トップページ  はじめての皆さまへ  お手伝いする理由  サイトマップ  ホームページ最終更新:2017年11月  
 

崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

【ご理解、お願い申し上げます】 弊社側から年賀状をお送りしないことについて。

2016年11月25日(金)

テーマ:お知らせ

man2015

 

年末が少しずつ、迫ってきました。
月日はものすごく早いです(T_T)

 

早速ですが、一つ、お知らせとお願いがございます。

 

弊社では昨年の冬から、
年賀状の送付を廃止させていただいております。

弊社側から、年賀状お送りすることはございません

 

~~~

 

今回のお知らせとお願いは、ご無礼極まりないと思います。

 

次の理由から廃止させていただきたく、伏して、お願い申し上げるものです。

 

年賀状は、季節の挨拶という意味合いがあり、日本では古くから行われてきたものですね。
歴史が好きなので歴史風に申し上げると、年賀状という風習が一般社会に広がって、100年強です。

 

ただ、この風習に沿うためには、大きな時間、労力、そして費用を必要とします。

 

毎年、毎年、このために関わる全員が、労力と費用を使う。
わたしにはどうしても、これが「最善かどうか?」に疑問があります。

 

弊社内においては、これに必要な時間、労力そして費用を、依頼人さま、取引先さまが10年後もその先も生き残る「何か」のために使いたい、と考えました。

というか、必ず、使います。

 

季節の挨拶のための時間、労力そして費用を、もっと付加価値の出るような別の施策、戦術のために使いたいと感じております。

 

~~~

 

年賀状は、いまだ頂戴しているものではなく、本来、辞退の方法としては「先に辞退」とは、順序も逆です。大変失礼で、非常識なことである事は重々承知しております。

 

そこを敢えて、伏してお願いをするものであります。
ご理解いただけますよう、よろしくお願いいたします。

 

今年と同じく、来年以降も同様に、弊社側から年賀状をお送りすることはございません。

 

こんな行政書士法人 Asumiaではありますが、今後とも、よろしくお願い申し上げます。

 

補足)

今回のお知らせは、行政書士法人 Asumiaからのものです。あすみあグループとは別となります。ご了知ください。

 

投稿者:崎田 和伸

やりたいことをした後に、本当の経営が待っているのではないか?

2016年11月21日(月)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事, 経営について

gf1420418632

 

ここ数年、想うことがあります。

やりたいことをした後に、本当の経営が待っているのではないか?と。

 

日本では、「自営業を営む起業家」の数と「会社役員などに就いている起業家」の数をあわせると、約514万人です。

人口10,000人あたり404人、全人口の4%が広義の起業家ということになります。(出典:創業手帳ウェブページから)

 

わたしのブログは、この「4%」の方、「4%になりたい方」がご覧になることが多いので、これらの方々に向けて、少し書きたいと思います。

20年に満たない経営者人生ではありますが、それでもどなたかの参考になれば嬉しいです。

わたしと同じ「創業起業」、そして、弊社と同じ「中小零細企業」、を対象とした投稿です。

 

~~~

 

雇用されながら、「したいことをする」という恵まれた環境にいる方はおられるでしょうが、多くの方はそうではありません。

したいこと、以前に、生活の糧のため、仕方なく雇用という形をとっている方も多いでしょう。

 

そんな中、独立起業した時、あることが待っています。

それは、「やりたいことを、許される限り、することができる状態」。

したいことばかりやっていては生活が成り立ちません。「許される限り」とはそういう意味です。

当然ではありますが、法律に反することもできませんね。

 

いままで色んな制約があって、したいことができなかった。

でも、独立起業した途端、その制約はなくなります。

 

見渡す限りの原野。

どこを開墾するか?から自分で決める。

許される限り、何でもできる。

その結果はすべて自分に跳ね返ってくるという現実と裏返しで、なんでもできる。

 

今まで、雇用されてきた人生と比べて全く違う、全く新しい景色が目の前に拡がります。

 

~~~

 

そして、数年間、長い人は10年間。

したいことを、許される限り、することになります。

 

それは楽しいものです。

自分がどうするかで、全てが変わる。

そのダイレクト、ダイナミック感は、雇用されて働いていた頃とは全く違います。

一種の麻薬にも似たものであり、ものすごく働きます。

 

よく、経営者一人がものすごく働く状態を「独りブラック」と呼ばれますが、その状態。

一種の「ハイ」な状態です。社員がいてもいなくてもよく働きます。

 

