トップページ  はじめての皆さまへ  お手伝いする理由  サイトマップ  ホームページ最終更新:2017年2月  
 

崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。
転んでもタダでは起きない!と思いつつ経営してます(T_T)

【これかもしれない】「成幸」という言葉。

2015年10月31日(土)

テーマ:経営について

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。広島県を中心に中国地方五県対応。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●


わたし、心から尊敬する同業がいるんです。

中谷綾乃さん。
千葉県屈指の行政書士法人代表の方です。

開業してから味わった挫折や紆余曲折が、あまりにも似ていて、
そうそう、分かる~
って感じです(^_^;)

ときどき、情報交換させてもらっているのですが、それはもう、勉強になります。

先月は、討論会のパネリストとしても、ご一緒させてもらいました。

行政書士法人大討論会


↓ 行政書士法人大討論会2015
http://gyo-gaku.com/touronkai/

~~~

先日、この方のブログ記事で、ビビッと来るものがありました。

ブログ記事がこちら ↓

未来をつくる日記
分厚い鎧を着て、大きく、強く見せる時期もあるさ♪

http://ameblo.jp/ctc-cc/entry-12088777542.html


分厚いよろいを着ていた」ということは、まさにわたしもそうだったので、いつものように「そこ分かるわ~」と読ませてもらったのですが、今回、書きたいのはそこじゃありません。


~~~

今回、お書きしたいのがこちら。

記事の文章の中の言葉

あれ?と思うものがありました。

===一部抜粋===

もしかしたら、成幸してる人は、

この道をみんな通っているのかもしれない。

===抜粋終わり

・・・・成幸?

経営者のブログで、時折見かける言葉です。

成功の「成」と幸福の「幸」を合わせた造語ですね。

成功に代わる言葉として使われることが多いみたい。

成「功」とは、功を成す
成「幸」とは、幸を成す

ですね。

~~~

自宅兼事務所で開業して、15年。

ずっと成「」するにはどうすればいいか?を求めてきた気がします。

規模を目指していたとき、顕著でした。

で、いろんな挫折を味わった。

過去記事)ところで、規模拡大志向、やめました。
http://ameblo.jp/ksakida/entry-11735961148.html

過去記事)【感謝】わたしに幸福をもたらしてくれた、たった一枚の紙切れ。
http://ameblo.jp/ksakida/entry-12067096339.html

過去記事)第二期、それは方向転換、そして選択と集中、激変の軌跡・・・。
http://ameblo.jp/ksakida/entry-11937993892.html

~~~

でも、ここ5年くらいを境目にして、何かが違うんです。

それは・・・

功を成すことを、目的にしちゃいけない気がしています

説明しにくいのですけども、
成「功」は、結果のひとつに過ぎないんじゃないか?と。

弊社は現在7人の所帯です。
たった7人の超零細企業が何いってんだ!?の世界だと思います。
甘いぞおまえ、の世界です。

でもね・・・

成「功」は、頭に描くべきものじゃないような気がする。

頭に描くべきものは、成「幸」なんじゃないか?

~~~

有名な起業家は、成「功」を目指しているんじゃないかと思います。
それで功を成している。

でも、自分に置き換えて考えてみると、どうも、しっくりこない。

器(うつわ)が違うんだと思えばそれまでなんですけども、どうも、しっくりこない。

ずっと感じていました。

※人にどう言われようとも、わたしは、自分自身を起業家だと思っています。

