トップページ  はじめての皆さまへ  お手伝いする理由  サイトマップ  ホームページ最終更新:2017年10月  
 

崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

【経営者として】何かできなかったのか?考えてます。

2015年11月20日(金)

テーマ:経営について

行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)は・・・
起業・開業したい、開業して頑張っているあなたのサポートに特化した事務所です。広島県を中心に中国地方五県対応。

10年後もその先も、生き残り、安定・発展いただくためのお手伝いをしています。

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●


行政書士事務所を始めて(起業して)、いくつか、忘れられない出来事があります。

たくさんありますけども(-_-)、今日の記事はその一つについて。


ある年の暮れ。

弊社が広島市中区西白島にあった時代です。(現在、広島市東区光町。)


職員に「今年一年、おつかれさま。来年もよろしくな」と声をかけ、事務所を出ました。

そして、通勤用自転車の鍵を開けようと思ったときのこと・・・。


後ろで誰かが、わたしの名を呼んでいます。

職員の一人、新卒で入ってくれた男の子でした。


とっさに「お~どうした~?」と声をかけます。


心の中では

“おお、一年間のお礼か~、律儀なやつだなぁ”と思いつつ…。


次の瞬間、そんな淡い、甘い考えはもろくも崩されることになります。


出てきた言葉は…


辞めさせてください。


そして辞表を手渡されました。


その時、わたしは何と受け答えをしたか、実は憶えていません。


~~~


彼は、弊社で初めての「新卒」。

大学卒業後、すぐに勤めてもらった男の子です。


先に入社してくれていた社員に彼の上司になってもらい、指導してもらっていた最中。


中小零細の弊社では、新卒は原則、幹部候補生ですよね。


わたしの思い入れも相当なものでした。


それが「辞めます。」…(-_-;)


新卒を採用したことのある方はお分かりかもしれません。

新卒は、育成にお金がかかります。

中途採用以上に手間がかかる。


社会での規範や身のこなし方も指導しなければならない。

名刺交換のやり方からです。


戦力になるのは、少なくとも3年はかかると思います。


この社員は、新卒入社前のアルバイト期間含めて2年半というところ

だったと思います。


戦力となる寸前。


呆然(ぼうぜん)とは、このことを指すのですね。


ほんと、記憶がありません。


~~~


その時のわたしは、組織拡大志向の真っ最中。


その帰り際、フツフツと怒りがこみ上げてきました。


怒りって何だと思いますか?


その社員が辞めるってことじゃないんです。


怒ったのは
上司じゃなく、直接、所長に退職を伝えたこと」。


その当時のわたしらしい怒りです(^_^;)


むちゃくちゃ、腹が立ちましたね。


組織拡大思考から来る怒りですね。


“辞表は上司から社長に出されるもの”。


そういう“自分で勝手に作った決まり”がありましたから。


やり場の無い怒りがフツフツと湧き上がっていたのを思い出します。


~~~


それから数日、数週間、1ヶ月と時が経つにつれ、心が落ち着いてきた頃。


もうひとつの気持ちが湧き上がってきました。


それは…

わたしは退職を伝えられるまでの間に、何かできなかったのだろうか?」。


どうして退職の道を選んでしまったのだろうか。

それまでに、何かしてあげることは無かっただろうか?


思いつくものすべて、紙に書きなぐりました。


・給与を増やすこと。

・交通費を増やすこと。


・残業を減らすこと。

ここをあれにすること

あの体制を、この体制にすること

あの時に、あーしてあげられなかったか?

・・・という風に具体、漠然、混在した内容です。


わたし、そこに書いてあることを眺めながら思ったんです。


ふと、というか、自然に、です。


思わず、感じてしまった。


全部、自分じゃ無理だ」と。


それに、わたしが不得意なことも並んでます。

どう時間をやりくりしても、手が届かないものも、並んでいる。


参った。

全部、やっていったらうまくいくだろうことは、想像できる。

でも、不得意な分野もあるし、全部、自分じゃ無理だ。


思い返してみると、その頃です。


役割分担できる体制を作ろう」ということを思い始めたのは。


組織拡大志向だったのに“会社の運営”という面での役割分担を

考えたことがなかったのです。


その頃から、
どう分担するのが一番幸せになるか?
を考え続けました。


二度と、仕事収めに辞表を出されないように・・・・。


