トップページ  はじめての皆さまへ  お手伝いする理由  サイトマップ  ホームページ最終更新:2017年8月  
 

崎田 和伸ブログ「七転び、八起き」

実務家としては失敗は許されません。
でも、経営者としては失敗ばかり。後悔ばかりの小心者です。
ただ「転んでも起きる」を目標に、経営しています。

【勝手に想像】本能寺の変が起きたワケ

2015年1月25日(日)

テーマ:歴史98点、数学20点の男がお贈りする

━━ ↓ ご依頼の多いサービス ベスト3 ↓ 

・会社、法人設立
広島県全体の実質7.9パーセントにあたる設立をお任せいただいています!(※1)
広島会社設立サポートセンター ネットからのご依頼はこちら

・建設業許可
広島県全体の実質7.2パーセントにあたる建設業許可取得をお任せいただいています!(※2)
広島建設業許可・登録代行センター ネットからのご依頼はこちら

・経理会計記帳代行
ご依頼の伸び率218パーセント(※3)
広島経理・会計代行センター

●○━━━↓↓本文↓↓━━━━○●

織田信長

↑ 織田信長とされている肖像画 ↑

明智光秀

↑ 明智光秀とされている肖像画 ↑

高校時代、歴史98点、数学20点でした。
好きこそ物の上手なれ。
歴史にはとても興味があり、記憶にも残ります。

今回、間違いなく中世の歴史の分岐点ですね。
本能寺の変が起きたワケについて、書かせてもらいます。

たぶん、長文です・・・・(^_^;)

~~~

本能寺の変は、1582年6月21日に起きた、明智光秀の謀反です。
織田信長は死亡。
ご存じですね。

当時信長は、第3次 信長包囲網を突破しつつあり、武田信玄の病死により、天下統一が間近とされていました。

領土は、兵庫くらいから関東の手前まで、というものでしたが、実質的には、天下統一の直前といえる状態でした。

もう、包囲網を作ることができないくらい、敵対勢力が弱まっていた。
同盟を結び、団結するちからが残っていない。
あとは各個撃破または降伏させて、統一事業をしてゆく状態、ですね。
 
また、自分自身で攻略に向かわなくても、優秀な部下がたくさん育っている状態だったので、時間もかからない状態でした。
 
~~~

そんな中、突如、起きたのが、明智光秀の謀反。
つまり、本能寺の変です。

1582年6月21日。

今回、好き勝手に、本能寺の変が起きたワケについて、
考えてみようかと思います。
ほんと、好き勝手に(^_^;)

つまり、どうして明智光秀は謀反したのか?です。

わたしが今まで、ワケについて、見聞きしてきたものは、次のとおりです。

1.恨んでいた。

2.恐れていた。

3.何かを守ろうとしていた。

4.陰謀にハマって、騙されてしまった。


以下、簡単に解説してみますね。

~~~

1(恨んでいた)について。

本能寺の変の3年前。1579年に、光秀は、母親を殺されています。
丹波の統一のために戦争していたとき、人質交換で、自分の母親を敵地に送ったあと、交換した人質(波多野兄弟)を、信長が勝手に殺してしまった。
当然、敵は、とっている人質を殺します。
光秀の母親は、実質的には、信長によって、殺されてしまいます

1582年前半のこと。
家康接待の役目を担った時、料理の不手際で、信長によって強い叱責を受けます。
実際には不手際は無かったとされています。
信長が、薄味の京料理が気に入らなかった、という説が強いですね。

同じ1582年前半のこと。
その当時、慈しみ深く治めていた、自分の領地を、急に信長は没収宣言します
信長はその代わりに、まだ敵国であった領地を与えました。
これは、とんでもないことですね。

恨み骨髄に至るものばかりですが、実は、自分の家臣に「自分(光秀)がここまで出世できたのは信長様のおかげだから、自分が死ぬようなことがあっても、ずっと忠義を尽くしなさい」と家訓のようなものを遺していた、という、異常なまでの律義者でもありました。

