崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

【かなりスピリチュアル】わたしの守護霊は、△△△ちゃん。

2016年1月29日(金)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事

行政書士法人 Asumia(読み方:あすみあ)は・・・
起業したい、起業して地道にがんばっているあなたのサポートに特化した事務所です。
広島県を中心に中国地方五県対応。


10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。


▽━━━↓↓ 本文 ↓↓ ━━━━▽



今日の投稿は、かなりスピリチュアルだと思います。

わたしの守護霊について。

普段、霊というものをあまり感じることはなく、まあ普段どおり、生活しているだけなのですが、何となく、思っていることがあります。

まず守護霊というものについて、調べてみました。

(Wikipediaから)

守護霊とは・・・
人などを守ろうとする意思を持っている霊的な存在のことで、スピリチュアリズム、心霊主義、ヨーロッパなどキリスト教圏、あるいは民間信仰でしばしば言及されているものである。 生まれつき何らかの要因(生まれた時期や季節など)によって所定の霊が付くと考える人や、先祖など当人に縁のある故人であると考える人、また当人の行いによって良い行い(徳)を積むことで良い霊が集まるという人もある。いずれにせよ当人が災難にあわないよう守ってくれている、と考えられている。

~~~

わたしね、フッと鼻で笑われようと、何となく「しっくりくる」事柄があります。

わたしは、おばばちゃんが護ってくれているんじゃないか、と。

「おばばちゃん」とは、子供の頃、ある人について、呼んでいた呼称です。

母方の祖父のお姉さん。大叔母と言うのかな。

ずっと昔の話です。30年以上前。

おばばちゃんは、祖父母と一緒に住んでいました。

どうやら、若いころ離婚して、実家である祖父の家に帰ってきた人らしいです。
小さい頃はそんなこと分かりませんでしたが。

子供のわたしが会っていたのは、昭和50年前半のころ。
離婚は、出戻りと言われる時代で、肩身の狭い想いをする人も多かった。

おばばちゃんもそうです。
ましてや、三原市の山の近くの田園広がる集落です。
古来の価値観が色濃く残り、そりゃ肩身狭かったでしょう。

わたし達兄妹は、おばばちゃんに、たいそう可愛がってもらいました。

子供ながらに、わたし達が祖父の家に行くのを、おばばちゃんは、一日千秋の想いで待っていたのが分かりました。本当に楽しみにしていた。

極端な言い方かもしれませんが、不遇な人生を歩んできたおばばちゃんにとって、わたし達兄妹は、生きがいだったのかもしれません
それくらい、帰省するのを楽しみにしてくれて、可愛がってくれた。

無職で実家で世話になる身なので、お金があまり無かったのでしょう。
山でどんぐりを集め、袋一杯、用意してくれていたのをよく憶えています。
嬉しそうに袋を出してくれた。

わたし達の喜ぶ姿を見て、ものすごく嬉しそうな顔をしていました。
不思議と、どんな顔をしていたのか、思い出せません。憶えているのは、くしゃくしゃの笑顔だけ。

そんなおばばちゃんですが、わたしが小学4年生の時、亡くなりました。

祖父の家で通夜があり帰省したのですが、そこで不思議なことがありました。

仏壇の前に、おばばちゃんの亡骸と、火の灯ったろうそく。
よくあるシーンです。

親類縁者、みんな、座っています。

わたし達は、線香をあげ、冥福を祈りました。

そして、おばばちゃんの手を握って、お礼を言おうと思った瞬間。

ろうそくの火が、大きく燃え上がるんです。
ボワッ!と

その場の全員が見ていました。

興味旺盛な小学生であるわたしは、何度かテストしてみました。
握って離して、握って離して。

でもそのすべてで、ろうそくが大きく反応するのです。
ボワッ、ボワッ~~!と

そして、改めて手を握り、「ありがとう」と言いました。

その時、感じたんです。

とても、とても暖かいものを。
ホワっと包み込まれるような感覚を

よく覚えています。

あれからです。

何かに護られているような感覚があります。

~~~

もし、わたしに守護霊というものがついているのであれば、高い確率で、おばばちゃんです。

事あるごとに護ってくれている(と思う)。

普段の生活で想い出すことはそうそうありませんが、節目節目で、思います。

おばばちゃんが護ってくれているんだな、と

こう考えることが、しっくり、くる

わたしだけかな。

あなたには、守護霊、ついてませんか?

普通、ないか・・・(-_-;)

今日の投稿は、かな~り、スピリチュアルですね。
今日みたいな投稿は、初めてじゃないかな。

普段、経営している身であり、超現実派のわたしですが、霊は、いると思うんですよね。

守護霊もいると思うんですよね。

ということで、わたしの守護霊は、おばばちゃんです(^_^;)


今日も、読んでいただいたあなたに感謝します。

投稿者 崎田 和伸でした。


△━━━↑↑ 本文 ↑↑ ━━━━△


・プロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html


・取扱いサービス
会社・法人設立代行、建設業界をはじめとする許認可申請代行、経理会計記帳代行、資金調達申請サポート。
一覧はこちら ↓↓
http://e-jimusho.com/gyoumu.html


=============


役職員の平均年令は35歳(だいたい)。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。


◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属

行政書士法人 Asumia(R) ※由来は「明日を見て歩く」の「明日見歩」です。
本店:広島県広島市東区光町2丁目6番41号 セネスビル4階
法人ウェブサイト:http://e-jimusho.com/
グループウェブサイト:http://asumia.jp/


◆Asumiaお客様サポートのご案内


弊社にご依頼中、または過去依頼いただいたことのある依頼人さま限定の無料相談サービスです。担当は、わたしです。
http://e-jimusho.com/support.html


◆士業向けメディア「スケダチ」にて、執筆させてもらいました。
  ↓↓
【全6回】地方都市圏で、士業事務所をゼロから始め、組織として運営する6つの方法
http://suke-dachi.com/suketto/544

トラックバックURL :

 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
吉日(法務局受付日)
最近の吉日
2018年(平成30年)
10月
一粒万倍日:
2日(火), 29日(月)
大 安
1日(月), 11日(木),
23日(火), 29日(月)
先 勝
3日(水), 19日(金),
31日(水)
11月
一粒万倍日:
1日(木), 13日(火),
14日(水), 26日(月)
天赦日
28日(水)
大 安
9日(金), 15日(木),
21日(水)
先 勝
6日(火), 29日(木)
12月
一粒万倍日:
10日(月), 21日(金)
大 安
3日(月), 7日(金),
13日(木), 25日(火)
先 勝
21日(金)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金表
 
 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
サービス内容
 
会社設立・法人設立代行
許可の取得・変更等
資金調達サポート
経理会計サービス
契約書・規約作成代行
相続手続き、遺言書作成
 
お客様サポート制度
 
 
Asumiaならでは
 
 
会社案内
 
 
よくあるご質問
 
 
あすみあグループ
 

ページトップへ