崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

【コラム】「人生は死ぬまでの暇つぶし」

2018年6月21日(木)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事

gf1420280947

 

不定期でニュースレターを配信しています。

過去ログはこちら

 

先日、久しぶりにさせてもらいました。7か月ぶり…。

 

その中でコラムを書きました。

転記させてもらいたいなと思います。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 【コラム】わたしが経営者の端くれとして、感じること
  「人生は死ぬまでの暇つぶし」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

行政書士法人は中小零細企業。

 

安定してるんでしょ!?と思われがちですが、とんでもない。
日々、壁にぶつかり、迷い、失敗しながら運営しています。

 

このコーナーでは、そんな零細企業の代表であるわたしが
「日々のサポートの中」で、そして「経営者の端くれとして」
感じることを、生意気に書くものです。

 

今回『人生は死ぬまでの暇つぶし』
というタイトルです。

 

今回ちょっと哲学的な話になってしまうかもしれません。
支離滅裂かも…

 

===↓===↓===


「人生は死ぬまでの暇つぶし」。

この言葉を聞いて感じませんか?

 

「ふざけた言葉だな、人生なめてないか?」と。

わたしも最初そう思っていました。

 

でも、長い間かけて少しずつ考えてみた結果、
べつになめてる言葉じゃないのでは?と思うようになりました。

 

それどころか、助けてくれる言葉なんじゃないか、とも思うようになっています。

 

~~~

 

人は死にます。100%死ぬ。
死ぬまでの期間の差だけの違いです。

 

では、生きている間、何をするか?
AとBという選択肢があるとき、どちらを選ぶか?

 

これらを考えるとき、
”人生は死ぬまでの暇つぶし”
という言葉が一つの基準になるんじゃないか?と思うのです。

 

どうせ人生は、死ぬまでの暇つぶし。
せっかく暇をつぶすのであれば、有意義につぶすほうがいい。

 

つまり
何を選択し、行うか?を考えるとき、

「有意義に暇をつぶせるのはどっち?」
という問いを自分にしてみる。

 

この問いが最適な回答を導き出してくれるんじゃないか?と。

 

ただ“有意義”というのは難しい課題で
多くの場合、一つのことがずっと有意義ではありません。

 

また有意義にするために普段の努力も必要。
自分自身が変わる努力も必要となると思います。

有意義という三文字がなんとも難しいものですね。


余談:
これらの思考の大前提で考えねばならないことがあります。
生きたくても生きることができなかった人もいる、ということ。

生きている人はその人達の分も有意義に生きなければなりません。
そういう前提で書いています。


話を戻します。

 

~~~

 

3年前、実父が他界しました。73歳です。

 

昔、父が定年退職するとき「コンサルタントしたらいいのに」と声をかけたことがあります。
金融機関一筋でしたので、できるんじゃないかと思ったのです。

 

でも、できるできないの話をさえぎって父はこう言いました。

「もう十分働いた。もう働かない。」と。

当時は「まだ働けるのにどうして?」と驚きましたが、もしかすると
「有意義に暇をつぶせるのはどっち?」という基準で判断したのかな。

今になって考えるとそう思います。
※単に疲れただけかも…

 

ちょっと飛躍しますが、私の祖父が言っていた言葉も思い出しました。
「人は生まれて死ぬだけ。死んだら墓に入って土に戻るだけ。ただそれだけのことよ。」

父も祖父と同じような感覚でいたのかな。

つらつらとそう思います。

 

あれ、また話ずれたかも。

 

~~~

 

仕事について考えてみます。

 

仕事は人生にとって大切です。

仕事をすることで生活の糧を得ることもできる。
言い換えると、大部分の人は仕事をしないと生活ができない。

 

もし仕事がいやな時、仕事そのものが変わってくれることはほとんどありません。
原則、自分が変わらないと変わらない。

 

もし今の仕事が嫌いな時、
いやいや仕事をするのではなく、
「有意義に暇をつぶすためにはどうすればいいのか?」

 

この考え方で臨んでみると光が見えてくるんじゃないか。
そう思うんです。

 

わたしはこの「有意義に」が重要だと感じます。

 

楽しい、楽しくないという基準ではありません。
遊びのほうが楽しいに決まってる。
でも仕事をしないと食っていけない。

 

楽しい楽しくないではなく、有意義に生きるためには?という基準がしっくりきます。

 

いま有意義に生きるためにはどうすればいいか?
数カ月後、もっと有意義に生きているためにはどうすれば?
数年後、〃。

 

こう考えると別の視点が出てくるのではないか?

 

「有意義に暇をつぶすためにはどうすればいいのか?」を考えてゆくと、
なにかのヒントがあるのではないか?

 

こう思うようになりました。

 

~~~

 

関連してもうひとつ、興味深い言葉を見かけました。

「社会に寄与する暇つぶしは“仕事”と呼ばれる」。

 

なるほどなぁ~と思います。

 

皆が仕事に対して有意義になるよう臨み、工夫・改善を重ねてゆくことが
「社会に寄与する暇つぶし」。

なるほどなぁ。

 

同時に思います。

経営者は規模の大小を問わず
「従業員が有意義に暇をつぶすことができる環境を整える」
というのが役目なのかな、と。

 

本人が望んだ時にその有意義な暇つぶしができるように
準備し続けるのが経営者なのかな、と。

 

~~~

 

最後に何人か(登場人物)の言葉を紹介して終わりたいと思います。

 

・みうらじゅん
「人は生れ落ちた時、余生が始まる、その余生を有意義にするのがマイブームである」

 

・佐賀のがばいばあちゃんの言葉(島田 洋七 著)
「人生は死ぬまでの暇つぶしやから。暇つぶしには仕事が一番ええ」

 

・今東光大僧正
「人生は冥土までの暇つぶしや。だからこそ、上等な暇つぶしをせなあかん」

 

~~~


「人生は死ぬまでの暇つぶし」。

あなたはどうお感じになりますか?

トラックバックURL :

 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
吉日(法務局受付日)
最近の吉日
2018年(平成30年)
10月
一粒万倍日:
2日(火), 29日(月)
大 安
1日(月), 11日(木),
23日(火), 29日(月)
先 勝
3日(水), 19日(金),
31日(水)
11月
一粒万倍日:
1日(木), 13日(火),
14日(水), 26日(月)
天赦日
28日(水)
大 安
9日(金), 15日(木),
21日(水)
先 勝
6日(火), 29日(木)
12月
一粒万倍日:
10日(月), 21日(金)
大 安
3日(月), 7日(金),
13日(木), 25日(火)
先 勝
21日(金)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
サービス内容
 
会社設立・法人設立代行
許可の取得・変更等
資金調達サポート
経理会計サービス
契約書・規約作成代行
相続手続き、遺言書作成
 
お客様サポート制度
 
 
Asumiaならでは
 
 
会社案内
 
 
よくあるご質問
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