トップページ  はじめての皆さまへ  お手伝いする理由  サイトマップ  ホームページ最終更新:2017年4月  
 

崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

なんとなく腑に落ちていること3つ

2017年3月3日(金)

テーマ:経営について

HJ171_L

 

17年間、代表者として経営をしてきました。

起業1年生よりは経験を積んでいますが、多くの偉大な経営者に比べれば、まだまだひよっこです。

個人事業で始め、法人化し、今に至っています。

 

最近、「あ~そうだね~、その通りだね~」と腑に落ちていることがあります。

本からではない、自分自身の経験から学んだことです。

でも後で本を読むと書いてあったりして、悔しい想いをしている今日このごろ(^_^;)

 

3つほど、ご紹介させてください。

他にもありますがとりあえずキリのいい3つということで(^_^;)

 

 融資は利益の前借りである

 

普段、行政書士法人として、いろいろさせてもらっている中で、

日本政策金融公庫に対する融資申請サポートをさせてもらっています。

(パソコンの方は新しいタブが開きます)

 

これは、自身の経験上、そしてその融資申請サポートの中でも想うことです。

 

すなわち・・・

融資を受けるということは、利益を前借りしているということ

 

考えてみれば当たり前のことです。

融資を受けたお金は、利益を出して、そこから返済してゆきます。

 

赤字の会社でも融資を返済することはできます。

黒字でも赤字でも、お金があれば会社の口座から落ちてゆきますので。

 

でも、黒字の会社でない限り(または経営者や他からお金を会社に入れない限り)、お金は減ってゆきます。

黒字を出して、初めて真の返済となる

 

これ実は、経営者本人は、なかなか気付かない。

少なくとも、わたしはそうでした。

いろんな失敗のもとになりました。

 

 会社を大きくする!を目的にしたら、だいたい失敗する

 

これも、まさにわたしが失敗したことですね。

2008年から2013年あたりまで、約5年間、目指し、挫折しました。

 

最後には資金難が続き、倒産を覚悟しました。というか、ほぼ倒産状態でした。

いろんな人のちからで、何とか生き長らえさせてもらいました。

 

目的を「会社を大きくする!」にしたら、失敗する確率はすごく上がる

と思います。だいたい失敗する、としても過言ではありません。

 

経営学の神様と呼ばれるピーター・ドラッカーという人が言っています。

企業の目的は顧客の創造である、と。

 

目指すべきものは、「規模」でも「利益」でもないということですね。

目指すべきものは、「顧客の創造」である。

 

規模や利益は、顧客を創造してゆく中で「結果的に生じてくる現象にすぎない」

 

深いですね~。

 

これを見間違うと、目的を見失います。

事業の目的って大切で、肝の中の肝、という感じです。

 

わたしの場合、見失い、目的が利益ならまだしも、目的が規模になってしまったわけです。

当時のスタッフには、ほんとうに迷惑をかけたと反省しています。

もっともっと、優れた経営者であるべきでした。

 

 経営者は「考えるべきことを考えるべき時期に考えなければならない」

 

経営者は、考えるべきことを、考えるべき時期に、考えなければならない。

 

これ、例えば、ということで、「採用」の面から例示させてもらいます。

 

労働集約型のビジネスを例にします。わたしこれやっているので腑に落ちます(^_^;)

参考:労働集約型産業とは? (パソコンの方は新しいタブが開きます)

 

昨日、ふと思い、Facebookに投稿させてもらったものです。

↓ ↓

 

労働集約型ビジネスで、事業年度の半分を終えたとします。=事業主の場合は6月末。


あと半期(=下半期分)の売上について、300~400万を見込めた時点で、数ヶ月内で雇用(時間給スタッフ)することが前提での求人を始めないと、高い確率で一人ブラック化します。※年間売上600~800万。


そして、雇用の時期を逸してしまうと面接や教育する余裕がない状態なので、短い求人期間と不十分な教育によって、雇用しても離職率が高い状態が続くと思います。

 

つまり、「人はいるのに一人ブラック」な状態が続くことになります。そして抜けられない。
抜けるどころか、スタッフの管理業務も重なって、ドツボにハマってゆきます。

 

代表の担当業務はブラックボックス化し続け、従業員の生産性は下がり続けます。
このドツボから抜け出すために5年はかかります。

 

↑ ↑

 