会社や事務所に、意味もなくても、ネットサーフィンだけでも、居たくなる

よく分からないが、楽しくて仕方ない。

そんな状態です。

 

~~~

 

でも、それはいつか終わる

 

現実に押しつぶされるのが多いと思います。ちなみに、わたしはそうでした。

やりたいことを推し進めることの限界値は、必ず存在します

 

独りブラックで何とかなる状態を超えてしまう

何らかの破綻が生じます。

お金、家族、身体、友人・・・破綻の姿は数え切れないでしょう。

 

そして、「ハイ」な状態は終わり、「ノーマル」な状態に移行する。

 

すべての方がそうだとは言いません。

中には、「ハイ」な状態そのものが「ノーマル化」して、現実問題も解決させながら、維持、発展してゆく方もいます。

いわゆる成長し続けるベンチャー企業の経営者がこのタイプなのかもしれません。足踏みすることはあっても、したいことをし続ける人たち。

 

ただこのタイプは稀であると言ってよいと思います。

大部分の方は、限界値で、止まる。

その限界値は人それぞれだと思います。

 

~~~

 

「ハイ」な状態は終わり、「ノーマル」な状態に移行する。

わたしは、経営者としての人生は、そこからが勝負だと思うんです。

 

したいことをして、限界値を知った。

自分の限界値を知った。

限界値を超えたらどうなるか、何となく、分かってきた。

 

さて、これからどうするか?

どこに向かってゆくか?

 

  • その疑問が脳裏にふつふつと湧いてきて、足踏みする。
  • 深く考える。
  • 自分は、会社はどこへ向かうべきなのか?と、思い悩む。

 

実は、わたしも以上で書いた経路を辿っておりまして・・・。

 

  • ハイの状態で破綻・限界値を知る。
  • ノーマルの状態で悩む、決める。
  • という流れを辿ってきています。
  • 悩む時期は、自分自身、かなりの低迷期でした。

 

そしていま。

わたし、たぶん、

「決めた!」といったステージです。

 

~~~

 

でもおかしいのです。

ハイではなくノーマルの状態で、

自分自身が悩んだ時期が、

始まって以来(個人事業から)最高の経常利益

 

自分自身が「悩み、足踏みしている」と思っている時期が、経営的には合格点に達している。

 

もしかして、わしは何もせんほうがええん?(広島弁)

 

ただ動くことは動きました。

冷静に、地味に動きました。

経営上の失敗もありました。一つじゃありません。

 

その結果、過去最高の経常利益

 

しつこいですが、書きます。

もしかして、わしは何もせんほうがええん?(広島弁)

 

~~~

 

経営は奥深い。

本当に奥深い。

だからこそ、面白い。

 

もしかすると、起業・経営って、

やんちゃな時期を終えて、ひと波乱あった後でないと安定へ向かってゆかないのではないか?

そう思ってしまう、今日このごろです。

 

それじゃあ、「やんちゃな時期(=ハイな時期)を少しでも短くすればいいじゃん」

という対策は見えてくるのですが、やんちゃな時期がなければ、安定も来ないと感じます。

これは論理的ではありません。感覚的です。

 

経営的なセンスがある人って、人を掌握する能力がある方が多いのですが、もしかすると、

この「やんちゃな時期を早期に終えることができる人」のことを指すのではないだろうか

 

こう思ったり、します。

 

~~~

 

これからどうしてゆくのか、頭の中でははっきりしています。

そのために動いてゆくのみ。

これからも、冷静に、地味に。

 

これから、成幸するのか、失敗するのかは分かりません。

ただ、これからも経営者として、働いてゆきたいと思います。

 

最後は意思表明に終わってしまう、変な閉じ方ですが、ご容赦ください。

今回は、いつもに増して、つらつらと書いてしまいましたね・・・。

そんな内容ですのに、最後まで読んでくださったあなたに、心からの感謝を捧げます。

 

では、失礼します。

 

投稿者:崎田 和伸

 

img_1508

建設業は家族に誇れる仕事だと改めて思った映像。

2016年11月18日(金)

テーマ:お仕事に対する考え方, 日常の雑感、発見、出来事

3453r2rewera

 

普段、建設業の方を多く、お手伝いしています。

あくまでも一般的には、ですが、建設業の方々は、現場の過酷さに比べて評価されにくい業種です。

建築現場では騒音クレームが入り、道路工事現場では暴言を吐かれることもあります。

 

弊社は、建設業許可や会社設立、資金調達、そして会計記帳などで、建設業の方々をバックヤードからお手伝いすることが多いです。

 

弊社にお越しになる、ご紹介いただく建設業の方々は、本当に良い人たちです。

誇りを持って仕事をしている人が多い。ほんと、多い。

 