~~~

成「幸」の結果として、規模が大きくなっているかもしれない

成「幸」の結果として、客観的に、功を成しているようになるかもしれない


他にも。成「幸」の結果はあると思います。

・家族が笑顔で過ごせること
・財産を成せること
・満足する死に方ができること

などなど。

ちょっと大きな話になりますけども、人間って、平均寿命80年~90年ですよね。

これ、人類の歴史から言うと、ほんの一瞬

その一瞬で、猛烈な光を放ち、消えてゆく

人間と他の動物との違いは、「深く考えることができる」だと思います。

人の人生は、その一瞬をがむしゃらに生きているに過ぎない。

こうやって、書いているのも、人類の歴史から見れば、刹那な一人の人生のほんの一部に過ぎません。

パッと光る中のゼロコンマ数秒の瞬きにも届かないくらい。

そんな一瞬の中で、自分なりに考え、人生を歩んでいる

死に際、「人生は一瞬で、儚(はかな)いもんだ」という言葉が出るシーン、時折、映画やドラマで観ますが、言い得て妙、かもしれません。

~~~

横道にそれるので、話を戻します(-_-;)

人生は、ほんの一瞬に過ぎない。
それをどう過ごすか?

とても大事だと思います。

わたしは、成「功」のために、生きたくない

こう、思うんですよね。

今回、わたし、思いました。

成「幸」のために、生きてみようかな、と。

現時点、まだ浅い考えです。

腑に落ちていない。

これがどういう意味なのか、これから、急ぎめに、考えてみたいと思います。

だって、人生、一瞬ですから

今日は長文になってしまいました。

読んでいただいたあなたに、心から、感謝します。


投稿者 崎田 和伸でした。


・プロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html

・取扱いサービス
会社設立代行、法人設立代行、建設業許可申請代行、産廃許可、古物許可、酒類販売免許、宅建免許などの許認可申請代行、
創業融資申請サポート、経理会計記帳代行など。

一覧はこちら ↓↓
http://e-jimusho.com/gyoumu.html

=============

役職員の平均年令は35歳(だいたい)。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。

◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属
行政書士法人 Asumia(R) ※由来:明日見歩
本店:広島県広島市東区光町2丁目6番41号 セネスビル4階
窓口ウェブサイト:http://e-jimusho.com/

◆Asumiaお客様サポートのご案内

弊社にご依頼中、または過去依頼いただいたことのある依頼人さま限定の無料相談サービスです。担当は、わたしです。

◆Facebookページ

・当法人Facebookページ
https://www.facebook.com/gyouseishosi
※むちゃくちゃ励みになります。ぜひ「いいね」ください(^^)

【嬉しいです】ご相談、ご依頼をいただくこと。

2015年10月30日(金)

テーマ:お仕事に対する考え方

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。広島県を中心に中国地方五県対応。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●


弊社のような職業に誰が相談するんだ!?とお思いになりませんか。
実は、たくさんいらっしゃるんです。

例えば、今週はすでに5件、お受けしています。

先週は6件でした。

一日一件は、必ず、ご相談対応させてもらっている計算になります。

ありがとうございます。

ここで、どんなご相談か、特定情報を除いて、列挙してみますね。
古い順からです。
全くの新規の方、お得意様からのご相談など、さまざまですね。

株式会社を設立したい
建設業許可、会社設立、創業融資を頼みたい
・事業で使う契約書を作ってほしい
一般社団法人設立代行を任せたい
酒類販売免許を取得したい
建設業許可を取りたいので依頼したい
NPO法人を設立したい
一般社団法人を設立したい
株式会社を設立したい
建設業許可を取りたいので依頼したい
建設業許可を取りたいので依頼したい

こういう風に、実にたくさんのご相談をいただいています。
すべてがご依頼になるわけではないですが、お任せをいただいて、社として案件着手をさせてもらう流れになります。

すべてにおいて、費用や期間、その他についての提案資料を提示しています。
数日、時間をいただくこともありますが、その場で提示することもあります。

実はこのうち、
何件かは、夕方からのご相談対応です。

18時~
19時30分~

といった具合ですね。

事前予約制となりますが、夕方~、つまり、お仕事が終わったあとのご相談にも対応させてもらっています。

~~~

2000年に個人事業として開業して、累計で何件のご相談をお受けしてきたでしょうか。

数年前にカウントしたら、2500件でした。

考えてみるとすごい数。

数年前からは、一日一件~二件ペースでお受けしていますので、
たぶん、3000件は超えていると思います。

「有り難い」ことです。本当に。

~~~

今も一般からはそうだと思います。昔は特にそうだと思います。
弊社のようなところは、どこの馬の骨とも分からない、なんだか怖そうな存在ですよね。

そんなところにご依頼をいただく。

考えてみるとこれもすごいことです。

皆さん、勇気出されましたね~(^_^;)

わたし、この業界(行政書士をはじめとする士業界)で働くことなく、フリーターからいきなり開業しました。

だからこそなのか、いまだに、弊社のようなところに壁を感じます。

・なんだか怖そう。
・問い合わせたら、いろんな専門用語を並べられて、依頼しないといけない雰囲気になりそう。
・ものすごい高いんじゃないか。

とか(^_^;)

実際は、そんなことは無いのですけどね。

あ、そうだ。

昔から思うんですけども、「今度、その時期になったら相談しよう」ではなくて、早めをお勧めします
「来年春に起業する」というあなた、ですね。

早ければ早いほど、準備がスムーズに進むと思います。
起業してからの安定、成長に直結します

時期が近づいてのご相談だと、やること多くて、お疲れになると思いますよ。
起業は、ほんと、やること多いんです。