これは、あることを暗示していると思います。

つまり、「考えるべきことを、考えるべき時期に、考えなければならない」ということ。

 

半期で300万~400万の売上となった時点で、採用活動に動くべき、とわたしは思うのですが、実は、その前にやっておかないといけないのが、「考えること」。

 

何を考えるのかというと、「職人でゆくか、組織でゆくかを決める」というものです。

 

起業する人は、2つの選択肢があると思います。

つまり、「一人でやってゆく」か「スタッフと一緒にやってゆくか」

 

どちらも正しい。客観的には適しているかそうでないかの見解の相違はありますが、基本、正解はありません。

ご自身がどうしたいか?です。

わたしは「スタッフと一緒にやってゆく」を選びましたが、そうでない姿もあったかもしれません。

 

必要なのは、雇用するべきときに雇用する。

でももっと必要なのは、雇用の準備を始める前に、雇用し続けるのか一人で職人としてやってゆくのかを決める必要があるということ。

 

つまり、それを決めるために「考えるべきことを、考えるべき時期に、考えなければならない」というものです。考える時間は、数時間ではないはずです。少なくとも数ヶ月は必要だと思います。

 

経営は、結構、前倒しですね(^_^;)

目の前に起きた現象は、数ヶ月、数年前のこと※に起因しています。

※やったこと、やらなかったこと。

 

雇用するべきときに雇用し、結果的に「なんとなくの流れ」でうまくゆく人がいますが、それは一つの才能だとわたしは思います。流れでゆくと、いつか行き止まりに行き着く、とわたしは思います。

 

最も生き残りやすい人は、

考えるべきことを考えるべき適切な時期に、しっかり考えて、選択した人

だと思います。

 

わたしは、これらのすべてにおいて、できませんでした。

考えるべきことを考えず、適切な時期を逸し、浅い考えの中で、決めるに決められず、やってしまった。

 

考えるべきものを列挙する、時期を察するために、先人たちの智慧の集大成である「本」を読む必要がありましたが、それもやりませんでした。

 

自らの経験と思考のみに頼り、歴史を省みることがなかった。

だから失敗が多かったと思っています。

 

 なんとなく腑に落ちていること3つ

 

なんとなく腑に落ちていること3つ。

いかがでしたか?

 

1.融資は利益の前借りである

2.会社を大きくする!を目的にしたら、だいたい失敗する

3.経営者は「考えるべきことを考えるべき時期に考えなければならない」

 

わたしが事業体を運営する中で、経験し、腑に落ちている3つ、でした。

 

わたしなんぞが言うのは僭越ですが、

あなたには、わたしと同じ轍を踏まないで、回り道しないで、最短距離で「成幸」していただきたいです。

 

功を成す成功ではなくて、幸を成す成幸です(^_^;)

 

最後に)

偉そうなことを書いていますが、わたしが今やっていることが果たして正解かどうかは分かりません。

正解であれば5年後、10年後、生き残っているのでしょう。

起業って、試験と違って、正解がないところを正解にすることなのかもしれません。

 

投稿者:崎田 和伸

広島県内の自治体独自の補助金、助成金をまとめてみた。

2017年3月1日(水)

テーマ:お知らせ, 起業、会社設立TIPS

JZ027_72A

 

今回、広島県内の自治体が実施している補助金、助成金をまとめてみたいと思います。

募集中のものはもちろんありますが、4月~募集開始となると予想されるものも掲載します。

セミナーを受けたら特典を受けることのできるものも掲載しますね。

 

 広島市、広島県

 

創業チャレンジ・ベンチャー支援事業

URL:http://www.assist.ipc.city.hiroshima.jp/sougyou/sougyou05.html

※パソコンの方は新しいタブが開きます。

 

創業支援事業計画に係る創業セミナーについて

URL:http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1416289911100/index.html

※パソコンの方は新しいタブが開きます。

 

起業支援アドバイザー派遣(無料)

URL:http://www.assist.ipc.city.hiroshima.jp/sougyou/sougyou03.html

※パソコンの方は新しいタブが開きます。

 

見本市等出展助成金

URL:http://www.assist.ipc.city.hiroshima.jp/shisaku.html

※パソコンの方は新しいタブが開きます。

 

広島県中小企業技術・経営力評価事業 信用保証料補助金申請について

URL:http://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/70/gijyutsu-hoshouryou.html