~~~

2(恐れていた)について。

当時、手柄の少ない、能力の低い武将の「クビ」が始まっていました。
歴代の家老職でも、例外なく、クビになっています。
そのうち自分も・・・・と考えても仕方ない状況でした。

~~~

3(何かを守ろうとしていた)について。

信長は、自分のことを「神」のように称することがありました。
最初、冗談かと思ったようですが、どうやら信長、本気のようで、自分の化身である、大きな石を、家臣に拝ませていたそうです。

ご存じのとおり、信長は、既存の概念やシステムを、ことごとく、打ち破ってきた人。
日本の歴史上、ずっと続いてきた、「天皇制度」も、例外ではありません。

光秀は、天皇制を廃することをとても恐れていて、天皇を守るために謀反した、という説もあります。

また別の話で、当時、四国を治めていた長宗我部元親を守るため、とも言われています。
光秀と、その家老である斉藤さんは、長宗我部家と、親交があった。
最初、信長は「四国は長宗我部元親に任せる」と言っていたのに、いつの間にか、四国攻略軍が組織され、侵攻の目的になっていました。
光秀とその家老は、一回約束したことを反故にすることができなかった

~~~

4(陰謀にハマって、騙されてしまった)について。

よくある話です。
殺人事件が起きて、誰が犯人だ!?というときに、「最も得をした人間」という、あれです。

本能寺の変が起きて、最も得したのは、まあ途中苦労はありましたが、羽柴秀吉ですし、その後に天下を獲った徳川家康です。

羽柴秀吉または、徳川家康が、光秀と諮り(はかり)、光秀に謀反を起こさせた、という説です。

~~~

いや~長かった・・・。
では、結論。
わたしなりに、勝手に想像した、本能寺の変が起きたワケです。

2(恐れていた)です。
正確に言えば、2(恐れていた)に、いくつか要素が加わったもの。

1(恨んでいた)で、家康の接待役での叱責、がありましたね。

あれ、信長は家康を暗殺しようと思っていたのではないか?と思うんです。

天下統一を前にして、粛清というのは、歴史上、よくある話です。
信長は、その準備を進めていた。

まず自分の家臣のうち、手柄の少ない者をクビにしました。

その次に、力のある人を排除する。

その一人目が、同盟国の君主であった、徳川家康

徳川家康が死んだら、その息子が跡を継ぎますが、その息子、松平信康といいますが、1579年、自害しています。
信長の指示ではなく、信長への謀反の疑いに対する、家康の判断です。
実質的には、信長の指示に近かったのかもしれません。

松平信康は、比類ない優秀さで知られていたそうです。
家康の跡を継ぐ予定だった信康は自害となりました。
信長が関係して、です。

結果、家康が死んだら、跡を継ぐのは、徳川秀忠
こちらは、優秀という評判は立たなかったようです。

事実、後世の関が原合戦では、東軍の約半分を率いながら、決戦に間に合っていません。
家康は、関が原合戦において、秀忠の遅れによる圧倒的な不利を乗り越えて勝利を得た、とういうわけです。

1582年当時、家康が死んだら、秀忠が跡を継ぐ可能性が高かった。

その当時、すぐに徳川家がなくなるのは、避けたかった。
関東には、北条が残っていましたし、越後、上杉家も残っていた。

東からの勢力拡大に対する備えは必要だった。

でも、家康ほど優秀でなくても良かった

どうせ、あとで滅亡させるのであれば、愚鈍な君主の国のほうが都合がいい

こういうワケで、
光秀には、「接待の席で、家康を毒殺しろ」と命じていたのでは?と思うんです。

なのに、光秀は、暗殺しなかった。

決定的な命令違反ですが、信長としては当然、表沙汰にできないことですから「強い左遷」という方法をとらざるをえなかった。

その左遷として、光秀には、秀吉の下に就く形で、援軍に向かう、という形になりました。

農民出身の秀吉に命令される立場です。

~~~

援軍として向かうのですがこれ。

もう、将来、ないですよね?

次は、自分が粛清される」と思いませんか?