~~~

これからも、お問い合わせに真摯に対応し、ご相談もお受けしてゆきたいと思います。

わたしの職業は、法律に則ったものについてのご依頼がほとんど。

建設業法
古物営業法
宅地建物取引業法
廃棄物の処理及び清掃に関する法律
会社法
一般社団法人及び一般財団法人に関する法律


といった具合です。まだまだ、まだまだあります・・・(-_-;)

これらの勉強も欠かすことなく、対応してゆきたいなぁと思っております。

~~~

このブログ記事をご覧になって、問い合わせてみようかなと思った方は、ぜひ、お気軽にどうぞ。

電話番号:082-569-5320(9:30~18:00)
※恐れ入りますが、正午~13時は、役職員みな留守にしていることがあります。

お問い合わせフォーム:https://goo.gl/A4KXzY

すぐに依頼したい、準備に入って欲しいという方には、依頼フォームもご用意しています。
※すべてのサービスに対応しているわけではありません。ご了承下さい。

会社設立、創業融資など:https://goo.gl/ns9Lv8

建設業許可など:https://goo.gl/2NQali

では、あなたとのご縁、楽しみにしていますね。

今日も、読んでいただいたあなたに感謝します。


投稿者 崎田 和伸でした。


・プロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html

・取扱いサービス
会社設立代行、法人設立代行、建設業許可申請代行、産廃許可、古物許可、酒類販売免許、宅建免許などの許認可申請代行、
創業融資申請サポート、経理会計記帳代行など。

一覧はこちら ↓↓
http://e-jimusho.com/gyoumu.html

=============

役職員の平均年令は35歳(だいたい)。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。

◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属
行政書士法人 Asumia(R) ※由来:明日見歩
本店:広島県広島市東区光町2丁目6番41号 セネスビル4階
窓口ウェブサイト:http://e-jimusho.com/

◆Asumiaお客様サポートのご案内

弊社にご依頼中、または過去依頼いただいたことのある依頼人さま限定の無料相談サービスです。担当は、わたしです。

◆Facebookページ

・当法人Facebookページ
https://www.facebook.com/gyouseishosi
※むちゃくちゃ励みになります。ぜひ「いいね」ください(^^)

【今さら?】今までと違う壁を味わってます。

2015年10月29日(木)

テーマ:日常の雑感、発見、出来事

※(パソコンの場合)リンクはすべて、新しいタブ又はウィンドウが開く形式です。

━━ ↓ ご依頼の多いサービス トップ3 ↓ ━━

・会社、法人設立
広島県全体の実質8.2パーセント(※1)にあたる会社・法人の設立代行をお任せいただいています!
→ 
http://e-kigyou.biz/

・建設業許可
広島県全体の実質7.2パーセント(※2)にあたる建設業許可の取得申請代行をお任せいただいています!
→ 
http://ken-hiroshima.com/

・経理会計記帳代行
ご依頼の伸び率368パーセント!(※3)
→ 
http://hiroshima-kaikei.net/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●


建設業向けのコンテンツ執筆のお仕事をいただいています。
ちょうど今やっているんですけども、今までと違う壁にぶつかっています。
   
それは
文字数を★★字以内とすること」。
少しかしこまった感じにすること」。
   
依頼主のご要望です。

今まで、執筆のお仕事は、有償、無償(経済誌などへの寄稿)含めて、たぶん、200本くらい、やっています。

そして、今までは、書きたいことを書けるだけやってきました。
それが誠意だと思ってました。

また、手続や法律は小難しい言葉ばかりなので、噛み砕いた表現をモットーにしてきました。
  
つまり、今までは、
書きたくても時間の都合でそれ以上書けない
噛み砕いだ表現に限界がある
という壁だったのです。
   
でも、今回のは全く違う。
真逆です。
   
すごく難しい。

文字数を(わたしの思うものよりも)少なめに。
噛み砕きながらも、かしこまって。

です。

ただこの難しさは、来るべくして来たというか、来なきゃいけなかった壁なんだと感じます。
ライティングを本業にする方は基本中の基本ですよね。

それを、色んな媒体での執筆をたくさんさせてもらってから、やっと今ごろ、味わっているわけです。
    
良い試練をもらっています。
執筆は、好きです。