※パソコンの方は新しいタブが開きます。

 

広島県未来チャレンジ資金

URL:http://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/72/challenge-koubo.html

※パソコンの方は新しいタブが開きます。

 

 広島県の他の自治体

 

たくさんあります。たくさんありすぎて、探し始めて、疲れました(^_^;)

 

ですので、ミラサポというウェブサイトで検索した画面をリンクしてみます。(表示されるかな~)

こちら ※パソコンの方は新しいタブが開きます。

 

09808080

 

表示されなければ、こちらで探してみて下さい。広島県内で全分野を選び、補助金・助成金を選択すれば、一覧ででてきます。

 

一覧に載っている制度以外でも、利用できるものがあるようです。

せっかくある制度、ぜひ活用しましょう。

 

以上にはありませんでしたが、厚生労働省の助成金もあります。

主に人の雇入れや、環境・待遇改善で助成金が交付されるものです。

そちらもぜひ、参考となさってください。

↓↓

厚生労働省 事業主のための助成金

URL:https://goo.gl/ZOwkwK

※パソコンの方は新しいタブが開きます。

 

 申請を任せたい、という方は

 

最後になりましたが、補足です。

こうやって書いておきながら、弊社は補助金、助成金の申請サポートは行っていませんm(__)m

 

ご希望の方には、広島県内で専門とする行政書士事務所や、グループ、パートナー契約している社会保険労務士事務所など、ご紹介させていただきます。

いわゆる「士業」は外から見えにくいのが特徴です。

得意としているか?実績はあるか?誠実か?

といった点でご不安な方は、遠慮なくお問い合わせくださいね。

 

 

投稿者:崎田 和伸

顧客のミカタであること。【お仕事に対する考え方】

2017年2月25日(土)

テーマ:お仕事に対する考え方

af9920045221

 

よく、建設業許可、古物営業許可、酒類販売免許などの、いわゆる「許認可申請」のご依頼をいただきます。

この許認可という分野の特徴は何より、「法令で定められたこと以外のグレーな部分が多い」というのが挙げられます。

許認可を下ろすかどうかの肝の基準は法令で決まっていますが、「審査上の事務的な部分、あるいは審査上の要請」といった部分では、他の法的手続に比べ、裁量権があります。

=他の手続に比べ、官公庁側からの要求、要請が来やすい。法令で必須とされる資料を揃えた場合でも。

 

わたし、こんな許認可分野について、昔から思っていることがあります。

 

それは、顧客のミカタとなること

 

許認可分野において、行政書士は3種類に分かれると思います。

 

1.官公庁とガチンコで闘う行政書士。

いつも臨戦態勢。顧客のためならどんな闘いも厭(いと)いません。官公庁との軋轢(あつれき)どんと来い!系です。

 

2.官公庁の言い分をそのまま顧客に伝える、役所のスピーカーのような行政書士。

役所から言われたことが理不尽でも、法律に抵触していそうでも、顧客にそのまま伝え、顧客を説得しようとします

 

3.官公庁と関係を築きつつ、実は闘っている行政書士。

官公庁と良い関係を築きながら、グレー部分について、法や前例に基づいて主張してゆくタイプ。

 

あなたが依頼するなら、この3人の行政書士のどれにしますか?

 

~~~

 

行政書士の使命は・・・

国民と行政との絆として、国民の生活向上と社会の繁栄進歩に貢献すること

です。

出典:日本行政書士会連合会:https://www.gyosei.or.jp/information/introduction/mission.html

 

この「国民と行政の絆」がポイントですね。

絆、と書いていますが、わたしは「国民と行政との間をつなぎ、国民に説明し、行政を牽制する」という風に理解しています。

 

中国を見てもらえると理解いただきやすいと思いますが、行政は情実化しやすいです。

情実化とはつまり、口利き、賄賂(わいろ)が横行しやすいということ。

 

日本に住んでいると、まさかと思うかもしれませんね。

わたしも中国には住んだことはありませんが、漏れ来るニュースを見るかぎり、その傾向は顕著と断言しても良いと思います。

 

天津大爆発を憶えておられますか?

あれは色んな原因の説が出ていますが、わたしはこう思っています。

危険物質を一定量以上集積してはならない場所に、経済発展と情実のために許可を出し続け、野ざらしになっても指導すらすることがない状態だった」から。

 

また、天津大爆発以外で聞くのは、「許認可権限を持つ共産党上層部は、権限と比例して財産が増えてゆく」ということ。

 

日本では考えられませんね。現時点では。

 

長くなるので強引にまとめます(^_^;)

行政書士は、行政を牽制する役目を負っていると、わたしは思っています。

 

~~~

 

話を戻します。

 

あなたが依頼するなら、この3人の行政書士のどれにしますか?