わたしなら、そう思います。

ついてきてくれている家臣は、そのほとんどが浪人になります。
その家族も路頭に迷います。

自分の身の上のこと以上に、ほんと、怖いですね。

3で書いたように、いろいろと守りたいものもある。

当然1の恨みもある。

結果、本能寺の変、です。

本能寺の変の当日の記録は定かではありませんが、中国地方を攻めていた秀吉の援軍に向かうはずのに、方向が全然違う。

本来なら、家臣団は、動揺を隠せませんよね。
離反者が出るかもしれません。

でも当日、兵の離脱や、重臣の謀反は一切、起きていません。(たぶん)

これは、信長への謀反が、家臣団には、とっても納得ゆくことだったのでしょう。

一糸乱れず、本能寺へ向かい、信長を討っています。

ちなみに、織田信長の長男、信忠も、同じ本能寺の変で、光秀に殺されています。

京都二条御所の戦闘で、奮闘したあと自害したと言われています。

~~~

そのうち自分も・・・

と恐れていたものが、

絶対、自分は、粛清されると、確信に変わった。

直接的なワケは、これじゃないか?

そう思います。

ということで、いや~長文でした。
ここまでお読みくださったあなた、本当にありがとうございます。

最後に、光秀の肖像画をご紹介して、終わります。

明智光秀


以上、投稿者 崎田 和伸でした。



プロフィールはこちら
http://e-jimusho.com/profile.html


※1 平成25年10月~平成26年9月。
広島県内の「株式会社」「合同会社」「一般社団法人」の総設立数に対し、広島県内の専門家への依頼は全体の2分の1を想定した数値です。法務省の商業登記統計を元に計算しています。
※2 平成25年10月~平成26年9月。広島県内の行政書士への依頼体の3分の2を想定。
※3 平成25年2月と平成26年9月の当社受任数の比較です。

=============

役職員の平均年令は30代前半。
あなたの事業を若い感性と行動力をもって、精一杯、サポートいたします。

◆事務所名(行政書士法人名)

あすみあグループ所属
行政書士法人 Asumia(R)
※読み方:あすみあ
※漢字では:明日見歩

総合窓口ウェブサイト:http://e-jimusho.com/

◆無料ニュースレターのご案内

無料ニュースレター(電子メール版)、ぜひご購読ください。



◆Facebookほか

・Facebook(崎田 和伸)
https://www.facebook.com/kazunobu.sakida
※お気軽に友達申請ください。わたしと知己でない場合、できましたら自己紹介のメッセージをつけてくださいね。

・当法人Facebookページ
https://www.facebook.com/gyouseishosi
※更新担当スタッフの励みになりますので、ぜひ「いいね」してやって下さい

COMMENT

  • 1. (*´ω`*)
    気になったブログなのでコメントさせて頂きます(*´ω`*)個性的で興味深い記事だと思います(´・ω・`)また訪問しますね♪まだまだアメブロ歴は浅いですが今後ともよろしくお願いします(。・ω・)ノ゙★おじゃましました!これからも更新頑張って下さいね^_^ まだまだアメブロ歴は浅いですが今後ともよろしくお願いします(。・ω・)ノ゙!これからも更新頑張って下さい! まだまだアメブロ始めたばかりの物ですが今後ともよろしくお願いします(。・ω・)ノ゙でわでわ(^^♪
    http://ameblo.jp/603062685/

    | きさ☆51ヶ国訪問中 | 2015年2月1日(日) 15:27 |

トラックバックURL :

 
50代60代のお手伝い豊富

お問い合わせ・ご依頼

無料相談のご案内

初回無料相談制度

吉日(法務局受付日)

最近の吉日
2017年(平成29年)
8月
一粒万倍日
2日(水), 17日(木),
29日(火)
大 安
3日(木), 9日(水),
15日(火)
先 勝
17日(木), 22日(火),
28日(月)
9月
一粒万倍日:
5日(火), 13日(水),
18日(月), 25日(月)
天赦日
18日(月)
大 安
7日(木), 13日(水),
19日(火)
先 勝
15日(金), 25日(月)
10月
一粒万倍日:
10日(火), 13日(金),
