トップページ  はじめての皆さまへ  お手伝いする理由  サイトマップ  ホームページ最終更新:2017年3月  
 

崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

半歩ずつ前へ。

2016年9月26日(月)

テーマ:経営について

gf2160421696

 

以前、異業種の経営者と情報交換したときのこと。

ある話題になりました。

 

それは・・・

人は、一歩でも踏み出す時は恐ろしく思うものだ。だから、半歩ずつ前へ歩いてゆく」と。

 

わたし、すごく、共感できるんですよね。

まだ小さい所帯ですが、わたしが人材を育成を考えるときに、根底にあります。

 

人は「一歩」を踏み出すことができない動物です。

一歩踏み出そうとして、結果、半歩進むのが人間

なんじゃないかと思うんです。

 

・踏み出すのは恐い。

・いま、うまくいっているんだからいいじゃないか。

・いま、踏み出す時期じゃないのじゃないか?

 

こういう気持ちが先立つ生き物だと思います。

そして、やらない理由を自然と探してしまう。

「だって~だから」、と。

 

ただね、「一歩踏み出せる時期は、自分自身が待ってから来るものではない」気がします。

 

どこの誰かが、ポン!と背中を押してくれて、来るもの

そして一歩踏み出して、失敗を経験しながら、結果、半歩進むことになる

 

こういうものなんじゃないでしょうか。

 

~~~

 

話は関連しますが、社会人として働いてゆくにあたり、「いくつかの道」があると思います。

 

すなわち、

(1)敷かれたレールの上を歩いてゆく。

(2)敷かれたレールに、別のレールを敷いてゆく。

(3)全くの未開の地に、レールを敷いてゆく。

この3つです。

 

最初は(1)、そして(2)へ。最後に(3)へ。

こういう育成をしてゆくのが理想的なのかもしれません。

 

(1)は、例えば、新幹線でたとえると・・・

 東海道新幹線、山陽新幹線など、既存のレール上で、車輌を走らせ、維持管理し、より良くしてゆく仕事

(2)は、例えば、北陸新幹線の終点から、京都に別のレールを敷いてゆく仕事

(3)は、例えば、四国に新幹線のレールを敷いてゆく仕事

 

でしょうか(^_^;)

 

※参考まで、現在の新幹線経路図です。(引用:WikimediaCommons)

shinkansen_map_20110312_ja

 

(1)を終わって(2)、というものではなく、(1)をしながら(2)を始める、という形になりますね。

(3)は、体力要るので、(1)(2)から手を離してから着手、というのが得策でしょうか。

 

中小企業に、即戦力として採用され、年俸&高インセンティブで働く方は、多くの場合、いきなり(3)から入ることになります。非常にきつい仕事ですね。

 

通常の新卒、中途社員として企業に採用されたら、(1)から始めて(2)、そして課長、部長クラスになってから(3)に着手、という感じでしょうか。

 

起業は、有無も言わさず、いきなり(3)です。

助けてくれる人は、どこにもいない。上司はいないし、属する会社もない(自分の看板だけ)。

自分自身が会社であり、最終責任者です。失敗すれば、すべての影響も負債も、自分が負います。(自分の設立した法人が負ってくれるものもあります)

 

成功(成幸)すれば、笑顔で、日々の生活を続けてゆけます。

誰も褒めてくれることのない、しごく当然と思われている世界…。

笑顔で日々の生活を続けてゆく大変さは、世の中には、なかなか理解してもらえませんね(^_^;)

(起業でも、フランチャイズの場合は、レールを敷く仕事の多くを他社がやってくれるので、毛色が違うかもしれません)

 

~~~

 

なんだか話がずれてしまったような・・・戻します。

 

人は、一歩でも踏み出す時は恐ろしく思う。だから、半歩ずつ前へ歩いてゆく」。

そして、

一歩踏み出す時期は、どこの誰かが、ポン!と背中を押してくれて、来るもの

一歩踏み出して、失敗を経験しながら、結果、半歩進むことになる

 

わたしは、自分の部下の背中をポン!と押していきたいです。

わたしは、起業したい人の背中を、ポン!と押していきたいです。(焚き付けることはしません。)

 

結局、自分の話かい!ということになってしまいますが、ご容赦ください。

話の落とし方が分かりません・・・(^_^;)

 

投稿者:代表社員 崎田 和伸

トラックバックURL :