~~~


結果、「社内」「社外」を分担する体制へ向かうことになります。

現在、これで進んでいます。


わたしは社外が担当。

もう一人の社員行政書士(=役員)が社内を統括しています。


ついでに、規模拡大志向は捨てました。


規模が大きくても、幸せじゃなければ意味がない。


規模のために、何かを犠牲にするのではない。


お手伝いしたい方を思いっきりお手伝いできる事務所にしたい。


お手伝いしていて嬉しいと感じ、その過程や結果において、

依頼人さまには嬉しいと感じていただける事務所にしたい。


今の弊社の置かれた環境では、これが選択すべき方向性だと思いました。

そして、正直者が報われる事務所に。


ついでに、残業する人がエライと言われることの無い事務所に(^_^;)

残業しなくても仕事が終わる、生産性の高い環境の整った事務所に。

~~~

まだ完全な答えが出ているわけではないです。

でも少なくとも、「規模」については、何となく、思います。

規模を目指す結果として幸せがあるんじゃなくて、
幸せがある結果、偶然、規模が大きくなるんじゃないか?



甘いよ、それ。

ベテラン経営者さんから言われたことがあります。


確かにそうかもしれない。

でも、自分の手が届く範囲では実現したい。

結構本気で思っています。


~~~


そんなこんなで、今、倒産せずに、経営できています。


依頼人さま、スタッフ、家族の“おかげ”“さまさま”。
おかげとか、さまさまとか、上辺だけの美辞麗句だと思ってましたが、そうじゃないんですね。
腑に落ちて、感じます。


またその頃からでしょうか、口癖のように浮かんでくる言葉があります。

自分は運がいい”。


結構むちゃくちゃな経営をしてきて、倒産の危機も味わいましたが、

何のご縁か、因果か、存続できている。

ほんと、不思議。


この不思議な感覚は、事業している人独特なものなんでしょうか。

わたしだけのものなんでしょうか。

分かりません。


まだ、試行錯誤の真っ最中です。

今、間違ったことをしているかもしれない。

ベストじゃないかもしれない。

でも少なくとも、最善は尽くしていると思っています。

この最善が、ベストなのか、そうじゃないのか?

その答えは、数年後、こうやって文章書きながら、振り返るとき、分かることなのでしょうね。

これからも、無理せず、ボチボチと、でも全力で走ってゆきたいと思います。


長々とした投稿でしたね。

今日も、読んでいただいたあなたに感謝します。


投稿者 崎田 和伸でした。


・プロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html

・取扱いサービス
会社設立代行、法人設立代行、建設業許可申請代行、産廃許可、古物許可、酒類販売免許、宅建免許などの許認可申請代行、
創業融資申請サポート、経理会計記帳代行など。

一覧はこちら ↓↓
http://e-jimusho.com/gyoumu.html

=============

役職員の平均年令は35歳(だいたい)。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。

◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属
行政書士法人 Asumia(R) ※由来:明日見歩
本店:広島県広島市東区光町2丁目6番41号 セネスビル4階
窓口ウェブサイト:http://e-jimusho.com/

◆Asumiaお客様サポートのご案内

弊社にご依頼中、または過去依頼いただいたことのある依頼人さま限定の無料相談サービスです。担当は、わたしです。

◆Facebookページ

・当法人Facebookページ
https://www.facebook.com/gyouseishosi
※むちゃくちゃ励みになります。ぜひ「いいね」ください(^^)

トラックバックURL :

 
50代60代のお手伝い豊富

お問い合わせ・ご依頼

無料相談のご案内

初回無料相談制度

吉日(法務局受付日)

最近の吉日
2017年(平成29年)
10月
一粒万倍日:
10日(火), 13日(金),
25日(水)
大 安
5日(木), 11日(水),
17日(火)
先 勝
13日(金), 19日(木),
24日(火), 30日(月)
11月
一粒万倍日
6日(月), 7日(火),
30日(木)
大 安
9日(木), 15日(水)
先 勝
17日(金), 27日(月)
12月
一粒万倍日:
1日(金), 14日(木),
26日(火), 27日(水)
大 安
1日(金), 13日(水),
18日(月)
先 勝
20日(水), 26日(火)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