25日(水)
大 安
5日(木), 11日(水),
17日(火)
先 勝
13日(金), 19日(木),
24日(火), 30日(月)

一粒万倍日  天赦日  先勝

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の
安定感が違いますよ。

代表ブログ

崎田 和伸ブログ

メディア掲載 

崎田 和伸ブログ

依頼人さまの声・実績

 アンケート編

 実際に建設業許可を取得された方のご感想 

 建設業許可 許可証

 産廃収集運搬 許可証

主なサービス内容

料金表

 お得な割引制度はこちら

【無料】お客様サポート

Asumiaならでは

 経営革新等支援機関として認定されました!西日本の行政書士法人としては初

 圧倒的な「お客様の声」

 事業運営にまつわる周辺事業者との連携を進めています!

 日本政策金融公庫の面接を弊社会議室で行います! 

 お手伝いする理由

よくあるご質問

【動画】Youtubeチャンネル

ユーチューブチャンネル

無料ニュースレター

無料ニュースレター

会社案内

 代表プロフィール 

 スタッフ自己紹介

アクセスマップ

代表:行政書士 崎田 和伸

所在地:〒732-0052 広島県広島市東区光町2-6-41 セネスビル4階

初回相談無料。お問い合わせ、相談予約
受付時間:8:000~18:00(土日祝日除く)
無料相談制度、ご用意しています!

東広島支店:〒739-2103  広島県東広島市高屋町宮領1032-171

ブログ

 代表 崎田ブログ 

崎田 和伸ブログ

 スタッフブログ 

  スタッフブログ

あすみあグループ

コラム

お知らせなど

心をこめて

 

当サイトは、外部へお願いするのではなく、わたし自身、心をこめて作りました。(更新はわたしとスタッフが共同して行っています)

ごちゃごちゃしたサイトかもしれませんが、「何となくしっくりくるな~」と思って下さいましたら、ぜひお問い合わせください。

10年後もその先も。生き残り、安定・発展いただくためのお手伝い。

あなたと人間として、経営者として一緒に成長してゆきたいと思います。

楽しみにしていますね。

ご依頼の方法

 

ご依頼はじっくりと話を聞いてからでも、今すぐ依頼して準備に入ること可能です!



 まず問い合わせをしてみたいあなたはこちら ↓

初回相談無料。お問い合わせ、相談予約
受付時間:8:00~18:00(土日祝日除く)

 フォームからのお問い合わせはこちら

 話を聞いてから依頼を検討したい、依頼前の打ち合わせをしたいあなたはこちら ↓

初回無料相談制度



 いますぐ依頼して、準備に入りたいあなたはこちら ↓

↓↓ すべてのサービスではありませんが、ネットからのご依頼フォーム、ご用意しています ↓↓

会社設立、法人設立、創業融資など 

建設業許可申請 

依頼フォームの無いサービスについては、お手数ですが、ご連絡ください。

 

 
  法人名、所在地など
 
10年後もその先も。生き残る。


あすみあグループ所属 行政書士法人 Asumia

旧名称:ひろしま中央行政書士事務所R
行政書士法人登録:日本行政書士会連合会 法人登録番号 第1203301号

法人名(事務所名)特許庁商標登録:登録番号 第5337959号 
グループ名特許庁商標登録:登録番号 第5605184号 

代表社員:行政書士 崎田和伸(Google+へ) 

本店所在地:〒732-0052 広島県広島市東区光町2丁目6番41号 セネスビル4階

電話:082-569-5320 FAX:082-553-0892

東広島支店:〒739-2103  広島県東広島市高屋町宮領1032-171

(恐れ入りますが、東広島支店は来客対応の機能は有しておりません)

スタッフ一覧
お問い合わせ、無料相談予約

フォームから問い合わせる、無料相談を予約する

いますぐ依頼する!  建設業許可を依頼する!

 プライバシーポリシーセキュリティ体制 
弊社は依頼人様、相談者様の情報守秘に努めております。ご安心ください。サイトマップ
 
著作権は行政書士法人 Asumia(由来:明日見歩)に帰属しています(一部の素材・画像を除く)。複製、改変等を禁止します。