 
50代60代のお手伝い豊富

お問い合わせ・ご依頼

無料相談のご案内

初回無料相談制度

吉日(法務局受付日)

最近の吉日
2017年(平成29年)
3月
一粒万倍日
3日(金), 16日(木)
大 安
1日(水), 13日(月),
30日(木)
先 勝
3日(金), 9日(木),
21日(火), 27日(月)
4月
一粒万倍日
7日(金), 10日(月),
19日(水)
大 安
11日(火), 17日(月),
27日(木)
先 勝
7日(金), 19日(水),
25日(火)
5月
一粒万倍日
1日(月), 16日(火),
17日(水), 29日(月)
大 安
9日(火), 26日(金)
先 勝
11日(木), 17日(水)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

代表ブログ

崎田 和伸ブログ

メディア掲載 

崎田 和伸ブログ

依頼人さまの声・実績

 アンケート編

 実際に建設業許可を取得された方のご感想 

 建設業許可 許可証

 産廃収集運搬 許可証

主なサービス内容

料金表

 お得な割引制度はこちら

【無料】お客様サポート

Asumiaならでは

 経営革新等支援機関として認定されました!西日本の行政書士法人としては初

 圧倒的な「お客様の声」

 事業運営にまつわる周辺事業者との連携を進めています!

 日本政策金融公庫の面接を弊社会議室で行います! 

 お手伝いする理由

よくあるご質問

【動画】Youtubeチャンネル

ユーチューブチャンネル

無料ニュースレター

無料ニュースレター

会社案内

 代表プロフィール 

 スタッフ自己紹介

アクセスマップ

代表:行政書士 崎田 和伸

所在地:〒732-0052 広島県広島市東区光町2-6-41 セネスビル4階

初回相談無料。お問い合わせ、相談予約
受付時間:8:000~18:00(土日祝日除く)
無料相談制度、ご用意しています!

東広島支店:〒739-2103  広島県東広島市高屋町宮領1032-171

ブログ

 代表 崎田ブログ 

崎田 和伸ブログ

 スタッフブログ 

  スタッフブログ

あすみあグループ

コラム

お知らせなど

心をこめて

 

当サイトは、外部へお願いするのではなく、わたし自身、心をこめて作りました。(更新はわたしとスタッフが共同して行っています)

ごちゃごちゃしたサイトかもしれませんが、「何となくしっくりくるな~」と思って下さいましたら、ぜひお問い合わせください。

10年後もその先も。生き残り、安定・発展いただくためのお手伝い。

あなたと人間として、経営者として一緒に成長してゆきたいと思います。

楽しみにしていますね。

ご依頼の方法

 

ご依頼はじっくりと話を聞いてからでも、今すぐ依頼して準備に入ること可能です!



 まず問い合わせをしてみたいあなたはこちら ↓

初回相談無料。お問い合わせ、相談予約
受付時間:8:00~18:00(土日祝日除く)

 フォームからのお問い合わせはこちら

 話を聞いてから依頼を検討したい、依頼前の打ち合わせをしたいあなたはこちら ↓

初回無料相談制度



 いますぐ依頼して、準備に入りたいあなたはこちら ↓

↓↓ すべてのサービスではありませんが、ネットからのご依頼フォーム、ご用意しています ↓↓

会社設立、法人設立、創業融資など 

建設業許可申請 

依頼フォームの無いサービスについては、お手数ですが、ご連絡ください。

 

 
  法人名、所在地など
 


あすみあグループ所属 行政書士法人 Asumia

旧名称:ひろしま中央行政書士事務所R
行政書士法人登録:日本行政書士会連合会 法人登録番号 第1203301号

法人名(事務所名)特許庁商標登録:登録番号 第5337959号 
グループ名特許庁商標登録:登録番号 第5605184号 

代表社員:行政書士 崎田和伸(Google+へ) 

本店所在地:〒732-0052 広島県広島市東区光町2丁目6番41号 セネスビル4階

ご相談、お問い合わせ専用ダイヤル:0120-99-2468 電話:082-569-5320 FAX:082-553-0892

東広島支店:〒739-2103  広島県東広島市高屋町宮領1032-171


スタッフ一覧
お問い合わせ、無料相談ご予約


 著作権は行政書士Asumia(あすみあ)に帰属しています(一部の素材・画像を除く)。複製、改変等を禁止します。