 

1,官公庁とガチンコで闘う行政書士。
2.官公庁の言い分をそのまま顧客に伝える、役所のスピーカーのような行政書士。
3.官公庁と関係を築きつつ、実は闘っている行政書士。

 

2は顧客から信頼を失う行政書士です。行政書士の使命からして、危険な存在ともいえます。

官公庁の言い分ばかりが通り、牽制の役目を果たしません。極端にいえば、官公庁窓口担当者の人格やその日の気分で許可不許可が決まってしまう。(実際には、許可申請を受理してもらうか受理されないか、です)

危険ともいえようかと思います。

 

 

では残りの1と3、どちらの行政書士に依頼しますか?

 

わたしは開業して5年くらいまで、1の「官公庁とガチンコで闘う行政書士」がいいと思っていましたし、実際、やっていました。ガチンコ勝負の姿勢の官公庁窓口担当者(いわゆる名物担当)がいる平気でいる時代でしたし。

 

でもやっていくうちに思ったんです。

ガチンコは最終的によくない、と。

最終的に顧客のためにならない、と。

その依頼については良いかもしれませんが、次のその方の依頼には支障が出ます。

 

行政書士(わたし)も、窓口担当者も、最初から勝負腰。

自然と細かい、細かい点の突き合いになり、うまくいくものもうまくいきません。

終始、重箱の隅のつつきあい(-_-;)

理論武装しているように見えて、その実は甘々(あまあま)。

子供のケンカです。

 

いろいろするうちに、開業後6年くらいから

「3.官公庁と関係を築きつつ、実は闘っている行政書士。」となりました

 

ケンカ腰ではない。でも出る時は出る。引く時は引く。

 

出る時(=主張する時)は、理論武装をし、きちんと法律の解釈をしたうえで、撃って出る。

でも相手方(官公庁側)の要請が、法律の趣旨に基づく正当なものと思われれば、引く。

 

こういったやりとりをするようになりました。

 

真っ赤な炎ではなくて、青白い炎

こういったらイメージいただきやすいでしょうか。

あ、ガスコンロの炎ですね!

 

あれから(=~開業5年くらい)12年くらい経ちました。

いま、わたし自身は実務担当ではありませんが、弊社の根底には、「3.官公庁と関係を築きつつ、実は闘っている行政書士。」が根付いていると思っています。

 

日々、関係と信頼を築きながら、それでも闘っていますよ。

 

ということで、また長くなりそうなので、強引にまとめます(^_^;)

 

顧客のミカタとなること

これを行政書士法人代表者として、胸に刻んでおります。

 

投稿者:崎田 和伸

 

sakida_prof_tokyo201703

営業日、時間その他のご案内

2017年2月18日(土)

テーマ:お知らせ

IMG_9603-1

↑↑ オフィスの奥から相談スペース(入り口)を撮した写真です。

 

2017年2月時点の営業日、営業時間その他について、ご案内させてください。

 

 営業日、営業時間

 

98098080

 

月曜日~金曜日(祝祭日を除く)

8:00~18:00です。

 

ただし、週末(土曜日)無料相談の場合は、土曜日にもご相談対応させていただきます。

※ご予約は恐れ入りますが、平日のうちにお願いいたします。

 

参考:週末(土曜日)無料相談(土曜日)

参考:無料相談制度について(平日)

 

 正午~13時について

 

IMG_1841

↑↑ オフィス入り口のカープ選手サインボール。

 

弊社では、昼の1時間について休憩時間としております。

社として、休憩時間を重要と考えているのも理由の1つです。

 

理由や考え方について、過去ブログ記事があります。よろしければご覧ください。

【ご迷惑をおかけします】正午~1時間、留守にすることが多いです。

(パソコンの方は新しいタブが開きます)

 

昼、しっかりと休み、13時~は集中して執務いたします。

正午~13:00まで連絡がつかない事が多いと思いますが、ご了承のほど、お願いいたします。

 

 何をやっているの?