~~~

今、販売していないので宣伝しても仕方ないのですが、昔、電子書籍で本を出したことがあります。
アップル社のAPPストア。iPhoneのアプリをダウンロードするところですね。

電子書籍アプリとしての販売でした。
販売者は、アプリ制作会社さんです。執筆者がわたし。

画像はこちら ↓↓



その他くわしくはこちら ↓
http://e-jimusho.com/ap.html

目次がこちらです ↓ ↓

《目次》

序.はじめに

Ⅰ.行政書士を理解する

行政書士という「職業」

行政書士をビジネスと捉える

業界を取り巻く環境

職人・親方・社長・事業家

実務家と経営者


Ⅱ.ビジネスモデル

士業全体のビジネスモデル

行政書士のビジネスモデル

行政書士のリスク


Ⅲ.顧客

顧客第一主義について

顧客の名称

謝ってはいけない

見積り

値引きの意味するところ


Ⅳ.マーケティングとアウトプット

マーケティング

ブランディング

営業活動

名刺

ニュースレター

他士業との提携、情報交換


Ⅴ.受任

依頼を受けるということ

品質

してやっている、させていただいている

話す能力と聞く能力


Ⅵ.生産性

行政書士の生産性

生産性向上策とは

環境の整備、ツールの活用

グーグルドキュメントを利用した生産性向上策

意識改革

イレギュラー案件の割合を少なくする仕組みづくり


Ⅶ.行政書士事務所の人材育成

即戦力に頼ると・・・

貧すれば鈍する

マネジメント

成長支援

行政書士事務所で働くということ


Ⅷ.行政書士の将来

業務独占と名称独占

行政書士のマーケット


↑ ↑ 目次 終わり


販売開始して約3年。
業界の動向と合致しなくなってきていたので、アプリ制作会社さんと話し合って、販売停止しました。
2013年のことです。
ほんと、時代の流れは早い。早くなってきています。

この執筆は、数万文字でした・・・。
途中、過労でやばかった。

でも、執筆は好きです

この電子書籍、iPhone向けアプリとしては売れたほうだそうです。
異例の販売数と言って良い、とのお言葉をいただきました。

こんなニッチなジャンルの書籍なのに、読んで下さった皆さんに感謝するばかりです。

ちなみに、わたし自身(事務所自身)のこの電子書籍に関わる収支は赤字でした。
それでも、やってよかった。

二度と、本の出版のようなことはしないと思いますけども(^_^;)

~~~

人は、何歳になっても、壁が立ちはだかると聞きます。
このブログを、1年限定で、365日書こうと誓ったのも、一つの壁かもしれません。

今年(2015年)4月から始めて、なんとか190日くらい、毎日、継続できています

どうも、人間(というかわたし)は、40越えて、「壁」というものを自然と避けるようになった気がします。

それはそれで、自分で言うのは変ですが、「賢く立ちまわること」を学んだ結果かもしれませんが、それじゃいけないと思う自分もいます。

あえて「壁」をつくり、乗り越える気概を持つ

なんか、必要な気がする。
最近のわたしは、そんな感じです。

と言いながら、事業では壁はいくつもいくつもあるのですよ。
課題も山積。

落ち着いたら負け。
誰に?ではなく、自分自身に負ける。
特に、わたしは弱いです。

~~~

何を書いていたのかな・・・。
支離滅裂ですね。

強引にまとめです。

執筆系で、わたしでお役に立てるものがありましたら、有償、寄稿、どちらでも構いません、お声がけ下さい。(もちろん、有償のほうが、時間をかけることができますので、ご期待に沿えるものに近づくとは思います)

経済誌、ウェブコンテンツどちらでも、精一杯、やりたいと思います。

なにせ、執筆は好きですから(^_^;)

読んでいただいたあなたに感謝します。


投稿者 崎田 和伸でした。



・わたしのプロフィールはこちら

http://e-jimusho.com/profile.html

・弊社取扱いサービス
一覧はこちら ↓↓
http://e-jimusho.com/gyoumu.html

=============

役職員の平均年令は35歳(だいたい)。
なたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。

◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属
行政書士法人 Asumia(R) ※由来:明日見歩