~~~

 

先日、博多で陥没事故がありましたよね。この写真です。

 

3453r2rewera

 

すごいですね。ぽっかり、穴が空いている。

この事故の普及工事を見ながら、やっぱり、すごいなぁと思ったんです。建設業って。

 

~~~

 

1つ、タイムプラス映像があります。よければ見てみてください。

復旧工事を1分強のタイムプラス映像にしたものです。(Youtubeから。)

 

 

すごいと思いませんか?

約1週間で突貫工事をし、復旧してしまう。

 

みんな、道路が寸断されて不便をきたす中です。

普通なら1ヶ月~2ヶ月のところ、1週間。

 

シンプルに、すごいなぁ、と。

家族に誇れる仕事ですね。

 

実は昨日、所用で博多に行きました。

でも、野次馬しませんでした。

たぶん、近くだったと思います。

自分でもよく分かりませんが、何だか悪い気がしたのです。

 

~~~

 

復旧工事の記者会見で、福岡市交通局の人が泣いたそうですね。

「責任はあるが、業者は命を張って作業した」とのこと。

参照:http://www.sankei.com/west/news/161116/wst1611160014-n1.html

 

業者という言葉が少し気に食いませんが、そこは置いておいて・・

この一文が、仕事に臨む、建設業の方の姿勢を表しているように思えました。

家族に誇れる仕事ですね。

 

今回の投稿ですが、顧客で建設業が多いからといって、おべんちゃらで書いているわけではないです。

建設業の人たちは、自分で仕事のことを積極的に話しません。だからか、知らない人が多い。

今回、こんな事故が起こって、「復旧」という一つの仕事を世の中の多くの人が垣間見た。

良い機会だと思いました。

 

国の根幹を担う職業である、建設業。

微力ながら、バックヤードからですが、お手伝いしてゆけたらと思いました。

 

投稿者:崎田 和伸

【講師させてもらいました】 失敗事例に学ぶ!士業事務所の人材採用&育成のポイント

2016年11月16日(水)

テーマ:経営について

img_1090

 

ご依頼があり、11月11日(金)に、講師させてもらいました。

タイトルは、「失敗事例に学ぶ!士業事務所の人材採用&育成のポイント」。

 

わたしは創業者です。また起業家だと思って経営しています。

 

昔、「こういうのが聴きたかった」「こういう情報が欲しかった」という、忸怩(じくじ)たる想いがあります。

当時、あまりにも情報が少なかったです。あまりにも暗中模索ばかりでした。

 

今、自分が提供できるものであれば、提供したい。

そう思って、今回、ご依頼をお受けし、タイトルも、「こういうのが聴きたかった」というものにしました。

 

ご依頼主、主催は、一般社団法人士業交流会さんです。

 

弁護士、司法書士、税理士、行政書士、社会保険労務士、土地家屋調査士などの法律・会計専門職の方々むけの講演です。

写真のとおり、たくさんの参加者でした。

 

士業交流会さんが、開催報告ページを作っておられますので、ご紹介しますね。(PCの方は新しいタブが開きます)

 

~~~

 

講演内容は、おおむね、無事、終えることができました。

一部、支離滅裂なところがありましたけれども^_^;

 

失敗事例としては、約10年前にあったことを具体例として出させてもらいました。

 

そして今まで経験した、学んだことを総合してポイント化して、お話をさせてもらいました。

10年前、経営者として未熟も未熟。今よりも、どうしようも無いやつでした。(もちろん、わたしのこと。)

 

~~~

 

今回は法律・会計専門職向けの講演でしたが、普段は、起業家向けの内容を含めて、講師・講演をお受けしています。

わたしで何かお力になれますなら、ぜひお気軽に。

 

講師・講演の実績はこちら ↓↓

http://e-jimusho.com/koushi.html

 

67979

 

投稿者:崎田 和伸(プロフィールはこちら)

【あすみあグループ】 全体会議、行いました。@岡山

2016年11月12日(土)

テーマ:あすみあグループ, 経営について

img_1668

 

あすみあグループは、3年半前、立ち上がりました。

会計・法律・不動産の専門家ネットワークです。最初は4事業体だったのが、今、15事業体になっています。

 