 

どんなサービスを行っているのか、一覧がありますので、ご案内させてください。

65ytpaep

サービス内容のご案内

 

意外と長文になってしまいましたね。

よろしくお願い申し上げます。

 

投稿者:代表社員 崎田 和伸

 

sakida_prof_tokyo201703

【渋谷】3月4日(土)開業ダッシュセミナー&合同説明会

2017年2月17日(金)

テーマ:お知らせ

16729318_1390278314357094_3131952641645781236_n

 

 開業ダッシュセミナーで登壇させていただきます

 

伊藤塾東京校(渋谷)にて
3月4日(土)11:00~13:00の「開業ダッシュセミナー」のうち30分程度、お話させてもらうことになりました。

 

伊藤塾さんはすごいなぁと思います。

なぜかというと、資格を取るところの一歩先を考えていて、実際にサポートを行動として起こしていること。

責任者の方とお話したことがありますが、「資格を取っていただくことが生業ですが、その先がないと意味がありません、サポートしたいと思っています」とのこと。

ほんとすごいなぁ。

理念をしっかりと理解されていて、具現化されています。

 

“合格のその先”を見据えた発想(伊藤塾さんHP。パソコンの方は新しいタブが開きます)


当日お話する内容、題目その他は、現在作成中です(^_^;)

誠意をもって、担当したいと思います。

 

わたしのところの拡大画像はこちら ↓

 

1648987

 

尊敬する行政書士法人GOAL 石下先生と同じ日に登壇できる。嬉しいですね。

菖蒲先生とはおそらく初めてお会いすることになります。楽しみです。

 

 行政書士事務所合同説明会で求人ブースを出します

 

16711732_1390278337690425_1671155367927142648_n

     
当日のその後は、同日に行われる「行政書士事務所合同説明会」で、求人ブースを出させていただきます。

どれくらいおられるか未知数ですが、中国地方へのUターン、Iターン希望の方、ぜひ^_^ 

 

実際の求人開始日は1年くらい先の予定なのですが、エイヤッ!と出すことにいたしました。


       
合同説明会で掲載いただく紹介文がこちらです。↓↓
   
・事務所名
 行政書士法人 Asumia
 ※由来:明日見歩
          
・事務所概要
      
本店:広島県広島市、支店:広島県東広島市
平成12年創業の行政書士事務所。平成24年法人化。
役職員数7名。(うち登録行政書士3名、行政書士試験合格者1名)
創業者、中小零細企業に対して手続、会計、資金調達サポートを行っている。
         
・事務所の特色
         
広島駅新幹線口交差点から徒歩5分の位置で、営業しています。(本店)
顧客を創業者、中小零細企業に絞って、許認可、会社設立、会計記帳代行、創業融資サポートなどを提供しています。
経営理念は「嬉しいを紡ぐ」。これは顧客だけでなく役職員の“嬉しい”も含まれます。
弊社に関わって下さる顧客、役職員、取引先が嬉しいと感じる形の実現を目指しています。
         
・求める人材
         
中国地方五県(広島、山口、岡山、島根、鳥取)へのUターン、Iターンを考えている方です。
年齢、学歴、職歴は問いません。実際、現社員は前職がフリーター、会社員、旅行代理店など多様です。また大卒がいれば高卒もいます。
ただし、行政書士資格をお持ちの方に限定させていただいています。登録の有無は関係ありません。
採用は2017年11月あたりを予定しています。
         
・ひとこと
         
弊社では、働く人がどういうキャリアを積んでゆきたいのか、どんな将来を望んでいるのか、を重要視しています。
組織の中で、どんな姿、形で実現できるのか、いつも考えています。
あなたの将来像、なりたい姿をぜひお聴かせください。
    
・Web
 http://e-jimusho.com/

 

ということで、3月4日(土)は、東京渋谷ですが、もしお越しになれる方がおられましたら、ぜひお会いできればと思います。

 

投稿者:崎田 和伸

 
50代60代のお手伝い豊富

お問い合わせ・ご依頼

無料相談のご案内

初回無料相談制度

吉日(法務局受付日)