代表ブログ

崎田 和伸ブログ

メディア掲載 

崎田 和伸ブログ

依頼人さまの声・実績

 アンケート編

 実際に建設業許可を取得された方のご感想 

 建設業許可 許可証

 産廃収集運搬 許可証

主なサービス内容

料金表

 お得な割引制度はこちら

【無料】お客様サポート

Asumiaならでは

 経営革新等支援機関として認定されました!西日本の行政書士法人としては初

 圧倒的な「お客様の声」

 事業運営にまつわる周辺事業者との連携を進めています!

 日本政策金融公庫の面接を弊社会議室で行います! 

 お手伝いする理由

よくあるご質問

【動画】Youtubeチャンネル

ユーチューブチャンネル

無料ニュースレター

無料ニュースレター

会社案内

 代表プロフィール 

 スタッフ自己紹介

アクセスマップ

代表:行政書士 崎田 和伸

所在地:〒732-0052 広島県広島市東区光町2-6-41 セネスビル4階

初回相談無料。お問い合わせ、相談予約
受付時間:8:000~18:00(土日祝日除く)
無料相談制度、ご用意しています!

東広島支店:〒739-2103  広島県東広島市高屋町宮領1032-171

ブログ

 代表 崎田ブログ 

崎田 和伸ブログ

 スタッフブログ 

  スタッフブログ

あすみあグループ

コラム

お知らせなど

心をこめて

 

当サイトは、外部へお願いするのではなく、わたし自身、心をこめて作りました。(更新はわたしとスタッフが共同して行っています)

ごちゃごちゃしたサイトかもしれませんが、「何となくしっくりくるな~」と思って下さいましたら、ぜひお問い合わせください。

10年後もその先も。生き残り、安定・発展いただくためのお手伝い。

あなたと人間として、経営者として一緒に成長してゆきたいと思います。

楽しみにしていますね。

ご依頼の方法

 

ご依頼はじっくりと話を聞いてからでも、今すぐ依頼して準備に入ること可能です!



 まず問い合わせをしてみたいあなたはこちら ↓

初回相談無料。お問い合わせ、相談予約
受付時間:8:00~18:00(土日祝日除く)

 フォームからのお問い合わせはこちら

 話を聞いてから依頼を検討したい、依頼前の打ち合わせをしたいあなたはこちら ↓

初回無料相談制度



 いますぐ依頼して、準備に入りたいあなたはこちら ↓

↓↓ すべてのサービスではありませんが、ネットからのご依頼フォーム、ご用意しています ↓↓

会社設立、法人設立、創業融資など 

建設業許可申請 

依頼フォームの無いサービスについては、お手数ですが、ご連絡ください。

 

 
  法人名、所在地など
 
10年後もその先も。生き残る。


あすみあグループ所属 行政書士法人 Asumia

旧名称:ひろしま中央行政書士事務所R
行政書士法人登録:日本行政書士会連合会 法人登録番号 第1203301号

法人名(事務所名)特許庁商標登録:登録番号 第5337959号 
グループ名特許庁商標登録:登録番号 第5605184号 

代表社員:行政書士 崎田和伸(Google+へ) 

本店所在地:〒732-0052 広島県広島市東区光町2丁目6番41号 セネスビル4階

電話:082-569-5320 FAX:082-553-0892

東広島支店:〒739-2103  広島県東広島市高屋町宮領1032-171

(恐れ入りますが、東広島支店は来客対応の機能は有しておりません)

スタッフ一覧
お問い合わせ、無料相談予約

フォームから問い合わせる、無料相談を予約する

いますぐ依頼する!  建設業許可を依頼する!

 プライバシーポリシーセキュリティ体制 
弊社は依頼人様、相談者様の情報守秘に努めております。ご安心ください。サイトマップ
 
著作権は行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)に帰属しています(一部の素材・画像を除く)。複製、改変等を禁止します。