15社は共通の理念「顧客と共に、明日を見すえて歩む。」のもと、事業活動をしています。

全員、名刺、ウェブサイト等、自らの事務所名の冠には「あすみあグループ」と表記されています。

 

こんな感じです ↓↓ (事務所一覧。PCの方は新しいタブが開きます)

http://asumia.jp/office.html

 

立ち上げた目的は、主には

・顧客に安心と価値を届ける、そして、

・激動期を迎えようとしている士業界で生き残ってゆくため

です。

他にも

・組織的に生産性を向上させる

・実務上の連携を円滑化する

などたくさんの目的があります。

 

弊社(行政書士法人 Asumia)はこのグループの一員であり代表はわたし。

そして現在、グループ代表職でもあります。(わかりにくいですね(^^;))

 

そんなこんなで、やってきたグループです。

 

誤解される方が時折おられますので書き添えますね。グループの中だけでは、すべてのニーズには対応しきれません。

グループ各社は、グループの中だけでなく、色んな専門家と連携しています。

 

現に弊社(行政書士法人 Asumia)は、グループ「外」で二十事務所近く、連携契約を交わしています。

連携先は、士業では税理士、司法書士、社会保険労務士、行政書士、弁護士など。

一般業種では、デザイン会社、カード会社、通信会社などです。

 

~~~

 

話を戻します。

年に一度、グループ全体会議を行っています。

広島、山口、岡山、京都のうち、いずれかで全員が集まって行う形になります。

今年は岡山の日本料理店の大部屋が会場でした。出席は15社中、14社。

 

上の写真は、集合して撮影。

集まる機会が基本、年1回ですから、撮らないと(^^;)

 

~~~

 

今年、来年は、グループにとって動きのある年です。

立ち上げて3年半。起業家にたとえると、「スタートアップの時期」は終わりました。

これから「ミドルステージ」になります。

言い換えると、「整えてゆく時期」ですね。

 

今回の全体会議は、大きい議題がいくつもありました。

会議では予め予定された5つの議題について、満場一致で賛成を得、これに基づいて活動してゆくことが決まりました。

 

あすみあグループ。少しずつ変化してゆきますよ(^^)

 

~~~

 

このグループを立ち上げてから、いろんな人からいろんなお言葉をいただきました。

 

・うまくやってゆけるはずがない。

・すぐに分裂してしまうのではないか。

・意味が分からない。

 

実は、この3つとも当てはまっているんです^_^;

・うまくやってゆけないかもしれない。

・分裂してしまうかもしれない。

・意味がないことかもしれない。

 

でもね、今この瞬間、そしてこれからもやるべきことだと思いやっています。

 

なったらなったで仕方ない。残ったメンバーだけでやってゆきます。ただそれだけ。

ただ、生き残る道は、これだと思った。

 

参画事業体の皆さんも同じ気持ちだと思います。

全員がこういう腹のくくり方してると、意外と長続きするのかもしれませんね^_^;

 

今まで読んだ方は、

「生き残る」とか、オーバーだと思っていませんか?

資格あるんだから生き残れるでしょ!?と思っていませんか?

 

とんでもありませんよ。

 

現に、資格があるから生き残れる、という構図は20年前に崩壊しています。

これからは予想だにしないことが待っているはずです。

市場は寡占化が進み、普通の士業が、普通に当たり前にやっていても、毎日少しずつ、少しずつ、仕事は減ることになります。毎月、毎月、ちょっとずつ不安が増してゆきます。

 

グループを立ち上げたのは、普通に当たり前にやっていて、仕事が減るどころか増えてゆき、楽しくやりがいをもって人生を送るため

 

できることは早いうちにやっておいて、後でラクしたいです。

学校の夏休みの宿題は、最後の方までやらなかったわたしですけども、生き残れるかどうかのことは、早めに着手します(^^;)

 

~~~

 

繰り返しになりますが、グループは、今年から変わってゆきます。

体制、仕組みなどなど、「整える時期」です。

 

頑張らねばなりませんが、あまり無理せず、ぼちぼち、やってゆきたいと思います。

 

仲間です^ ^

 

img_1668

 

意外と長文になってしまいました。

お読みいただいたあなた、心から感謝します。

 

投稿者:崎田 和伸

 
50代60代のお手伝い豊富

お問い合わせ・ご依頼

無料相談のご案内

初回無料相談制度

吉日(法務局受付日)

