トップページ  はじめての皆さまへ  お手伝いする理由  サイトマップ  ホームページ最終更新:2017年7月  
 

崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

【自分の言葉で18個書きます】 あえて税金問題「以外」で法人化、法人なりするメリット。

2016年9月30日(金)

テーマ:起業、会社設立TIPS

jz090_72a

 

以前、まとめたことがあって、どこにも書いたことがなかったので、書きます。

 

「法人化 メリット」「法人成り メリット」とかウェブで探すと、いろんな情報が出てきますよね。

でも、そのほとんどは、「税金で得をするかどうか?」。

※調べたい方は、ネットで、「法人成り シミュレーション」などでご検索ください。

 

わたし自身、4年前に法人成りしています。(行政書士事務所 → 行政書士法人)

法人化、法人成りは、税金問題だけじゃないという場合はあります。

 

だって、

わたし自身、税金だけを基準にして、法人成りを決断していなかったから。(強引か!?)

 

もちろん、税金問題、大切ですよ。わたしも試算しました。

 

でも、それだけじゃないと思うのです。

わたしは、税金以外の面のほうが大きかった

 

実際、弊社でお手伝いする起業家の方は、会社・法人にされる際、税金以外を考慮する方が多いです。

(すべてではありませんし、会社・法人化が絶対に正解、というものでもありませんが、数として。)

 

まあたまには、こういう「あえて税金以外!」の情報を見てみてください(^^)

 

ということで、前置きが長くてもなんなので、本題に参ります。

以前にまとめた内容をもとに、ちょっと書いてみます。

 

名づけて・・・

【自分の言葉で18個書きます】 あえて税金問題「以外」で法人化、法人なりするメリット。

 

外側から見たメリット、内側(自身)から見たメリット、両面からです。

わたしが、起業家のサポートをさせてもらう中で感じること、そして、わたしの頭の中を、バカ正直に書きます(^_^;)

 

~~~

 

外側から見たメリット
 
1.会社・法人の場合は、「ふ~ん、会社か~(なんとなく納得)」となりやすい。
 
 個人事業は「あ~、個人事業ね~」と思われやすいと感じます。表立って言う人はいないと思いますが、心のどこかで「個人事業ね~」と思われる可能性が高いと考えます。
 
2.なぜか周りから「がんばってるね!」と言われる
 
 ただ法人化、法人成りしただけなのに、なぜか周りは、あなたのことを「がんばっている存在」と認識してくれます。
 個人事業はおそらく、八百屋の夫婦、という印象があるのでしょうか。家族の「なりわい」と認識されることが多いように感じます。
 
3.法人・会社の代表者は、「起業家」になる
 
 起業家って、なんですか?
 個人事業の事業主も起業家のはずですよね。
 でも、世間一般では、起業家といえば、少なくとも、法人・会社の代表者のことを指します。
 わたしは自分自身、事業主でしたし、事業主も起業家だと思っていますが、どうやら、そうではないようです。
 
4.大多数である個人事業は、極めて、横並びになりやすい
 
 会社も多いですが、個人事業はそれに増してすごく多い。
 会社、法人は、顧客や連携先候補から見て、パスポート的な役目を果たすことが多いと思います。
 名称だけで、個人事業でないことを指し示せますので。
 
5.提携候補として、優位に立てることが多い。(最初から相手の腰が低い)
 
 例えば、個人事業からの提携話より、法人からの提携話なので、相手にす~~っと入ってゆけることがあります。
 連携話をまな板の上に乗せやすい、と言えます。
 
 法人・会社の場合、法人格が必ず名称の中に入りますので、相手にとって分かりやすいですよね。
 普段の活動の中で自然と効果が出るので、一番、作りやすい、活用しやすい「仕組み」かもしれません。
 
 実績を積み、会社経営に重みがでてくれば、最初から相手の腰が低いケースが増えます。
 
6.販売チャネルとなりうる企業から声をかけられやすくなる。
 
 販売チャネルとは、自社の商品、サービスを代わって販売してくれる先のことです。
 販売代理店というわけじゃなく、連携・提携関係の中で、自然と案件を紹介くださる先さまですね。
 個人事業では声をかけられなかったことでも、会社・法人であれば声をかけられる可能性があります。
 ※個人事業での機会ロスが分かりませんので、あくまでも所感です。
 