最近の吉日
2017年(平成29年)
4月
一粒万倍日
7日(金), 10日(月),
19日(水)
大 安
11日(火), 17日(月),
27日(木)
先 勝
7日(金), 19日(水),
25日(火)
5月
一粒万倍日
1日(月), 16日(火),
17日(水), 29日(月)
大 安
9日(火), 26日(金)
先 勝
11日(木), 17日(水)
6月
一粒万倍日
12日(月)
大 安
1日(木), 13日(火),
19日(月), 30日(金)
先 勝
9日(金), 15日(木),
21日(水), 26日(月)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

代表ブログ

崎田 和伸ブログ

メディア掲載 

崎田 和伸ブログ

依頼人さまの声・実績

 アンケート編

 実際に建設業許可を取得された方のご感想 

 建設業許可 許可証

 産廃収集運搬 許可証

主なサービス内容

料金表

 お得な割引制度はこちら

【無料】お客様サポート

Asumiaならでは

 経営革新等支援機関として認定されました!西日本の行政書士法人としては初

 圧倒的な「お客様の声」

 事業運営にまつわる周辺事業者との連携を進めています!

 日本政策金融公庫の面接を弊社会議室で行います! 

 お手伝いする理由

よくあるご質問

【動画】Youtubeチャンネル

ユーチューブチャンネル

無料ニュースレター

無料ニュースレター

会社案内

 代表プロフィール 

 スタッフ自己紹介

アクセスマップ

代表:行政書士 崎田 和伸

所在地:〒732-0052 広島県広島市東区光町2-6-41 セネスビル4階

初回相談無料。お問い合わせ、相談予約
受付時間:8:000~18:00(土日祝日除く)
無料相談制度、ご用意しています!

東広島支店:〒739-2103  広島県東広島市高屋町宮領1032-171

ブログ

 代表 崎田ブログ 

崎田 和伸ブログ

 スタッフブログ 

  スタッフブログ

あすみあグループ

コラム

お知らせなど

心をこめて

 

当サイトは、外部へお願いするのではなく、わたし自身、心をこめて作りました。(更新はわたしとスタッフが共同して行っています)

ごちゃごちゃしたサイトかもしれませんが、「何となくしっくりくるな~」と思って下さいましたら、ぜひお問い合わせください。

10年後もその先も。生き残り、安定・発展いただくためのお手伝い。

あなたと人間として、経営者として一緒に成長してゆきたいと思います。

楽しみにしていますね。

ご依頼の方法

 

ご依頼はじっくりと話を聞いてからでも、今すぐ依頼して準備に入ること可能です!



 まず問い合わせをしてみたいあなたはこちら ↓

初回相談無料。お問い合わせ、相談予約
受付時間:8:00~18:00(土日祝日除く)

 フォームからのお問い合わせはこちら

 話を聞いてから依頼を検討したい、依頼前の打ち合わせをしたいあなたはこちら ↓

初回無料相談制度



 いますぐ依頼して、準備に入りたいあなたはこちら ↓

↓↓ すべてのサービスではありませんが、ネットからのご依頼フォーム、ご用意しています ↓↓

会社設立、法人設立、創業融資など 

建設業許可申請 

依頼フォームの無いサービスについては、お手数ですが、ご連絡ください。

 

 
  法人名、所在地など
 
10年後もその先も。生き残る。


あすみあグループ所属 行政書士法人 Asumia

旧名称:ひろしま中央行政書士事務所R
行政書士法人登録:日本行政書士会連合会 法人登録番号 第1203301号

法人名(事務所名)特許庁商標登録:登録番号 第5337959号 
グループ名特許庁商標登録:登録番号 第5605184号 

代表社員:行政書士 崎田和伸(Google+へ) 

本店所在地:〒732-0052 広島県広島市東区光町2丁目6番41号 セネスビル4階

電話:082-569-5320 FAX:082-553-0892

東広島支店:〒739-2103  広島県東広島市高屋町宮領1032-171

(恐れ入りますが、東広島支店は来客対応の機能は有しておりません)

スタッフ一覧
お問い合わせ、無料相談予約

フォームから問い合わせる、無料相談を予約する

いますぐ依頼する!  建設業許可を依頼する!

 プライバシーポリシーセキュリティ体制 
弊社は依頼人様、相談者様の情報守秘に努めております。ご安心ください。サイトマップ
 
著作権は行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)に帰属しています(一部の素材・画像を除く)。複製、改変等を禁止します。