総合窓口ウェブサイト:
http://e-jimusho.com/

◆Asumiaお客様サポートのご案内

弊社にご依頼中、または過去依頼いただいたことのある依頼人さま限定の無料相談サービスです。担当は、わたしです。
http://e-jimusho.com/support.html

◆Facebookページ

・当法人Facebookページ
https://www.facebook.com/gyouseishosi

※「いいね」下さるとむちゃくちゃ励みになります。

◆営業エリア

広島県を中心として中国五県です。サービスによって異なります。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

地域、ご希望のサービスによっては、あすみあグループ所属の事務所、またはグループ外の連携、提携事務所が対応させていただきます。
あすみあグループについて:http://asumia.jp/
パートナー専門家について:http://e-jimusho.com/partner.html

※1 平成26年4月~平成27年3月。広島県内の「株式会社」「合同会社」「一般社団法人」の総設立数に対し、広島県内の専門家への依頼は全体の2分の1を想定した数値です。法務省の商業登記統計を元に計算しています。
※2 平成25年10月~平成26年9月。広島県内の行政書士への依頼の3分の2を想定。
※3 平成25年2月と平成27年6月の当社受任数の比較です。

中小零細企業が信頼性をプラスオンするために必要な1つの要素

2015年10月28日(水)

テーマ:起業、会社設立TIPS

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。広島県を中心に中国地方五県対応。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。
ホームページはこちら:http://e-jimusho.com/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

中小零細企業が信頼性をプラスオンするために必要な1つの要素」というタイトルで、今日は書いてみます。

わたし、コンサルタント志向ではないので、今日の記事は、「中小零細企業の手続や会計のサポートをする中で、また弊社自身が経営する中で感じたこと」だとご認識くださいね。

早速、1つ、賞状みたいなものをご覧下さい ↓



↑↑ 

これは、弊社の商号を商標登録した際の登録証です。
行政書士法人 Asumiaの「Asumia」ですね。

あ、専門の人が見たら、もっといいカタチで登録したら?なのですが、そこはご容赦ください(^_^;)

今日のお話は、「中小零細サービス業」や「中小零細の会社全体」もそうですが、
商標登録、お勧めします!です。

商標登録は、弊社は、サービスとして行っていません。
「弁理士」という士業のお仕事になります。
だから、営業ではありませんし、好き放題、言えます(^_^;)
実際、過去にも言ってきました。

~~~

個人事業を含めた中小零細企業は、一般的に、信頼性が薄い

これは、弊社含めてです。

見る人によって違いますが、
基本、どこの馬の骨とも分からない状態(-_-;)

購入するかどうか、頼むかどうかは、この
信用できるか?にかかっている
と言っても過言ありません。

もちろん、営業力とか、人柄とか色んな要素が組み合わさってのことですが、
パッと見、信用性があるか
は重要な要素だと思います。

これは
ブランドをいかに作ってゆくか
にもつながることだと思います。

個人事業の場合は、「じゃあ法人成りしたら?」という話になるのですが、そうもいかないケースもあると思います。

法人化している方も、法人成りからしばらく経って、いまいちパンチが弱いと感じている人がおられるのではないでしょうか。

~~~

わたし、そこでお勧めするのが、商標登録

言葉よりも、ちょっと見ていただいたほうが良いでしょうね。

こちらをご覧ください。

例として、弊社の名称です。

自社の社名で説明するのはどうかと思うんですが、ご容赦ください。
話題が商標登録の話なので、第三者の商標を出すわけにもいかず・・・(-_-;)

3つで比較します。

(1) ただ社名を書いただけのもの ↓↓



(2)登録商標の証である「マルアール」をつけたもの ↓↓



(3)商標登録しているのをあえて書いたもの ↓↓




※厳密には、もう少し違う風に配置する必要があると思いますが、わかりやすさを第一にしたので、ご理解下さい。(弁理士のみなさまへ)

~~~


どうでしょうか。

(1)よりも(2)、(2)よりも(3)のほうが、
なんか、信頼できる感じ…
という風に見えませんか?微妙ですか・・?

ともかく、このパッと見が大事(^_^;)

ブランドは、一瞬で見たときの感覚、感想が極めて重要です。
第一印象が、その後の関係の8割を占める、とか言いますね。

大企業では、このブランドイメージのために、数千億円もの投資をしています。
CMとか、顕著ですよね。

補足ですが、
サイト上では、登録証もリンクを貼る

リンクをクリックすると、これが開く。 ↓↓



いや~なんだか、
どこかに認められたように見える・・・。

不思議だ。