~~~
 
内側から見たメリット
 
7.個人事業とは立ち位置、姿勢が違ってくる。
 
 「社長なんだ・・・」が、毎日、少しずつ、積み重なってゆきます。スタンスが事業主とは違ってきます。
 自分は、「事業主ではなく経営者である」という見方になってゆくと思います。
 
8.法人代表となることで、経営者に自負が生まれる。
 
 スタンスの違いは、いつしか自負へと変わります。
 
9.自社の自称が、「弊社」「当社」になる。
 
 個人事業の場合は、どう名乗って良いか分からないときがあります。
 
10.自社ウェブサイトで、自社のことを紹介するページの名称が、「会社案内」になる。
 
 個人事業の場合は、会社案内?事業主案内?と、一瞬迷います。どう書くのが正しいのでしょうね。
 
11.職業欄が「事業主」から「会社役員」になる。
 
 職業欄に「会社役員」と書くことになります。毎度毎度、書くことで、なんとなく自負につながってゆきます。
 
12.個人事業の次のステップアップとしての法人成りは、自分だけでなく他者から見ても、納得しやすい、されやすい
 
 どこかを目指してゆくことは、自分にとって、そして他者にとっても「ステップアップ」と認識されることが多く、どこか納得感があります。不思議ですね。起業独立もそうです。
 そういえば、個人事業を興すことを「起業独立」というケースは会社・法人ほど多くはありませんね。
 
13.姿勢、立場が明らかになるので、自分も社内も、連携先も動きやすい
 
 自負、自覚、姿勢、外から目、すべてが絡んで、不思議なんです、動きやすいんです。
 
14.働く人が、「あなたのため」ではなくなる
 
 個人事業は、どう言いつくろっても、「事業主がやっている、事業主のための事業体」です。
 財産はすべて、事業主に帰属します。
 どう分配するかはありますが、利益もすべて、事業主のもの。
 働く人の意識が、日々の勤務の中で、違ってくると思いませんか?
 
15.自分以外の法人役員は労働法令から外れた存在なので、労働問題について「こうしようと思うがどう思う?」を相談しやすくなる。
 
 取締役などの役員が労働法令、法規から外れた存在、というのが、良いことかそうでないかは分かりません。
 でも一つ言えるのは、社内の労働関係の話について、話をしやすくなります。
 一番話をしにくい事柄について、話せるのはかなりのメリットな気がします。
 
16.法人役員が経験を積めば、法人の将来について自分事として考えてくれる片腕となる。=真の仲間ができる。
 
 わたしは、ですが、個人事業では、将来について一緒に考えてくれる人財を育てる自信はありません。

17.法人になると各自の役割を考えるようになる可能性が高いので、事業が盤石となる時期が早まる
 
 事業を盤石にしようとすると、自然、「権限をどう移譲してゆくか」にたどり着きます。自分だけで回す事業体には、すぐ限界が来るからです。何となく…の権限付与よりも「何をどう動いて良いかはっきりする」ので、社内の各自がアイデアを出してくれやすくなると思います。
 
18.以上が相まった事業活動の結果として、普段の生活の中で良いスパイラルが生まれ、業績が向上してゆく可能性が高い。
 
あと、「求人で有利になる」、とか、「法人・会社向けの保険を活用できる」「事業承継が可能」とかありますが、ここでは省略させていただきます。どこかに書いてあることですので。
 

18個書きましたが、わたしは、経営者自身の「姿勢や自負」ってやつが大きいのではないか?と思います。

「姿勢」が違えば「結果」が違い、小さな結果の積み重ねが「自負」につながってゆく。

経営者の心は、その事業体の根っこにあたる部分です。

影響は少なからず、あると思います。

 

以上、自分の言葉で書いてみました。

 

 

投稿者:代表社員 崎田 和伸 プロフィールはこちら 

 

prof201503-4

 

トラックバックURL :

 
50代60代のお手伝い豊富

お問い合わせ・ご依頼

無料相談のご案内

初回無料相談制度

吉日(法務局受付日)

