

分裂しないことを祈るばかりです。

何よりも、平和
これが持続継続してほしい

人類全体の歴史から見ても、今の世界は、稀にみる「平穏な時代」です。
あくまでも、歴史的には、です。
一定の地域では戦争があります。それは確か。
でも、戦時平時の平時人口の割合、そして歴史的に見ると、圧倒的に平穏といえます。
2000年まで、それだけ世界は戦乱だらけでした。

歴史って観点から見たら、今の平和が特殊であることも分かります。

平和にあぐらを組むことなく、守ってゆきたいですね。

人間は、100年も同じ状態が続くと、それが永遠なんだと勘違いしてしまう。

これって、危ないことだと思います。

わたしはよく、戦争の記録映画、動画を観ます。
テレビではまず出ないような記録を、あえて観ます。

もちろん、戦争の経験はありません。
ただ、戦争は、すさまじいですよ。

ほんと、すさまじい。
平時の道徳なんて比較にならないことを、人間は、することができます。

ほんと、平和は大切だなと、歴史好きな男は、心底、思う今日このごろです。

今日も、読んでいただいたあなたに感謝します。


投稿者 崎田 和伸でした。


・プロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html

・取扱いサービス
会社設立代行、法人設立代行、建設業許可申請代行、産廃許可、古物許可、酒類販売免許、宅建免許などの許認可申請代行、
創業融資申請サポート、経理会計記帳代行など。

一覧はこちら ↓↓
http://e-jimusho.com/gyoumu.html

=============

役職員の平均年令は35歳(だいたい)。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。

◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属
行政書士法人 Asumia(R) ※由来:明日見歩
本店:広島県広島市東区光町2丁目6番41号 セネスビル4階
窓口ウェブサイト:http://e-jimusho.com/

◆Asumiaお客様サポートのご案内

弊社にご依頼中、または過去依頼いただいたことのある依頼人さま限定の無料相談サービスです。担当は、わたしです。

◆Facebookページ

・当法人Facebookページ
https://www.facebook.com/gyouseishosi
※むちゃくちゃ励みになります。ぜひ「いいね」ください(^^)

トラックバックURL :

 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
吉日(法務局受付日)
最近の吉日
2018年(平成30年)
10月
一粒万倍日:
2日(火), 29日(月)
大 安
1日(月), 11日(木),
23日(火), 29日(月)
先 勝
3日(水), 19日(金),
31日(水)
11月
一粒万倍日:
1日(木), 13日(火),
14日(水), 26日(月)
天赦日
28日(水)
大 安
9日(金), 15日(木),
21日(水)
先 勝
6日(火), 29日(木)
12月
一粒万倍日:
10日(月), 21日(金)
大 安
3日(月), 7日(金),
13日(木), 25日(火)
先 勝
21日(金)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
サービス内容
 
会社設立・法人設立代行
許可の取得・変更等
資金調達サポート
経理会計サービス
契約書・規約作成代行
相続手続き、遺言書作成
 
お客様サポート制度
 
 
Asumiaならでは
 
 
会社案内
 
 
よくあるご質問
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