~~~

商標登録は、本来、「独占使用権」です。
その名称を、一定の分野において、独占的に使うことができる権利。

わたしはこの権利は、中小零細企業においては、「おまけ」程度にしか考えていません。

弊社含めて、中小零細企業は、争う資金も余裕もないですから、肩肘はっても、しかたない。

確かに防御にはなります。ですけど、防御のための登録は、費用対効果が合わないケースが多いと思います。これは、おまけ程度に考えるべきでしょう。

とにもかくにも、わたし、商標登録は、
中小零細企業にとっての信頼性向上に使えるんじゃないか?
と思っているわけです。

~~~

ちなみに、弊社が所属しています、あすみあグループの名称も登録しています ↓



~~~


商標登録するには、ある程度の費用がかかります。
たぶん、地方の弁理士さんで、登録完了までに、たぶん、20万円くらい。
期間は、半年~1年ってところでしょうか。

この20万円。
高いか安いかは、あなたの判断しだいです。

わたしは高くないと思ってます。
10年ごとに、更新料がかかりますが、わたしは、それもペイできると思っています。

参考)商標制度の概要(特許庁)
※パソコンの方は新しいタブが開きます。
https://www.jpo.go.jp/seido/s_shouhyou/chizai08.htm

~~~

弁理士のご紹介を希望の方は、おっしゃってください。
話しやすい、親身になってくれる方を紹介いたします。
見積りをもらってから、手続を頼むかどうか、決めてください。

参考)弊社ウェブサイト「よくあるご質問」から
どの士業に相談すればいいですか?
http://e-jimusho.com/faq.htm#shigyo

以上、
中小零細企業が信頼性をプラスオンするために必要な1つの要素
でした。

要素とは、いわずもがな、「商標登録」ですね。

個人事業の方、中小零細企業の方。
ぜひ一度、検討なさってみてください。

今日も、読んでいただいたあなたに感謝します。


投稿者 崎田 和伸でした。


・プロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html

・取扱いサービス
会社設立代行、法人設立代行、建設業許可申請代行、産廃許可、古物許可、酒類販売免許、宅建免許などの許認可申請代行、
創業融資申請サポート、経理会計記帳代行など。

一覧はこちら ↓↓
http://e-jimusho.com/gyoumu.html

=============

役職員の平均年令は35歳(だいたい)。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。

◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属
行政書士法人 Asumia(R) ※由来:明日見歩
本店:広島県広島市東区光町2丁目6番41号 セネスビル4階
窓口ウェブサイト:http://e-jimusho.com/

◆Asumiaお客様サポートのご案内

弊社にご依頼中、または過去依頼いただいたことのある依頼人さま限定の無料相談サービスです。担当は、わたしです。

◆Facebookページ

・当法人Facebookページ
https://www.facebook.com/gyouseishosi
※むちゃくちゃ励みになります。ぜひ「いいね」ください(^^)

【100%公表】依頼人さまの声(アンケートシート)&経営的なお話ちょっと。

2015年10月27日(火)

テーマ:アンケートシート

※(パソコンの場合)リンクはすべて、新しいタブ又はウィンドウが開く形式です。

━━ ↓ ご依頼の多いサービス トップ3 ↓ ━━

・会社、法人設立
広島県全体の実質8.2パーセント(※1)にあたる会社・法人の設立代行をお任せいただいています!
→ 
http://e-kigyou.biz/

・建設業許可
広島県全体の実質7.2パーセント(※2)にあたる建設業許可の取得申請代行をお任せいただいています!
→ 
http://ken-hiroshima.com/

・経理会計記帳代行
ご依頼の伸び率368パーセント!(※3)
→ 
http://hiroshima-kaikei.net/

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●



ご依頼が終了、または一段落したときに、アンケートシートをお渡ししています。

2009年から始め、6年になります。

返送ご自由。
匿名オーケー。

こういうアンケートです。

最初から一貫して、
良いご評価、そうでない評価、100%公表

「良いご評価だけ掲載して、そうでないものは載せない」ということは、一回もありません。

このブログでは何度も書いてきたので、ご存じの方はご存じだと思いますが、弊社は、所長一人の事務所が99%以上を占める、地方の行政書士業界で、組織的な対応を目指しています。
あくまでもスタイルとしては、業界で1%の珍しいタイプと思って頂いて違いはないと思います。

一例として、昼間、外回りをして、夜や土日に書類を作るスタイル(所長一人事務所で多いスタイル)と、労働基準法の枠内で、実務をするスタイル(弊社のようなスタイル)という点だけでも、かなりの違いがあります。そこで出る問題点をクリアするだけでも、当初、すごく大変でした・・・(-_-;)
※自分で言うな、という話ですね。

現時点、役職員数で、中国五県の行政書士専業事務所としては、最大規模となっています。
ほんとにおかげさまです。

だから、ではないかもしれませんが、模範とできる事務所がなく、常にパイオニア状態(-_-;)
暗中模索、紆余曲折、そして七転び、八起きです。※これも自分で言うのは変ですね。

ココらへんの経営についてご興味がありましたら、「経営について」というカテゴリで書いていますので、お読み下さい。
http://ameblo.jp/ksakida/theme-10040182712.html

ともかくも、このアンケートは、弊社の激動の歴史そのものだと思っています(^_^;)