最近の吉日
2017年(平成29年)
7月
一粒万倍日
5日(水), 18日(火),
21日(金)
大 安
12日(水), 18日(火)
先 勝
20日(木), 24日(月)
8月
一粒万倍日
2日(水), 17日(木),
29日(火)
大 安
3日(木), 9日(水),
15日(火)
先 勝
17日(木), 22日(火),
28日(月)
9月
一粒万倍日
5日(火), 13日(水),
18日(月), 25日(月)
天赦日
18日(月)
大 安
7日(木), 13日(水),
19日(火)
先 勝
15日(金), 25日(月)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

代表ブログ

崎田 和伸ブログ

メディア掲載 

崎田 和伸ブログ

依頼人さまの声・実績

 アンケート編

 実際に建設業許可を取得された方のご感想 

 建設業許可 許可証

 産廃収集運搬 許可証

主なサービス内容

料金表

 お得な割引制度はこちら

【無料】お客様サポート

Asumiaならでは

 経営革新等支援機関として認定されました!西日本の行政書士法人としては初

 圧倒的な「お客様の声」

 事業運営にまつわる周辺事業者との連携を進めています!

 日本政策金融公庫の面接を弊社会議室で行います! 

 お手伝いする理由

よくあるご質問

【動画】Youtubeチャンネル

ユーチューブチャンネル

無料ニュースレター

無料ニュースレター

会社案内

 代表プロフィール 

 スタッフ自己紹介

アクセスマップ

代表:行政書士 崎田 和伸

所在地:〒732-0052 広島県広島市東区光町2-6-41 セネスビル4階

初回相談無料。お問い合わせ、相談予約
受付時間:8:000~18:00(土日祝日除く)
無料相談制度、ご用意しています!

東広島支店:〒739-2103  広島県東広島市高屋町宮領1032-171

ブログ

 代表 崎田ブログ 

崎田 和伸ブログ

 スタッフブログ 

  スタッフブログ

あすみあグループ

コラム

お知らせなど

心をこめて

 

当サイトは、外部へお願いするのではなく、わたし自身、心をこめて作りました。(更新はわたしとスタッフが共同して行っています)

ごちゃごちゃしたサイトかもしれませんが、「何となくしっくりくるな~」と思って下さいましたら、ぜひお問い合わせください。

10年後もその先も。生き残り、安定・発展いただくためのお手伝い。

あなたと人間として、経営者として一緒に成長してゆきたいと思います。

楽しみにしていますね。

ご依頼の方法

 

ご依頼はじっくりと話を聞いてからでも、今すぐ依頼して準備に入ること可能です!



 まず問い合わせをしてみたいあなたはこちら ↓

初回相談無料。お問い合わせ、相談予約
受付時間:8:00~18:00(土日祝日除く)

 フォームからのお問い合わせはこちら

 話を聞いてから依頼を検討したい、依頼前の打ち合わせをしたいあなたはこちら ↓

初回無料相談制度



 いますぐ依頼して、準備に入りたいあなたはこちら ↓

↓↓ すべてのサービスではありませんが、ネットからのご依頼フォーム、ご用意しています ↓↓

会社設立、法人設立、創業融資など 

建設業許可申請 

依頼フォームの無いサービスについては、お手数ですが、ご連絡ください。

 

 
  法人名、所在地など
 
10年後もその先も。生き残る。


あすみあグループ所属 行政書士法人 Asumia

旧名称:ひろしま中央行政書士事務所R
行政書士法人登録:日本行政書士会連合会 法人登録番号 第1203301号

法人名(事務所名)特許庁商標登録:登録番号 第5337959号 
グループ名特許庁商標登録:登録番号 第5605184号 

代表社員:行政書士 崎田和伸(Google+へ) 

本店所在地:〒732-0052 広島県広島市東区光町2丁目6番41号 セネスビル4階

電話:082-569-5320 FAX:082-553-0892

東広島支店:〒739-2103  広島県東広島市高屋町宮領1032-171

(恐れ入りますが、東広島支店は来客対応の機能は有しておりません)

スタッフ一覧
お問い合わせ、無料相談予約

フォームから問い合わせる、無料相談を予約する

いますぐ依頼する!  建設業許可を依頼する!

 プライバシーポリシーセキュリティ体制 
弊社は依頼人様、相談者様の情報守秘に努めております。ご安心ください。サイトマップ
 
著作権は行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)に帰属しています(一部の素材・画像を除く)。複製、改変等を禁止します。