最近の吉日
2017年(平成29年)
11月
一粒万倍日
6日(月), 7日(火),
30日(木)
大 安
9日(木), 15日(水)
先 勝
17日(金), 27日(月)
12月
一粒万倍日:
1日(金), 14日(木),
26日(火), 27日(水)
大 安
1日(金), 13日(水),
18日(月)
先 勝
20日(水), 26日(火)
2018年(平成30年)
1月
一粒万倍日:
8日(月), 11日(木),
23日(火)
大 安
5日(金), 11日(木)
先 勝
18日(木), 24日(水)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

代表ブログ

崎田 和伸ブログ

メディア掲載 

崎田 和伸ブログ

依頼人さまの声・実績

 アンケート編

 実際に建設業許可を取得された方のご感想 

 建設業許可 許可証

 産廃収集運搬 許可証

主なサービス内容

料金表

 お得な割引制度はこちら

【無料】お客様サポート

Asumiaならでは

 経営革新等支援機関として認定されました!西日本の行政書士法人としては初

 圧倒的な「お客様の声」

 事業運営にまつわる周辺事業者との連携を進めています!

 日本政策金融公庫の面接を弊社会議室で行います! 

 お手伝いする理由

よくあるご質問

【動画】Youtubeチャンネル

ユーチューブチャンネル

無料ニュースレター

無料ニュースレター

会社案内

 代表プロフィール 

 スタッフ自己紹介

アクセスマップ

代表:行政書士 崎田 和伸

所在地:〒732-0052 広島県広島市東区光町2-6-41 セネスビル4階

初回相談無料。お問い合わせ、相談予約
受付時間:8:000~18:00(土日祝日除く)
無料相談制度、ご用意しています!

東広島支店:〒739-2103  広島県東広島市高屋町宮領1032-171

ブログ

 代表 崎田ブログ 

崎田 和伸ブログ

 スタッフブログ 

  スタッフブログ

あすみあグループ

コラム

お知らせなど

心をこめて

 

当サイトは、外部へお願いするのではなく、わたし自身、心をこめて作りました。(更新はわたしとスタッフが共同して行っています)

ごちゃごちゃしたサイトかもしれませんが、「何となくしっくりくるな~」と思って下さいましたら、ぜひお問い合わせください。

10年後もその先も。生き残り、安定・発展いただくためのお手伝い。

あなたと人間として、経営者として一緒に成長してゆきたいと思います。

楽しみにしていますね。

ご依頼の方法

 

ご依頼はじっくりと話を聞いてからでも、今すぐ依頼して準備に入ること可能です!



 まず問い合わせをしてみたいあなたはこちら ↓

初回相談無料。お問い合わせ、相談予約
受付時間:8:00~18:00(土日祝日除く)

 フォームからのお問い合わせはこちら

 話を聞いてから依頼を検討したい、依頼前の打ち合わせをしたいあなたはこちら ↓

初回無料相談制度



 いますぐ依頼して、準備に入りたいあなたはこちら ↓

↓↓ すべてのサービスではありませんが、ネットからのご依頼フォーム、ご用意しています ↓↓

会社設立、法人設立、創業融資など 

建設業許可申請 

依頼フォームの無いサービスについては、お手数ですが、ご連絡ください。

 

 
  法人名、所在地など
 
10年後もその先も。生き残る。


あすみあグループ所属 行政書士法人 Asumia

旧名称:ひろしま中央行政書士事務所R
行政書士法人登録:日本行政書士会連合会 法人登録番号 第1203301号

法人名(事務所名)特許庁商標登録:登録番号 第5337959号 
グループ名特許庁商標登録:登録番号 第5605184号 

代表社員:行政書士 崎田和伸(Google+へ) 

本店所在地:〒732-0052 広島県広島市東区光町2丁目6番41号 セネスビル4階

電話:082-569-5320 FAX:082-553-0892

東広島支店:〒739-2103  広島県東広島市高屋町宮領1032-171

(恐れ入りますが、東広島支店は来客対応の機能は有しておりません)

スタッフ一覧
お問い合わせ、無料相談予約

フォームから問い合わせる、無料相談を予約する

いますぐ依頼する!  建設業許可を依頼する!

 プライバシーポリシーセキュリティ体制 
弊社は依頼人様、相談者様の情報守秘に努めております。ご安心ください。サイトマップ
 
著作権は行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)に帰属しています(一部の素材・画像を除く)。複製、改変等を禁止します。