~~~

前置きが長くなりましたね。

今回、2通ほど、返送いただきました。

公言どおり、公表したいと思います。

社名、お名前は、載せません。
※たとえ、返送用封筒に記入されていても、社名、お名前の公表は、事前にご承諾をいただいていませんので、掲載はしません。

◆1通目



赤文字のコメントは、あとでスキャンして、わたしで書き入れたものです。
この状態で、サイトにも公開しています。

「安心してお願いできるところ」というお言葉は、有り難い限りです。
コメントでも書いていますが、これからも努力を重ねてゆきたいですね。

◆2通目



こまめな報告。
お褒めいただいて嬉しいです。

~~~

今回、返送いただいたアンケートシートを含め、たぶん数百通になると思いますが、サイト上に掲載しております

よろしければ、あわせて、ご覧ください。
(下記は、建設業許可の専門サイト内のページです)

最新のアンケート ↓↓
http://ken-hiroshima.com/koe.html

2013年以前のアンケート
http://ken-hiroshima.com/koe2.html

~~~

返送いただいたシートは、週1回の社内の定例会議で、議題として出し、検証します。
皆で、良かったところ、改善すべき点など、話し合います。

これからも、何年経っても、精進、精進。

初心を忘れることなく、進んでゆきたいと思います。

最後となりましたが、今回、ご返送いただいた依頼人さま、ありがとうございました。

またのご依頼でもシートお渡ししますので、これからも弊社を見張ってください(^_^;)


読んでいただいたあなたに感謝します。

投稿者 崎田 和伸でした。



・わたしのプロフィールはこちら

http://e-jimusho.com/profile.html

・弊社取扱いサービス
一覧はこちら ↓↓
http://e-jimusho.com/gyoumu.html

=============

役職員の平均年令は35歳(だいたい)。
なたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。

◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属
行政書士法人 Asumia(R) ※由来:明日見歩

総合窓口ウェブサイト:
http://e-jimusho.com/

◆Asumiaお客様サポートのご案内

弊社にご依頼中、または過去依頼いただいたことのある依頼人さま限定の無料相談サービスです。担当は、わたしです。
http://e-jimusho.com/support.html

◆Facebookページ

・当法人Facebookページ
https://www.facebook.com/gyouseishosi

※「いいね」下さるとむちゃくちゃ励みになります。

◆営業エリア

広島県を中心として中国五県です。サービスによって異なります。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

地域、ご希望のサービスによっては、あすみあグループ所属の事務所、またはグループ外の連携、提携事務所が対応させていただきます。
あすみあグループについて:http://asumia.jp/
パートナー専門家について:http://e-jimusho.com/partner.html

※1 平成26年4月~平成27年3月。広島県内の「株式会社」「合同会社」「一般社団法人」の総設立数に対し、広島県内の専門家への依頼は全体の2分の1を想定した数値です。法務省の商業登記統計を元に計算しています。
※2 平成25年10月~平成26年9月。広島県内の行政書士への依頼の3分の2を想定。
※3 平成25年2月と平成27年6月の当社受任数の比較です。

 
50代60代のお手伝い豊富

お問い合わせ・ご依頼

無料相談のご案内

初回無料相談制度

吉日(法務局受付日)

最近の吉日
2017年(平成29年)
2月
一粒万倍日
24日(金)
天赦日
20日(月)
大 安
1日(水), 13日(月)
先 勝
3日(金), 9日(木),
21日(火)
3月
一粒万倍日
3日(金), 16日(木)
大 安
1日(水), 13日(月),
30日(木)
先 勝
3日(金), 9日(木),
21日(火), 27日(月)
4月
一粒万倍日
7日(金), 10日(月),
19日(水)
大 安
11日(火), 17日(月),
27日(木)
先 勝
7日(金), 19日(水),
25日(火)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

代表ブログ

崎田 和伸ブログ

メディア掲載 

崎田 和伸ブログ

依頼人さまの声・実績

 アンケート編

 実際に建設業許可を取得された方のご感想 

 建設業許可 許可証

 産廃収集運搬 許可証

主なサービス内容

料金表

 お得な割引制度はこちら

【無料】お客様サポート

Asumiaならでは

 経営革新等支援機関として認定されました!西日本の行政書士法人としては初

 圧倒的な「お客様の声」

 事業運営にまつわる周辺事業者との連携を進めています!

 日本政策金融公庫の面接を弊社会議室で行います! 

 お手伝いする理由

よくあるご質問

【動画】Youtubeチャンネル

ユーチューブチャンネル

無料ニュースレター

無料ニュースレター

会社案内

 代表プロフィール 

 スタッフ自己紹介

アクセスマップ

代表:行政書士 崎田 和伸

所在地:〒732-0052 広島県広島市東区光町2-6-41 セネスビル4階

初回相談無料。お問い合わせ、相談予約
受付時間:8:000~18:00(土日祝日除く)
無料相談制度、ご用意しています!

東広島支店:〒739-2103  広島県東広島市高屋町宮領1032-171

ブログ

 代表 崎田ブログ 

崎田 和伸ブログ

 スタッフブログ 

  スタッフブログ

あすみあグループ

コラム

お知らせなど

心をこめて

 

当サイトは、外部へお願いするのではなく、わたし自身、心をこめて作りました。(更新はわたしとスタッフが共同して行っています)

ごちゃごちゃしたサイトかもしれませんが、「何となくしっくりくるな~」と思って下さいましたら、ぜひお問い合わせください。

10年後もその先も。生き残り、安定・発展いただくためのお手伝い。

あなたと人間として、経営者として一緒に成長してゆきたいと思います。

楽しみにしていますね。

ご依頼の方法

 

ご依頼はじっくりと話を聞いてからでも、今すぐ依頼して準備に入ること可能です!



 まず問い合わせをしてみたいあなたはこちら ↓

初回相談無料。お問い合わせ、相談予約
受付時間:8:00~18:00(土日祝日除く)

 フォームからのお問い合わせはこちら

 話を聞いてから依頼を検討したい、依頼前の打ち合わせをしたいあなたはこちら ↓

初回無料相談制度



 いますぐ依頼して、準備に入りたいあなたはこちら ↓

↓↓ すべてのサービスではありませんが、ネットからのご依頼フォーム、ご用意しています ↓↓

会社設立、法人設立、創業融資など 

建設業許可申請 

依頼フォームの無いサービスについては、お手数ですが、ご連絡ください。

 

 
  法人名、所在地など
 


あすみあグループ所属 行政書士法人 Asumia

旧名称:ひろしま中央行政書士事務所R
行政書士法人登録:日本行政書士会連合会 法人登録番号 第1203301号

法人名(事務所名)特許庁商標登録:登録番号 第5337959号 
グループ名特許庁商標登録:登録番号 第5605184号 

代表社員:行政書士 崎田和伸(Google+へ) 

本店所在地:〒732-0052 広島県広島市東区光町2丁目6番41号 セネスビル4階

ご相談、お問い合わせ専用ダイヤル:0120-99-2468 電話:082-569-5320 FAX:082-553-0892

東広島支店:〒739-2103  広島県東広島市高屋町宮領1032-171


スタッフ一覧
お問い合わせ、無料相談ご予約


 著作権は行政書士Asumia(あすみあ)に帰属しています(一部の素材・画像を除く)。複製、改変等を禁止します。